若い愛人を作る

あなたがお金を持っているなら、若いセフレを作る前に若い愛人を作ることをオススメします。

一度もセフレを作ったことがないなら、練習相手として愛人を作ってみましょう。

出会い系サイトには普通に恋人が欲しいと考えている女性が多いですが、それ以外にも浮気願望がある女性や愛人関係を望んでいる女性も多いのです。

特に最近は、金銭が絡んだ愛人関係を望んでいる若年層が目立ちます。

金銭的に余裕がなく、誰かの支援を受けて生活したいと考えている女性がいるからです。

具体的に下記のような女性は、愛人関係を望んでいるケースが多いです。

  • 地方から出てきてまだ仕事がない
  • 学歴がなくて仕事に就けない
  • 一般の仕事より多いお金を得たい
  • 両親が離婚している
  • 大人の伝手を頼りにしたい

愛人というと、イメージとして30歳前後の女性を思い浮かべる人も多いですが、最近は低年齢化が進み、20代前後でそういった関係を望む女性が増えています。

ある程度の年齢にいくと自立している女性や働いている女性も多いので、むしろ愛人関係を望んでいる人の割合が減ります。

愛人関係を望むなら20歳前後の女性をターゲットとして狙ってみましょう。

どんな場で出会えばよい?

一番チャンスがあるのは出会い系サイト。

SNSではそういった関係を望んでいる女性に連絡を取るのは難しいですし、どんな人かわからないと返信しないという女性が多いです。

一方出会い系サイトは、プロフィールが載っていてどんな人か女性側も把握できます。「しっかりと働いていて、お金がありそう」と分かれば、女性も食いつきます。

ただ、別に年収や職業だけを目安に女性は判断しているわけではないです。「普段の食事や性行為の対価としてお金を払ってくれればそれで良い」と考えている女性も多いです。

ひょっとしたら愛人関係を望んでいるかもしれないと感じる女性を誘うには、最初はソフトに誘うのがおすすめ!

「ご飯でも食べに行きましょう!」
「良いレストランがあるのでご馳走するよ!」

などといった誘いがベストです。

「お金を出す」というニュアンスを混ぜれば、女性の反応も良くなります。

どんな女性を誘えば良い?

出会い系サイトに登録している女性全てが愛人関係を望んでいるわけではないので、そこはプロフィール内容や掲示板内容から判断する必要があります。

下記のような書き込みがあると、愛人になってくれる可能性ありです。

「経済的に豊かな人がいいな!」
「ご飯に連れて行ってくれる人募集!」
「ちょっと生活がピンチなので助けてくれる人募集!」
「パパ探してます!」

こういった金銭的な支援を望んでいるような書き込みがあれば、愛人になってくれる可能性大です。

むしろ普通の恋人は探していません。

「経済的に豊かな人と普通に付き合いたい」というより、「お金を工面してほしい」という要素が強いです。

プロフィールだけでなく、掲示板にも積極的に書き込みをしている場合は、今すぐにでも愛人関係を望んでいると考えられます。

ログイン履歴を確認して、その日にサイトを利用していれば、すぐに返信がもらえる可能性もありますよ。

どうやって誘えば良い?

出会い系サイトで、明らかに愛人関係を望んでいるなと感じたら、攻めの姿勢でメールしましょう。

「今日、食事してくれたら3万円払うよ!」

とこれぐらい言ってしまって大丈夫です。
ただ中には援助交際と取られ、サイト判断で退会させられてしまうところもあります。

そうならないように「大人の出会い掲示板」、「秘密の関係」などのコンテンツが用意されているところがお勧めです。
ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX、メールミントC!Jメール、メルパラなどにはそういった掲示板が用意されているのでお勧めです。

もし具体的な金銭のやり取りがNGワードになってしまうなら、何かのモノやサービスに置き換えて話を進めていきましょう。

「もし今日デートに付き合ってくれたらタクシー代以上のお礼はするよ!」
「何不自由なく生活できるくらいのサポートはするよ!」

数字での表現でなくても、「ある程度の金額がもらえるな」と女性が感じ取ってくれるような文面なら十分効果的です。

愛人関係希望ならいきなりホテルへ連れて行くことも!

愛人関係を望んでいるなら、通常の恋人とは違っていきなりホテルに連れて行っても抵抗しない女性が多いです。
そもそもそういった関係があると想定して女性も誘いに乗っているわけですから、何回目のデートでホテルなどと、段階を踏む必要はないでしょう。

ただ見返り(お金)があるかどうかが、女性は心配しています。「ホテルから出る時にちゃんと払うからね!」などと言うより、最初に手つけ金のような感じで払ったほうが良いです。

ご飯を食べたときに5000円程度払えば、「この人はちゃんと払ってくれるんだな」と、女性が安心感を持ちます。

逆に最初に全額払うのは危険! 駅や街中など人ごみに紛れて、姿をくらませようと考えている女性もいます。

またホテルでもシャワーを浴びている時に、金銭だけ受け取って逃げてしまう女性がいるので注意しましょう。
ホテルではお金を部屋に置きっぱなしにするのではなく、女性が見ていない隙にバレないような場所に隠し持つことが大切です。

狙うなら、とくにオススメは神待ち家出少女ですね。彼女たちは非常に貧困なので、かなり安い金額で援助交際に持ちこむことができます。神待ち家出少女を狙えば簡単にセックスできるのです。

 

出会い系サイトで「断られたとき」の正しい対処法

出会い系サイトで「断られたとき」の正しい対処法出会い系サイトでは、中高年・熟年のわれわれにも、多くの出会いがありますが、すべてがうまくいくものばかりではありません。

なんとなく連絡が途絶えがちになったり、まったく相手にされなかったり、ハッキリ「NO!」と言われてしまったり……。

こうした「相手に断られること」は気持ちのいいものではありませんね。

ショックが大きいと、「もう出会い系なんていいや!どうせイイ女なんていないんだし」と思い込んでしまい、せっかくの次のチャンスを逃してしまうことになります。

でも、断られた経験には、次につなげるヒントがたくさん隠れているのです。

出会い系サイトを楽しむためにも、出会い系サイトで「断られたとき」の正しい対処法を知っておきましょう。

1.誰でも断られることはある

出会い系サイトで断られてしまうのは、あなただけではありません。どんなにハイスペックの男性であっても、すべての女性が望む相手ではないのです。

「断られる」ということは、あなたを否定したわけではなく、あなたとの縁を否定したまでです。断られたことに落ち込みすぎたり、相手を恨んでしまわないようにしましょう。

ましてや「自分が中高年だから断られた……」なんて思ってしまうと、次へのチャレンジができなくなってしまいます。

2.「断られ方」にもいろいろある

ハッキリNOといわれる

メールや電話で連絡を取った際に、ハッキリと「NGでーす」とか「無理、無理、無理~」と返される非常に分かりやすいパターンです。こういうパターンでの相手の真意は、言葉通りと捉えて間違いないでしょう。

やんわり拒絶される

「忙しくて連絡をとる時間がない」「会う時間がない」「体調がすぐれない」など、あらゆる口実をつけてその先に進もうとしない相手の態度は、やんわりとした「拒絶」かもしれません。

ハッキリと断ることで「相手を傷つけてはいけない」、という気づかいの場合もあれば、「相手がキレて逆上しそうで怖い」という気持ちの場合もあります。

また、OKとNOの判断をしかねている場合もあります。ハッキリしない相手の返事は、その真意を慎重に図りましょう。

「わたしにはもったいない人」と言われる

イイ感じになってきたのに、突然「○○さんはとてもいい人、わたしにはもったいない。もっと素敵な女性を見つけてください」と言われてしまうことがあります。

これは女性が恋愛を優位に進めるために使う古典的な手段です。このようなことを言う女性は、「いや、そんなことはない」と、もっとグイグイ押してほしいと考えています。また、ハッキリしない男性の態度に対し、「ホントはどう思っているの?」と試している場合もあります。

こんな手法を使う女性は、なかなかめんどくさいタイプなので、ここで押すか引くかはあなた次第です。

音信が途絶える

メールの返信が亡くなり、電話にも出ない、ほかに連絡の取りようがなくなり音信不通になる場合、これは完全な拒絶です。

「いや、もしかすると体調を崩して入院しているだけなのかも」「おばあさんの介護のために田舎に帰って、電波が届かないのかも」「ボクと連絡を取りあわないように家族に監視されているのかも」などは、すべてあなたの妄想です。

これだけ通信技術が発達した現代において、まったく音信不通になるということは、そこに本人の意思があると考えるほかないでしょう。

3.食い下がるか、もうひと押しするか

では、このように女性から断られたときには「もうひと押しすべき」なのでしょうか?

おとなしく食い下がるべきなのでしょうか?

もうひと押ししたほうがいケースとは

相手がこちらの気を引こうとしていたり、気持ちを試している場合には、「もうひと押し」のチャンスです。また、相手の気持ちがハッキリせず、のらりくらりとした返事の場合も、簡単に食い下がったりせず、もうひと押ししてみましょう。

もうひと押しは期間限定で

しかし、いつまでも押し続けてはいけません。2週間~1ヵ月など、期間を決めて行動し、「これで脈がなかったら、諦めよう」と気持ちを切り替えることが大事です。

いつもまでも押し続けると、「そろそろいい返事をくれるはず」と勝手な期待を抱いてしまい、そのとおりにならないことに非常に大きな怒りを抱いてしまいます。

そうなると、あなたがストーカーになってしまう危険性もあります。もうひと押しは「期間限定」で行きましょう。

3.断られたショックから確実に立ち直る方法

出会い系サイトで「断られたとき」の正しい対処法それでも断られることはあります。大事なのは、断られたときに落ち込み過ぎないことです。

なぜNOなのか考える

シンプルになぜ断られたのかを考えてみましょう。

今の自分が相手の好みでなかったのかもしれません。相手の希望する条件に見合わなかったのかもしれません。もっといい人がいたのかもしれません。自分に都合のいいようにではなく、できるだけ客観的に断られた理由を考えてみましょう。

改善点を考えて、次につなげる

改善点とは自分の内面、外見だけではありません。むしろ相手の探し方やアプローチの仕方など戦術の改善点を見極めることが大切です。あなた自身は変わっていなくても、ターゲットが変わることでうまくいくケースもあります。

出会い系サイトはマッチングサイトです。自分に合った相手を探す場所として有効に活用するために、「断られたこと」から多くの改善点をつかんで、次につなげましょう。

恋愛をすると、劇的に老化を抑えられます

青春とはいつまでなのか

それは……人が決めることではありません。自分で決めることです。

自分がもう終わったと思っているのであればそこまでですが、まだまだという気持ちがあればそれは青春時代なのです。

この歳になって恋愛したいなんて……と恥ずかしがる必要は全くありません。

むしろ誇るべきことなのです。いくつになっても恋愛感情を忘れないというのは素敵なことです。

そういった感情を忘れてしまったら、色味のない人生を今後歩むことになるのですから。

年甲斐もなく、色恋を求めるなんて恥ずかしい…なんて思っていませんか?

人として生まれてきた以上、いくつになっても恋をしたいという気持ちを持つことはとても素敵なことです。

ぜひ、大事にしてください。

また、そう考えているのは女性も一緒。

熟年だからといっておしとやかに落ち着いた関係を皆が求めているとは限りません。若い動物のような、激しいセックスを求めている人達だっているのですから。

今年になってますます我々中高年代の活動が活発になってきているのを感じます。これにはアベノミクスに対する期待感というか、全体的な上向き感を感じますね。

出会いの最大のコツはなんといっても諦めない心です。会えるまではやはり何かと大変なものですが、その見返りは十分にあるのですから。

熟年出会いの現在は、はっきりいって、日に日に活発になってきています。

アラフィフ男の恋愛やセックスを薦めたい理由

わたしが何よりもアラフィフ男の恋愛やセックスを薦めたい理由は、何と言っても、日々の充実感と彩りです。

恋愛パートナーが見つかるまでは、それは無味乾燥した日々だったと…言い切ってしまって構わないでしょう。ただ毎日の仕事をこなし、家に帰れば特にすることもなくただ寝るまでの時間を潰して、朝起きてまた昨日と同じ日々が始まる…。そういった思いを抱えている方は多いのではないでしょうか。

でも、恋愛をしてからというものは、周りの景色が輝いて見えるのです。

これは比喩や大げさな話ではなく、本当に輝いて見えるのです。今までも目に入っていたはずの草花や青い空と雲。そういった日常の景色にすら感動してしまうのです。

もし、この気持ちを知らないまま過ごしていて、そのうち老人になり乾燥した世界のまま死んでしまっていたらと思うと……本当にぞっとします。ですが、今では信頼できる恋愛パートナーと知り合えたことで、毎日が幸せです。胸を張って「いま、自分は幸せです」と言い切れるのは少ないのではないでしょうか?

わたしはそういった意味でも、とても恵まれていたと思います。今のパートナーと知り合うことができた出会い系サイトには、感謝の念に絶えません。

恋愛をすると、劇的に老化を抑えられます

これはわたし自身の実感からもそうですし、わたしの身の回りでも、恋愛を現在進行形でしている人と、恋愛をしていない人とでは明確な差がでています。

まずは見た目からして、大きく違いますね。やはり、恋愛をしている人というのは表情がいきいきしていますし、しゃべり方や動作なども1つ1つがしっかりしている印象です。

どうして恋愛をすると老化を抑えられるのか?

なぜそうかといえば、恋愛感情が脳を大きく刺激しているからなんです。人の脳や身体というものは、変化がないと衰退していく一方です。

とくに我々のような還暦を過ぎた高齢者というものは、日々の変化というものがどうしても乏しくなってしまいます。これは皆がそうなのです。

でも、そんな中でも元気いっぱいで若々しい同年代の人というのが必ずいますよね。そういった人というのは、たいてい恋をしています。それは奥さんであったり、友人のなかの一人であったり、もしくは人妻相手に恋をしてしまっていたり……人それぞれではありますが、恋をしているという気持ち自体に違いはありません。

わたしも、こういった出会い系で交流を探すまでは、なんともつまらない毎日を送っていたものです。今が何曜日かもよくわからない、やっているテレビ番組でかろうじて曜日感覚を保っているだけの生活…。このまま長生きして、なんの楽しみがあるんだろうか? 10年20年と生きることが出来たとしても、それは意味があるのか……? なんて自問自答したりもしました。

ですが、いまはそういったことに思い悩むことはありません。なぜなら、毎日が楽しくてそんなことで悩むひまがないからです。

これを書いている今も、明日に遊ぶ約束をしている女性と、どんなことを話そうか、どこへ行こうかと、あれこれ考えるだけでもすでに楽しい時間を過ごせているのですから。実際に会える明日はきっともっと楽しいことでしょう。

そういった刺激的な時間を、ぜひみなさんも体験してほしいものです。「いままでの生活はなんだったんだ……」と、きっといい意味での驚きと後悔を感じられることでしょう。

熟年出会いとお金の関係

実はいま、アラフィフからの熟年世代がモテています。

これはわたし自身の実感もありますし、わたしの周囲にも、それを実感している友人がたくさんいます。 しかし、これにはちゃんとした理由があるのです。

それは……お金です。

い ま、若い世代はお金がありません。 非正規雇用の増加に加えて、そもそも職にありつけない若者も珍しくありません。 そういった同世代のふがいない男に見切りをつけて、年上に走る若い女性が増えてきたわけですね。 これはちょっと一概には喜べませんが、事実として需要が高まっています。

せっかくですので、このチャンスを活かしましょう。ですが、露骨にお金だけを目当てとする女性もいますので、そういう人には注意です。

それに、お金を実際に使ってあげる必要はありません。あくまでもお金がありそうに見せかけるだけでOKなんです。

男性の年収のサバ読みは、女性における年齢のサバ読みみたいなもの

最近の出会い系にはプロフィール欄に年収を書くスペースが予め用意されていたりしますからね。なんとも露骨ではありますが…事実として、女性がそれを重要視しているからこそ、そういう項目が最初から設置されているとも言えるわけですね。

ここでおすすめする設定は600-800万くらいの年収という「設定」にしておくことです。もちろん、それ以上の年収の方であれば素直に書いて頂いても構いません。ただ、年収のサバ読みをする場合はそれくらいにしておいたほうがいいですよ、という目安ですね。

仮に1000万以上の年収と設定しているのに、いきなりファミレスだったりチェーン店の居酒屋などには誘いづらいですよね。出会い系で会うような女性にわざわざ高級レストランに行くのもアホらしいですし…安く済ませたいので、どうしてもそれらを選びがちになってしまいます。

なのでそれよりちょっと下にしておけば、ファミレスや居酒屋でもそこまで変には思われません。会ってみて好みであれば、初回くらいはおごってあげるのもいいでしょう。

好みでなかった場合はどうせもう会うことはないんですし、はっきりと割り勘でと言いましょう(笑)

それで浮いたお金を次の相手探しにつぎ込めばいいのですから。

人妻の出会い攻略法を教えちゃいます

人妻の出会い攻略法を教えちゃいます。

まず、実際に出会う前はメールでやりとりをします。なので、メールの書き方が重要になってくる訳です。

そして競争相手がいる事もお忘れなく。

平凡なメールを送るだけでは出会えないのです。

メールのコツ

まずタイトルを目立たせる事。

そしてその相手に興味がある、という事を示すような内容のメールを送りましょう。

わたしがターゲットにしているのは人妻なので、人妻に会うコツをとは何かと言うと、きっぱり体だけの関係で終わるようにすることです。

相手も家庭を壊してまでの不倫は望んでいません。

心配させない為にもセックスフレンドとして付き合う事を予めメールに書いておくのが良いでしょう。

あとは必ず自分からメールした人妻とだけやりとりする。これは俗に言うサクラ対策です。

僕の経験上多かれ少なかれ出会い系サイトにはサクラがいます。わたしも何回かひっかかりましたが、それはほとんど相手から来るメールからでした。

相手から来たら全てがサクラ、という訳ではないのですが可能性は高まる事を頭に入れておいてください。

以上を実際に試せば人妻とSEXできる確率はかなり高まると思います。

出会い系サイトに登録する女性はやる気マンマン

出会い系サイトに登録する女性はやる気マンマンなので後は問題ないかと思います。

出会い系は他の男達と生き残りをかけたサバイバルレースでもあります。2~3人の中から生き残ることはそう難しいことではないかもしれませんが、相手が美人でおっぱいが大きい女性ともなれば20~30人ものライバルが発生することだってあります。

しかし、どんな強力なライバルがいようとも「会うまではメールという連絡手段しかない」ことは全員が共通であり、実にフラットで公平な競争なのです。

だからこそメールが大事になってくるわけですね。いかにイケメンやお金持ちであっても、メールが下手くそだったり失礼だったりすれば、あっという間に競争から蹴落とされてしまうことでしょう。

もっとも、イケメンやお金持ちでメールが上手ければあっという間に女性をかっさらわれてしまう、とも言えますからね……。

今すぐイケメンやお金持ちになることは難しいかもしれませんが、それ以外の付加価値をつけることで自分をより良く見せる方法もあります。

ウソをつく

ぶっちゃけていってしまえば、ウソをついて自分を「盛る」ということですね。会ってすぐバレるようなウソをついてはいけませんよ?

自分は福山雅治にそっくりのイケメンです、なんて言えばメールではモテるかもしれませんが、会ったその場でフラれてしまっては意味がありません。

でも、バレないorバレにくいウソであればどんどん武器として活用しましょう。例えば「知人に芸能関係の仕事をしている友人がいるから、好きな芸能人がいたらサインもらってきてあげる」なんてのは古典的ですが有効です。

あるいは「自分の手マンとクンニでイカなかった女はいない。絶対に満足させる」と豪語するのもいいでしょう。そのウソがバレるのはセックスをした後なわけですから、そのままヤリ逃げしちゃえばいいんです(笑)

熟年男性が女性とおいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものは無い

熟年男性が女性とおいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものはありません。

ネットを介して出会うことが一般化した今日、もはや出会い系サイトが偏見を持って見られる時代ではありませんが、それでもまだ利用に当たって不信感を拭えないと感じていらっしゃる方も少なくないかもしれません。

今なお出会い系サイト業界は、玉石混交ともいえる混沌状態にある事は確かですからどうしても、一部悪質な業者によるサクラや不正請求などのマイナスイメージがついて回るためだと思います。

しかし、男女の出会いという本来であれば誰しも胸躍る素晴らしい体験が、これほど容易に実現出来るサイトは、出会い系サイトを置いて他にありません。

多少のリスクはどんな遊びにも付き物です。手っ取り早くおいしい関係を作りたいなら、出会い系サイトを使わない手はありません。

出会い系サイトに登録している女性はみんなやれます

真面目な交際をうたい文句にした出会い系サイトもあるにはありますが、老舗を含め多くの出会い系サイトは、アダルト色を払拭していません。

ですから、出会い系サイトに登録している女性は、基本的にすべてやりたがっていると考えて差し支えないと思います。

先ほど、おいしい関係を作るのに出会い系サイトほど便利なものはないと書きましたのは、こうした実情によるものです。

しかし、メールでは女性の身になって翻訳をする

繰り返しになりますが、出会い系サイトに登録している女性はやりたがっています。しかし、女性は男性のように思っていることをストレートに口にすることの出来ない繊細さを宿しています。

出会い系に登録するのは男女とも、セックスをすることが最終的な目的ですが、だからといって単刀直入にいきなりセックスをしましょうと切り出すと、たいていの女性からは引かれてしまいます。

たとえ、何度かのメールで相手の女性が、あなたのことを気に入っていると確信した後でも、それではセックスしましょうと書くと、女性としてはしたくてもしたいとは言えないものなのです。

そこで、セックスの代わりに、おいしい食事をご一緒しませんかと書けば、女性としても誘いに応じやすいというものです。

メールでは、女性の身になって、言葉を翻訳してあげる作業が必要です。それさえ出来れば、おいしい関係を作ることは誰にとってもさほど難しいことではありません。

ぜひ、出会い系サイトを使って、おいしい関係作りを体験していただきたいと思います。

今日も出会い系サイトでエッチな若妻

今日も出会い系サイトでエッチな若妻と会ってきました。

わたしが最初に相手に伝えたのは以下の5つ。

  • 自分がアラフィフであること
  • お昼に会える方を探していること
  • コチラは時間が自由になること
  • きちんと仕事をしている社会人であること
  • コチラも結婚していること

実はわたしは結婚していないのですが、やはりお互い秘密厳守ができるという意味で、コチラも結婚していると言ったほうが安心してくれるようですね。

会えた女性はすごく美人なスレンダーな女性でした。とにかく、人妻出会い系サイトは、美人率がすごく高い。それはそうですよね。若くて美人な女の子は出会い系サイトなんて利用しないんです。人妻だから仕方なく出会い系サイトを利用するんです。知人の知り合いと不倫をするわけにはいきませんから。

出会い系サイトは見知らぬ女性と出会うのにとても便利なツールです。だからと言って簡単にどんな女性とも出会えるわけではありません。

なら、どうすれば出会えるのか? 大人の出会いを求めるなら一番いい方法。それは出会い系サイトを利用することです。

サイトに登録する人妻の多くは、旦那さんと上手くいっていなかったり不満を感じています。

日々の生活に不満を感じているので、甘い言葉にひっかかりやすく優しい男性に甘えたくなってしまうのです。

わたしが最近出会った女性も人妻でしたが、驚くほど簡単に会うことが出来て、最後まで楽しむことが出来ました。

人妻と遊びたいならこの方法が一番のオススメです。

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得「出会い系サイト」というと、不倫相手やセフレを希望する人達が利用するものと思いがちですが、すべてがそうではありません。

仕事を退職したり、離婚や死別によって配偶者を亡くしたり、孤独になりがちな高齢者が、社会とつながりを持つ場所でもあるのです。

しかし、そこでだまされてしまう高齢者も少なくありません。

高齢者がだまされることなく、安全に「出会い系サイト」を利用するための注意点をご紹介します。

1.高齢者が出会い系サイトを利用するメリット

出会い系サイトは、若者や中年男女のものだけではありません。

60代70代の高齢者にとっても、出会いのチャンスがある場所です。

社会的に孤独になりがちな高齢者にとって「出会い系サイト」は、次のようなメリットがあります。

新しい異性の友達ができる

仕事やご近所、親類関係などの人づき合いではなく、まったく新しい異性の友達を作ることができます。

出会い系サイトでは、名前や年齢のほか、趣味や休日の過ごし方など、さまざまな情報を記載したプロフィールを作成します。

自分と近い年齢の相手や、趣味や話が合う人を見つけ、メールでやり取りしたり、実際に会うこともでき、孤独になりがちな生活に変化をもたらします。

恋心で若返る

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得いくつになっても、男性は女性に、女性は男性に恋心を抱きます。

昔好きだった女性に面影が似ている人や、初恋の人と同じ名前の人など、はじめはそんなことかもしれませんが、話をしたり、一緒に過ごす時間の中で、久しぶりに恋心が芽生えるかもしれません。

男性も女性も「好きな人」がいることが、生活に張り合いをもたらします。

高齢者であっても、心は一気に20代に若返ることでしょう。

性欲が満たされる

高齢者にも性欲はあります。特に男性の性欲は生涯衰えることはないと言います。

女性も夫との子作り前提としたものではないSEXに、新鮮な喜びを感じる人もいます。

欧米にも高齢者の「出会い系サイト」があり、そこで出会った男女がSEXライフを楽しんでいます。

SEXで性欲が満たされると、自律神経のバランスが整い、健康増進の効果も期待できます。

2.高齢者がなぜだまされてしまうのか

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者が出会い系サイトを利用することにはメリットがある一方、大きなデメリットもあります。

それは、「だまされてしまうかも」ということです。

出会い系サイトだけでなく、高齢者が詐欺の被害にあってしまう話はよく耳にします。

なぜ高齢者はだまされてしまうのでしょうか?

だまされていることに気がつかない

若者に比べて高齢者は、情報を集めたり、その情報を分析し真偽を見極める力が衰えています。特にネットにはそれらしい情報があふれており、自分の考えだけで判断しきれなくなります。

そこで、知り合いや専門家らしき人がおすすめする情報を疑うことなく信じ、「○○さんがすすめてくれたから」と、本当はだまされていることにすら気づかないで過ごしてしまいます。

だまされていることを認めることができない

また、うっすらと「アレ?おかしいな、もしかして……」と思っても、「いや、そんなことはない」と自らの心を否定してしまいます。

この傾向は、現役時代に大きな判断を下してきた人に特に多くみられ、「まさか、このわたしがだまされるはずがない」と思ってしまいます。

さらに高齢者は、人に対して義理を感じやすく、よく知らない人であっても「自分にいい情報を与えてくれた」ということだけで、義理を感じてしまいます。

やがて「この人のために何かしてあげたい」と思うようになり、勧められるがままにお金を支払ってしまうことも珍しくありません。

「出会い系でだまされた」とは、相談しにくい

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者の詐欺被害は多く報道されていますが、その多くは「高齢者の善意」や「律義さ」に付け込んだものです。

子供や孫のためにしたことが、実は「オレオレ詐欺」であったり、役所への届け出のつもりが「還付金詐欺」であったりします。

こうした詐欺被害は、高齢者が「しまった!だまされた!」と気づいた時点で、誰かに相談しやすいものですが、出会い系サイトの場合はどうでしょう。

「出会い系サイト」で知り合った女性にお金をだまし取られたことや、特別な情報目当てに法外な料金を請求されてしまったことなどを相談したくても、「えっ!? 出会い系? その歳でナニやってんの!?」と言われてしまうことを恐れ、誰にも相談できないのではないでしょうか。

だます側は、こうした高齢者の特性をよく理解していると知っておきましょう。

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得まとめ

高齢者は「だまされるかもしれない」という心構えを持っておくことが必要です。

しかし、あまりも疑い過ぎてはせっかくのチャンスを不意にしてしまうかもしれません。

高齢者が安全に楽しく出会い系サイトを利用するためには、公開されている情報量の多い、大手の出会系サイトを活用することをおすすめします。

また、いかがわしいサイトでなければ、周囲の人に相談することをためらう必要もありません。

高齢者のみなさんも、出会い系サイトを賢く利用し、いつまでも若々しく過ごしましょう。

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

生きる意味とはなんなのか? そんな哲学的なテーマさえ見てきそうな、とあるアンケートの結果が話題となっています。40歳前後の中高年男性に対し、普段の生活をどう感じているか?と調査したもので、その結果がコチラ。

中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く

生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。
35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15281.html

中高年男性が10人いたら7人は毎日がつまらない、と感じているわけです。一度しかない、大切な自分の人生なのに「つまらない」と切り捨ててしまっているのは、あまりに悲しいことではないでしょうか。

とはいえ、その気持ちはとてもよくわかります。わたしも出会い系を始める前は、まさにそんな絶望とも言える毎日をさまよい歩いていたのですから。

中年男性にとって「仕事」という存在はとても大きいです。生活の基盤となる仕事はおろそかにすることはできませんし、どれだけイヤなことがあっても、仕事を投げ出してしまっては生きていくことが出来ません。

社会的に貢献できて、やりがいのある仕事であればモチベーションもわくことでしょう。しかし、世の中そんなきれいで楽しい仕事ばかりではありません。やりたくもない仕事を無理やりやらされ、下げたくもない頭を無理やり下げさせられ……。それでもなんとか「家族のためだから」と折り合いをつけて耐えている中高年男性も多いことでしょう。

そんな仕事をこなして家に帰ってきても、妻や子供からは「ウザい」存在として冷たくされ、煙たがられる始末。なぜ自分を毛嫌いしている人間を養うために、「家族のためだから」と、つらい仕事をイヤイヤこなさなければならないのか?「一体誰のおかげで食えてると思ってるんだ!?」……と、怒鳴り散らしたくなる気持ちもよくわかります。

自由になるお金も時間もない。家族のためと思って身を粉にして働いても、感謝されるどころかうっとうしがられる日々。これでは「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか。今の自分はまるで奴隷か、生ける屍じゃないか」と感じてしまうのも無理はありません。

いまは正社員として就職をし、結婚するだけでも大変な時代だと言われています。これまで「普通の人生」を歩んできた中年男性にとって、今からそのレールを大きく踏み外すことは大きなリスクを伴います。

仕事を辞める……。離婚をする……。どちらも衝動的にしたくなる時は何度もあれど、結局は実際に踏み切ることはとても難しく、非現実的な部分が多いですからね。

もはや自分一人だけの問題ではないのです。自分や相手側の家族に迷惑をかけることになりますし、もし子供がいるのならその子の人生を大きく変えてしまうことにもなりかねません。

でも、だからといってつまらないと感じる日々をずっとこなすのはまるで終わることのない拷問を日々受け続けるようなものです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、我々中高年男性はいったいなにに癒やしを求めればいいのでしょうか?

出会い系は、いまの生活を劇的に変えるカンフル剤

そこでわたしが選択したのが、出会い系でした。

単純にわたしは、さみしかったのです。心を許せる相手、おもいっきり甘えさせてくれる女性が欲しかったのです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、立ち止まればいいのです。わたしは、ちょっと羽を休めることが出来る止まり木が欲しかったのです。

幸いにも、いまの出会い系はとても出会いやすくなっているようで、相手はすぐに見つかりました。わたしと同年代の人妻で、同じく毎日がつまらなく、寂しさを覚えていたようです。

同じ境遇で悩んでいる人がいる。そう実感出来るだけでも励みになりましたし、自分のことを「一人の男」として見てくれる女性とメールで毎日のようにおしゃべりする時間はとても楽しく、明日が楽しみになる気持ちを久しぶりに思い出させてくれました。

他愛もないメールをしていただけですが、特定の異性がいるだけで毎日はとても楽しくなるのです。あれだけつまらなく、無味乾燥に感じていた毎日がウソのように、急にみずみずしく色鮮やかな世界に見えるようになりました。

その後は男女の流れとして、自然にお会いすることになり、何度目かのデートでセックスをするに至りました。とても幸せでした。性欲を解消するためのセックスではなく、相手のことを心底求めて欲しくなる官能的なセックスは、何十年かぶりの興奮でした。

毎日がつまらないと感じていると答えた72%の男性たちは、きっと出会い系を利用していないことでしょう。なぜなら、出会い系を利用していればつまらないと感じることはまずあり得なくなるからです。

もしアナタがその72%のうちの一人であるなら、出会い系を始めてみることをオススメします。なにも難しいことではありません。ガラケーかスマートフォン、あるいはパソコンが1台あればそれだけですべて事足ります。

これからの人生、まだまだ折り返し地点あたりであるとわたしは思っています。まだまだ40年近くあるかもしれない人生を、ずっと「つまらない」と認識しながら、なにも行動を起こさずに過ごすのは、それこそ本当につまらないことです。

転職したり、離婚をしたりといったことは今すぐ自分の都合だけで出来るものではありません。しかし、出会い系を始めるくらいでしたら、そのどちらも気にする必要はなく、今すぐにでも始められます。

ツマラナイと嘆くよりも、自分で行動してオモシロイことを見つけましょう! 大事なのは、その一歩を自分の足で踏み出すことです。

40代からは5歳サバをよんで夜に会う

40代からは5歳サバをよんで夜に会う中高年の出会い系利用では、ちょっとした裏技を知っておくと、成功率がぐっと高くなります。

中高年出会い系利用必殺のテクニックを、かいつまんでご紹介いたします。

写真は必須だが顔はごまかせる

中高年になってから出会い系を利用する場合はどうしても、プロフィールに写真を載せるかどうか、迷う方も多いと思います。

自分では若いつもりでも、若い頃のような容色は望むべくもありませんから、鏡に映る自分の顔と相談をして、写真掲載を控えてしまう中高年ユーザーも少なくありません。

しかし、出会い系で成功率を高めたければ、写真は必須だと考えてください。顔は二の次と言っているような女性でも実際は、写真を載せていないプロフィールだと、チェックさえしないでスルーする可能性が高いからです。

そこで、写真を載せることをためらわれている方にお勧めしたい裏技は、画像系アプリを用いて、ご自身の写真を適度に加工して、プロフィールに載せる方法です。

加工に用いるソフトは、フォトショップのように高価で高機能なアプリである必要はありません。

スマホアプリで十分なのです。

40代からは5歳サバをよんで夜に会う

以下は、写真修正アプリ紹介サイトへのリンクです。

写真を修正する おすすめアプリランキング | iPhoneアプリ -Appliv

加工の目的は、写真を生で出す恥ずかしさを抑えることと、スルーされるリスクを減ずることですが、過度には行いません。

原形が分からなくなるほど加工すれば、むしろ似顔絵にした方がいいくらいですから、相手の顔を知りたいと言うニーズを満たしならやりすぎには注意しつつ見映えをよくすることを心がけて作業を行ってください。

年が気になるならサバをよむ 5歳くらい若くしても問題はない

普段顔を合わせている近所の人でも、聞かなければ正確な年齢は分からないものです。実際に顔を合わせている人でさえそうなのですから、ネットで知り合った人の年齢はさらに分からないものです。

ですから、5歳程度サバをよんでも全く問題ありません。

中高年の方は年齢コンプレックスの裏返しとして、「自分はもう○○歳のオッサンです」といった自己紹介をされたりしますが、多くの女性はこれに奇異を感じています。

年齢に奇異を感じるのではなく、自らをオッサンだと卑下する気持ちが理解できないようです。つまりこれをすると女性に持てません。

卑下をするならサバをよんで若返る方がネットでは持てます。実年齢が49歳でも、ネット上では44歳で通しても許容範囲です。

ただこの際、気をつけなくてはならないのは、嘘はつまらないところでバレますから、実際が昭和42年生まれであれば、徹底して昭和47年生まれになり切る必要があることです。

これが出来るとネットでは、5歳くらい簡単に若返れます。すると実生活でも気持ちが若くなります。だから出会い系サイトで知り合った女性と実際に会った時も問題なく付き合えるわけです。

出会い系では、年齢コンプレックスなど持つことなく、サバをよんで攻めた方が勝ちです。

不惑のイメージを壊さない

孔子先生曰く、四十にして惑わず。40代といえば不惑の年代ですね。自分の気持ちとしてはともかく、少なくとも世間一般ではこの年代の男性に、不惑のイメージを期待しているわけです。

不惑のイメージといっても漠然としますが、出会い系サイト的な不惑のイメージとは、余りガツガツしていないことでしょうか。とはいえEDなどの難しい病気を別にすれば、40代でも朝立ちしてビンビンという方も少なくないと思います。

それだけに女と見れば射幸心が疼き出すのが男の性というものですが、ひとまずこれを抑えて、表面上であれがっついてはいない風を装う必要があります。

具体的にはメールを始めて3週間程度は我慢して、エロトークはしないようにする自制を持った方があとあとうまく行きます。

出会い系サイトに登録してまで自制するのは大変なことですが、ここは世間一般の不惑のイメージにひとまず自分を同化させて、落ち着きのある中高年を演じましょう。

夜の闇は顔をぼかす

40代でも若々しい色艶のある肌をされた方もお見受けしますが、少しずつ肌の張りが落ち出すのがこの年代です。張りが失われると老けた印象を相手に与えがちです。

プロフィールで5歳サバを読み、アプリで写真をぼかしても、現実の出会いでくすんだ印象を与えては、連れ込めるものも連れ込めずに終わるリスクが大きくなります。

そこで一計をめぐらせて、面接時間は夜を選びます。夜の闇は顔をぼかしてくれます。相手の顔も見えにくくしてしまう弊害はあるものの、夜は中高年に優しい時間です。

相手が主婦や人妻の場合、なかなか夜会うことは難しいかもしれませんが、相手が年下の若い女性であれば年齢差が大きくなるだけに、この夜作戦はうまく行く可能性が高いです。

そのまま夜の町に消えて行けるメリットもあります。ただしその前に、ラブホの場所だけは前もって確認しておいて下さい。

アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイント

世間では年上やオジサンブームが流行し、若い女の子がアラフォー世代を恋愛やセフレ対象にすることは珍しくありません。

ですが、若い女の子と付き合いたいけど、接し方が分からず困ってしまう……というオジサンも少なくありません。

そこで、アラフォーでも安心! アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイントを紹介していきます。

40代という年齢は武器になる

40代は人間として熟成している年代です。

仕事やプライベート、恋愛などで沢山の経験をしているため、若者にはない魅力があります。

また、年上の人というのは『頼りになるし、一緒に居ると安心できる存在』というイメージもあるため、そういった印象は恋愛にも活用しやすいのです。

40代だからといって、同年代の女性と付き合あう必要はありません。

10代や20代の若い女性を狙うのだってOK。最近では、若い女の子がアラフォー世代を付き合うのは珍しくありませし、アラフォーの魅力を活かせば狙いやすい存在なのです。

ですが、若い女の子には特有の“ツボ”があり、そこをしっかり抑えないと攻略はできません。若い女の子について知り、それに合った方法で接するのが大切なのです。

やり取りでは聞き手に徹する

女性はお喋りが大好きで、若い女の子だとなおさら。

そのため、若い女の子とメールや会話をする場合は、聞き手に徹するのが良いです。

相手の話しをしっかり聞き共感する

これが1番大切です。

女性は話しを聞き、共感してくれる人を好むもの。

しかも、若い女の子には特に効果があります。

女性は話したいことを終えた時点で、目的の9割は達成されています。残りの1割は相手が聞いているかの確認。

そのため、女性が話した内容にレスポンスを返すのはほぼ無意味。

例えば、女性が悩みを相談してきた場合、話し相手に解決するための意見は求めておらず、自分が悩んでいるということを話せればOKなのです。

そのため、悩みに対するレスポンスは「解決するためには○○しよう」ではなく「そんなに悩んでるんだ、辛かったね」が正解です。女性との会話は熱心に解決策を探るよりも、聞いて共感するだけで良いのです。

ですが、聞き手に徹し過ぎるのも少し問題。全然話しをしてくれないつまらない男、と思われてしまう恐れがあります。

なので、話題の5個中1個は反論すると良いでしょう。

返答もちょっと理屈っぽく女性が考えにくい内容にするのが良く、しっかり考えているアピールに繋がります。

聞き役に回るだけでなく、たまには喋り役に回りつつ自分の話しや意見をしていくのも大切なのです。

スマホやSNSを使いこなす

スマホやPCの進化は目まぐるしく、操作方法や仕組みもどんどん複雑になっています。

アナログなアラフォー世代には辛いかもしれませんが、スマホやPCはある程度使いこなせるようにしておきましょう。

若い女の子にはスマホは必須で、TwitterやFacebook、LINEなどのSNS系ツールは大好物。話題作りや話しについていくためにも、スマホやSNSの情報は最低限必要なのです。

出会い系コンテンツでやり取りをするなら不要では?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

出会い系コンテンツでは、メールの送受信などにお金がかかります。

出会いを求めているうちは仕方ありませんが、知り合って仲良くなった場合は外部でのやり取りに切り替えるのが理想。

外部であればやり取りにお金はほぼかかりませんし、相手が使い慣れているツールでするというのも大きなポイントです。

そのため、SNS系ツールについては事前に調べてインストールしておき、ある程度の使い慣れておきましょう。

デートでは身だしなみやリードすることが重要

若い女の子とのデートの際も、しっかり40代の魅力を出す必要があります。

会ったときの印象やリードの仕方は、今後の展開に大きく影響するので重要なポイントです。

そのため、相手の印象を損ねないためにも、デートの準備は入念にしておきましょう。

最初に大切なのが身だしなみ。イケメンか不細工など顔やスタイルの問題ではなく、『きちんとした身だしなみ』ができているかがポイントです。

髪や身体、爪は清潔に保たれているか?服はシワだらけになっていないか?など、女性はそういった部分も細かくチェックしているので、外見から中身を見抜かれてしまう恐れがあります。

そのため、デートは清潔感のある普通な格好をするのが良いでしょう。ファッションは時代錯誤していなければOKで、ファッション誌を参考にするのが無難です。

次に大切なのが、デートをリードすること。相手は年下の女の子なので、こちらを頼って任せきりにしているパターンが多いです。

そのため、豊富な人生経験を武器にデートプランはこちらで立て、デート中は率先してリードしていきましょう。

プランニングに自信がない場合はネットを参考に決めるのがオススメ。

デートコースに1度も行ったことがない場所があるときは、事前に1人で行って確認すると良いでしょう。

これをするのとしないのとでは大きな違いがあるので、確認作業はするべきです。

アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイントまとめ

最近では、年上やオジサンブームが流行っており、40代でも若い女の子は狙いやすくなっています。

それは街中だけでなく、出会い系でも同じ。そのため、40代という年齢は恋愛や出会いにおいて“恥ずかしいもの”ではまったくないのです。

仕事やプライベートで出会いがないからと、恋愛を諦めていませんか?

ブームに便乗した恋人やセフレ探しには今がチャンス!若い女の子も沢山利用している出会い系コンテンツで今一度、恋という名の花を咲かせましょう。