若い女の子に「同世代よりステキ!」と思ってもらえればセックスできます

40代50代のオジサンになって、妻とはすっかりセックスレスという男性は多いと思います。

でもたまにセックスしたいと思っても、いつもと同じ古女房か……とゲンナリしてしまうのも事実。できれば新しい女性と、それも若い女性とセックスができたらいいと思いませんか?

こういうことを言っても、そんなのただのオジサンの願望だろう、無理して違法になるとヤバいだろう、むしろこちらが騙されてしまうかもしれない、そう考えて何も行動を起こさない人ばかりだと思います。でもそれが、特に危ないことなく楽しめるとするとあなたはどうしますか?

出会い系サイトを使えば若い女の子とセックスできる

新しく知り合った若い女性とセックスをするには、出会い系サイトを使うのがてっとりばやいです!

そもそも出会い系サイトを利用している女性は、特定の彼氏がいなくて寂しい思いをしている女性ばかり。普通の生活で出会う女性よりも口説きやすいのはもちろんのこと、サイトを利用しているうちに年上男性に免疫ができていることも多いです。思いきって声をかけてみると、「こないだ60代のオジサンからメッセージをもらっちゃった(笑)」なんて話が聞けることもあります。

出会い系サイトはもはや、若い人だけのツールではないのです。使っている人は年令を気にせずに使い始めています。つまり女の子に、あの時のオジサンに比べたら今回のオジサンはまだ若い、と思ってもらえたらしめたものです。

積極的にメッセージを送ってみましょう!

女性の方も割り切りの関係や、安全なセフレを探していることが多いです。その時に女性が重要視することは何かというと、まずは何よりも身の安全。信頼できる相手かどうか、アブノーマルなセックスを求めずこちらの嫌なことはしない男性化どうかを厳しくチェックします。これは昨今出会い系サイトで出会った男女のトラブルが刑事事件に発展したケースが多いため、自衛のために当たり前のことです。

逆に言うと、その最低条件さえ満たしていれば年の差は気にしない!という女性だっているということです。

また若い女の子が口を揃えて言うのは、「同世代の男の子はつまらない」ということです。これがどういうことかというと、最近の若い人は車離れが進んでいるからデートは全部電車とか、女性をエスコートすることに馴れていない男の子とデートすると疲れる、という彼女たちの切実な悩みでもあります。若い人同士でデートをすると、電車の駅で待ち合わせ、目的地まで歩かされたあげくに帰りも送ってもらえなかった、なんてことがザラにあるようです。バブルの頃を知っている男性から見ると、信じられませんよね。

それに草食系男子とデートをしても全然リードをしてもらえない、口説いてもこない、と内心で不満に思っている若い女性も多いんです。そういった子は、普段出会えないタイプの男性を求めて出会い系サイトを始めています。そういう子になら、「デートさえ楽しければ年は気にしない」と思ってもらえます。

デートを重ねて信頼してもらえれば、セックスに持ち込むことだって自然にできるというものです。

その時に重要なのが、女性を楽しませるのはもちろん、オジサンらしさを出しすぎて気持ち悪がられないことだと言えます。若い女性が一番嫌がるのは、「キモイ」こと。それが「同世代の男の子はつまらない」を上回らないように注意してください。

そのためにはどうすればいいかですが、まずはガッツイてすぐセックスに持ち込もうとするのはやめましょう。最初のデートではセックスは諦めるくらいの、大人の余裕を見せることが大事です。そして大人の余裕と言えば、お金の点もとても重要です。ワリカンに慣れている若い女性が多いので、ぜひ食事や遊び代はおごってあげましょう。そもそも、そんなに高くつくデートを望む女の子はまれです。ファーストフードやチェーンのコーヒーショップでも、若い女の子は充分に楽しんでくれます。それにちょっといい食事をつけてあげて、遊ぶお金を全部気前よく出してあげれば、同世代の男の子といるより年上の男性との方が楽しいかも?と思ってもらうには十分です。

それから、メッセージのやりとりは活発にするようにしましょう。最近ではLINEを使っている女の子が多く、彼女たちは「既読スルー」をとても嫌います。何気ない会話をやり取りして、絶対にこちらでメッセージを終わらせないマメさは必要です。ちょっと辛いかもしれませんが、やり取りそのものを女の子は楽しんでいるので、付き合ってあげましょう。

最初のデートのあとにメッセージを毎日やり取りしていれば、次に会った時の女の子のテンションが高くなることは、一度試してみれば分かります。全然話を聞いてくれず相手をしてくれない身近な若い男より、まめにメッセージをくれる男性の方に女の子は優しさを感じるようです。優しい男がモテるのは、昔から変わりません。

メッセージのやり取りで身近に感じてもらって、デートで楽しんでもらえれば、二度目のデートで口説き始めても気持ち悪がられることはありません。そうすれば、セックスに持ち込むのだって無理なくできます。もう若くないと思っているからこそ、普段の生活ではなく出会い系サイトという流行り物でしか出会えない女の子がいるということです。
年令を気にして諦めることなく、楽しいセックスライフを楽しんでください!

出会った相手が人妻だった!?危険回避の方法とトラブル防止のポイント

オジサンになると、仕事が忙しい、プライベートで女性と知り合う機会がないなど、出会いにとって厳しい状況になります。

そう考えているのであれば、インターネットを使った出会い系サイトは異性との良い出会いの場になります。

特別な入会金は必要ありませんし、登録されている会員数が多いので、条件に合う相手さえ見つけられてお互いに意気投合すればれれば、親密な関係に一気にGO!
そんな手軽さがあるのが出会い系サイトの良いトコロなのですが、そんな浮き立つ男性諸氏に注意をひとつしておきましょう。

あなたは、出会い系サイトなどには自分の結婚生活に不満を持つ「人妻」が相当数混じっているってことを理解していますか?

人妻は「人妻専門」というサイトがあるくらい女性側の需要が高いのですが、「イヤ、俺は人妻と付き合う気なんかないから」と普通の出会い系サイトに登録したつもりでも、「普通の恋愛がしたいの」なんて軽く考えている人妻が身分を偽って登録しているケースがあるんです。若い女の子狙いでも、この危険はつきまといます。20代前半の不倫希望の若妻ってたくさんいますからね。

出会った相手が人妻であっても、割り切ったお付き合いができるならそれも良しなのでしょうが、それにしても人妻との出会いは男性にとって大きな危険を招きかねないことであることに変わりはありません!

今回は出会った相手が人妻であった場合の危険性や、トラブル防止のポイントなどについてご紹介していきます。

人妻との出会いはこんなに危険!

そもそも、なぜ人妻との出会いが危険なのでしょうか?

言わずもがなですね。それは「不倫」になってしまうからです。

一言に出会い系サイトといっても、真面目な婚活を目的とするものから、アダルトな関係を求めるものとさまざまなのですが、どれも異性を求める男女が出会うきっかけを作り、それ以上の関係に発展させることを目的としています。

いくら、「イヤ、俺は出会いが欲しいだけで、恋愛をしたいんじゃないから」なんていっても、異性を求める男女が出会ってお互いを気に入れば何らかの感情が生まれてしまうものですし、ましてや体の関係をもってしまえば、不倫であることの言い逃れはできません。

これは、相手がはっきり自分が人妻であるということを言っていなかった場合でも同じです。

「俺、人妻だなんて知らなかったんだよ!」といっても、責任は回避できません。

人妻であるということは、結婚をしている相手がいるということなので、人妻と出会って何らかの関係を持てば、当然「家庭を壊された」ということで、あなたにも損害賠償などの責任がのしかかります。

なかには、「今までバレなかったから、大丈夫」とか、「何とかごまかせるさ」なんて軽く考えて人妻との出会いを楽しむ男性もいますが、これは大きな間違いです。

最近は自分の妻の行動を怪しんで、探偵事務所などのプロに浮気調査を依頼する男性が増えていて、プロにかかれば人妻との付き合いが暴露されるのはアッという間です。しかもプロはホテルに入るところの写真など、確実な証拠をつかんできます。

まあ、浮気調査を依頼する探偵を探すくらいなら、自分の妻を満足させてやれよ!という思いがなきにしもあらずですが、人妻との出会いはそれが現実です。

膨大な損害賠償金のリスクだけでなく、社会的制裁を受けるリスクなどもありますので、出会い系サイトを利用する場合には、相手が人妻ではないかどうか、しっかりチェックをしておきましょう。

人妻との出会いとトラブル防止のポイント

人妻との危険な出会いによるリスクを避けるためには、まず人妻とは出会わないことを心掛けることが大事です。

「人妻専門」サイトなんてものは言語同断ですので、自ら危険を味わいたいマニアックな趣味がないかぎり、登録やはめましょう。

一般的な出会いのサイトに紛れ込んでいる人妻の特徴としては、次のようなものがあげられます。

  • 平日の昼間しか会おうとしない
  • こちらからの電話に出ないことが多い
  • 仕事はしていないのに羽振りが良い
  • 体の関係をすぐに求めてくる
  • 外デートを嫌がる
  • いうことがコロコロと変わる

出会い系サイトで条件に合った女性を見つけてコンタクトを始めた場合には、決してすぐに体の関係を持ってはいけません。一度でも人妻と関係をもってしまえば、危険を回避することは100%できなくなります。

出会い系の女性と意気投合した場合には、まずは数回様子見でお互いを知る機会を設けて、その女性が人妻である可能性があるかどうか、しっかりチェックをしましょう。
それでも人妻と出会ってしまった場合には、早めに、キレイに別れることが大事です。

自分が人妻であることを隠して出会い系で遊んでいる女性は、「今の結婚生活が壊れてもいい」とは思っていても、「今の結婚生活を壊したい」とは望んでいません。

だからこそ、出会い系で遊んでいたことがバレてしまったときに、責任を相手の男性に押し付けてきたり、「相手に関係を強要された」とレイプまがいの責任を押し付けてくる可能性が高いのです。

なかには別れ話を持ちかけた途端に、「旦那にバラしちゃおうかな」なんてわが身を顧みない人妻もいます。

男性の中には、「人妻は包容力があって、男性に優しい」なんて夢を描く人もいますが、そもそも生計を共にする男性を袖にしている女性に優しいも何もありませんし、出会いで遊ぶ人妻にまともなモラルを期待することはできません。

出会い系では人妻に出会わないように注意することと、出会ってしまった人妻は怒らせずに速やかに関係を解消することを、しっかり肝に銘じておきましょう。

若い女の子と出会えていますか?

40代・50代・60代の熟年のみなさま。若い女の子と出会えていますか? わたしは50代ですが、インターネットの出会い系サイトを利用して、若い女の子と出会っています。もちろん、お金を払ったりすることなくセックスを堪能しています。

年をとると、若い女の子は相手をしてくれないんじゃないかなんて思っていませんか?

そんな心配はまったくありません。熟年男性でも若い女性と出会うことは十分に可能です。

わたしは、5年前から出会い系サイトを始めて、生活が一変しました。最初の1年は試行錯誤を繰り返すばかりで結果がなにも出なかったんですが、すこしずつ上手く行くようになって素人の女性とたくさん出会っています。

また、出会い系サイトを利用して知り合った女の子と、いままでの人生で経験したことのないようなアブノーマルな経験をし、快楽の絶頂を味わえたのも出会い系サイトのおかげです。

さて、では、 どうすればそれが実現できるか?出会いのために何が必要か?

自己紹介を簡略に書く。楽しいメールにする・・・ etc

「出会い指南サイト」にはだいたい上記のようなポイントが書かれています。 それだけでは足りません。そこにはなぜかのポイントが一部書かれていません。ここであなたにご紹介するのは、わたしがいままで培ってきた、出会いを見つけるための秘訣の集大成です。「本当のあなた」を伝えることのできる「出会いの理論」です。

あなたの出会いを見つけるヒントが必ずあります。

今のあなたが変わるきっかけを掴むことができます。

ただ、過ぎるだけの日々にさよならを

朝起きて長い時間をかけて会社に通勤し、会社では仕事に追われ残業に迫られ、やっと家に帰れたと思ったらもう深夜…。また、明日の仕事に備えてそのまま眠る。そんななんとも味気ない日々を過ごしている男性というのは、我々のようなオジサン世代には特に多いことと思われます。

それはそれで充実しているとも言えますし、不満には思わない人もいるかもしれません。ですが、やはり単調な日々ばかりを過ごしていると、いつの間にか脳への刺激もなくなり、一気に老けこんでしまうのも我々の世代の特徴です。

せっかく人間として生まれ、こうして日本という恵まれた国に生まれ、男として生まれたのに、このままただ単調に人生を終えてもいいのだろうか? そう自問自答するときもあったりしますよね。そういったときに、ぜひ選択肢に加えて欲しいのが異性との出会いです。

いま特定のパートナーがまだいない人にとっては信じがたいかもしれませんが、メールのやり取りをするだけでも、びっくりするくらいウキウキしてしまうんです。もう50歳も間近というこのわたしが、メールの着信音がなるのが楽しみで仕方なく、鳴った時は飛び上がるほど嬉しい思いをしたりするのです。

ああ、人間ってこういう気持ちになれるんだ……。と、しみじみ思ったものです。ぜひ、皆さんにもその気持ちを味わってほしいものですね。

40代男のメール「キモい」「可愛い」のボーダーライン

すっかりオジサンとして腹をくくった人も多い40代男性。

ですが、意外に「可愛い」「子供っぽい」なんて勝手にギャップを好意的に受け取ってくれる女性も少なくありません。

「おや?40代、まだまだいけるかも?」

そんな思いを抱いた人に向けて、メールで役立つ「キモい」と「可愛い」のボーダーラインについてご紹介しましょう。

せっかく気がついた、その武器。

正しく活用しないと、好かれるどころか相手に嫌われる恐れもありますよ?!

40代の男だからこそのアピール法

出会い系サイトなどで、女性と接点をもつ時。

  • 大人の余裕を見せて、落ち着いた感じでいこう
  • 少しでも見た目の若さをアピールしていこう
  • 下手にどうこうしたって、おじさんはおじさんだ…

まだ顔の見えない相手だからこそ、自分のキャラクター設定に悩む男性も少なくありません。中には、やさぐれたオジサンモードの人もいるでしょう。

ですが、30代や50代にはない、あいまいなギャップを生み出せるのが40代の魅力。ちょっとしたメールの言葉や内容で「可愛い人」と思わせることができるのです!

もちろん、逆に失敗すれば「キモい」と受け止められる諸刃の刃……。

上手にコツを掴んでメールテクニックとして活用していきましょう。

自分の呼び方

自分の呼び方ひとつでも、さり気なく「可愛い」と思わせるアピールが可能。

例えば、無難なのでは

―― 僕・俺・わたし

さらに、砕けた内容や冗談で切り返す時は、たまに

―― わし・ワシ・おじさん

などを使いこなすと、ウケ狙いしつつ相手をさり気なく笑わせながら「可愛い」「面白い」と距離を縮めることができます。

ただし、どのような場面であっても

―― ボキ・ボク・ボクちん

などは「キモい」と思われる可能性が大!

微妙なボーダーラインで、思わず「え!これはダメなの?!」なんて感じてしまいそうですが、使わないように気をつけましょう。

相手、女性の呼び方

また、相手や女性の呼び方でも、さり気なく心を刺激することも。

基本的には、

―― あなた、君、女性

というのが無難な言い方ですが、時には

―― お嬢ちゃん、姫、女子

といった言い回しは、意外にまんざらでもない感じで女性は受け止めてくれます(笑)

ですが、

―― 子猫ちゃん、ハニー、女ども

なんて表現はNG!

特に、相手の女性を引き立てようとしたり、冗談で自分を持ち上げる際に「女」と無意識に使う言葉を女性はしっかり覚えています。

わずかな違いですが、地雷を踏まないように注意しましょう。

顔文字

今では、当たり前に使われている顔文字。

もちろん40代の男性が使っても、嫌われることはありません。

むしろ一切使わないメールは、女性にとってウケが悪い!

適度に使いこなしていくのが、賢い男のやり方です。

とは言え、やはり女性から見れば「大人の男性」的立場なので

―― (´∀`*)(^^)(´・ω・`)

これくらいの、定番的な顔文字をチョイスするのがGOOD! 若い女性に無理矢理合わせようとして

―― ٩(๑`^´๑)۶ (๑˃̵ᴗ˂̵)و (இдஇ; )

このような、やり過ぎ顔文字はNG! しかも、機種依存文字が文字化けしていては、さらにお寒い状況です。

少し物足りないくらいの絵文字を使いこなすのが「可愛い」と女性に思わせるポイント!

全力で絵お文字を使っている姿は「キモい」と思われてしまいます。

ネットスラング

そして、twitter や Facebook、2ちゃんねるといったネットスラングもあまりに使わないのは、おじさん臭がプンプン状態。

わざわざ調べてまで使う必要もないですが、定番になりつつある言葉は自然に取り入れるのがベターです。

―― ~だと、だめぽ、いいね!、www

といった程度のレベルなら、40代男性が使っても全然OK!

20代30代の女性も、意外に友人同士のメールで使っているフレーズなので「わたしも、これくらいなら使っても平気そう」と、距離を縮めるのにも役立ちます。

とは言え、

―― アヘ顔、~だろうJK、こマ?、ニキーw

といった、かなり限られた場所で使われるスラングや、意味を知れば女性が不快に感じる言葉は、使用厳禁。

特に2ちゃんねるでの言葉は、SNSで使われている定番系用語と未だ特定のスレッドだけで使われる言葉に分かれているので、うっかり「キモい40代ねらー」だと思われないようにしましょう。

自虐ネタ

最後に、気をつけたいのがオジサン特有の自虐ネタ。

本人はいつものノリで、特に反応を求めていない発言だとしてもメールの場合は「返事をしないと」「スルーしたら肯定」と誤解されがち。

相手にとってリアクションに困るのが、突っ込みにくいボケです。

―― こんな可愛いこと付き合えるなんて! もうオジサンだもん、周りから嫉妬されそう(笑

このように相手の若さや美しさを引き立てる自虐ネタなら、「そんなことないですよ~(笑)」「またまたぁ」なんて、女性もノリよくツッコミを入れやすいですが…逆に、

―― どうせもうオジサンだから、遊んでくれないよね? じゃあ会ってくれる?Hしてくれる?

このような自虐ネタなら、相手もどうリアクションしていいか困るもの。

面倒に感じてスルーしているのに「ほら、やっぱりね」なんて追撃メールが来るようなら、ますます「キモい男だ」というレッテルを貼られてしまいます。

ぜひ「可愛いなぁ」と思わせるような自虐ネタに留めましょう。

意外に厳しい?!女にウケるボーダーライン

落ち着いた大人の雰囲気と、同じノリで楽しめる一面を併せ持つのが40代男性の魅力でもあります。

そのあいまいさが、時に「子供っぽくて可愛い」と女ウケを狙える反面「キモいおじさん…」とマイナスに取られてしまうこともあります。

さじ加減が難しいボーダーラインですが、メールのやり取りをする時にはぜひ、これらのテクニックの活用をおすすめします。

ちょっとした一言で、相手の心をくすぐることができる便利な方法ですよ!

いま、若い女の子の間で40代以上のオヤジ世代が恋愛対象になっています

その昔、40代からの中高年男性というのは、若い女の子をお金で買い漁る……つまり援助交際をしたがる下品なスケベジジイといった印象でした。

たしかに、若い女の子を金銭感覚の違いを利用して、お金で釣ってセックスするなんてのは上品なことではありませんからね。そういった悪いイメージがついてしまうのもやむなしな時代ではありました。

しかし、いまは違います。お金のやりとりを抜きにして、中高年の男性と付き合いたいという若い女性が増えてきているんです。ちょっとにわかには信じられないですよね。

そんなこといってどうせお金が目当てなんだろう? と思ってしまいますが、実はそうではないようです。

もちろん、金銭的に余裕があるというのも大きな理由のひとつではあるのですが、男性としての魅力に惹かれて同世代の若い男ではなく、中高年男性を選ぶ女性が増えているんだそうです。

たとえば、今年結婚した芸能人の大物といえば福山雅治さんですよね。意外かもしれませんが、彼は実に46歳というオヤジ世代まっただ中の人でもあります。そんな福山雅治の結婚相手は13歳年下の33歳の吹石一恵さんでした。13歳といえば一回り以上違うわけですから、年下の女性をゲットした!……というより、吹石一恵が福山雅治をゲットした!?と言えるのかもしれませんが(笑)

また、あの堀北真希(26)と電撃結婚をした山本耕史(38)も12歳差ですから、年下の女性をゲットしていますし、これは紛れも無く堀北真希をゲットした!と胸をはれるレベルですよね。また、大人気俳優の西島秀俊(44)も16歳年下の一般女性と結婚していますし、THE YELLOW MONKEYのヴォーカルだった吉井和哉(48)もあの真鍋かをり(34)と結婚するなど、年上男性と年下女性の結婚がかなり目立った1年でした。

もちろん、わたしと福山雅治は同世代とはいえルックスも魅力も段違いすぎて比較にはならないかもしれませんが……しかしそれでもここ数年、わたし個人の実感として若い女性と会う機会が増えてきました。わたしが始めたばかりの頃は同年代の女性とばかり会っていましたが、今では半々くらいの割合になっていますからね。わたし自身が出会い系に慣れてきたというのもあるでしょうが、あまりにも会えるので個人の体感を超えて、もはや社会現象なのでは?と思ってしまうくらいです。

もともと多い、オヤジ好きという若い女性

ただ、若い女性が中高年の男性と付き合う……それ自体は特に珍しいことではありませんでした。特に会社内での不倫などはほとんどがそのパターンですよね。同世代の平社員の若い男性より、部長などの役職について責任のある仕事をこなしている男性というのは、女性にとっては魅力的に見えるものなのです。あとは歳を重ねるに連れて、男というものはなにかと余裕が出てきます。

それは金銭的な余裕であったり、これまでの経験や知識からくる重みを感じさせる言動です。若い男性では決して出せることのない魅力が出せるわけです。人生において経験というものは特に大事です。

今の若い男性が、デートで食事をする場所を決めるときにどう決めるかご存知ですか?それは食べログという飲食店を評価して点数をつけるサイトがありまして、皆がそこを参考にしてデート場所を決めるものですから、誘われる女性からすれば「あ、またこのお店か……どうせ食べログ見たんだろうな」なんて思ってしまうんだそうです。男性にしたって行ったこともないお店をネットで見た情報だけを信用して決めているという、実に希薄なものですからね。

でも、場数を踏んでいろんなお店を知っている中高年男性であれば、そんな食べログなんかを参考にせずともいいお店を知っていたりしますからね。今はそういう「ネットで検索できない知識や経験」というものが重宝される時代になったのです。若い男性のうわべだけの知識や情報に、若い女性たちはもう嫌気が差しているわけなんです。

特に最近では晩婚化というものが話題になったり、問題になったりしています。その多くは経済的な理由から結婚なんてしている場合じゃない、といった悲痛なものが多いのですが……それを抜きにしたとしても、今の若い男性に魅力が欠けているというのは一因なのでしょう。

事実、結婚するカップル自体は毎年減少してますが、女性のほうが10歳以上若い新婚夫婦というのは毎年増加傾向にあるのですから。

わたしも出会い系で会った若い女の子からそういった話を耳にしますし、キャバクラや合コンなどに行った際にも「年上の男性全然オッケー!むしろ好き!」という女性はとても多かったです。もちろん、リップサービスもあるでしょうが、実際に若い女の子と付き合えていますし、そういった子の男性遍歴を聞いてみると40代や50代の男性がほとんどだったりと……。

その子が言うには「わたしだけではなく友達も年上の男性と付き合っている」と話していましたし、これは特殊な事例ではなくある程度は普遍的な、若い女性にとっての共通の認識であるのではないかなと思いますね。

中高年男性に一番足りないものは、自信

自信のある男性というものはえてして魅力的に見えるものです。たとえそれが根拠の無い自信だったとしても、自信がなくてネガティブなことばかりいう男性よりはずっと魅力的です。なので、出会い系では決してネガティブな事を言ってはいけません。

それは相手にとってはマイナスイメージでしかないのですから。ちょっとした自虐ネタくらいならいいのですが「どうせ僕なんかが…」「きっと僕じゃムリだろうけど…」なんてのは完全にNGワードですからね。

考えてみてください。そんなネガティブワードを連発するような人と、会って話したいと思いますか?一緒に食事をして楽しめると思いますか?ましてやセックスなんて……絶対にしたいと思いませんよね。本心では自信がなくてもいいんです。わたしも最初はそうでした。まだ出会い系で成功体験がない人は、卑屈でネガティブになってしまうのも無理はないとは思います。

それに、なんだか保険をかけたくなってしまうんですよね。今更この歳になって出会い系で嫌な思いをしたくない、傷つきたくない、なんて気持ちがあると思います。女性にフラれたら悲しいものですし、自分を否定されたような気持ちになってしまいますからね。

でも、出会い系においてはそんな感情は忘れてください。というより、むしろ数をこなしていくうちにまったく気にならなくなります(笑)

「こんなデブでハゲてきてるおっさんだけど……こんな僕でもよければ、会ってくれませんか?」

なんて必要以上に自分を下に思わせたい気持ちもわかります。いざ会った時にがっかりされたくないから、ですよね。「なんだ、◯◯さんってあんなこと言ってたけど、全然ふつうじゃないですか!むしろカッコイイですよ!」なんて言われたいから、そう自分を卑下するんですよね。

でも、それは多くの場合は実現しません。なぜなら、そもそも会う機会が生まれないからです。だって、そんな楽しくなさそうなおっさんをわざわざ選ぶ理由がありません。女性は他にもいろんな男性から多くのアプローチを受けていることがほとんどです。そんな中から選ぶ理由がありません。ただでさえ文字だけで相手のことがわかりにくいネットの出会いなので、マイナス情報だけを相手に渡したら嫌われてしまうのは当然なんですね。

なので相手に伝えるときは、ポジティブな情報をメインに伝えましょう。いろんな本や映画を見てきたので、おすすめを紹介できますよ、だったり。カラオケが得意なんだけど、最近の曲がよくわからなくて……古い曲と交互に歌わない? なんて誘ってみたり。お酒が好きなのであれば、いろんなところのお酒を飲んできたから、どんなお酒が美味しいのか知ってるよ、だったり。あるいはこんな美味しいお店を知っているから一緒にごはんでもどうですか、だったり。まず初めに会うきっかけづくりとして、飲んだり食べたりというのは最適です。

もし貴方がハゲ・デブ・チビといったコンプレックスを抱えていて、それを隠したまま会っても会った時にバレてしまう……という不安があるのであれば、必ずそういった前向きな情報と一緒に伝えてください。そうすることで緩和されますし、どちらかといえばポジティブな情報のほうが頭に残りますからね。

最初はもちろん、そんな自信なんてないことでしょう。自信のあるフリをするのは大変かもしれません。でも、何度か出会いをこなしていくうちに本当の自信がついてきます。わたしは若い女性と会うことは最初は嫌でした。できることなら会いたくないとさえ思っていました。

もし話があわなかったらどうしよう?古臭いおっさんだと思われたらどうしよう? なんてことを、まるで思春期の少年のように気にしていたものです。

でも、それは完全な杞憂でしたね。なんせ、わざわざ好き好んで中高年のおっさんと会おうと思ってくれるような女性は、そういったことを気にしません。むしろ魅力的である、と好意的に解釈してくれさえするのですから。それに彼女たちが求めているのは、あくまでも自然体で余裕と包容力を感じさせる男性が好きなのですから、わざわざ相手に好かれよう、嫌われないようにしよう、と媚びるような姿勢は彼女たちにとっては一番嫌いになる行為なんだそうです。

始めたばかりの時期は、女性に嫌われるかもしれません。フラれるかもしれません。でも、それもある意味幸せなことだと思いませんか?もう何年も女性にフラれていない、なんて聞けばなんだかモテモテのようにも聞こえますが、裏を返せば「もう何年も女性と振った振られたの関係にすらなっていない」といったところではないでしょうか。

女性にフラれる経験をするためには、ある程度は女性と親しくなる必要があります。それにそのフラれた経験が、のちのちに必ず活きてきます。先程もいいましたが、数をこなしてくうちにだんだんとビジネスライクな感情になってくるので、本当に気にならなくなります。そうなってからの出会い系というものは、ほんとうに楽しいですよ(笑)

アラフィフ男は出会い系でアバンチュールを楽しもう

少年老いやすく学なりがたしのことわざどおり、人間、年を取るのはあっという間ですね。年を取れば髪は薄くなり、加齢臭に悩まされたりするのはいずこも同じです。

鏡に写る自分を見て、もはや異性との出会いなど起るはずもないと、あきらめにも似た気持ちになるのも分からなくはありません。

しかし、人間である限り、異性に対する関心や憧れといった感情が無くなることがないのも、また事実ではないでしょうか。

むしろ、中高年に至ったればこそ、幾多の経験を重ねた結果、改めて異性との関係に癒しを受けてみたり、可能性を感じたりすることが出来るようになったりします。

とは言っても現実には、女性と知り合うどころか口をきく機会さえないのに、どうやって出会いなど起こすのか? もはやあり得ないと諦め気味の方にこそ、騙されたと思って出会い系サイトに登録することをお勧めします。

出会い系なら鏡に映る自分を気にせずアピールできる

通常、男女間の出会いでは、どうしても容姿が前面に出てしまいがちです。それで勢いよほどのイケメンは別にして、ほとんどのアラフィフ男は出会いの前段階で不利になりがちなわけですが、出会い系サイトではその心配は要りません。

薄毛も加齢臭も気にせず、気に入った女性にどんどんアプローチできるわけです。男は攻めて何ぼですから、積極姿勢に転じられさえすれば、それだけで出会いの可能性は大きく高まります。

本当を言えば、出会いを成就させる上で一番大事なものは、この積極姿勢です。

出会い系サイトは中高年に、そのきっかけを作ってくれるまたとないツールでもあるのです。

出会い系は今も魔法のツール

ネットが一般社会で普及を見せた出会い系サイトの草創期には、出会い系を通じて知り合った相手が、実物よりも2割りも3割もよく映る現象が普通に見られました。

卑近な例として、リアルで知り合ったのであれば、お茶すら飲む気にならないようなレベルの相手とでも、ネットを通じて知り合ったというだけで、喫茶店どころかいきなりホテルまで行ってしまったりしました。

とにかく出会い系を通すと相手がよく見える現象は逆に、相手からしてもこちらがよく見えることを意味します。事実、このことは多くの女性も認めています。

そして、この摩訶不思議な出会い系マジックとも言える効力は、出会い系サイトが成熟期に達した今でも少しも衰えていません。

この出会い系サイトが持つ特性が、中高年にとって大きな味方になります。

若い女性との恋愛にはアンチエイジング効果がある

生理学的に、アンチエイジングが技術として確立されかけています。アンチエイジング技術では、単に寿命を延ばすのではなく、いかに若さを保ちつつ年を取るようにすることが出来るかがカギとなっています。

一方で、人が若さを保ち得るためには、身体的なアンチエイジングの技術と同じくらい、精神面での若さが大事であることは論を待ちません。

ゲーテは80歳になっても恋愛感情を抱いていたことで有名ですが、精神面の若さを保つことと恋愛は、切っても切れない関係にあると言えるのではないでしょうか。

現在、出会い系サイトには、オジサンに憧憬をもつ若い世代の女性が、たくさん登録しています。

そうした若い女性と、熟年世代に突入したオジサンをマッチングさせる出会い系サイトの基本的アイテムは、精神面のアンチエイジング技術と言っても差し支えありません。

目下、官民が一体となって進めているアンチエイジングの研究体制に、出会い系サイトが食い込むことはこれから先もないかもしれませんが、ビタミンがアンチエイジングに有効であるという研究成果以上に、恋愛がアンチエイジングに効果的だと喧伝しても、あながち間違いではないといえるのではないでしょうか。

若さを保ちながら年をとることは人間誰しもの願いです。オジサンにとって、その特効薬が若い女性との恋愛であるとすれば、出会い系サイトはまさに最良の処方箋となるはずです。

若い女性との恋愛効果は生活の質を高める

オジサンが一念発起して始めた、若い女性との文字による出会い系サイトでの交流が功を奏せば、やがてご対面の日を迎えます。

実際に目の前に、すでにメールで十分意思疎通を終えた若い女性が現れれば、さしもの経験豊富なオジサンでも、心臓がパクパク音を立てて興奮を覚えるかもしれません。

恋愛には、年齢やそれまでの経験とは関係なく働く、そうした純粋な作用があります。

ある種の浄化作用ですが、これがアンチエイジングに効果的であるばかりか、さらには副産物ももたらしてくれます。

街の中で若い女性と落ち合うためには、それなりの服装や身だしなみが必要になります。仮に最初は野暮ったく見えても、若い女性からのアドバイスが加えられることで、オジサンが見違えたようにおしゃれに変身したりします。

結果として、周囲からの見られ方も変わり、さらに新しいチャンスに恵まれるようになると、もはや人生そのものが一変することになります。

出会い系サイトに登録することは、中高年の生活を刷新して、生活の質を高める契機となります。

若い女性が中高年男性に求める5つの理想の男性像

いまや若い男性よりも人気となりつつある中高年男性。その背景には、もともと男性は年を経るごとに魅力が増していく傾向にあることと、いまの若い男性たちがあまりにも頼りないため、相対的に中高年男性の魅力が増している、という二つの側面があると思います。

これは、女性が男性に求める理想の男性像を、今の若い男性が満たせなくなっているということでもありますね。なにも写真の男性のようにオシャレでスタイルもよくイケメンである必要はないのです。現実的に女性が求めている男性像……特に、中高年男性を対象にしたものとは一体どのようなものなのでしょうか?

その1.落ち着いたオトナの包容力

40歳のことを不惑というように、中高年男性はこれまで積んできた経験から物事をいろんな側面から判断できるようになります。この経験は若い人たちには絶対に積めない、大きなアドバンテージですからね。亀の甲より年の功というわけではありませんが、努力や才能では決して覆すことのできない絶対的なものだといえます。

若い男性にありがちな、とにかくセックスがしたくてガツガツしているという余裕のない男性はモテません。いくら出会い系とはいえ、むしろ出会い系だからこそ、紳士的な振る舞いをすることがモテるための秘訣です。

その2.自分の知らないことを教えてくれる知識力

これも年齢によるところがありますが、長く生きていればそれだけ多くの知識を得る機会に恵まれます。本から得た知識よりも、人生を生き抜くにあたって身に付けることになった知識のほうですね。

いまやいつでもどこでも手軽にインターネットで検索ができる時代。検索すればすぐにわかるような、本で得られる知識にあまり価値はなくなりましたが、文献になっていない生きるための経験に基づく知識は重宝されます。ここで気をつけたいのは説教臭くならないようにしたいということ。人生訓なんて語るのは退屈がられると思うかもしれませんが、実はいまそれが求められているんです。

その3.きちんと自分の話を聞いてくれるという安心

女性の話を聞いてあげるだけ。実はこれができない男性が非常に多いんです。多くの男性は、話を聞くだけではなく、つい自分の意見だったり一般論だったりを添えてしまうんです。ですが、女性にとってはこれは「自分を否定された。反論された」と感じるそうなんですね。女性が求めているのはアドバイスだったり解決だったりではないんです。ただ、話を聞いて欲しいだけなんです。

シンプルなことではありますが、これが出来る中高年男性は非常にモテます。話を聞くだけという簡単なことなのですが、実はこれが一番大事なポイントなのかもしれません。女性のほとんどは自分のことばかりを話したがりますし、聞いて欲しいものなんです。やることといえばひたすら相槌を打って「そうなんだ、大変だったね」と、その需要を満たしてあげるだけでいいんです。

その4.まるで父親のような父性

年上好きの若い女性は、多くの場合自分の父親と似た男性を好きになるそうなんです。基本的に小さな子供は自分とは異性である親に懐くものですからね。男の子であれば母親に、女の子であれば父親により懐きやすいものなのです。ちなみに、幼少期に父親から満足な愛情を注いでもらえなかった人ほど、年上好きになる傾向があるようなんですね。

そういった女性が求めているのは異性としての愛ではなく、家族としての人間愛だったりするものです。だから、こちらから「年下の女性が好きです」とアピールするのは逆効果だったりします。

「わたしのことを性的な対象としてみている、父親がわたしのことを性的な対象としてみている」と思ってしまい、引いてしまうんです。

最終的にはセックスすることになるとはいえ、最初の入口をむざむざ自分から潰してしまうのは損ですからね。雄弁は銀、沈黙は金ともいいますし、黙っておきましょう。

その5.それなりの清潔感

もし、仮に上記のすべてを満たしていたとしてもそこに清潔感がなければ女性は嫌悪感を示してしまうことでしょう。なにも肌がツヤツヤで、ムダ毛ひとつなく汗ひとつかかないような過剰な清潔感はまったく必要ありません。一緒にいて不快でない程度の清潔感があれば、それでいいのです。

「清潔感のある男性って、具体的にどういうことなの?」と思うかもしれません。なにを持って清潔とするかは人それぞれですし、どこからを清潔とみなすか?という程度も人それぞれになってしまいますからね。男性が男性を見て「お、あの人は清潔だな!」と思う場面も少ないですよね。でも、逆のケースは思い当たりませんか?

電車の中で頭をボリボリとかいてフケを撒き散らしていたり、ヨレヨレでシワだらけのスーツに汗ジミが出来ていたり……なにを持って清潔とするかは難しいですが、なにをもって不潔とするかは割と簡単ではないでしょうか。要は清潔であることを目指すよりも、不潔と思われないようにするための努力をすれば、それは自然に「清潔感をもつ男性」に繋がるのです。

出会い系サイトに中高年オジサンの時代が訪れています

出会い系サイトに中高年オジサンの時代が訪れています。

今や中高年が情報弱者だなんて時代ではありません。

むしろ経済的ゆとりのある中高年が、若い世代よりも最新の端末を手に入れやすいことは言うまでもありませんし、有償のネットコンテンツも利用しやすい環境にあるのは周知の事実です。

つまり現在の中高年ネットユーザーは、最新式のスマホやタブレットを片手に、旺盛な好奇心を満たすべく、ネット上からあらゆる楽しみを得られる、最強のユーザーなのです。

そうした恵まれた状況にある中高年の方がまず、ネットで利用したコンテンツは言うまでもなく、アダルトサイトでした。

これはどこの国でも起こる現象ですから、日本特有というわけではありません。新たなメディアが登場した際には、必ず一度は通るプロセスです。

アダルトサイトの利用を通して、ネット上にあるコンテンツの利用方法をまなんだ方も、決して少なくないのではないでしょうか。

しかし、アダルトサイト利用には、いつか飽きが来ます。回線の増強によって、画像が動画に進化を遂げても、もはや中高年ユーザーの興味を惹き付けるには限界に近づきつつあります。

ストリップが、最後の一枚を脱ぐと、もう脱ぐものも見せるものもなくなってしまうのと似ています。今のアダルトサイトはそんな状態です。

そこで、見て楽しむアダルトサイトから受ける刺激に反応しなくなりつつある中高年ユーザーを、新たに引き寄せているのが、出会い系サイトなのです。

そして、そうした動向に敏感に動くのもまた、出会い系サイトの凄いところです。新たに参入しつつある中高年ユーザーに合わせて、女性会員獲得も盛況なのです。

この機運を逃すことなく、アダルトサイトでは満足できなくなった今、出会い系サイトに関心の目を向けてはいかがでしょうか。

出会い系サイトに登録をすると、見ていただけでは得られない、刺激に満ちた体験が出来ますよ。

出会い系はアダルトサイトより利用も簡単

出会い系サイトは、フリメと免許があればすぐに登録を完了させられますので、登録が終わった瞬間利用を開始できます。

しかも、登録と同時にクレカから料金を引き落とされるアダルトサイトと異なり、大手の出会い系サイトはどこも、会員になると無料ポイントが付与されるようになっています。

最初は無料で遊ぶことができるわけです。いうなればこれはお試し期間ですから、まず実際に遊んで感触を試せばいいんです。それで合わないと思えば辞めても課金は発生しません。

見ようとするだけで料金が引き落とされてしまい、見始めて詰まらないなと思っても後の祭りになってしまうアダルトサイトとは、そこが大きく違う点です。

また、アダルトサイトから法外な料金請求を受けた苦情が消費者センターになど数多く寄せられていますが、大手出会い系サイトではそうした事例は今までありません。

つまり、大手の出会い系サイトを選べば、登録も簡単に出来、何より安心して遊ぶことが出来ます。

アダルトサイトでネットリテラシーを体得した中高年の方であれば、出会い系サイトに移行するに際して、ボーダーは何もありません。簡単に移行できると思います。

移行していい出会い系いけない出会い系

すでにアダルトサイトでコンテンツ利用の仕方を熟知されている方でも、出会い系は初めて利用するとなると、迷うことも出てくるのは当然ですね。

とりわけアダルトサイトを利用する際にも十分気を遣っていらしたと思われる、安全性について、出会い系サイトでも同じように真っ先に気になるのではないでしょうか。

実は、この安全性に関して言えば、出会い系サイトはアダルトサイト以上に、悪質業者に引っかかるリスクが非常に高いジャンルであることは言っておきます。

悪質業者の数で言えばむしろ、アダルトサイトの方が少ないくらいです。

この世界は、「出会えない系サイト」と呼ばれるサイトが、まことしやかに存在して会員集めをおおっぴらにしているくらい、魑魅魍魎としているのも事実なのです。

とりわけ無料の出会い系サイトは全て「出会えない系サイト」だと思ってください。アダルトサイトでは、無料でもそれなりに優良コンテンツを揃えたサイトがありますが、出会い系ではそれが全くありません。

それでは、有償の出会い系サイトであれば問題ないかといえば、それもまたいえないところが、この世界の難しさなんです。

堂々と料金請求をしながら、全く出会えないサイトも少なくありません。料金を払っても、何も見れないアダルトサイトなど探す方が難しかったと思いますが、出会い系ではそんなサイトがいくらでも存在するのです。

ここがアダルトサイトと出会い系サイトの全く異なる点です。

それはそうです。払ったお金で集めてくるのがサクラばかりで、肝心の女性会員を獲得しなければ出会えるわけもありません。

逆に言えば、出会い系サイトを規制する法律を守り、かつ同時に女性会員獲得に実績を残しているところであれば、安心して使うことが出来るわけです。

その要件を充たすのは現在のところ、大手出会い系サイトだけです。まずは大手出会い系サイトに登録をして、その使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

アダルトサイトでは決して味わうことの出来なかった、生身の女性との生きた交流が、その日のうちに始まるかもしれません。

登録を終えたばかりに人が、その日のうちにラブホテルにしけこんだなんて話、大手出会い系サイトでは掃いて捨てるほどあります。

勝ち組の中高年は草食系男子だった

216142男女ともに恋愛や結婚に対する積極性が薄れ、生涯未婚率も上昇の一途といわれる現在です。

草食系男子」と呼ばれる積極的に女性にアプローチしない淡白な男性が増えてきました。

この草食系男子は「恋愛生態系」の中では数こそ多かれ、実力において「肉食系男子」に及ぶところはないはずです。

しかし、実は肉食系男子よりもはるかに優位に恋愛人生を歩んでいるという事実をご存知でしょうか?

草食系男子は全世代に増殖している

草食系男子とは、もはや若者だけのものではありません。

10代後半からの草食系男子と呼ばれた「純正草食系男」子は、もうすぐ30代を迎えます。

当時20代や30歳前後で「肉食化」できなかった人や、いち早く「草食系」の繁栄を見極めた「変性草食系男子」も増え、現在の40代、50代においても草食系男子(おじさん)が多く存在しています。

そして70代、80代になると、若者以上に「草食」と「肉食」は2極化し、高齢者施設で「愛され老人」になるのは、きまって「草食系」です。

肉食系を生んだバブル世代の今

ここで、草食系の正反対に位置する肉食系男子の今、について解説しておきましょう。

1980年代後半、空前の売り手市場のなかで社会人となった若者は、肩パッドの入ったダブルのスーツを着て、ワンレンボディコン女子と一緒にスタイリッシュなアフターファイブを楽しんでいました。

この時代にも「モテる人」「モテない人」の差はありましたが、「一億総浮足立ち社会」の中で、男性たちは今よりもはるかに恋愛に対してアグレッシブに生きていました。

つまりバブル世代にとっては、肉食系こそ輝かしい時代の象徴でもあるのです。

40代後半~50代半ばとなったバブル世代の大人たちは、若かりし頃の「肉食臭」に「オヤジ臭」を加え、怪しいフェロモンをプンプンさせながら、いまだに恋愛生態系のトップにいる……気でいるのです。

肉食系「ギラツキ」で勝負できるのか?

肉食系オヤジたちの魅力は、「草食系男子にはないグイっとくる押しの強さ」と「金(マネー)の匂い」です。自分から積極的にアプローチしない草食系男子に、物足りなさを感じているいまどきの女子にとっては、こうした押しの強さと金の匂いは新鮮でたまりません。

そしてこの「ギラツキ」は約30年間熟成されたものであり、チャラチャラ踊り狂うだけのエセ肉食系の若者とはモノが違います。

「そう!そうだろ」と納得したあなた!残念ながらそうではありません。「ギラツキ」は世界はおろか、あなたひとりすら救うことはできません!

いつまでもお盛んな肉食系男性の老後とは

肉食系の「ギラツキ」の正体はテストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンは男性機能の成長に関与し、筋肉の増大や体毛を濃くするといった見た目の変化のほかにも、行動力や判断力を維持増進する働きを持っています。

中年期以降、このテストステロンが減少することで、男性機能が弱くなり、それ以外の機能や意欲も低下し、いわゆる「男の更年期」の問題が生じる人も少なくありません。

こうした問題を回避するためにも、テストステロンが低下しないように運動をしたり、適度に刺激のある生活を送ることが推奨されています。

しかし、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

過剰な男性ホルモンの分泌は、攻撃性を高め、そのことによって些細なことに腹を立てたり、自分の思い通りにいかないことに憤りを覚えたりし、周りの人への「暴言」や「暴力」に及んでしまうこともあります。ただでさえ、歳をとることで身体の機能や思考の柔軟性は失われていきます。そのなかで、「肉食系」へのこだわりが強すぎると、思い通りにならない気持ちばかりが増大し、結果「暴言」や「暴力」という女性がもっとも嫌がることしてしまいやすくなるのです。

歳をとってからの「肉食系」へのこだわりは、自身の心身のバランスを崩しやすくし、周囲とのコミュニケーションのトラブルや、さらにはストレスに起因するほかの病気の誘因にもなりかねません。

自身の健康のためにも、若かりし頃からギラツイてきた人ほど、中年期以降は「男アピール」を控えるようにしましょう。

時代はやはり草食系を求めている

草食系主流の今も、ときとして「肉食系」が脚光を浴びるときがあります。

スポーツで鍛え上げられた身体や、勝負ごとで勝ちにこだわる姿勢は、草食系礼賛者にとっても魅力的に映ることがあります。

しかし、世の中の草食化の流れがやむことはありません。

草食系は自身の考えを押し付けたり、主張したりしないばかりか、周りの行き過ぎるムードにも優しくブレーキをかける存在として、世の中に欠かせないものになっています。

恋愛においても同じです。

かつて過ちを繰り返してきたり、ラストチャンスを願う妙齢の女性にとっては、草食系こそが恋愛の対象になるのです。

中高年で出会いを求めている人の対象は、「肉食的ギラツキ」ではなく「草食的安心」です。

勝ち組の中高年は、やはり「草食系男子」なのです。

出会い老後破産を避けるには40代がラストチャンス

高齢化社会になると、今までの常識的な考えかたで老後設計をしておいても、何かのきっかけでかんたんに老後破産してしまいます。

破産の危険は、家計や健康面だけにとどまりません。それと同じか、それ以上に深刻な問題が、老後の異性交遊です。

生きるということは年齢と関係なく、性、つまり異性に関心を持ち続けることでもあります。

年老いて働けなくなれば、貯蓄や年金が支出を賄うように、若い頃からの付き合いが、老後の異性交遊のベースになります。

老後になってからでは出会い系サイトも使えません。

わたしは、相手を見つけられなくなってから、付き合う相手がいなくなることを異性交遊老後破産と呼んでいます。

異性交遊老後破産をまねかないように、若い頃から出会い系サイトを使って、しっかり気の合う異性をキープしておきたいものです。

多くの方にとって40代は、異性交遊老後破産を回避するための、ラストチャンスです。

幸いなことに世の中は空前のおじさんブームが続いています。出会い系サイトでも、若い女の子達がおじさんを絶賛求めています。

この絶好の機会を逃すことなく、老後の異性交遊に備えましょう!

異性交遊は年をとってからでは遅い

上海のショッピングセンターでは、ほとんど買い物もせずに、家具売り場のソファなどに長時間居座る老人達が、そこを出会いの場にしていることに苦慮して、ついにたむろする老人達を追いやったことが話題になりました。

追い立てられた多くは身寄りのない孤独な老人達で、同じように伴侶に先立たれたりした老女と気軽に出会える場所として、室内環境の整ったショッピングセンターは、格好の場であったようです。

こういうところにも中国人の逞しさを感じるのですが同時に、出会い系サイト大国である中国をもってしても、老人の出会いまではなかなか手が回らない実情も感じさせられます。

このことは日本の出会い系サイトでも変りません。高齢者の登録はまだ数において圧倒的に少数派です。大手出会い系サイトでもその状態ですから、60代以降に出会い系に登録しても、可能性は限りなく低くなります。

しかし、年をとっても異性の友達が欲しい、出来ればセフレが欲しいという気持ちは、中国でも日本でも、おそらく世界中で変らない願望ではないかと思います。

まして日本では、70歳で平均寿命を迎える中国とは異なり、65歳まで現役で働くことが当たり前の社会になりつつあります。仕事をしていればわずかであっても収入が得られますから、それだけ日本の60代は恋愛もしやすい環境に入ります。

にもかかわらず、その環境は整っていないのです。

40代も後半になれば、50代、60代に突入するのはあっという間の出来事です。年をとってからではセフレはおろか、異性の茶飲み友達一人見つけるだけでも大変なことになります。

余裕のある40代のうちから相手を見つけておけば、それだけ年をとってからも楽しいハッピーライフ、セックスライフが送れるというものです。

出会いの老後破産を回避する

超高齢化社会を迎えつつある現在、大手新聞などでも老後破産を回避するノウハウを扱った記事が目立つようになりました。

家計コンサルタントのような人が、余力のある40代から老後に備えるようアドバイスを送っています。

同じことは異性交遊における老後破産を回避するノウハウにも通じます。今の40代は、出会い系サイトでもいくらでも相手を探せる年代です。

同世代や上の世代の熟女から下の世代の若い女の子達まで、上からも下からもモテまくりの世代ですから、セフレでも趣味の友達でも、簡単に見つけることが出来ます。

仮に20代の子をセフレにキープしておけば、自分が60代になっても相手はまだ40代ですから、いくらでも楽しむことが出来ます。

40代のうちに時間を掛けてじっくりと出会い系サイトで気の合う相手をしておき、異性交遊のまるで持てない寂しい老後を回避することは、老後資産を貯えておくのと同じか、それ以上に重要な時代になってきています。

若い子のおじさんブームは本物

若い女の子はもはやおじさんにお金や社会的地位を求めてはいません。金銭や人脈を目当てにおじさんに興味を抱いているわけではないのです。

もっと内面的な部分でおじさんに惹かれています。

それどころか、おじさんの老後まで考えて付き合おうとしているのです。惚れ込んだ相手とは、ヨボヨボになっても一緒にいたい、尽くしたいといいます。

そうまでしておじさんと付き合いたい若い女の子たちが特殊かといえば、出会い系サイトにすらそうした若い女の子がいる現状を見ると、もはやおじさんが当たり前の選択肢に入ってきていることを感じさせられます。

金銭の関係では、所詮長続きしませんから、老後の異性交遊につながらない危険性が高くなります。

40代の今、本物のおじさんブームにあやかって、老後の異性交遊破産に備えるときです。

老後はあっという間にやってきます。後悔をしないためにも、どちらかの大手出会い系サイトに登録を済ませておきましょう。