競馬大好き「ウマじょ」を狙うことで若いセフレを作る

本日はわたしが出会い系以外で若いセフレを作ったときの話です。

ギャンブル大好きな女性をどう思われますか? わたし事ですが以前、車を運転しているときに、ヒッチハイクをしている女性に遭遇しました。興味があったので拾ってみたら、若いのに歯が一本もありませんでした。彼女の第一声が「フェラしてあげますから、パチンコ代めぐんでください?」でした。開いた口が塞がらず、性病を移されるのも怖かったので、すぐにゴーホームしてもらいましたが、いくらムラムラしていたとしても、こういった女性とは関わりになりたくないですよね?

でも今回ご紹介する競馬大好き女子は、こんなアバズレと正反対。実に純粋な馬のオッカケなのです。その昔、競馬ブームというのが到来しました。オグリキャップというアイドルホース、武豊、松中幹夫といったイケメンジョッキーなどが、その要因となったわけです。あの頃、競馬をやっていた女性はかなりのミーハーでした。女性は流行に極めて敏感な生き物ですから、たちまちのうちに「みんなやってる!楽しそう!わたしもやりたいよ~!!」となったわけです。しかし時は流れて今は平成のご時勢。競馬ブームは過ぎ去り、売り上げも横ばい状態。入場者数も全盛期と比較すれば、何分の一かに縮小。こういうときに競馬をやっている女性というのは、かなりの馬好きなのです。

馬好きという共通の趣味があれば、当然年齢の差なんて関係なくなります。オジサンが若いセフレを作るのにもぴったりな条件が揃っているのです。

ある意味でオタク的な資質を持っている馬好き女子。通称『ウマじょ』に目をつける男性はごく少数です。ライバルが少ないということは、つまりそれだけチャンスが多いということですね。

ウマじょは、競馬場に生息します。まあ当然すぎるくらい当然ですよね。しかし競馬場と行ってもかなり広く、その中で区分けがされているのです。競馬場へ行ったことのない人たちはイメージできないかもしれませんね。競走馬の走るには、とんでもなく広い土地が必要なのです。パドックと呼ばれる場所があります。下見所とも言われる所なのですが、ここにウマじょは集います。パドックでは、レース前の競走馬が観客へ今日の自分の状態を見せながら、ぐるぐると周回します。その最前列にウマじょが陣取っているのです。横断幕と呼ばれる、横長の馬名が書かれた幕なども作ってきて、みんなに見えるようにしているなど、その情熱は常軌を逸しています。彼女たちはカメラを持参して、パシャパシャ競走馬の写真を撮りまくっています。そのときの瞳は、まるで大好きなアイドルを見ているかのごとく、キラキラ輝いています。

ウマじょに声をかけるタイミングですが、撮影中は絶対に避けてください。最も興奮している至福のときに、何か言われると誰だって気分が悪いものです。パドックでは馬が周回する時間と、馬が一切歩いていない時間が交互に訪れます。声をかけるのは、ズバリ馬が歩いていないときです。競馬好きのおっちゃん連中は、馬がいなくなったらすぐに馬券を買いに走りますので、その時間帯はパドックが閑散とします。ウマじょは、馬券を買わないこともないのですが、どちらかと言うと馬そのものが好きなのです。ここが冒頭で紹介した歯抜けのパチンコ依存症女と決定的に違うのです。ありがたいことにウマじょは、競馬場へ一人で来ていることが非常に多い。ナンパするにはもってこいなのです。

ウマじょへの声の掛け方について説明していきます。まずその女性がどの馬の熱烈なファンかと言うのを知ってください。そんなに難しいことではありません。じっくり観察していると、すぐにわかるはずです。

彼女たちのかわいいところは、お目当ての馬が出てきたときは、如実にテンションが上がり、ソワソワし始めるところです。マニアックさを持つ、ウマじょは大きなレースよりも、その手前のまだそれほど大規模ではない、こじんまりしたレースを好みます。売れるバンドマンではなく、これから売れそうなバンドマンに着目して応援する女子心理に近いと言えます。

ウマじょがどの馬を応援しているかがわかったら、「突然お声がけしてすみません。もしかして○○○○を応援されているんですか?」と言ってください。

競馬場は粗野な中年男性や老人が多いこともあり、一人で来ている女性は、基本的にかなりの警戒心を持っています。それを発動させないためにも、最初に礼儀正しく真面目な印象を与えましょう。「僕もあの馬が妙に気になっていて、どうしても会いたくなったから今日、初めて競馬場へ来たんです」と続けてください。

この言い方をすることで、向こうは「まだそれほど知られていないあの馬を応援しているなんて、もしかして運命の人?」と、胸をときめかせます。このチャンスを逃さずに、「競馬場のことをよく知らないので、もしよかったら教えてもらえませんか?」とたたみかけましょう。二つ返事でオッケーしてくれるはず。彼女も一人ぼっちで心細かったから、信頼できそうな男性が現れることはむしろ大歓迎なのです。あなたがとるのはあくまで『競馬初心者』というスタンスです。

そこが彼女の母性をくすぐるのです。ウマじょは追っかけている競走馬を複数抱えていますから、まだ発走していないレースで「どの馬を応援しているか?」を教えてもらい、一緒に応援しましょう。その馬が勝っても負けても、同じ感情を共有できますから、一気に距離感が縮まることは間違いありません。もしいけそうならその日のうちにお持ち帰りしてください。やや貞操観念が高い傾向にあるウマじょですが、何しろあなたは初めて出会った運命の人。

もしも応援している馬が勝利を収めたりでもしたら、イケイケムードになってそのままベッドインというのも十分にありえる話。ここまでは基本的に競馬場へ行ってから、声をかけるという流れで説明してきました。しかしウマじょはSNSやブログをやっている人たちが多いのです。自分がパドックで撮影してきた写真を、ネット上で公開しているのをよく見かけます。先にネット上で交流して、そこから仲良くなる、というやり方もあるというわけです。自分にあった方法を選んでみてくださいね。どちらにせよ心がけてほしいのが、「競馬初心者なので教えてもらえませんか?」という姿勢です。これがウマじょと仲良くなる上で、かなり重要なポイントなのです。

以上、ウマじょの落とし方でした。馬並みのイチモツに自信を持っている人は、それをつっこんでベッドの上でウマ女をヒーヒー言わせてみてくださいね。きっとあなたの虜になることでしょう。「ウマじょは騎乗位がとても上手」という説もありますので、ベッドではあなたが馬となってウマじょに乗られてみるといいでしょう。

男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法

男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法女性のメールと男性のメールは根本的に違うものです。

そもそも、男性がメールというもの自体をあまり好きではないことから生じる違いが多いようです。

そのせいで、どうもヤリトリがチグハグになってしまう場合があります。

そんな状況に陥らないために、男女のメールの違いを知っておく必要があるのです。

本日は、男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法をまとめました。

男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法

女性は自分の気持ちを話す

女性は自分の気持ちを話すものです。男性だと相手の気を引くために、疑問形を多用したりしますけど、女性は自分のことを話して終わりっていう場合が多いですね。

だからといって心配しないでください。わたしたちもとくべつに女性に興味があるから疑問形を使うわけではありませんね。女性だって一緒なんです。疑問を持たないのが普通なんです。

女性は絵文字や顔文字を使う

女性は絵文字や顔文字を使います。自分の感情を聞いてほしい・表したいということの現れでしょう。わたしたちはとくにマネをする必要はありませんが、全く使わないのは冷たい人だと思われてしまうかもしれませんね。

すくなくとも、女性のそういう心理はわかっておく必要があるでしょう。

女性はメールをすることこそ大切

男性の場合、メールを情報伝達の手段と考えています。つまり内容がないメールはしたくない。

一方女性は、メールをすること自体を楽しみと考えている場合があります。

だから、内容のある会話をいっしょうけんめいしようと考えている男性がイライラしてしまう場合なんていうのもありますね。

これって会話でも多いですね。今日はあれがあってこれがあってっていうオチのない話をいつまでもする女性に辟易したことはありませんか?

逆にいえば、内容のない話をしていても、二人の仲は進展していると考えてください。

メールをすること自体が女性との出会いの攻略法なのです。

女性はネガティブなメールがキライ

メールにはネガティブなことを書かないようにしてください。

  • ◯◯に悩んでいます。
  • ◯◯に自信がありません。
  • わたしなんて……。

そんな男性と会いたい女性がいると思いますか? 女性は楽しい時間をすごしたいんです。あるいは、自分の話を聞いて欲しいんです。アナタの悩みに興味はないんです。

あるいは、

  • 女性にモテません。
  • 見た目が悪い。
  • つまらない人間です。

なんていうことを書く人さえいます。わたしからしたら信じられません。会った時にガッカリされないための自己防衛なのかもしれませんが、そんなことを書いていても会えませんから安心してください。

メールの内容はポジティブに!

女性は会う場合の選択肢が欲しい

メールで会おうとするなら、

食事に行きましょう!

なーんて誘ってはいけません。

誘うなら、

○日か○日に食事にいきませんか?

みたいな聞き方をしてください。

選択肢を与えてください。

また、わたしの場合は、メールを3日くらい続けた時に一度誘ってみて、断られたら1週間後にもう一度誘います。それでもダメなら損切りですね。

それでもメールに何を書いたらいいのかわからないなら?

ここまで読んできて、それでもメールに書くことがわからないならどうしたらいいのか?

男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法メールで話す内容がわからなくなっちゃうことありますよね。

そういうときは、相手が好きなことをとにかく話すんです。

ジャニーズだろうと、AKBだろうと、ファッションだろうと、なんだろうと、相手が好きなことを話せばいいんです。

ぜんぜん知識がないことだったらどうするのか?

そんなのとにかくググって調べまくってください。相槌がうてる程度の知識でいいんです。google は最強です。調べていればいくらでも、疑問や回答や質問がでてきます。

それでは、会った時にこまるのではないか?

いいえ、会ってしまえば、ほかの話をガンガンすればいいんです。

会ってしまえばこちらのものなのですから。

  • お酒が好きなの? だったら一緒に行きましょう。
  • あの映画見た? みていないなら、一緒に行きましょう。
  • ◯◯は一人だと行きづらい? だったら一緒に行きましょう。

そんなふうに、理由があると、女性は誘いに乗りやすいですね。

女性は、「簡単に誘いの乗る軽い女」と思われたくないという心理が働いています。なので、その心の壁を取り払って上げる必要がある。そのための最適の道具が理由なんです。

他から見て軽く見られない確固とした理由。自分で納得できる理由。

そんな出会う理由探しのお手伝いをしてあげるというイメージがあるといいですね。

また、アポの内容は、最初から1日過ごすなんていう感じじゃなくて、最初は短いスケジュールだと、女性のほうも誘いに乗りやすいですね。

アポをするならいつがいい?

アポをするならいつがいいでしょうか?

男女のメールの違いからわかる出会い系攻略法出会い系というのは、週末のほうが賑わいます。当たり前ですね。

しかし、男性のほうが働いている人が多いので、実は週末は男女比率で男性が多くなってしまうのです。

逆に平日には、当然、休日に比べると女性が多くなります。

というわけで、狙い目はずばり週のはじめの月曜日・火曜日です。

たとえば、主婦の場合は、土日いっしょうけんめい旦那の相手をして、月曜日はやっと自由になれる曜日なのです。その開放感を存分に利用してください。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけること

気になる若い女の子とようやくこぎつけたデートの約束。

すごくドキドキしますよね。しかし、忘れないでください。デートの約束を取り付けたことはゴールではありません。スタート地点に立てたというだけです。

最大の目標は、いかにセックスをするかということ。そしてセフレにするかということ。

そのためには「もう一度会ってもらうこと」が大切です。さて、初めてのデートで「もう一度会いたい」と女の子に思ってもらうために、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけることをまとめました。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけること

すっぽかしに気をつける

出会い系でのヤリトリから実際に会うことになったら、まず気をつけるのはすっぽかしです。

すっぽかしの確率をさげるためには事前に電話をしてもらうことが大切です。

会うのが当日以外なら、当日に連絡をもらうようにしておけば問題ないでしょう。相手の番号まで聞き出せばかなり確率が高いですが、非通知でかけてもらえばいいと思います。

初めて会う相手に電話番号をいきなり教えることはあまりないと思いますし、無理に聞こうとすれば逆にすっぽかされてしまいますしね。

また、できれば時間を1時間ずつずらして、2人以上会う約束をしておいたほうがいいでしょう。すっぽかされるのは嫌だけど、すっぽかすのはたまにはいいんじゃない?って勝手に思ってます(笑)1人目がNGだったら、2人目に期待すればいいですしね。

服装はスーツがおすすめ

出会い系でアポに成功したら、気になるのが身だしなみ。

「髪の毛に髭に、眉毛に……ついでに洋服も買おうかな」なんて、思っている男性はちょっと待った!

実は、出会い系で見つけた女の子との初デートの服装はスーツがおすすめです。

「スーツなんて普通すぎる」
「いかにもセンスがないのがバレバレ」

なんてスーツ姿にネガティブな印象を抱いている人は多いかもしれません。

ですが、女子大生にしてみれば憧れのスーツ姿。

そして社会人でも、制服着用で働く職場の女性にしてみればウケ抜群のスタイリングでもあります。

さらに、スーツ姿に見慣れているOLであってもいかにも出会い系のデート感がなくなるため意外にも好印象。

実は、スーツ姿でのデートはあまりデメリットがないのです。

会う時間は平日・夕方からがベストですが

「ちょっと職場に呼ばれちゃって」
「今日は夜に、会社に行かないといけないんだ」

など、適当な言い訳をすれば時間問わず使えます。

また、スーツの魅力としては、相手のファッションチェックができるということ。

いくらトレンドを押さえた洋服を買ったとしても、相手の女の子のファッションテイストとずれていれば台無し。

それならあえて初回はスーツで通し、相手の雰囲気を掴んだうえで、洋服を選ぶ方が、確実に「おしゃれな人」と思わせることができるのです。

カジュアルからエレガンスなど、相手の女性の服装から受けそうな男性ファッションを掴むのにスーツ姿は余計な印象を与える心配がありません。

またスーツは、良くも悪くも「無難」なスタイル。

「何このファッションセンス……」と女性を幻滅させるリスクも回避しながら、相手の心を掴むファッションを見極めていきましょう。

それから、次に繋げるために、相手の好みにさり気なく合わせていくのも大切です。

全身トータルで買いそろえなくとも、ちょっとした小物アイテムでも充分良いアプローチになるので、意外にお金もかかりません。

ビジネスマンにとっては、当たり前のスーツ姿ですが女性ウケ抜群、かつ心をつかむツールにも役立つスタイリングはスーツ一択と言っても良いでしょう。

女性というのはまず足元…つまり靴のチェックから入ることが多いです。もうよれよれでボロボロの靴などを履いていたら、それだけでがっかりされてしまうかもしれません。なにも数万円するイタリア製の靴なんかは必要ありませんが、あまりくたびれているような靴を履いていくのは避けましょう。

安全アピール

まずは最低条件として、女性に警戒心を持たれないことから始まります。

言葉遣いが乱暴だったり下品だったり、服装が過剰に個性的だったりすると怖い印象を与えます。この人は安全な人なんだと思ってもらわなければいけません。犯罪が多い世の中、警戒心が強くなっている女性は多いと思います。

また、生理的に無理だと感じられたらどうしようもありません。清潔感が大事です。体臭も気をつけなければいけませんが、強い香料もタブーです。

実際のデートで重要なことは「楽しませること」

実際のデートで重要なことは「楽しませること」です。

それができれば苦労しないよと思っていませんか?

そういう人は「楽しませること」を「笑わせること」と勘違いしているんです。

あなたも一緒になって楽しむことが大切なんです。

そう。女性が楽しめるところにつれていくだけでいいんです。

女性は面白いことを求めているわけではなく 楽しい気分にさせてくれることを求めています。

女性が好きなことを想像してみてくださいね。

  • スイーツを食べに行ったり
  • ショッピングに行ったり
  • お祭りに行ったり
  • 素敵なホテルに行ったり

どれも楽しい場所であって、笑える場所ではないでしょ?

自分は面白いことも言えないし話術が下手だからモテないんだよなぁ……って思ってる人がいるかもしれませんが 無理に面白がらせる必要はありません。

楽しませるための工夫をしてみましょう。面白がらせるよりはるかに簡単です。

話を聞く

若い女の子の話には脈絡がありません。

さっき、こういう話をしていたと思ったら、今度はこんな話、というように、四方八方に会話の内容が飛んでしまいます。

オジサンは、その内容を整理しながら論理で聞き取ろうとするから、疲れてしまいます。

そして、聞くのが面倒になり、いつか、おざなりな相づちを打つようになり、嫌われてしまうのです。

きちんと話を聞いてあげることほど若い女の子に好感を持たれる行為はありません。

もし、どうしても相手の会話を聞くのが苦痛なら、相手をしっかり見て、相手の方に体を向けて、会話を聞いてください。

内容をきちんと把握していなくても、それで女の子はまんぞくしてくれるものです。

女の子は、自分が話した内容をきちんと整理して聞いて欲しいと思っていません。

ただただ、自分が何かを話しているときに、そっと寄り添って欲しいのです。

好意を伝える

小学生の頃、好きな女の子につい冷たい態度をしてしまったり、心にもないことを言ってしまったりしていませんでしたか?

大人の恋愛ではそれはNGです。好意を持っている相手にはしっかりとその気持ちを伝えるようにしましょう。人から好かれて嫌な気持ちをする人はいません。よほど嫌いな相手であれば別ですが、もし自分が相手にとって嫌いな対象であればそもそもデートに来るはずがありません。その点、最初のハードルはクリアしているので安心して好意を伝えるようにしましょう。

次の約束は積極的に

デートも終わりにさしかかった頃、「じゃあ、また連絡する」などと曖昧なまま別れてしまっては意味がありません。また勇気を振り絞ってデートへ誘うというプロセスが必要になってきてしまいます。今、会っているうちに、勢いのあるうちに言葉にしてしまった方が簡単です。

「◯◯って興味ある?」
「仕事の休みはいつ?」

など、次につながりそうなワードを会話に含めていきましょう。そして、別れる前までに、

「次は◯◯へ行こうよ」
「次の休みは空いてる?」

と、これまで得た情報を盛り込みながら、あなた自身がまた会いたいと思っていることをストレートに伝えることが大切です。うまくいけばその場で次の約束ができるかもしれません。

おすすめのデートスポット特集

おじさん向けのデートスポットは以下のとおり

ホテルでゆったりとアフターヌーンティーを

10代や20代のように人がたくさん集まる場所でのデートは精神的にも肉体的にも疲れてしまいますよね。ゆったりお茶を…と思ってちょっとおしゃれなカフェにいっても若者でいっぱい。そんなときにはホテルのラウンジでゆったりとティータイムを楽しみましょう。ワンランクもツーランクも上のコーヒーを飲みながら高級感のあるソファでくつろぐとリラックスできて会話も弾みます。女性はおしゃれな空間が好きなので、きっとよろこんでくれるでしょう。ちょっと贅沢したアフターヌーンティーセットを頼むと一緒に食事を満喫できます。

芸術鑑賞で大人のデートを

コンサートやライブ、映画館は若者カップルに任せて中高年のデートでは芸術鑑賞としゃれこんでみてはいかがでしょうか。芸術鑑賞といっても幅は広く、美術館や博物館からはじまり、クラシックコンサートや舞台演劇、歌舞伎なんていう伝統芸能も素敵ですね。お値段も1,000円程度のところから10,000円以上するものまでさまざまなので予算とふたりの趣味に合わせて選ぶようにしましょう。

中高年のデートでは、あまりデートというがっついた雰囲気を出さないことが大切。あくまで趣味や教養のひとつということで、出かけていきそこから共通の話題を見つけて仲を発展させていくといいでしょう。

夜景デートでロマンティックな雰囲気を

中高年のデートはどうしてもまったりしてしまいがちで、今一つロマンティックさに欠けるというデメリットがあります。また、いい歳して恋愛アプローチをかけるなんて…という気恥ずかしさもあることでしょう。

そこで定番ながらもおすすめしたいのが、夜景デート。高い展望台でもいいですし、山へドライブデートするというのもひとつの手ですね。美しい夜景をふたりで眺めていればふたりのムードも高まり、仲も深まります。隠れた穴場スポットがないのかどうか探してみましょう。

久しぶりにデートをすることになったけれど、どこにいけばいいのかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。最初はちょっと緊張することがあっても一緒に楽しい時間を過ごせばデートも盛り上がりますよ。早速気になる人を誘ってみましょう。

 

 

婚活サイトでセックスをするのはかなり難しい

わたしは以前、婚活サイトを利用していました。

もちろんわたしは結婚していますが、婚活サイトで女を釣りあげてセックスをしようと考えたわけです。

婚活という言葉がはやり始めたころから、結婚相談所で登録をしたり、お見合いパーティーに参加したりしていました。しかし、どちらの場合も男性にとっては、かなり費用がかさみました。

特に、結婚相談所などは、入会金や年会費などはかなりの高額になります。まとまったお金が必要になるために、登録後、1年ほどで退会することになってしまいました。その間、結局、2人の女性と出会うきっかけは作ってもらいましたが、どちらの女性も素敵な方なのでしょうが、わたしの性格とはまったく合わない方ばかりでした。

それに婚活サイトは、こちらの個人情報をかなり詳細に教えなければなりません。何回かセックスしたらヤリ捨てたいと思っているわたしにとっては不安が大きいのです。

婚活サイトよりも出会い系サイトを使う

いまは、自分に一番あっている方法が、ネットを使用しての出会いの探し方です。

安心の料金設定なのです。サイトによっては、プロフィールを見るのに、または、メールを送るたびに料金が発生するサイトもあります。そうなると、つい夢中になっていたりすると、あっという間に高額な利用料金となってしまいます。

メールだけでは、お互いのことを知るには情報のやり取りに限界があります。そのために、早い段階から出会うことを望む女性も多くいるのです。わたしは、このサイトを通じて、何人かの女性と会いましたが、みな誠実な女性でした。出会っても、すぐに恋人の関係になる人ばかりではありませんが、確実に自分の中の人脈を広げることはできます。

そういった意味でも、出会い系サイトに登録してよかったと思っています。最近の女性は、出会い系サイトなどに抵抗がないのかと思い、彼女たちに質問したことがありますが、これらのサイトは比較的女性の支持を得ているようです。

おすすめの出会い系サイト

出会い系サイトはいくつもあるのですが確率的なものでオススメのサイトがいくつかあります。

ハッピーメール

まず、若妻系のセフレを探すならハッピーメールがおすすめです。

色々なイベントもあり使いやすさ等が人気の秘密なのでしょう。

実際に、ここでの確率は他のサイトに比べると圧倒的に出会えるチャンスが高くまた、どういうわけか当たりの人妻が多いと思います。今までに会えた人妻はこのサイトだけでもゆうに20人以上で半分程は定期での希望者もおり男性サイドからすれば、これ程美味しいものはないのかもしれません。

難点を上げるとすれば、会う時間帯が昼間に集中しがちで時間調整が難しい事位でしょうか。昼間の時間がある程度自由になれば、これ程良いサイトはないと思う程のゲット感も味わえる事でしょう。

ワクワクメール

若い人妻よりも、大人の女性が好みならワクワクメールが良いと思います。30代から40代といったまさに熟女の魅力を味わえる体験をこちらのサイトで何度も経験しました。

旦那さんとの性の問題や不満、身体の欲望といった出会いに興味深い人妻が多く、メールのやり取りがスムーズなのが特徴だと思います。

早い人妻だと3回目のメールで会う約束が出来た事もありとにかくこちらとしては嬉しい早さです。

ただし、こちらではなぜかその場限りの出会いが多く継続的な方はあまりいなかったのですが割りきりや、多人数との出会いを楽しみたいのならこのサイトは最高にいいと感じます。

女性が積極的であり、若い人妻にはない魅力と圧倒されるテクニックで病みつきになってしまう。そんな人妻さんが多いので、攻められるのが好きで熟女のテクニックを味わいたい男性ならば迷わずここのサイトでしょう。

それでは、出会う確率をあげる方法なのですがどちらもある程度共通していますので参考にして下さい。

3回ほどメールでやり取りをしたら自分の性欲の不満、妻や彼女が相手をしてくれない等と具体的に伝える事で、相手の人妻も不満を言ってくるパターンが多いです。

不満を言って来たら、後はもう会う時間を調整するだけですし楽しむだけになります。

それでも、中にはドタキャン等の場合もたまにあるので、午後に一人の人妻と約束し夜にも一人と約束する等すると安心ですし効率的だと思います。

若い人妻は昼間に、熟女系は夜としておくのがパターン的には最良でしょう。

その他のサイトもあるのですが統計的にみて、この2サイトでの出会える確率はかなり高いと言えます。

どちらのサイトもサクラがいなくて、メールも楽しめて実際の出会いにスムーズに行けたのがこの2サイトでした。

使い分けも出来、今はこれ以外は使っていませんが簡単に人妻出会えたサイトですので誰でも楽しい人妻との甘い時間を過ごせる事でしょう。

メールテクニック

出会い系サイトを利用して、巷の淑女や熟女を口説くにはそれなりのテクニックが必要です。

出会い系サイト上で使用するメールテクニックについて書かせて頂きます。

人間誰しも、初めて知り合う人の性格や人柄を知るには、ある程度の時間というものが必要です。直接会った時の外見的な第一印象に始まり、話している時の喋り方、言葉の選び方、仕草、気の遣い方などを通して、相手の人となりを理解し、内面的なものが見えるようになってくるものなのです。

基本的には、出会い系サイトを通じた出会いでも、同じようにして相手のことを理解できればいいのですが、家族や恋人や友達などと日常やり取りするメールテクニックを、そのまま出会い系サイト上で使うことはできません。なぜなら、出会い系サイト上でやり取りする人は、あなたのことをまだ知らない全くの他人だからです。

つまり、未だ会ったことのない女性との出会いを、絶妙のメールテクニックで勝ち取らなければならないのです。このようなことを書くと、相手の女性と何か狡猾な駆け引きをしなければならないのかと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、そのようなものは全く必要ありません。

下手な駆け引きをする暇があったら、自分の正直な気持ちを見栄や虚勢を張らずに素直に伝えることに徹した方が得策だと思います。

あなたの顔も名前も知らない赤の他人である女性から、いきなりあなたの気持ちに揺さぶりを掛けるような内容のメールが届いたら、どういう気持ちになりますか。面倒臭く感じますよね。又、逆も真なりです。

要するに、変な駆け引きをすることはマイナスにこそなれ、決してプラスになることはないということです。

それよりも、相手の気持ちを慮りながら、気持ちのこもったメールをすることが成功への秘訣なのです。

外見上の印象よりも自分の中身だけで勝負ができる分、日常的な生活で中身を知ってもらう前に厳しい判断を下されてしまっている男性の方にとっては、サイト上でのメールのやり取りの方が有利に働くのではないでしょうか。

とにかく、できるだけ相手への思い遣りを持ってメールを送るようにして下さい。決して姑息な駆け引きをするべきではありません。

出会い系サイト上では、外見より中身なのです。裸の自分を自分の言葉で正直に伝えることが一番なのです。それが、未だ見ぬ素敵な女性との出会いを導く秘訣なのです。

お分かりになって頂けたでしょうか。
上記のことを参考に、より一層のハッピーな出会いを求めて下さい。

サクラを見分けるには仕組みを知る事が大事です

みなさん、出会い系サイトを使うときはできるだけ安く済ませたいですよね?

そのためには、サクラを見分けて、本物の若い女の子とメールをしなければなりません。

さて、サクラを見わけるには、彼らがどうやって利益を得ているのか? というところを考えることが大切なのです。

本日は、サクラがどうやって利益を得ているのか、そしてどうやって回避すればいいのかというお話をさせていただきます。

サクラのしくみ

サクラはどうやって利益を得ているのか。

これは単純な話で、利用者に手持ちのポイントを使わせ課金させれば良いのです。大抵のサイトは初回登録時はボーナスポイントを持った状態でスタートします。まずは、これを使い切るように仕掛けていきます。

サクラの起こすアクションは2つあり、「アタック」「レシーブ」というものになります。アタックはサクラ側から先にメッセージを送り、相手にコミュニケーションを取るというアクションとなります。レシーブは利用者から送られてきたメッセージを受け、返信していく形を言います。

収益に繋がるのはこのレシーブしている状態の時であり、アタックした場合は相手から返信が無い限り収益は発生しません。サクラ側から見た理想的な形は、「レシーブ>アタック」このような図式なのです。

単純に考えればアタックのみをし続け、レシーブを受ければ収益に繋がるわけですから会員全てにアタックを仕掛ければ良いと考えますが、長期的な収益を考えるとアタックが多すぎるサイトはサクラが多いと利用者側にはすぐにバレてしまうのです。

利用者もバカではありません、コミュニティーを持ち、サイトを評価しています。つまり、サクラはいないと利用者に思わせるには常にレシーブの状態である事が理想的なのです。

サクラの見分けかた

この仕組みを理解していればサクラを見分ける事は簡単になってきます。相手はポイントを奪いに来ているので、会話を長引かせようとしてきます。これを逆手に取り、会話の中に返信出来る質問キーワードを複数盛り込むのです。

この質問キーワードに対し、何かと理由をつけ回答を小出しにしてくる返信者はサクラの可能性が高いです。サクラはポイントを使わせた後、補充の為の課金をして欲しいわけですから飽きさせないよう別の話題に切り替えたりで、なかなか利用者が会話の主導権を握れない場合が多いです。

しっかりと質問した事に答え、利用者が会話の主導権を握れているかを判断する事が本物にたどり着く道です。課金履歴が多い利用者は特に注意して会話内容を追うようにしましょう。

やたらとエッチな会話へ誘導しようとする女性にも注意です。まだサイトを始めたばかりの利用者の興奮する気持ちを利用する手段です。

登録して間もない期間で飛んでくる女性からのメッセージは十中八九サクラです。相手にしないほうが吉でしょう。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺をご存知ですか? サクラ以上に悪徳な業者の詐欺行為です。

登録完了ボタンを押すと、大きな文字で「ご登録ありがとうございます」と表示され、勝手に料金を表示して課金されるという仕組み。

ワンクリック詐欺の請求ですが、日時と貴方のパソコン情報、パソコン機種、プロバイダー、が記載され○○迄に振込みを完了して下さいと、脅迫じみたものです。

しかも振込みがない場合は連絡しますと追記してありますので、恐怖感を煽ります。

まず個人情報保護法がある近年、パソコン機種やプロバイダーが分かったぐらいで連絡先が分かるわけがありませんので、完全無視でもOKです。

規約があった場合でも、料金が発生するサイトは必ず注意書き・確認ページを設置する義務が法律であります。設置がされていない場合は法律違反なので、一切払う必要がないという事を忘れないで下さい。

出会い系サイトの「収益の仕組み」を理解して、素敵な出会いをゲットしてください。