高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得「出会い系サイト」というと、不倫相手やセフレを希望する人達が利用するものと思いがちですが、すべてがそうではありません。

仕事を退職したり、離婚や死別によって配偶者を亡くしたり、孤独になりがちな高齢者が、社会とつながりを持つ場所でもあるのです。

しかし、そこでだまされてしまう高齢者も少なくありません。

高齢者がだまされることなく、安全に「出会い系サイト」を利用するための注意点をご紹介します。

1.高齢者が出会い系サイトを利用するメリット

出会い系サイトは、若者や中年男女のものだけではありません。

60代70代の高齢者にとっても、出会いのチャンスがある場所です。

社会的に孤独になりがちな高齢者にとって「出会い系サイト」は、次のようなメリットがあります。

新しい異性の友達ができる

仕事やご近所、親類関係などの人づき合いではなく、まったく新しい異性の友達を作ることができます。

出会い系サイトでは、名前や年齢のほか、趣味や休日の過ごし方など、さまざまな情報を記載したプロフィールを作成します。

自分と近い年齢の相手や、趣味や話が合う人を見つけ、メールでやり取りしたり、実際に会うこともでき、孤独になりがちな生活に変化をもたらします。

恋心で若返る

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得いくつになっても、男性は女性に、女性は男性に恋心を抱きます。

昔好きだった女性に面影が似ている人や、初恋の人と同じ名前の人など、はじめはそんなことかもしれませんが、話をしたり、一緒に過ごす時間の中で、久しぶりに恋心が芽生えるかもしれません。

男性も女性も「好きな人」がいることが、生活に張り合いをもたらします。

高齢者であっても、心は一気に20代に若返ることでしょう。

性欲が満たされる

高齢者にも性欲はあります。特に男性の性欲は生涯衰えることはないと言います。

女性も夫との子作り前提としたものではないSEXに、新鮮な喜びを感じる人もいます。

欧米にも高齢者の「出会い系サイト」があり、そこで出会った男女がSEXライフを楽しんでいます。

SEXで性欲が満たされると、自律神経のバランスが整い、健康増進の効果も期待できます。

2.高齢者がなぜだまされてしまうのか

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者が出会い系サイトを利用することにはメリットがある一方、大きなデメリットもあります。

それは、「だまされてしまうかも」ということです。

出会い系サイトだけでなく、高齢者が詐欺の被害にあってしまう話はよく耳にします。

なぜ高齢者はだまされてしまうのでしょうか?

だまされていることに気がつかない

若者に比べて高齢者は、情報を集めたり、その情報を分析し真偽を見極める力が衰えています。特にネットにはそれらしい情報があふれており、自分の考えだけで判断しきれなくなります。

そこで、知り合いや専門家らしき人がおすすめする情報を疑うことなく信じ、「○○さんがすすめてくれたから」と、本当はだまされていることにすら気づかないで過ごしてしまいます。

だまされていることを認めることができない

また、うっすらと「アレ?おかしいな、もしかして……」と思っても、「いや、そんなことはない」と自らの心を否定してしまいます。

この傾向は、現役時代に大きな判断を下してきた人に特に多くみられ、「まさか、このわたしがだまされるはずがない」と思ってしまいます。

さらに高齢者は、人に対して義理を感じやすく、よく知らない人であっても「自分にいい情報を与えてくれた」ということだけで、義理を感じてしまいます。

やがて「この人のために何かしてあげたい」と思うようになり、勧められるがままにお金を支払ってしまうことも珍しくありません。

「出会い系でだまされた」とは、相談しにくい

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者の詐欺被害は多く報道されていますが、その多くは「高齢者の善意」や「律義さ」に付け込んだものです。

子供や孫のためにしたことが、実は「オレオレ詐欺」であったり、役所への届け出のつもりが「還付金詐欺」であったりします。

こうした詐欺被害は、高齢者が「しまった!だまされた!」と気づいた時点で、誰かに相談しやすいものですが、出会い系サイトの場合はどうでしょう。

「出会い系サイト」で知り合った女性にお金をだまし取られたことや、特別な情報目当てに法外な料金を請求されてしまったことなどを相談したくても、「えっ!? 出会い系? その歳でナニやってんの!?」と言われてしまうことを恐れ、誰にも相談できないのではないでしょうか。

だます側は、こうした高齢者の特性をよく理解していると知っておきましょう。

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得まとめ

高齢者は「だまされるかもしれない」という心構えを持っておくことが必要です。

しかし、あまりも疑い過ぎてはせっかくのチャンスを不意にしてしまうかもしれません。

高齢者が安全に楽しく出会い系サイトを利用するためには、公開されている情報量の多い、大手の出会系サイトを活用することをおすすめします。

また、いかがわしいサイトでなければ、周囲の人に相談することをためらう必要もありません。

高齢者のみなさんも、出会い系サイトを賢く利用し、いつまでも若々しく過ごしましょう。

出会った相手が人妻だった!?危険回避の方法とトラブル防止のポイント

オジサンになると、仕事が忙しい、プライベートで女性と知り合う機会がないなど、出会いにとって厳しい状況になります。

そう考えているのであれば、インターネットを使った出会い系サイトは異性との良い出会いの場になります。

特別な入会金は必要ありませんし、登録されている会員数が多いので、条件に合う相手さえ見つけられてお互いに意気投合すればれれば、親密な関係に一気にGO!
そんな手軽さがあるのが出会い系サイトの良いトコロなのですが、そんな浮き立つ男性諸氏に注意をひとつしておきましょう。

あなたは、出会い系サイトなどには自分の結婚生活に不満を持つ「人妻」が相当数混じっているってことを理解していますか?

人妻は「人妻専門」というサイトがあるくらい女性側の需要が高いのですが、「イヤ、俺は人妻と付き合う気なんかないから」と普通の出会い系サイトに登録したつもりでも、「普通の恋愛がしたいの」なんて軽く考えている人妻が身分を偽って登録しているケースがあるんです。若い女の子狙いでも、この危険はつきまといます。20代前半の不倫希望の若妻ってたくさんいますからね。

出会った相手が人妻であっても、割り切ったお付き合いができるならそれも良しなのでしょうが、それにしても人妻との出会いは男性にとって大きな危険を招きかねないことであることに変わりはありません!

今回は出会った相手が人妻であった場合の危険性や、トラブル防止のポイントなどについてご紹介していきます。

人妻との出会いはこんなに危険!

そもそも、なぜ人妻との出会いが危険なのでしょうか?

言わずもがなですね。それは「不倫」になってしまうからです。

一言に出会い系サイトといっても、真面目な婚活を目的とするものから、アダルトな関係を求めるものとさまざまなのですが、どれも異性を求める男女が出会うきっかけを作り、それ以上の関係に発展させることを目的としています。

いくら、「イヤ、俺は出会いが欲しいだけで、恋愛をしたいんじゃないから」なんていっても、異性を求める男女が出会ってお互いを気に入れば何らかの感情が生まれてしまうものですし、ましてや体の関係をもってしまえば、不倫であることの言い逃れはできません。

これは、相手がはっきり自分が人妻であるということを言っていなかった場合でも同じです。

「俺、人妻だなんて知らなかったんだよ!」といっても、責任は回避できません。

人妻であるということは、結婚をしている相手がいるということなので、人妻と出会って何らかの関係を持てば、当然「家庭を壊された」ということで、あなたにも損害賠償などの責任がのしかかります。

なかには、「今までバレなかったから、大丈夫」とか、「何とかごまかせるさ」なんて軽く考えて人妻との出会いを楽しむ男性もいますが、これは大きな間違いです。

最近は自分の妻の行動を怪しんで、探偵事務所などのプロに浮気調査を依頼する男性が増えていて、プロにかかれば人妻との付き合いが暴露されるのはアッという間です。しかもプロはホテルに入るところの写真など、確実な証拠をつかんできます。

まあ、浮気調査を依頼する探偵を探すくらいなら、自分の妻を満足させてやれよ!という思いがなきにしもあらずですが、人妻との出会いはそれが現実です。

膨大な損害賠償金のリスクだけでなく、社会的制裁を受けるリスクなどもありますので、出会い系サイトを利用する場合には、相手が人妻ではないかどうか、しっかりチェックをしておきましょう。

人妻との出会いとトラブル防止のポイント

人妻との危険な出会いによるリスクを避けるためには、まず人妻とは出会わないことを心掛けることが大事です。

「人妻専門」サイトなんてものは言語同断ですので、自ら危険を味わいたいマニアックな趣味がないかぎり、登録やはめましょう。

一般的な出会いのサイトに紛れ込んでいる人妻の特徴としては、次のようなものがあげられます。

  • 平日の昼間しか会おうとしない
  • こちらからの電話に出ないことが多い
  • 仕事はしていないのに羽振りが良い
  • 体の関係をすぐに求めてくる
  • 外デートを嫌がる
  • いうことがコロコロと変わる

出会い系サイトで条件に合った女性を見つけてコンタクトを始めた場合には、決してすぐに体の関係を持ってはいけません。一度でも人妻と関係をもってしまえば、危険を回避することは100%できなくなります。

出会い系の女性と意気投合した場合には、まずは数回様子見でお互いを知る機会を設けて、その女性が人妻である可能性があるかどうか、しっかりチェックをしましょう。
それでも人妻と出会ってしまった場合には、早めに、キレイに別れることが大事です。

自分が人妻であることを隠して出会い系で遊んでいる女性は、「今の結婚生活が壊れてもいい」とは思っていても、「今の結婚生活を壊したい」とは望んでいません。

だからこそ、出会い系で遊んでいたことがバレてしまったときに、責任を相手の男性に押し付けてきたり、「相手に関係を強要された」とレイプまがいの責任を押し付けてくる可能性が高いのです。

なかには別れ話を持ちかけた途端に、「旦那にバラしちゃおうかな」なんてわが身を顧みない人妻もいます。

男性の中には、「人妻は包容力があって、男性に優しい」なんて夢を描く人もいますが、そもそも生計を共にする男性を袖にしている女性に優しいも何もありませんし、出会いで遊ぶ人妻にまともなモラルを期待することはできません。

出会い系では人妻に出会わないように注意することと、出会ってしまった人妻は怒らせずに速やかに関係を解消することを、しっかり肝に銘じておきましょう。

中高年・熟年の出会い系サイト利用率はどんどん高まり出会いは簡単になっていくという未来予測

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪を引く」なんて言われた時代があったそうです。

風邪も流行みたいなものですが、かくも日本はアメリカの影響を受けやすい、受けざるを得ない国だと言うことですね。それは今も変わっていないのではないでしょうか。

アメリカの中高年・熟年のあいだで出会い系サイトがブームに

Newsweek日本語版によると現在、アメリカで出会い系サイトがブームになっているそうです。

とりわけ中高年・熟年において、利用者がものすごいスピードで増えていて、中でも主役はベビーブーマーなのだと言います。アメリカのベビーブーマー世代というと、年齢的に50代前半から60代後半、70歳くらいまでです。

その世代に限って見ると、実に10人に1人の割で、出会い系サイトを使っていて、皆さんお相手探しに余念がないそうです。

この世代に、これだけ出会い系サイトが受け入れられている背景には、未婚、離婚、死別などで、独身率(3人に1人の割合)の高いことが上げられていますが、それは日本でも同じですね。

それと見逃せないのが、若い世代に比べれば多少出遅れ感を伴いながらも、SNS利用率が5割を越える高水準にあることも要因のようです。ちなみに、日本の50代のSNS利用率も45%ですから、環境は似ています。

また、この世代の若い頃にはまだ、インターネットはおろか PC も普及していませんが、ロックミュージックに夢中になったり、危険ドラッグに関心を持ってみたり、何よりセックスを楽しんでいた世代になるそうです。何事につけ好奇心が旺盛な世代だったわけですね。

出会い系サイトを始めるにはまず、インターネット接続環境がなくてはなりませんが、それだけが整っていても、好奇心がなければこの世界に足を踏み入れることはないでしょう。年齢の高低よりも、好奇心こそが決め手になります。

中高年もデートをしたいから出会い系サイトを使う

それに、この年代に達していようと、異性とデートをしたい気持ちは、若い人と何も変わらないようです。とはいっても、若い頃のように、酒場で簡単に異性を誘える年ではないのも事実です。

そこで、ゆっくりとしたペースで、しかもこっそり異性を探せる出会い系サイトに、魅力を感じるかたが多いのだろうと分析されています。

異性との出会い以前に、異性を探せる出会い系サイトという存在それ自体に可能性を見出し、大きな魅力を感じているようなのです。このあたりの感覚は、出会い系サイトで異性と出会えた喜びに、洋の東西も、年代の違いもないのだろうなと思えますね。

もちろん、シビアに現実を見るアメリカ人。その上、それなりの人生経験を踏んで来ている世代であるだけに、出会い系サイトを利用することのデメリットもまた、しっかりとらえているようです。

例えば、他の出会い方に比べ危険性が高いだとか、選択肢が多い分1人の相手に落ち着きにくくなる、出会い系サイトを使っている人は必死な感じがする、といった見方に同意を示すそうです。

出会い系はシルバーセックス問題解決の切り札にもなる

日本はすでに高齢化社会を迎えていますが、高齢化を迎えつつあった時期、シルバーセックスが社会問題化したことがありました。

結局、この問題は解決を見ないまま、議論をされただけで終わってしまい、現実に高齢化社会に突入しているわけですから、当の高齢者にとっては切実な問題として今も満たされない状況にあるのは目に見えています。

要するに年をとっても人間はデートもしたければ、セックスもしたいわけですね。実際に出来るかどうかは別にしても、したい気持ちは消えないということだと思います。

しかし、アダルトビデオのネタとしてならともかく、介護保険の範疇で派遣される介護士さんが、この欲求にダイレクトに応えてくれるとは思えませんし、デイサービスで出向いた施設で高齢者同士出会いがあるにしても、限界もあるような気がします。

もしも日本の高齢者がアメリカの中高年のように、デート相手を探し出すために出会い系サイトを使い出せば、出会い系の出会いには基本的にセックスが伴うわけですから、シルバーセックス問題は一気に解決を見るのではないでしょうか。

いずれにしても日本でも、早晩中高年が出会い系サイトに大挙して押し寄せて来るのは時間の問題であるような気がします。さらに、シルバー世代さえも、デバイス操作の問題さえ解消すれば、かなりの利用者が見込まれるのではないでしょうか。

熟女好きにも婆専にもムフフな状況に?

そうなると当然、出会い系サイトは今とは違う様相を呈してくることも考えられます。今も続く熟女ブームですが、出会い系サイトといえども若年世代に比べれば登録者数にタマ不足感があることは否めません。

アメリカのように、日本の中高年が出会い系サイトに流れ込むようになれば、中高年・熟年世代のわれわれにとっては出会いはいっそう簡単になっていきますね。

また、熟女好きにとっては願ってもない状況が生まれます。婆専の方にとってもやれる機会は確実に増えていきますね。

ネットの動きは早いですから、大いに期待をして(準備をして)待っていてもよいのではないでしょうか。

Newsweekが出会い系サイトを正面から取り上げ出した状況は、変化の兆しがそこまで来ていることを感じさせます。

サクラを見分けるには仕組みを知る事が大事です

みなさん、出会い系サイトを使うときはできるだけ安く済ませたいですよね?

そのためには、サクラを見分けて、本物の若い女の子とメールをしなければなりません。

さて、サクラを見わけるには、彼らがどうやって利益を得ているのか? というところを考えることが大切なのです。

本日は、サクラがどうやって利益を得ているのか、そしてどうやって回避すればいいのかというお話をさせていただきます。

サクラのしくみ

サクラはどうやって利益を得ているのか。

これは単純な話で、利用者に手持ちのポイントを使わせ課金させれば良いのです。大抵のサイトは初回登録時はボーナスポイントを持った状態でスタートします。まずは、これを使い切るように仕掛けていきます。

サクラの起こすアクションは2つあり、「アタック」「レシーブ」というものになります。アタックはサクラ側から先にメッセージを送り、相手にコミュニケーションを取るというアクションとなります。レシーブは利用者から送られてきたメッセージを受け、返信していく形を言います。

収益に繋がるのはこのレシーブしている状態の時であり、アタックした場合は相手から返信が無い限り収益は発生しません。サクラ側から見た理想的な形は、「レシーブ>アタック」このような図式なのです。

単純に考えればアタックのみをし続け、レシーブを受ければ収益に繋がるわけですから会員全てにアタックを仕掛ければ良いと考えますが、長期的な収益を考えるとアタックが多すぎるサイトはサクラが多いと利用者側にはすぐにバレてしまうのです。

利用者もバカではありません、コミュニティーを持ち、サイトを評価しています。つまり、サクラはいないと利用者に思わせるには常にレシーブの状態である事が理想的なのです。

サクラの見分けかた

この仕組みを理解していればサクラを見分ける事は簡単になってきます。相手はポイントを奪いに来ているので、会話を長引かせようとしてきます。これを逆手に取り、会話の中に返信出来る質問キーワードを複数盛り込むのです。

この質問キーワードに対し、何かと理由をつけ回答を小出しにしてくる返信者はサクラの可能性が高いです。サクラはポイントを使わせた後、補充の為の課金をして欲しいわけですから飽きさせないよう別の話題に切り替えたりで、なかなか利用者が会話の主導権を握れない場合が多いです。

しっかりと質問した事に答え、利用者が会話の主導権を握れているかを判断する事が本物にたどり着く道です。課金履歴が多い利用者は特に注意して会話内容を追うようにしましょう。

やたらとエッチな会話へ誘導しようとする女性にも注意です。まだサイトを始めたばかりの利用者の興奮する気持ちを利用する手段です。

登録して間もない期間で飛んでくる女性からのメッセージは十中八九サクラです。相手にしないほうが吉でしょう。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺をご存知ですか? サクラ以上に悪徳な業者の詐欺行為です。

登録完了ボタンを押すと、大きな文字で「ご登録ありがとうございます」と表示され、勝手に料金を表示して課金されるという仕組み。

ワンクリック詐欺の請求ですが、日時と貴方のパソコン情報、パソコン機種、プロバイダー、が記載され○○迄に振込みを完了して下さいと、脅迫じみたものです。

しかも振込みがない場合は連絡しますと追記してありますので、恐怖感を煽ります。

まず個人情報保護法がある近年、パソコン機種やプロバイダーが分かったぐらいで連絡先が分かるわけがありませんので、完全無視でもOKです。

規約があった場合でも、料金が発生するサイトは必ず注意書き・確認ページを設置する義務が法律であります。設置がされていない場合は法律違反なので、一切払う必要がないという事を忘れないで下さい。

出会い系サイトの「収益の仕組み」を理解して、素敵な出会いをゲットしてください。