出会い系サイトの掲示板を利用する際の心得!

出会い系サイトの大人の出会い掲示板は、その名の通り大人のお付き合いを求める男女の集まりです。

そんな大人の出会い掲示板には既婚者なども多く含まれており、昼間に会うことが可能な専業主婦、昼に時間の取りやすい自営業の方、彼氏彼女がいる方など幅広い層の方がいらっしゃいます。そんな大人の出会い掲示板には出会える可能性がいっぱいです。その分、注意しなくてはいけないこともあります。

一風変わった趣味を持つ集まり

変わった趣味を持つ方、そしてその仲間を探している方も多くいらっしゃいます。そういう方は、趣味の共有をしたいと思い書き込みをされています。ある意味真面目なんですね。興味本位でメールをするのもいいですが、冷やかしなどをしないで自分には関係がないと思えばスルーをしてしまえばいいでしょう。もしかしたら、新しい趣味が開花するチャンスかもしれませんね。

大人の付き合いだからこそモラルを忘れない

例えば、既婚者同士の出会いであれば、お互いの秘密を守ることが大前提になるでしょう。そういった義務は暗黙のルールなのです。相手への連絡の時間、昼間がOKなのか夜がOKなのか、「点で繋がる」ということを心がけることが大切です。

何より最低限の相手の情報のみを知ることがとても大切です。家はなんとなく教え合う、待ち合わせは一駅遠くにする、こんな簡単なことをと思われるかもしれませんが、意外にこれが守れない人が多いんですね。トラブル回避の為にも最低限のモラルを守りましょう。

既婚×未婚は厄介なケースもある

アラフィフ既婚男性ならば、ここに一番注意が必要ですね。

一番大人の付き合いでもめ事になりやすいケースがこのパターンです。既婚者と未婚者ですね。大人のお付き合いには適度な距離感が欠かせません。しかし、配慮できない男女が多いんですね。既婚者でも同じです。未婚の異性を弄ぶようなことはマナー違反ですね。

気持ちが高ぶってしまうことは仕方ありませんが、両者とも遊びとわきまえるポイントを見失ってはいけません。気持ちを暴走させないようにコントロールするのも、大人の付き合いのルールです。

当たり前のことですが、家庭のある異性に本気になってしまった時点で、一息入れましょう。出会い系は出会いを楽しむところであり、修羅場と科す場所ではありません。

スリルやバーチャルを楽しむところとして、アダルト掲示板を利用するのはとてもいいことですが、一線を超えてしまうと自分を縛ってしまいます。本気の恋愛にはそれ相応の掲示板があります。出会い系を利用する心得として知っておきましょう。

若い娘に嫌われてしまうオジサンの勘違い行動6つ

若い女の子とオジサンカップル……ぶっちゃけ、出会い系サイトだから叶うこと。

職場では毛嫌いされるし、この年齢でナンパも情けない!

だからこそ、せっかく出会い系で若い娘をゲットしたら長くつなぎ止めないと!

オジサンがやりがちな勘違い行動を知り、若い娘に嫌われないように気をつけましょう。

好かれるための行動が…実は嫌われてしまう?!

一時は 年下男性と年上女性のブームもあったものの、やはり若ければ若い女性ほど、年上の男性との恋愛に憧れを抱くことが多い!

人生経験豊富で包容力があって、もちろんその経済力も年下にはない魅力として大きな武器になってくれます。

ただし…せっかくの、オジサンの魅力。それを打ち消して、オジサンのウザさを出すのは避けたいところ。

実は、若い娘を喜ばせたいと思っての行動が、相手から嫌われる原因になることがあります

本日は、若い娘に嫌われてしまうオジサンの勘違い行動6つを紹介します。

1.ファッションやトレンドに敏感

若い世代のファッションや流行には、なんとしてでも乗っかっておきたいところ。

  • 「えっ知らないの?ダサッ(笑)」
  • 「もうそれ、古いんだけど……」
  • 「これだけ流行ってるのに、知らないの?」

なんて言われたら、大ショック。

どうせなら、あまりの詳しさに驚く笑顔の表情を見たいと思う男性は多いです。

ですが、あまりにファッションやトレンドに敏感なのは、喜ぶどころかドン引き……。年下女性が唯一自慢できる「わたしが教えてあげる感」を奪ってしまうのは、嫌われる原因です。

「なにそれ知らない!教えてよ!」

と、相手の女性に質問するくらいの無知っぷりが好感触。オジサンはあくまでもオジサンらしくしていきましょう。

2.Hを頑張りすぎる

若い男に負けていられないのが、セックス。回数は勝てないにしても、出来る限り時間をかけてネットリ楽しみたいところ。

いずれにせよ、サプリやドリンクを飲んで、コンディションを整えている男性は少なくありません。

とは言え、若い娘にしてみれば、若い男性とオジサンとのセックスをまったく同じに見ていません。年上男性特有のゆとりのあるセックスができればそれでいいのです。

ガツガツしておらず、女性の快楽を優先してくれる年上男性のセックス。時に中折しても、逆切れや慌てること無く余裕の行動。

そんな淡い妄想を抱くのが女心なので、頑張りすぎるHは残念ながら喜ばれません。

3.旅行や豪華な食事をご馳走する

「これならどうだ!金ならあるぞ!」と鼻息荒く、若い娘に貢いでいる男性。デート代やホテル代を払うのは当たり前として、

客室露天風呂付き宿の旅館、最上階のスイートルーム、芸能人も御用達のレストラン……。

けして若い女の子では行けない、夢の様なイベントを提供して喜ぶ顔を見せたいと思っている男性。実は、残念ながらこれだけお金を注いでも意外にリアクションはイマイチ……。

それもそのはず、せっかくのイベントも所詮、出会い系で知り合った男性との思い出。友達に話したりSNSで自慢したり、周りに話すことができないので、まったくプラスにならないのです。

男女のギャップが一番大きく出てしまう、お金の使い方はぜひ覚えておきましょう。

4.モテないアピールをする

また、若い娘とのHはもちろんですが、キラキラと眩しく話す最近のエピソードは失ってしまったあの日の自分を見ているようで、悲しくもあり楽しくもあり…といった感じ。

つい、そのギャップから「俺はモテないからなー」「全然ダメだよ」なんて口にしていませんか?

謙遜や相手を立てるつもりのモテないアピールも、若い娘にしてみたらまったく喜べないどころか、つまらない男と思われることも?!

若い娘が抱く憧れのオジサンは、あくまでも格好良くてモテるオジサン。自ら「モテない」と言う男性は、変化球のアピールにならず見過ごされてしまいます。

5.「若さ」を褒める

同じく気をつけたいのが、簡単に喜ばせる方法として使いがちな「若さを褒める」やり方。

圧倒的な違いを魅せつけられる若さは、自分が失ったからこそ最大の武器とわかるもの。
つい若い娘を前に、本気で若さを褒めたくなる気持ちも理解できます。

ただし、若い娘にしてみれば、友達や同期の子など周りは同年代で同じく「若さ」を持っている人たちばかり。

いくらその素晴らしさを伝えても「わたしだからこその魅力はないの?」と感じてしまいます。喜ばせるつもりが、どんどん相手のテンションを下げてしまうNGフレーズ。

無意識に口にしている男性も多いかもしれませんが、気をつけるのが吉です。

6.仕事のアドバイスをする

そして、オジサンだからこそ培った豊富な人生経験。それを活かして若い娘を喜ばせてあげたいからと、仕事の相談を真摯に受け止めていませんか?

半分自慢も入ってくる仕事のまっとうなアドバイス。残念ですが、その正論は若い娘とのデートでは必要ありません。

喜ぶ顔が見れるどころか、睨まれたりする恐れも!

女性は男性と違い、答えでなく共感、共有がもっとも話の中で大切な部分。もちろん女性の考え方に年齢は関係なく、若い娘だって同様です。

語り始めた仕事の愚痴は、相談ではなくあくまでも愚痴。

適度にうなずいて「それは辛いね」「僕もそう思う」と、共感をしてあげましょう。
それが、若い娘にとって本当に喜ばれるリアクションです。

オジサンだからこその魅力を潰さないのが大事

意外に若い娘から人気を集めているオジサン。

やっぱりその魅力は大人の余裕や包容力、時折見せるギャップの幼さ。このような憧れにも似たイメージを抱いている女性は多いでしょう。

せっかくの魅力を潰さずに、本当の大人の魅力で喜ばせてあげるのが賢明です。

不倫の思い出「セフレを作るならまず予算決め」

わたしが不倫セフレ作りに目覚めたのはもう20年前です。

長男の出産に妻が実家へ戻ったのをいいことに、女遊びをしたいと思い立ちました。

もちろん中年オヤジとしては浮気→離婚→慰謝料などのリスクは負いたくないので、いわゆる「割り切り系の遊び」に走ります。

当時の出会いメディア筆頭は何と言っても「テレクラ」。

実際イイ思いをした同年代の友人の話も多々聞いており、直ぐに突撃した。新宿・渋谷といった大繁華街は避け、五○田、西国○寺、京浜東北線K 田や○崎などのお店を主に拠点としました。平日仕事終わり(7時ぐらいから)2~3時間程度。確か5000円(時間内の店への戻りOK)ぐらいだったと思うけど、それなりの成果はありました。(半年で5人ぐらいはホテルに持ち込めたと思う)。

但し、うまくGETできない場合夜11時ぐらいまでいることもあり、その時点でアポが取れても終電時間まで時間がなく、気づくと会えないまま1週間で2万~3万近く使っていたり。決して効率が良かったとは言いがたいですね。

もちろんヒヤヒヤしたことも次に使ったのが伝言ダイヤル。携帯電話のメニューにあった番組を試した。BOX型でメッセージを入れてヤリトリ。幾分 面倒くささはあったものの、複数の女性へのアプローチが可能だったので、結構ヤリトリができ、過去最高の女(N子)に出会えたのも事実。

但し、ある時携帯の請求書で音声通話料金が3万を越え、何に使っているのか妻に聞かれたことがありヒヤヒヤしたことがあります。(地方の仕事のお客様とやりとりしているで誤魔化した)。

予算を決めて、その範囲内で楽しむ不倫とはいえ金がかかるのは事実。そこである時期から、ある程度の出費枠を自分で設け、その範囲で楽しむことを 常としています。2万は、月々家に入れるお金を1万過少申告して浮いた分+賞与時の自分の取り分5%を貯蓄した中から出る月の活動費です。

ところが、最近は、出会い系サイトで、それほどお金がかからずバンバン出会えちゃう。ほんとうに夢のような時代が来たものですね。

わたしはアラフィフで夜勤で単身赴任なので不倫が簡単です

わたしはアラフィフで夜勤で単身赴任なのです。

夜勤であれば、平日日中に他の女性と会っていても、妻と子供は仕事と学校に行っているのでまず連絡が来たり遭遇することはありません。交替制勤務なら最適です。交替制勤務とは日勤専任者と夜勤専任者が交代するのではなく、一人の人間が日勤と夜勤を繰り返す勤務形態です。

365日操業なので、曜日も関係なく、シフト表にしたがって日勤の日と夜勤の日と休みの日があります。単身赴任で自宅から遠い地なので更に安全です。単身赴任で交替制だと完全に自由です。家族には自分が今日仕事か休みか全く把握できなくなります。定期的に子供への夜の電話を欠かさずにして、自分が決めた日取りでちょくちょく帰省すれば疑われません。妻にシフト表を家に置いて行けと言われたら、シフトは直前まで出ないしよく変更になると言っておけばOKです。

わたしが勤めているのは、半導体メーカーの量産工場です。人件費よりも設備価格が高いから生産設備を遊ばせないために24時間操業します。つまり夜勤が発生します。多くの会社は前述の交替制勤務です。そして生産量に応じては本人の希望はお構いなしに社内の別工場に異動させられる。これで単身赴任。更に家賃会社負担でアパート1室確保です。

さらに嬉しいのは、生産量の浮き沈みが激しいので増産の時には派遣社員で補おうとすること。女性社員で夜勤をする人はいません。でも派遣社員の若い女の子は夜勤に入ります。派遣社員といっても大手派遣会社に登録していて県外から来る子が多いからやっぱり一人暮らしでお互い自由が利きます。そしてお互いさみしいです。さみしいから相手してくれるし、女の子にとってもこっちは所詮さみしいときの暇つぶし相手だから奥さんにばらすとか言いません。セフレ相手には最適ですね。

おじさんが若い女の子との会話で犯してしまうもっとも大きな間違い

おじさんが若い女の子との会話で犯してしまうもっとも大きな間違いは、「俺なんておじさんだからさぁ」と言ってしまうことです。

一見、これは謙虚で身の程をわきまえた人間の発したセリフのように思えます。

しかし、実際は、「おじさんだからおじさんのような振る舞いをしても許して欲しい」だの「おじさんなのに若く見えるという効果をねらっていたり」だのという非常に卑怯なものいいなのです。

つまり、このセリフは自分が楽になるために発しているのです。あるいは、自分が得をするために、発しているのです。

逆を考えてみてください。

「わたしなんて37歳だから、もう結婚なんてできないよねー」と言っているおばさんがいたらどう思いますか?

いちおう「そんなことないですよー」と心にもないことを言いますが、はっきりいって、そんなことどうでもいいし、そんなくそばばあは消えてなくなればいいし、ニフラムニフラムと何度でも唱えたい気持ちでいっぱいですよね。

彼女はそれをいうことで、自分が楽な気持ちになるいっぽうで、こちらを不快にしていることに気づいていない。

それどころか、自分は聞き分けが良くて素直な女だと思っている。

オジサンやオバサンの自虐ほど、若い女の子が聞いていて不快になる発言はほかにありません。

みなさまは、けっしてこのような無自覚な迷惑を撒き散らすような行為はお控えください。