出会い系サイトではファザコンの若い女性を狙え!

自分の年齢がどうであれ、若い女性と知り合うことができるのが出会い系サイトです。

「もうオジサンになったから」といって若いセフレを諦める必要はありません!

今までは、年を取ってから愛人やセフレを見つけるのはとても難しいことでした。結局は愛人を囲う金銭的な余裕がなければ、妻以外にセックスをさせてくれる女性になんて出会えませんでしたよね。けれど出会い系サイトに登録すれば、20歳そこそこの女性のプロフィールを見ることだってできます。その女性にメッセージを送るかどうか、迷うことができる点だけでも昔よりもチャンスが広がっていると言えるのではないでしょうか。

若い女性と知り合えば、気持ちも若返ります。妻と別れる気はないけどこのまま人生を終わらせたくない!と切実に思っている40~50代の男性は多いですよね。そんな希望を叶えてくれる出会い系サイトで、若い女性にモテるにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、年上の魅力を全面に出して若い女性をくどくテクニックをお伝えします。

ファザコンの女性は意外と多い

わたし達が若かった頃は、女の子は年頃になると父親に暴言を吐いたり「お父さんのパンツを一緒に洗濯しないで」と言い出したり、父親につらく当たりがちでした。

けれど今は日本全体の環境が変わって、昔ながらの「頑固親父」は少なくなっています。たいていの父親が家族に優しく家庭を大事にしていて(少なくとも表面上は)、娘から好かれている父親が増えています。そういう父親を持つ女性がどういうふうに育つかというと、父親のことが嫌いではなくむしろファザコン、という女性になります。そういう女性が、今の若い人にとても多いことを知っていましたか?

ファザコンの娘は、父親に似た男性を好むと言われています。つまり10~20歳以上も歳が離れていても、「お父さんみたい」と思ってもらえれば嫌われることはありません。若い女性とメッセージをやり取りするようになったら、まずは彼女がファザコンかどうかをさりげなく確かめてみてください。「お父さんとは仲がいい」と言うような女性なら、年上男性との付き合いに抵抗を感じていません。ただ、「今も一緒に住んでいる」という女性は父親に対する飢えを感じていないので、付き合うときは同世代の男性を選びがちです。今の環境もしっかりと聞いておきましょう。

ファザコンの女性をくどくには

メッセージをやり取りしている女性がファザコンぎみだと判断できたら、できるだけその子の父親のようなコメントを挟んでみましょう。「出会い系サイトに登録しているなんて、俺が親だったら心配だな」とか「帰りが遅くなったみたいだけど大丈夫?夜道に気をつけて」とか、自然な感じでコメントを返すようにしてください。

ファザコンの女性は年上男性から庇護されることがとても好きです。心配してもらっていると感じれば、自尊心が満たされると共にあなたのことを親しく感じるようになるでしょう。そういうコメントへの反応がいいようであれば、どんどん増やしていけば、彼女にとって「あなたに心配されること」が欠かせない状態になります。

父親みたいだけど、父親よりは若いということをアピール

父親のようなコメントをして親しみを持ってもらったところで、彼女の好みの男性に自分を寄せていきましょう。大抵の女性は、ファザコンといっても父親より年上だと躊躇してしまうようです。少しなら歳を誤魔化してもバレないので、細かい年齢を聞かれたときは父親より5歳くらいは若く答えておくことが無難です。

実際に会う約束を取り付けるには

メッセージをたくさんやり取りしていれば、女性からの信頼は日々増していきます。そのタイミングで、こちらから会うことを打診しましょう。この時は、ガッツイていると思われないことが重要です。あくまで軽く、「一度会ってみない?」というような誘い方が相手から警戒されません。逃げ道を与えておくことも、大人の余裕を感じさせる手段です。けれどここで会う話をあなたから出すことで、今まで父親のように親しんでいた相手を改めて異性として意識させることができます。

実際に会う時には

会う約束を取り付けることができたら、当日に必要なのは「若々しさ」と「大人の余裕」です。彼女にとって負担がない待ち合わせにして、気配りを忘れないようにしましょう。「疲れさせたらいけないから車で迎えに行こうと思うけど、最初に車に乗るのは怖いかな?」など、相手を安心させるための事前相談は欠かさないようにしてください。そして、女性から要望が出た場合は必ずOKすること。これが一番大事です。

そして当日は、できるだけ若々しい格好をしていきましょう。無理して若造りをする必要はありませんが、清潔な身なりをするだけではなく服の色合いを明るくする、美容院に行って若く見える髪型に変えておくなどは必要です。

実際に会って「思っていたより若い!」と思ってもらえれば、メッセージの時点で安心していた分だけ異性として意識させることができます。それから「メッセージのやり取りでは娘みたいに思っていたけど、会ってみたら好きになった」というふうに口説き始めれば、ファザコンぎみの女性ならほとんどが落ちます!

出会い系でオジサンを求める女たちの世代別特徴

出会い系サイトでオジサンを探している女性たちもいろいろです。各世代の特徴をまとめてみました。

敵を知れば作戦も立てやすくなります。攻略にお役立てください。

年上に女と認めさせたいティーンエージャー

いつの時代にもおませな女の子というのはいるものです。初潮さえ済んでいないのに、男に媚びてくる子は珍しくありません。これはもう女に生まれついたときから自ずと備わった性(さが)みたいなものなのかもしれませんね。

そうした子が18歳を迎え、晴れて出会い系サイトに登録が出来るようになると、真っ先に検索をかけるのが、オジサン世代になることは想像に難くありません。

すでに男性経験は同じ年頃の男の子と済ませていても、相手に経験が乏しいだけに、満足を味わうところまでは行っていない場合がほとんどです。

それでいて男がどういうものであり、セックスがどういうものであるかはあらかた知っているので、今度は年上の男、彼女たちからすると本当の男に対して、自分が女としてどの程度通用するかを確かめたい、という気持ちが芽生えるようです。

このタイプの女の子達を喜ばせる台詞は、

「キミ、色っぽいね」
「すごく女らしいね」

です。

まだ無防備でもあり、写真を送りつけることにも抵抗がないので、容姿はすぐ確認できますから、それを手に入れたら具体的な部位を取り上げ、そこを誉めて上げると一段と喜ばれます。

ただ、いきなりバストの張り具合やヒップラインなどには着目せず、うなじが色っぽいねとか、指が綺麗だね位にしておきます。この世代の子でも、それで十分に伝わります。

肝は、子ども扱いせず、とにかく女として扱ってあげることにつきます。

ファザコン気味の20代

父親と早くから死別したであるとか、両親の離婚によって生別となり、以降母親に育てられたりした女性に比較的多いのが、ファザーコンプレックスです。

家庭に父親がいても、接する機会が少ないまま成人してしまったような女性にも、この傾向が見て取れます。

ファザコン女性の目には、おしなべて年上男性であるオジサンが、父親とダブルイメージで重なって見えたりするようです。

ファザコンとは、父親に甘えたいときに甘えられなかったことから来る、愛情飢餓感でもありますから、このタイプの女性には、徹底的に甘えさせてあげることです。

ただ、甘え方を知らなかったりしますから、まずは甘えやすいように仕向けていくことは必要になるかもしれません。

旦那の代用を求める30代

実際の夫婦でも、旦那と10歳くらい年が離れていることは珍しくありませんから、アラフォーだとちょうど旦那と同世代になるのが30代の人妻です。

夫婦も、この頃にはマンネリでセックスレス状態になっていることも珍しくありませんから、新鮮な相手を出会い系で探して、満たされない肉欲を解放させたいと考えている人妻は、思いの他たくさんいます。

その相手も年下より、普段接している旦那と同世代で求めてしまう傾向があるようです。不倫をするにもどこかで旦那を引きずるわけですね。爾来、女とはそういうものなのかもしれません。

不倫ではあっても、あくまで旦那の代用ですから、出会い系で知り合った相手と恋愛をしたいとか、面倒なことはほとんど考えていません。どこまでも肉欲です。

ですからやる方としては、10代、20代の子同様、後腐れなく済ますことが出来ます。出会い系サイトで玉数が豊富なのはこの世代の主婦ですから、下の世代が上手く釣れないときは、こちらとしても簡単に代用できる便利な世代です^^

LET ME TRY AGAINな40代

この世代の女性にとって年上の男は、出会い系では事実上アラフィフになります。自身閉経も近く、更年期障害が出てもおかしくない年頃です。

それだけにこの世代の不倫には、必死さがにわかに滲んでくるような気がします。

もはや肉欲に突き動かされての不倫というよりも、旦那との関係が修復できないほど冷え切っているだとか、旦那が何らかの理由で全く役立たず状態に陥っていたりして、やり直しを期していたりします。

そうなると、おいそれと手を出さないでおいた方がいいのではないかと、尻込みされるかもしれませんが、実際に離婚までする人はほとんどいませんから、その点は大丈夫です。

ただ、人妻の気持ちとしては、表向きであれ”LET ME TRY AGAIN”であることは、理解しておく必要があります。

ですから、あまりぞんざいに扱ってしまうと、40代の人妻といえども取り逃がしてしまうことになりますから、その点は注意が必要です。

あくまで、「あなたとやり直したい」といって来る女性の気持ちを優先して、「もっと早く会いたかった・・・・・・」くらいのリップサービスはしておきます。

この世代の女性は、それほど肉欲が強いわけではありませんから、心の渇きを満たすことが先決です。

それでいて肉は腐る寸前が美味しいとも言います。メールで心を癒して上げれば、美味しいお肉は自然と転がり込んできます。

神待ち少女を探す

オジサンが若いセフレを作る場合にオススメできるテクニックとして「神待ち少女を探す」というものがあります。

神待ちとは

神待ちをみなさんは知っていますか?

出会い系を使う人の多くがこの神待ちとセックスすることを目的にサイトをあさっているのです。

この神待ちとは、家で娘にとっては宿と食事を提供してくれる神のような存在です。神を掲示板で待つから神待ち、単純ですね。この神待ちはどこにいるのでしょうか。

そう、出会い系掲示板をよく見てみると、「パパ募集」、とか「ゴチ」とか、あるキーワードが目に付くことがわかります。つまり飯とか金をにおわせる言葉ですね。これを発している10代(とくに18)は田舎から家出している女のコです。

彼女たちは基本的にスマホ片手に繁華街をでかい荷物(スーツケース)を引きずりながら真昼間から放浪しています。いざおごってくれそうな男を見つけたら軽くジャブ打つわけです。

「とりあえずおなかすいたな」、「お茶したい」、など、実はお腹ぺこぺこなんですね。ここまで聞き出することができたらとりあえずおごりましょう。

食事が重要

セックスが目的なあなたは、どうしてもレストランなどに入るのが面倒くさいかもしれません。

ここが落とし穴、食事のプロセスをはずすとセックスまで持ち込める確率は極端に下がります。なぜなら女のコの欲求には順番があるからです。

まず食欲を満たします、するとわいてくるのは性欲です。性欲は常にご飯のあと、これは覚えておきましょう。すると、一見無意味に思えるファミレスなどが重要な複線だということに気がついてきます。

もうひとつ食事のメリットがあります、それは会話ですね。みなさん、何で彼女たちは家出したのでしょうか。

それは現状に不満があったからです。現状に満足しているのに家出するコなんでどこにもいないですね。満たされないから違う場所に行きたかった、単純です。ではどうすればいいか、そう、その不満を聞いてあげればいいわけです。

食事しながらだと話もしやすいですよね。もし冬なら繁華街を一人で数時間歩き回ったかもしれません。ファミレスにさえ入れば暖かい、しかもドリンクバーもあったりして、つい心が緩んでしまいます。あなたが完全に聞くモードであればベラベラと話し始めます。本当にくだらないことで悩んでいることが多いです。まあ大体は家庭の問題、親や姉妹とうまくいっていないというものですね。それから学校がつまんない。学校からあぶれたら、居場所がないのでどっかいきたい、てなるんです。

あなたにその現実を解決するすべもなければその必要もないのですが、とにかく耳を傾けましょう。男性と女性の違いがあって、女性はしゃべるだけで解決するんです。男性は議論が好きですね。

あれやこれや言い合うのがメインです。女性はただ自分の話を自分の頭で整理しながら勝手に自己解決するんです。

実際に脳科学などの研究においても、女性は男性から真剣に話を聞いてもらっているだけで、アルファ波(リラックスしてるときに出る脳波)が出まくるんですね。リラックスするとセックスしたくなります。そういうメカニズムなので、食事をしながら話を聞いてあげるというのはセックスに持ち込むための一番の近道となるんです。

どうやって神待ち少女とアポをとるか?

もちろん出会い系なので、数ある競合(ほかの男性)の中から返信を勝ち取らなければ実際に会うことはできませんよね。

どうやってアポイントを勝ち取れば(アポれば)いいか、メッセージにもコツがあります。つまり返信をもらいやすいメッセージ作りです。

そういうと難しそうですが、実は単純なんですね。「シンプルに」です。よく援交募集掲示板や下着売買掲示板などでも見られるのですが、女のコが「ダラメシカトします」て書いてます。ダラメ=ダラダラメール、です。ダラダラくどくどとメールしてくる人は女のコにとっては面倒くさいだけなんです。返事する気がうせてしまいます。にもかかわらず男性はとかくメールが長くなりがちなんですね。どうしてかというと、嫌われたくないからです。言い訳しまくるんです。だから
結果として長くなります。

たとえば合コンなどで意気投合したコをデートに誘うとき、「○○にいいレストランがあるんだけど、△△ちゃんならきっと気に入ってくれると思って、よかったら忙しくなければ一緒にいってもらっていいですか?」

ていうメールを書く人が多いんです。気持ち悪いですよね。これなんでこんなに長たらしくなっているかというと、断られたときの言い訳をしているからです。断られたら傷つくからなんですね。煙幕をたくさん張っておいたほうが後々ダメージも小さくてすむという女々しい発想です。

これではいけません。男らしくないのですぐに見破られてしまいます。ではいい例はどういうものでしょうか。上のメールを添削する形で見ていきましょう。まず、「きっと気に入ってくれると思って」、これはダメです。

だって行きたいのはあなたでしょ? 彼女と飯行きたいのもそのレストランに行きたいのもあなたなんです。なんで彼女の気持ちにこびているのですか? あなたが行きたいと正直な思いが伝わりにくいのでこういうメールは嫌われます。彼女に選択権をゆだねているように見えるからです。

もう一つ、「よかったら忙しくなければ」これも媚びですね。理由は似ていますが、あなたが行きたいのになんで彼女の都合に必要以上におびえているんでしょう。忙しければ断るのは当然です。忙しくないよ、て返事してほしいのでしょうか。

そんなナイーブな女のコなんていませんよね。なのでここは、「○○にいいイタリアンがあるんだけど、行く?」これです。シンプルですよね。でも行くか行かないかの連絡をするだけなのでこれで十分なのです。出会い系ももちろん要領は一緒ですよ。シンプルに言い切る、断定系。これがダラメにならない秘訣です。たとえば秋葉原で神待ち募集していたら、「○時に××でどう? ご飯いこう!」以上です。

わたしも昔はダラメの常習犯で、凝ったメールを書けば書くほど引っかかると勘違いしていました。でも長くなればなるほどまったく返事が着ません。偶然返事が来たとしても、次のメールでまた長いのでやり取りが続くことはないんです。こういうことですね。

シンプル作戦に気がついてから、返信率が5倍くらいに増えました。相手が返事をしやすいということなんですね。シンプルイズベスト。

最後に

いかがですか。神待ちするには出会い系、出会い系でアポるためにはメッセージにコツが必要、これを身に着けたあなたなら、もうこわいものはありません。デートもセックスも思う存分楽しんでくださいね。

婚活サイトでセックスをするのはかなり難しい

わたしは以前、婚活サイトを利用していました。

もちろんわたしは結婚していますが、婚活サイトで女を釣りあげてセックスをしようと考えたわけです。

婚活という言葉がはやり始めたころから、結婚相談所で登録をしたり、お見合いパーティーに参加したりしていました。しかし、どちらの場合も男性にとっては、かなり費用がかさみました。

特に、結婚相談所などは、入会金や年会費などはかなりの高額になります。まとまったお金が必要になるために、登録後、1年ほどで退会することになってしまいました。その間、結局、2人の女性と出会うきっかけは作ってもらいましたが、どちらの女性も素敵な方なのでしょうが、わたしの性格とはまったく合わない方ばかりでした。

それに婚活サイトは、こちらの個人情報をかなり詳細に教えなければなりません。何回かセックスしたらヤリ捨てたいと思っているわたしにとっては不安が大きいのです。

婚活サイトよりも出会い系サイトを使う

いまは、自分に一番あっている方法が、ネットを使用しての出会いの探し方です。

安心の料金設定なのです。サイトによっては、プロフィールを見るのに、または、メールを送るたびに料金が発生するサイトもあります。そうなると、つい夢中になっていたりすると、あっという間に高額な利用料金となってしまいます。

メールだけでは、お互いのことを知るには情報のやり取りに限界があります。そのために、早い段階から出会うことを望む女性も多くいるのです。わたしは、このサイトを通じて、何人かの女性と会いましたが、みな誠実な女性でした。出会っても、すぐに恋人の関係になる人ばかりではありませんが、確実に自分の中の人脈を広げることはできます。

そういった意味でも、出会い系サイトに登録してよかったと思っています。最近の女性は、出会い系サイトなどに抵抗がないのかと思い、彼女たちに質問したことがありますが、これらのサイトは比較的女性の支持を得ているようです。

おすすめの出会い系サイト

出会い系サイトはいくつもあるのですが確率的なものでオススメのサイトがいくつかあります。

ハッピーメール

まず、若妻系のセフレを探すならハッピーメールがおすすめです。

色々なイベントもあり使いやすさ等が人気の秘密なのでしょう。

実際に、ここでの確率は他のサイトに比べると圧倒的に出会えるチャンスが高くまた、どういうわけか当たりの人妻が多いと思います。今までに会えた人妻はこのサイトだけでもゆうに20人以上で半分程は定期での希望者もおり男性サイドからすれば、これ程美味しいものはないのかもしれません。

難点を上げるとすれば、会う時間帯が昼間に集中しがちで時間調整が難しい事位でしょうか。昼間の時間がある程度自由になれば、これ程良いサイトはないと思う程のゲット感も味わえる事でしょう。

ワクワクメール

若い人妻よりも、大人の女性が好みならワクワクメールが良いと思います。30代から40代といったまさに熟女の魅力を味わえる体験をこちらのサイトで何度も経験しました。

旦那さんとの性の問題や不満、身体の欲望といった出会いに興味深い人妻が多く、メールのやり取りがスムーズなのが特徴だと思います。

早い人妻だと3回目のメールで会う約束が出来た事もありとにかくこちらとしては嬉しい早さです。

ただし、こちらではなぜかその場限りの出会いが多く継続的な方はあまりいなかったのですが割りきりや、多人数との出会いを楽しみたいのならこのサイトは最高にいいと感じます。

女性が積極的であり、若い人妻にはない魅力と圧倒されるテクニックで病みつきになってしまう。そんな人妻さんが多いので、攻められるのが好きで熟女のテクニックを味わいたい男性ならば迷わずここのサイトでしょう。

それでは、出会う確率をあげる方法なのですがどちらもある程度共通していますので参考にして下さい。

3回ほどメールでやり取りをしたら自分の性欲の不満、妻や彼女が相手をしてくれない等と具体的に伝える事で、相手の人妻も不満を言ってくるパターンが多いです。

不満を言って来たら、後はもう会う時間を調整するだけですし楽しむだけになります。

それでも、中にはドタキャン等の場合もたまにあるので、午後に一人の人妻と約束し夜にも一人と約束する等すると安心ですし効率的だと思います。

若い人妻は昼間に、熟女系は夜としておくのがパターン的には最良でしょう。

その他のサイトもあるのですが統計的にみて、この2サイトでの出会える確率はかなり高いと言えます。

どちらのサイトもサクラがいなくて、メールも楽しめて実際の出会いにスムーズに行けたのがこの2サイトでした。

使い分けも出来、今はこれ以外は使っていませんが簡単に人妻出会えたサイトですので誰でも楽しい人妻との甘い時間を過ごせる事でしょう。

メールテクニック

出会い系サイトを利用して、巷の淑女や熟女を口説くにはそれなりのテクニックが必要です。

出会い系サイト上で使用するメールテクニックについて書かせて頂きます。

人間誰しも、初めて知り合う人の性格や人柄を知るには、ある程度の時間というものが必要です。直接会った時の外見的な第一印象に始まり、話している時の喋り方、言葉の選び方、仕草、気の遣い方などを通して、相手の人となりを理解し、内面的なものが見えるようになってくるものなのです。

基本的には、出会い系サイトを通じた出会いでも、同じようにして相手のことを理解できればいいのですが、家族や恋人や友達などと日常やり取りするメールテクニックを、そのまま出会い系サイト上で使うことはできません。なぜなら、出会い系サイト上でやり取りする人は、あなたのことをまだ知らない全くの他人だからです。

つまり、未だ会ったことのない女性との出会いを、絶妙のメールテクニックで勝ち取らなければならないのです。このようなことを書くと、相手の女性と何か狡猾な駆け引きをしなければならないのかと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、そのようなものは全く必要ありません。

下手な駆け引きをする暇があったら、自分の正直な気持ちを見栄や虚勢を張らずに素直に伝えることに徹した方が得策だと思います。

あなたの顔も名前も知らない赤の他人である女性から、いきなりあなたの気持ちに揺さぶりを掛けるような内容のメールが届いたら、どういう気持ちになりますか。面倒臭く感じますよね。又、逆も真なりです。

要するに、変な駆け引きをすることはマイナスにこそなれ、決してプラスになることはないということです。

それよりも、相手の気持ちを慮りながら、気持ちのこもったメールをすることが成功への秘訣なのです。

外見上の印象よりも自分の中身だけで勝負ができる分、日常的な生活で中身を知ってもらう前に厳しい判断を下されてしまっている男性の方にとっては、サイト上でのメールのやり取りの方が有利に働くのではないでしょうか。

とにかく、できるだけ相手への思い遣りを持ってメールを送るようにして下さい。決して姑息な駆け引きをするべきではありません。

出会い系サイト上では、外見より中身なのです。裸の自分を自分の言葉で正直に伝えることが一番なのです。それが、未だ見ぬ素敵な女性との出会いを導く秘訣なのです。

お分かりになって頂けたでしょうか。
上記のことを参考に、より一層のハッピーな出会いを求めて下さい。