「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

早いもので今年も年末年始の時期がやってまいりました。この時期は、なにかと同窓会が開催されるシーズンでもありますよね。毎年というわけでもないですが、わたしも定期的に参加をしておりますし、次回の開催を今か今かと楽しみにしております。

我々のような中高年世代にとって、数少ない楽しみなイベントのひとつが同窓会である人は多いと思われます。古くは小学校の同級生からはじまり、中学校・高校、そして大学のゼミやサークルなどの若かりし青春の時代をともに過ごした友人と一堂に会するイベントは、出会いそのものが少なくなってくる中高年にとって貴重なイベントであることは間違いありません。

学生時代をともに遊んだ男友達とバカ話をして盛り上がるのもまた楽しいのですが、その頃に片思いをしていた女性や、あるいはクラスのマドンナ的存在だった女性と再会出来ることを楽しみに参加する人も多いのではないでしょうか?

それは男性側だけではなく、女性も同じこと。むしろ女性のほうがその目的は強いといえるかもしれません。なにしろ、中高年の男性は仕事ざかりの時期で、仕事を通じていろんな人と関わる機会がありますが、女性となるとそうもいきません。

専業主婦であれば家にこもりきりになってしまいがちですし、外とのつながりはパートの時間だけ……という人妻だって珍しくありませんからね。

そんな人妻たちが「女」として見てもらえる晴れの舞台が「同窓会」なのです。同窓会をテーマにした不倫ドラマがいくつも制作されるほど、同窓会と不倫は切っても切れない関係なのです。

同窓会をきっかけに不倫に走る女性はとても多い

◯◯くんのお母さんであったり、パートのおばちゃんだったりと、「女」として見られる機会の少なくなった人妻が、自分のことを「女」として見てくれる男性に出会った場合、それが久々であればあるほど急激に恋心が芽生えてしまうそうなんですね。

20代や30代の頃の同窓会であれば、まだまだ日常的に女として見られることが多い時期ですから、未婚ならともかく既婚であれば男女の関係を期待して同窓会に参加する人は少ないことでしょう。

しかし、40代以降となれば話はまた別です。中高年となった男女が再び集まる同窓会には、不倫の匂いがプンプンとただよっているのです。

同窓会で出会った男女の不倫をテーマにしたマンガの原作者であり、ドラマの脚本も手掛けた「柴門ふみ」さんという同窓会のスペシャリストがこう断言しているのです。同窓会の参加者の9割は不倫目当てだ、と。

9割が不倫目当てって本当!? 柴門ふみさんが断言した、同窓会に出席する理由とは。

このドラマは、同窓会で再会した者同士が、不倫関係になっていくというもの。
実際に柴門さんが30代の頃に出席した同窓会での経験が、ドラマに反映されているそうです。

番組中、「同窓会ってそういう(不倫)目的で行ってる人がいるってことなのですか?」という問いかけに、柴門さんは9割以上がそうである、と断言され、このことが話題になったのです。

(中略)

柴門さんが「特に専業主婦の方は、日頃イベントが少ない分、気合いが入っちゃって、ドラマも起きやすい」と言われていたように、出会いが少ないと言われる専業主婦の方が不倫に発展する可能性が少なくないのかもしれません。

かつての同級生に若く美しく見られたい、と思うのは女性として当然の気持ち。
さらに元カレや、かつて憧れていた人が出席するとわかっていたら・・・
新しい服を買い、美容院にも行き、メイクもしっかり整える女ごころも理解できます。

http://select.mamastar.jp/19098

これは、とてもよくある話です。本当によくある話なんです。何を隠そう、このわたしも同窓会をキッカケに不倫関係になった女性がいました。それもひとりではありません……。3人もいるんです。

わたしの初めての不倫も、同窓会からでした

わたしがした初めての不倫は同級生とでした。もう十年前のことです。当時はまだ妻との関係も今よりは良好で、自分も仕事が楽しくて仕事のことばかりを考えていた時期です。不倫をしたいなんて気持ちはまったくなかったですし、そうなる可能性があることも考えたことすらありませんでした。

仕事でそれなりの成功を収めて気分が良い時期だったこともあり、意気揚々と同窓会に出席をしました。きっとその時のわたしは自信に満ち溢れていて、魅力的にうつったのでしょう。

舞台は中学校時代の同窓会で、どんな仕事をしているだの、結婚しただのしないだの、そんなありきたりの話で盛り上がっていた頃です。学生時代に親しくしていたわけではありませんが、好意を寄せていた同級生の女性から、やたらとボディタッチをされていることに気づきました。

他のクラスメイトたちは自分のグラスを持ちながらあっちへこっちへと移動をして昔話に花を咲かせているのに、彼女はわたしの横から動こうとしないのです。聞けば彼女もとっくに結婚をしており、もう中学生の子供がいるとのこと。

しかし子供の話もそこそこに、彼女は立て板に水のような勢いで夫の愚痴を話し始めたのです。やれ家に帰ってこないだの、家事も育児もまったくしないだの、絶対に浮気をしているだの……。お酒が入っていることもあり、すっかり彼女の独擅場になっていました。

正直、その時のわたしはとても面倒に感じていたと思います。「あの頃はあんなにかわいかったあの子が、今じゃこんな風にやさぐれちゃって……。あーあ、こんなとこ見たくなかったなあ」と、話を聞き流しながらそう思っていました。

それでも彼女の愚痴は止まらずに、ついにはセックスレスであるとか、夫のセックスのここが気に食わなかっただとか、かなりプライベートなことまで話し始めたのです。興奮のあまり時々大声になることもあり、クラスメイトが何度か振り返る場面も。

これはまずいと思い、彼女の腕を掴んでちょっと席を離れたのです。少し夜風に当たらせれば酔いも冷めて落ち着くだろうと。この時は、まったくもって善意からくる行動でした。

しかし、彼女からすればそうは思わなかったのかもしれません。突然、わたしの胸ぐらを掴んだかと思うといきなりキスをされたのです。青天の霹靂とはこのことでしょうか。この状況を理解するのに長い時間がかかりました。

実際は2~3秒ほどだったのでしょうが、わたしには10秒以上のとても長いキスに感じたのです。やっと「これはいけないことだ」と頭が理解し、彼女の肩をつかんで引き剥がしますが、彼女は満面の笑みでこういうのです。

「ふふ、これでわたしも浮気してやった!」

と。素晴らしくかわいらしい笑顔でした。きっと、もう何ヶ月も心から笑ったことがなかったのかもしれません。キスは浮気をしている旦那への当てつけであり、復讐だったのでしょう。勝手に八つ当たり相手にされるわたしにとってはたまったもんじゃありませんが(笑)

過去に好意を寄せていた女性であったからよかったものの、何の興味もないブスに同じことをされていたらぶん殴っていたかもしれません(笑)

「ずっとこの場に二人きりでいたらまずい」と、本能的に感じてその後はすぐ会場に戻ったのですが、その後は誰となにを話したのかまったく覚えていません。先ほどの彼女とのキスのことばかり考えていたのです。

彼女はすっかり酔いつぶれてしまい、女友達から介抱されている始末。人の心をかき乱しておいてのん気なものだなあと、少しイラついたのをよく覚えています。

その日はそのままなにもなく解散となりました。帰宅後に妻から「どう?楽しかった?」と聞かれたときには心臓がバクバクと高鳴ってしまい「……まあ、普通だったよ」と後ろめたさからか、そっけない態度をとってしまったものです。

そしてその翌日。彼女から電話がかかってきました。酔いつぶれる前に携帯電話の番号を交換していたのです。

「本当にごめんなさい!!」

と、彼女はひたすら謝り倒してきました。どうも、昨夜の記憶はきちんとあるようでした。わたしはものすごく気にしていたのですが、思わず「気にしないでいいよ」と、本心とは裏腹にオトナの態度をとってしまったのです。

しかし、気にしているのは彼女のほうが強いようで、どうしてもまた会って謝りたいと。わたしも、もう一度会いたい気持ちはありましたので、そこまでいうのなら、と。

「会ってどうするんだろう?謝って終わり?それとも口止めをしたいだけ?まさか、昨夜の続きになったり……?」

と、いろいろな考えがめぐったものです。それまでは仕事のことしか考えていなかった毎日が、彼女のことばかり考えるようになってしまったのです。

そして、1週間後くらいにまた会うわけですが……。さすがに、長々と語りすぎてしまいましたね(笑)老人の昔話は長くなってしまい、申し訳ないです。

結論からいえば、もう一度会ったその日にホテルへ行き、セックスをしました。それも、何度も、何度もです。なんとなく、わたしも感じていたんですよね。

「次に会ったら……きっと彼女とセックスをするんだろうなあ」

と、漠然と思っていました。まるでそれが確定事項のように、会うことが決まった日から一度もオナニーをしなかったものです。それは大正解でしたね。

残念ながら彼女とはあまり長続きはしませんでした。やはり地元同士の不倫関係はリスクが大きく、わたしが不倫初心者だったこともあり、いろいろと危なくなってしまったからです。

しかし、同窓会からの不倫セックスはわたしの今後の人生を大きく変えました。不倫セックスという蜜の味を知ってしまったのです。それ以降、不倫セックスの魅力から抜けだせず……今に至るというわけですね。

同窓会は不倫のトリガーである

このように、同窓会をきっかけに不倫をはじめる人は非常に多いと思われます。

不倫関係にまで至らなくても、ひさびさに再開したクラスメイトを見て「男」や「女」を感じ取り、思わずムラムラっとくるくらいが正常な中高年世代とも言えるでしょう。

わたしのように当時の同級生同士で不倫関係に陥るケースも多いのですが、同窓会に出たことをきっかけにして出会い系に登録する人妻もとても多いのです。

そんな人妻は出会いに対して非常に高いモチベーションを持っていることは間違いありません。今すぐにでも「あの若かった頃のトキメキと、女としての自信を取り戻したい」と思っているのですから。

これは男性がアダルトビデオコーナーでどの作品を借りようかor購入しようかと、迷っている時の心境に似ているでしょう。

アダルトビデオ作品を選んでいる時ってワクワクしますよね。そして「早く帰ってオナニーをしたい!」と思いますよね。出会い系に登録したばかりの人妻は、それと似たような心境をもっているといえます。「早く男を見つけてセックスをしたい!」と考えているのです。

男に飢えた人妻をピンポイントで見つけることが出来れば、実にスピーディで即エッチな出会いが成立しやすくなるのですから、これをむざむざ見過ごす手はありません。

自分も最近、同窓会に行ってきたとアピールする

女性は共感を大切にする生き物です。同じ考えを持っていたり、同じ境遇に置かれている人に対しては強い親近感を覚えます。

それを利用して「自分も最近同窓会に出て、昔のトキメキを思い出したくなって……」といった具合に、ストーリーをでっち上げればいいのです。本当に同窓会に行ったかどうかは関係ありません。

「あっ、この人も同窓会に出たんだ!そっか、きっとわたしと同じ思いをしたのね。この人ならわたしをわかってくれる……」

と、勝手に期待をしてくれるのです。同窓会をきっかけにして登録した人妻であれば、ほぼ間違いなく食いついてくれることでしょう。そうでなくても、中高年世代であれば、参加した同窓会で多かれ少なかれ青春時代のようなトキメキを感じたことがあるはずです。

そして、同窓会ネタで食いついてくれた人妻であれば、ほぼ間違いなく即セックスが可能なのも特徴のひとつです。

1週間オナニーを我慢していて、アダルトビデオというオカズを目の前にしたらシコらずにはいられません。人妻だって何年もセックスを我慢していて、出会い系というツールを手にしたら男をあさらずにはいられません。表向きの顔こそ、淑女ぶったりするものですが、その実はドロドロでチンポを欲しがる顔をしているのです。

こうなっている時の人妻とのセックスはそりゃもうすごいですよ。飢えた人妻のむさぼるようなセックスを存分に体験することが出来ます。

実際の同窓会でも出会いを探してみる

こうして同窓会絡みのネタで出会いを繰り返していると、自分にも本当の同窓会が開催されるのがとても楽しみになってくるものです。

なにせ、何人も人妻との出会いを繰り返していれば自分に自信がつきますし、ちょっとでも不倫に興味のある人妻や、家庭環境に不満のある人妻であれば、実際に落とすことが簡単にできるのですから。

わたしが最初の不倫セックスをどうしても忘れられずに、出会い系を始めたのが8年ほど前です。それから3度ほど同窓会に出席する機会があったのですが、その3度とも当時の同級生だった女性とセックスまで持ち込んでいます。もちろん、それぞれ別の女性です。

もし、これが出会い系での出会いをまったく経験していない状態であれば、そんな勇気はとてもじゃないけど出なかったことでしょう。長々と語ってしまった最初の同窓会での不倫なんて事故のようなものでしたからね。自ら積極的に探していくことが大事です。

しかし、実際にいろんな人妻と出会い系を介してセックスをしていくうちに、本当に世の中の女性はセックスレスで悩む人が多く、自分を女として見てほしい願望を強く抱えていることがわかりました。

実体験からくる裏付けがあると自信がつきますし、勇気を持って行動することができるようになるんですよね。そして、女性の多くは自信を持つ男性に惹かれるものです。最初の同窓会では仕事の成功もあって、自分に自信がある状態でしたからね。それもプラスに働いたのでしょう。

自分で言うのもなんですが、出会い系を始める前の自分と、出会い系で遊べるようになった今の自分では、圧倒的に今の自分のほうが男として魅力的だと思います。

本気で大好きだったけど高嶺の花過ぎて話すことはおろか、目を合わせることすら恥ずかしかった。そんなクラスのマドンナな的存在の女の子ともセックスすることが出来ました。その頃の自分に教えてやりたいですね。

「今から30年後に、その子とセックスするんだよ」

と、片思いでマドンナを見つめることしか出来なかった自分に耳打ちをしてあげたいです。

これを読んでいるあなたにも、学生の頃に憧れて片思いをしていた女性がいることでしょう。その頃にさかのぼってセックスすることは出来ませんが、今からセックスする可能性は大いにあるのです。

きたるべき次の同窓会に備えて、いまから出会い系で人妻とセックスをする練習をしておきましょう。そして、憧れだった存在の女性と実際にセックスするのは決して夢物語ではありません。

人妻との謝礼交際のすすめ

人妻との謝礼交際のすすめ中高年のみなさまにおかれましては、風俗店には行きたくないから、という理由で出会い系を利用している人もたくさんいますね。

そういう理由で出会い系サイトを利用する人にとって、援助交際はさほど魅力に映らないかもしれませんね。援助交際には、女性の側が経済的に困ってお金欲しさにカラダを売っている面がありますから、ほとんど売春と変わりませんので、それではつまらないってことですよね。

かといって、長ったらしくいつ終わるとも先が見えない人妻とのメール交換なんか、ちまちまといつまでもしていたくない。もっと手っ取り早く質の高い人妻とやる方法はないだろうかとお考えのあなた。

そんなあなたに今、成熟した大人の女性がハマる新しい男女形態、謝礼交際をおすすめします。

出会い系サイトには、謝礼交際希望の人妻がたくさんいます。登録すればすぐに会うことが出来ます。

謝礼交際は援助交際とは違う

女性の側が自分に値付けをして、男が値切ったりしながら金額を決めてから会うのが援助交際ですが、謝礼交際では男が支払う額を決めることが出来ます。

会った女性の質におうじて割り切り料として謝礼を渡します。一口に女性の質と言っても、多くは男の側の主観にもよりますから、額はまちまちになります。

そういう世界ですから、相場というものはあってないようなものですが、1~3万程度を渡す人が多いようです。

また中には、会って話をするだけでお金を渡さない人もいます。ただ、さすがに手ぶらで帰すわけにも行きませんから、それなりのお店で食事などはすることになります。

謝礼交際は女性を卑屈にしない

このように謝礼交際では、男の側が感じる出会いの満足度が、謝礼の基準になっているといえるかもしれません。

金銭がともなう点では、援助交際も謝礼交際も同じですが、謝礼交際では女性の側から金額を決めないことで、女性を卑屈にしないメリットもあります。

ちょっとしたことですが、意外に女性というのはこういう点にこだわりますから、ここは大事です。

事実、謝礼交際をする人妻はプライドが高くて、生活に困って謝礼交際をしているケースはほとんどありません。

現在の暮らしをより豊かにエンジョイするため、趣味と実益を兼ねて謝礼交際をしている人妻が、謝礼交際の一般的なイメージになります。

謝礼交際をする人妻のレベルは高い

自信がなくては謝礼交際はできませんから、人妻のレベルは高めです。

高学歴、有名大学、お嬢様大学出身者が珍しくありません。結婚生活でも経済的に恵まれている人がほとんどです。

そういうハイレベルなセレブ人妻と会話をしてセックスを楽しめるっていうところが謝礼交際の肝ですね。

それに、マニアックな性癖にも対応してもらえます。もともと知的レベルの高い女性ほど、あたらしいセックスプレイに貪欲なんです。美人でセレブな人妻とアブノーマルなプレイをするのは、ただ若いだけの女とするセックスよりも数倍も興奮します。

なにはともあれ、ちょっと謝礼をはずめば、普段なかなか接する機会もないような人妻たちと、簡単に遊べるのが謝礼交際です。

単なるカラダの関係では飽き足らない人向け

このような特性から謝礼交際は、風俗や援助交際では飽き足らない、ワンランク上の大人の割り切った遊びをしたい人向きです。

単にカラダだけを求めるだけではなく、知的な会話を楽しみ、相手の人妻にあるていど気持ちを入れることで、初めてエクスタシーを感じることが出来るタイプの人には最高のサービスです。

現在のように、IT化が進み、出会い系サイトも成熟して来た中で、生まれるべくして生まれた、究極の性サービスといえます。

謝礼には意味がある

出会った女性にお金を渡すことに、抵抗のある人もいるかもしれませんが、謝礼交際におけるお金には、感謝の意味が込められています。

感覚的には、好きな女性にプレゼントを渡すのに近いものがあります。それが現金であるというだけのことです。

先に触れたように、その額は男の側の気持ちいかんです。

受け取る側の女性としては、お金をもらえたことで、女としての価値を再発見、再確認する意味合いが含まれているようです。

逆に、それを感じてもらう上で、お金というのは極めて分かりやすいプレゼントでもあるわけです。

そしてこれが、質の高い人妻を謝礼交際に走らせる、ひとつの動機付けともなっています。決して、お金そのものが目的になっているわけではないのです。

あなたが素晴らしいので、感謝の気持ちを伝えたいので、お金を渡したいのだというスタンスが大事です。

実際、そういう出会いは素敵ですからね。

あらかじめ素性を知れる

風俗なんかでも、高品位な人妻を売り物にしているお店はあります。しかし、その高級人妻が、実際にどういう人かは分かりません。

その点でも謝礼交際の人妻は、出会い系サイトで知り合ったときから、じっくりと経歴などを聞きだすことが出来ます。

もちろんバーチャルですから、多少の装飾は含まれているかもしれませんが、それはこちらも同様ですから、おあいこですね。

ですが、おおむね本当の出身大学などを教えてもらえます。謝礼交際は究極の割りきりですから、嘘を言う理由がないからです。

こうした細かいプロフィールまで事前につかめる点、まさに出会い系サイトの優れた特色が生きているといえます。

謝礼交際に出会い系サイトをかませるメリットともいえます。

知的水準が高いだけに危険もある

謝礼交際は、単にカラダだけを求めての出会いではないために、知的な会話を積み重ねる中で、相手にのめってしまう危険はむしろ高いといえます。

付き合いが本質的な次元になってしまう危険が伴うわけですね。

それだけ魅力的な人妻が多いからそうなるのですが、これは身の破滅にもつながりますからくれぐれも要注意です。

謝礼は本気にならないための保険

実は、これは自分だけでなく、相手の人妻側にも起こり得ることです。

ただそうしたリスクに対して、謝礼交際では、お金をかませることで、厄介な問題をある程度未然に防ぐことが出来ます。

お金には、感謝の気持ちを伝える面と、しかしあくまでそれは遊びに対する感謝で、それ以上のものではないことを相手に示しながら、自分も再確認出来る極めて明確な線引き効果を発揮する面があります。

謝礼は多少高いかもしれませんが、相手が質の高い人妻であるだけに、遊びのつもりがつい本気になりがち。そんなシチュエーションの中で、お互いに一線を越えてのめり込まないための現実的な掛け捨ての保険だと思えば、それほど高いものではないかもしれません。

謝礼交際は高学歴を引き付ける

ある一定レベルの相手でなくては、会話はもとより、性的な興奮を含め満足できないタイプの人にとって、謝礼交際はうってつけと言えます。

言ってみれば、謝礼交際は、人妻も高学歴であれば、それを受け入れる男性サイドもまた、かなりの高学歴であり、レベルの高いもの同士が満足し合える出会いシステムです。

それでいて先に上げたように、本気にならずに割り切れる仕組みが出来ているわけですから、これほどありがたいシステムもありません。

質の高い人妻を見つけ出し、セフレにすることは、現実には多くのハードルがありますが、出会い系サイトと謝礼交際を掛け合わせれば、それがいとも簡単に実現するのです。

信じられないような出会いがここにはあります。

風俗嬢をセフレにする方法

みなさん、風俗に通っていますか?

みなさんの中には、風俗にハマってしまっている人もいるのではないでしょうか。

でもここで一つ問題があります。風俗は金がかかる。たとえば手コキだけのオナクラでもホテル代も込みで7000円近くかかってしまいます。

風俗嬢をセフレにする

相当に余裕がなければ月1がいいところではないでしょうか。となるとタダでセックスするしかないですよね。タダで風俗並のテクニックを味わう、それはつまり風俗嬢をセフレにするということです。今日は風俗嬢をセフレにするために踏むべき段取り、コツなどを探っていきますよ。

風俗嬢とセフレになるというと単純にサービスを受けている間や後に連絡先を交換してあとでご飯に行く、など仕事の延長でうまくやりたいと考える方が多いかもしれません。でもこれは残念ながら間違った作戦です。

なぜならお店には厳しく連絡先交換を禁じられていますし、仕事で会った相手とはプライベートまで一緒にいたいと思わないのが風俗嬢なんです。

つまり多くの風俗嬢は自分が風俗で働いていることをできるたげ隠したいものですし、プライベートなときはそれを忘れたいと思うからです。

仕事は仕事で完全に割り切っていると思ってください。女性はそういうことが出来る生き物です。それでは合コンはどうでしょう?  出会いの定番合コンですが、合コンに風俗嬢が来るということはまずないです。それはバレるのが怖いからですね。特に地方都市などでは、公の場に少しでも出てきたら、お客と鉢合わせ、ということが頻繁に起こります。デパートなどで昨日呼んだデリヘル嬢が家族らしき人と買い物していたらしたら、いたたまれない気分になります。

そういうことが起こるので、あまり人前に出たがらないのが風俗嬢です。彼女たちに「休みの日は何をしてるの?」と聞いたらほぼ100%「家で飲んでる」という答えが返ってきます。すると、孤独を紛らわすすため、家にいながらにして外とつながれる、ネットに頼っているんですね。

風俗嬢も出会い系をしている

彼女たちは人一倍孤独で寂しいわけです。体を売ることでそれを紛らわせようとしているくらいなのですから心の闇は深いです。それだけにつながりを求めています。でも外界には出たくない、となると、もうみなさんお分かりですね。出会い系に頼りがちなのです。ラインなどのSNSでのリアルなつながりも持ちたくないわけです。自分の素性を知らない人と気軽に仲良くなれれば心の隙間をもっと埋めることが出来る、それが彼女たちの心理です。結論として、出会い系は風俗嬢が気軽に出会いを求められる唯一のツールだといえるでしょう。

これを男性の側から見ると、出会い系掲示板における風俗嬢の出現率はとても大きいということです。人妻やJKよりも俄然可能性が高いです。

少し文面が飢えている、肉食ぽい、がっついてる、様子だと風俗嬢な可能性が高いです。

男と寝まくっているから男ぽい感覚になってきているのです。なので話は早いですよ。彼女たちは基本的に酒好きで、仕事以外の時間はほとんど飲んでいます。

でもたまには普通の女として扱ってほしいと思っていますので、会うまでは風俗嬢であることを打ち明けることはありません。しかしやたらと距離感が近かったり、自ら下ネタを言ってきたりと一般女性よりモラルが低下しているので、もしかしたらとピンとくるのです。

いつも酔っ払ってる感じなので、会いさえすれば、そしてこちらが積極的に求めれば応じてくれますよ。男性から求められるのには慣れているし、それに応じることで自分が認められているような気持ちになるんですね。肌を重ねているときだけ自分の存在価値を感じるという風俗嬢特有の自己承認方式も背景には存在します。

ちなみにメッセージのやり取りは基本的にあなたは聞く側ですよ。いろんな話を聞いてほしいという願望をもっています。これは女性全般にも言えることですが、特に風俗嬢はおしゃべり好きです。

人によってはホストにはまったりしますからね。整理しますと、アポとるまでは聞き上手、会ってからは肉食で、これが風俗嬢攻略の必勝パターンです。

会ってからのポイント

お店選びも重要なポイントですが、ここも風俗嬢ならではの一工夫が必要です。記念日でもないのにいきなり記念日のようなオシャレなレストランにしてください。なぜなら、風俗嬢は普通の幸せを味わいたいのです。カップルたちがクリスマスや誕生日にラブラブしているのを横目に見ながら自分も体験したいのです。これを疑似体験させてあげましょう。

少し高いオシャレなイタリアンやフレンチを予約して、いい雰囲気の中で食事をしてください。ここで少し値段が張ったとしても、むしろ二次会が必要ないくらいまでとろけていますので、後はホテルに連れ込むだけです。ホテルへの連れ込み方は、「ホテル行こう」とか言わなくていいです。お店をでたら路上でキスをしてください。応じてくるので、ディープキスをします。

これでセックスOKのサインです。女性はセックスよりもキスの方がガードが固いので、キスができたらセックスまで行くのは意外と簡単だったりします。

セックスへの最後の砦は唇だと思っておきましょう。これでめでたくセフレ化なんですね。

おわりに

いかがでしたか。風俗嬢は一般的な出会いの場にやってくることはめったにありません。それはまるで、星の数ほどあるアダルトビデオに出演する素人女性を街で見かけたり知り合いに発見したりということがないのと同じです。

出会い系でまずは家から引きずりだす、そしてロマンチックに口説く、それが成功(性交)への近道ですよ。

出会い系サイトで若い子を落とすときに、不思議ちゃんを狙うのがおすすめです。

当ブログでは「出会い系サイトではファザコンの若い女性を狙え!」に書いているとおり、ファザコン狙いをオススメしています。

そのほかにも、もしも選り好みをしないなら、出会い系サイトで若い子を落とすときに、不思議ちゃんを狙うのがおすすめです。

不思議ちゃんは、容姿もまずまず、性格的にはマイペースでちょっと鬱っぽいところがあったりしますが、かなり謎の独り言をつぶやいていたりします。

このタイプの人は、大抵は常識的な挨拶や会話にはあまり反応しません。かといってあまりにも非常識なアプローチをしてしまうと嫌われてしまうもの。

ではどういった接し方がいいのか?

思うにこんな方法がいいのではないでしょうか。

謎には謎で、付き合ってみる。

「こんにちは!」などといった挨拶にはあまり興味を持たない人なので、こちらもミステリアスなアプローチをしてみるのです。例えば、映画の俳優でちょっとニヒルな役がありますが、そんな感じです。

キザであったり変わったタイプの人間に関心を示すはずです。そうして会話をしているとなんとなく考え方がわかってくるのではないでしょうか。

そうして関係が進んでいけばしめたもの。女優のような美人と魅力的な映画のような関係が手に入ればハッピーになれるかもしれません。

さらに、続けて駆け引きを楽しんでみましょう。女性というのは追いかければ逃げて、逃げれば追いかけてくるものです。

本当に逃げる必要はありませんが、そういった素振りを見せることは大事です。わたしがいないと駄目な男なんだから、と思わせていたのであればその効果はさらに増すでしょう。

いつもメールをすぐに返していたのであれば、たまには遅らせてみる。会う約束を持ちかけられたのであれば、あえて断ってみる。

など、ちょっとした駆け引きをするのも楽しいものですよ。