40代からは5歳サバをよんで夜に会う

40代からは5歳サバをよんで夜に会う中高年の出会い系利用では、ちょっとした裏技を知っておくと、成功率がぐっと高くなります。

中高年出会い系利用必殺のテクニックを、かいつまんでご紹介いたします。

写真は必須だが顔はごまかせる

中高年になってから出会い系を利用する場合はどうしても、プロフィールに写真を載せるかどうか、迷う方も多いと思います。

自分では若いつもりでも、若い頃のような容色は望むべくもありませんから、鏡に映る自分の顔と相談をして、写真掲載を控えてしまう中高年ユーザーも少なくありません。

しかし、出会い系で成功率を高めたければ、写真は必須だと考えてください。顔は二の次と言っているような女性でも実際は、写真を載せていないプロフィールだと、チェックさえしないでスルーする可能性が高いからです。

そこで、写真を載せることをためらわれている方にお勧めしたい裏技は、画像系アプリを用いて、ご自身の写真を適度に加工して、プロフィールに載せる方法です。

加工に用いるソフトは、フォトショップのように高価で高機能なアプリである必要はありません。

スマホアプリで十分なのです。

40代からは5歳サバをよんで夜に会う

以下は、写真修正アプリ紹介サイトへのリンクです。

写真を修正する おすすめアプリランキング | iPhoneアプリ -Appliv

加工の目的は、写真を生で出す恥ずかしさを抑えることと、スルーされるリスクを減ずることですが、過度には行いません。

原形が分からなくなるほど加工すれば、むしろ似顔絵にした方がいいくらいですから、相手の顔を知りたいと言うニーズを満たしならやりすぎには注意しつつ見映えをよくすることを心がけて作業を行ってください。

年が気になるならサバをよむ 5歳くらい若くしても問題はない

普段顔を合わせている近所の人でも、聞かなければ正確な年齢は分からないものです。実際に顔を合わせている人でさえそうなのですから、ネットで知り合った人の年齢はさらに分からないものです。

ですから、5歳程度サバをよんでも全く問題ありません。

中高年の方は年齢コンプレックスの裏返しとして、「自分はもう○○歳のオッサンです」といった自己紹介をされたりしますが、多くの女性はこれに奇異を感じています。

年齢に奇異を感じるのではなく、自らをオッサンだと卑下する気持ちが理解できないようです。つまりこれをすると女性に持てません。

卑下をするならサバをよんで若返る方がネットでは持てます。実年齢が49歳でも、ネット上では44歳で通しても許容範囲です。

ただこの際、気をつけなくてはならないのは、嘘はつまらないところでバレますから、実際が昭和42年生まれであれば、徹底して昭和47年生まれになり切る必要があることです。

これが出来るとネットでは、5歳くらい簡単に若返れます。すると実生活でも気持ちが若くなります。だから出会い系サイトで知り合った女性と実際に会った時も問題なく付き合えるわけです。

出会い系では、年齢コンプレックスなど持つことなく、サバをよんで攻めた方が勝ちです。

不惑のイメージを壊さない

孔子先生曰く、四十にして惑わず。40代といえば不惑の年代ですね。自分の気持ちとしてはともかく、少なくとも世間一般ではこの年代の男性に、不惑のイメージを期待しているわけです。

不惑のイメージといっても漠然としますが、出会い系サイト的な不惑のイメージとは、余りガツガツしていないことでしょうか。とはいえEDなどの難しい病気を別にすれば、40代でも朝立ちしてビンビンという方も少なくないと思います。

それだけに女と見れば射幸心が疼き出すのが男の性というものですが、ひとまずこれを抑えて、表面上であれがっついてはいない風を装う必要があります。

具体的にはメールを始めて3週間程度は我慢して、エロトークはしないようにする自制を持った方があとあとうまく行きます。

出会い系サイトに登録してまで自制するのは大変なことですが、ここは世間一般の不惑のイメージにひとまず自分を同化させて、落ち着きのある中高年を演じましょう。

夜の闇は顔をぼかす

40代でも若々しい色艶のある肌をされた方もお見受けしますが、少しずつ肌の張りが落ち出すのがこの年代です。張りが失われると老けた印象を相手に与えがちです。

プロフィールで5歳サバを読み、アプリで写真をぼかしても、現実の出会いでくすんだ印象を与えては、連れ込めるものも連れ込めずに終わるリスクが大きくなります。

そこで一計をめぐらせて、面接時間は夜を選びます。夜の闇は顔をぼかしてくれます。相手の顔も見えにくくしてしまう弊害はあるものの、夜は中高年に優しい時間です。

相手が主婦や人妻の場合、なかなか夜会うことは難しいかもしれませんが、相手が年下の若い女性であれば年齢差が大きくなるだけに、この夜作戦はうまく行く可能性が高いです。

そのまま夜の町に消えて行けるメリットもあります。ただしその前に、ラブホの場所だけは前もって確認しておいて下さい。

女性の年代別「理想の40代男性」から自分を作り上げよう

女性の年代別「理想の40代男性」から自分を作り上げよう出会い系で女性を探す時、20代30代男性に負けたくない思いから、頑張って「かっこいい男」を演出していませんか?

ただ、その「かっこいい」も女性の年代によって大きく違います。

より確実にセックスまでもっていきたいなら、女性の年代ごとに「理想の40代男性」を作り上げるのが重要!

10代から20代、30代、40代と、年代別に女性の特徴と思い描く理想をご紹介します。

ぜひ、ポイントを掴んで出会い系サイトでご活用ください。

10代の女性を攻略

眩しすぎる若さを放つ10代の女性。

「おじさんなんてどうせ…」と思いがちですが、意外に需要は高く40代でも簡単に落とせることも。

10代女性の特徴

出会い系サイトに登録している10代女性は大学生や短大生が圧倒的で、すでに社会人として働く18才以上の人口は少なめ。

夢のような「リッチなおじさま」との出会いを求める女性や今までとは違う恋愛に興味をもつ”背伸びをした姿”が特徴的と言えるでしょう。

学生、社会人を問わず18才,19才の女性なんてまだまだ子供。

現実を知らず夢見る子猫ちゃんな状態ですが、だからこそちょっとした演出で落としやすいのも魅力的です。

彼女たちが求める「40代男性」

何といっても10代女性がイメージする「理想の40代男性」は余裕があってどんな時でもドンッと構えた、器の大きな男です。

トレンドについていけない男ですら「大人だもんね!」とプラス評価されるくらい。

実際、すでにバブル崩壊が始まっていた40代前半でも、バブル世代と勘違いしている10代女性は多く、リッチで派手な印象を抱いています。

女性にとっては、ジェネレーションギャップですら楽しいポイント。

そのため少し”やりすぎ”なくらいの勢いのある大人の男が理想と言えるでしょう。

攻略のポイント

あえて演出するなら「ダサいおじさん」くらいのノリがおすすめ。

なんとか若さをアピールしようと、流行ネタを必死で追いかけようとするのは逆にウケが悪くなってしまいます。

今でこそ、ファッションや情報も簡単に手に入る時代ですが「えー?!そんなことも知らないの?!」とおじさんを困らせたい女心を汲み取ってあげるのが、攻略のポイントです。

最もハードルが高そうな10代女性ですが、実は意外に簡単に落とせます。

ラブホに入る前にコンビニでドリンクをおごってあげたり、LINEのスタンプをプレゼントするために、1000円ほど課金してあげたりちょっと奢るだけでOKな手軽さも、10代だからこそ効果的と言えるでしょう。

20代の女性を攻略

幼さと大人の狭間で揺れ動く20代女性。

心を掴むなら、あえて同年代のような対等感を演出するのが攻略のポイントとなってきます。

20代女性の特徴

大学生からフリーター、社会人、さらには人妻など。

色々な生活環境の違いが楽しめる20代女性は、まだ10代のような幼さがある反面、25才から呼ばれるアラサーという大人との狭間で心が不安定になりがち。

時に、背伸びをしている大人っぽさを見せようとしながらも、子供らしい若さも感じ取ってほしい敏感な年代です。

手ごわい相手ではありますが一度、心を掴めばセフレになりやすい美味しい年代とも言えます。

彼女たちが求める「40代男性」

20代女性がイメージする「理想の40代男性」は手が届きそうで届かない、憧れの存在。

対等に話ができ、ノリ良く会話のキャッチボールができるのに「やっぱり大人にはかなわない」とも思える大人の男性。

そんな男性を前にして、女性自身が求めている”幼さ”が実感できるのです。

そのため、目線を合わせすぎてもずらしすぎてもNG。

適度に話を合わしながらも、たまには大人の一面をアピールして「しっかりしているけど、まだ子供っぽいなぁ」と笑ってあげられるような男性がウケ抜群と言えるでしょう。

10代とは違い終始、大人の余裕を見せつけているだけでは自分の幼さから自己嫌悪に陥ってしまい、つまらない想いをさせるので注意が必要です。

攻略のポイント

特に、会話ではリードされながらもセックスではたっぷり時間をかけて可愛がってあげるのが攻略のポイント。

普段の2人とベッドの上でのギャップから、お互いの子供っぽさと大人っぽさを堪能していくのが重要です。

上手く活用して時に対等な女性として、時に可愛い妹のような扱いをしていけば、意外と簡単にセフレまでもっていけます。

正直、彼女が望む理想の自分が楽しめる空間が重要。

40代の男性としては、その演出作りの手伝いをしてあげれば細く長くセフレとして相手してもらえます。

30代の女性を攻略

経験豊かなセックスが楽しめる30代女性。あえて周りと比較しながら攻略をしていくのがベターです。

30代女性の特徴

本当はそんなことないのに「バリキャリ」と扱われたり「〇〇ちゃんのママ」「〇〇さんの奥様」なんて呼ばれたり自分の中で、ギャップに苦しみがちなのが30代女性の特徴。

これらのギャップで生じた心の隙間を埋めるために、出会い系を活用する女性は少なくありません。

一見、その年齢から若さを褒めれば良いと思われがち。ですが、ギャップに苦しむ特徴を知れば、30代女性の本当の攻略方法が見えてくるでしょう。

彼女たちが求める「40代男性」

30代女性がイメージする「理想の40代男性」の姿は、ありのままを受け入れてくれる男性です。

10代や20代とは違い、若々しさや大人っぽさは必要ありません。過小評価や過大評価をせず、正しい目線で扱ってくれる男性を求めています。

まだまだ若さを感じる30代男性や、落ち着きすぎる50代男性とは違い、適度なバランス力のある40代男性には並々ならぬ期待を抱いています。

20代女性と同様、落とすまでが難しく継続的なセフレ関係を楽しむのもハードルが高いですが、それでも攻略したくなるセックスのテクニックは30代女性だからこその魅力かもしれません。

攻略のポイント

落としにかかる攻めの攻略方法としては、あえて同年代や年下、年上の女性と比較して褒め称えるのがおすすめ。

比較されることを恐れながらも、比較されることで安心感を抱きやすい30代女性なら、徹底して褒めちぎるのがベターです。

特に、セックスでは処女性も求められない年代。だからこそ、過去の経験と比べて気持ちよさや、テクニカルな部分を褒めていくと、相手も満足感が得られるでしょう。

自分を認めてくれる男性と伝われば、自然とそばにいたがります。ただし見え透いた褒め方は、30代女性には通用しないので、説得性のある褒め方をしていくのが大切です。

40代の女性を攻略

一緒にいて、もっとも自然体になれる同年代の40代女性。とは言え、あまりにリラックスしすぎるのは禁物。適度な緊張感を保つのが、攻略のポイントとなってきます。

40代女性の特徴

子供がいる女性はもちろん、独身であっても周りにはママが多くすっかり自らも「おばさん」を受けて入れているのが40代女性の特徴。30代女性とは違い、どんなギャップですら受け入れているのが成長している証とも言えるでしょう。

出会い系サイトもストレートに「セックスを楽しみたい」とさえ口にできる強さを持っているのも、40代女性だからこそ。落としやすい反面、セフレとして続けるには取り扱いは難しくもあります。

彼女たちが求める「40代男性」

同年代でもある40代男性に抱くのは、良い意味での裏切り。経験も豊富で知識もあり、同年代だからこそ、余計なヨイショや上っ面なやり取りは求めていません。

あくまでもテンポよく、会話のやり取りを楽しみたいのが本音。そんな吹っ切れた様子の40代女性ですが、どこかで「若い女の子と同じように扱ってほしい」という裏切りを求めています。

その裏切りを上手に見せてくれる40代男性こそ、心地よい存在と感じてくれるでしょう。

攻略のポイント

攻略方法としては、こちらもストレートにまるで20代の独身女性のように扱うのが賢いやり方。

知識も経験も豊富な40代女性とは、会話も盛り上がりやすくセックスもスムーズに行えます。とは言え、それに甘えておざなりに扱うのはNG行為。

あくまでも1人の女性として丁寧に扱うのが重要です。

居心地の良さに見落としてしまいがちですが、この攻略方法を活用するだけで、忘れかけていた「男から大切に扱われる」という裏切りを実感し、細く長いセフレ関係にもっていくことができるでしょう。

女性の年代ごとで「理想の40代男性」も変化?

男がそうであるように、女だって「好きなタイプ」は千差万別。さらに「理想の40代男性」も、女性の年代によって理想像も違ってきます。

「男なんてカッコよければイイんだろう?」と思っていたら大間違い!

ストレートなカッコよさだけでなく、時には子供のような幼さ、ゆとりのある大人の男、色々な表情を求める女性にあわせて変化させないと「イメージと違ってガッカリ」なんて女性に思われてしまいます。

ぜひ、年代別で変化する女性の特徴や「理想の40代男性」を掴んでおきましょう。

40代男のメール「キモい」「可愛い」のボーダーライン

すっかりオジサンとして腹をくくった人も多い40代男性。

ですが、意外に「可愛い」「子供っぽい」なんて勝手にギャップを好意的に受け取ってくれる女性も少なくありません。

「おや?40代、まだまだいけるかも?」

そんな思いを抱いた人に向けて、メールで役立つ「キモい」と「可愛い」のボーダーラインについてご紹介しましょう。

せっかく気がついた、その武器。

正しく活用しないと、好かれるどころか相手に嫌われる恐れもありますよ?!

40代の男だからこそのアピール法

出会い系サイトなどで、女性と接点をもつ時。

  • 大人の余裕を見せて、落ち着いた感じでいこう
  • 少しでも見た目の若さをアピールしていこう
  • 下手にどうこうしたって、おじさんはおじさんだ…

まだ顔の見えない相手だからこそ、自分のキャラクター設定に悩む男性も少なくありません。中には、やさぐれたオジサンモードの人もいるでしょう。

ですが、30代や50代にはない、あいまいなギャップを生み出せるのが40代の魅力。ちょっとしたメールの言葉や内容で「可愛い人」と思わせることができるのです!

もちろん、逆に失敗すれば「キモい」と受け止められる諸刃の刃……。

上手にコツを掴んでメールテクニックとして活用していきましょう。

自分の呼び方

自分の呼び方ひとつでも、さり気なく「可愛い」と思わせるアピールが可能。

例えば、無難なのでは

―― 僕・俺・わたし

さらに、砕けた内容や冗談で切り返す時は、たまに

―― わし・ワシ・おじさん

などを使いこなすと、ウケ狙いしつつ相手をさり気なく笑わせながら「可愛い」「面白い」と距離を縮めることができます。

ただし、どのような場面であっても

―― ボキ・ボク・ボクちん

などは「キモい」と思われる可能性が大!

微妙なボーダーラインで、思わず「え!これはダメなの?!」なんて感じてしまいそうですが、使わないように気をつけましょう。

相手、女性の呼び方

また、相手や女性の呼び方でも、さり気なく心を刺激することも。

基本的には、

―― あなた、君、女性

というのが無難な言い方ですが、時には

―― お嬢ちゃん、姫、女子

といった言い回しは、意外にまんざらでもない感じで女性は受け止めてくれます(笑)

ですが、

―― 子猫ちゃん、ハニー、女ども

なんて表現はNG!

特に、相手の女性を引き立てようとしたり、冗談で自分を持ち上げる際に「女」と無意識に使う言葉を女性はしっかり覚えています。

わずかな違いですが、地雷を踏まないように注意しましょう。

顔文字

今では、当たり前に使われている顔文字。

もちろん40代の男性が使っても、嫌われることはありません。

むしろ一切使わないメールは、女性にとってウケが悪い!

適度に使いこなしていくのが、賢い男のやり方です。

とは言え、やはり女性から見れば「大人の男性」的立場なので

―― (´∀`*)(^^)(´・ω・`)

これくらいの、定番的な顔文字をチョイスするのがGOOD! 若い女性に無理矢理合わせようとして

―― ٩(๑`^´๑)۶ (๑˃̵ᴗ˂̵)و (இдஇ; )

このような、やり過ぎ顔文字はNG! しかも、機種依存文字が文字化けしていては、さらにお寒い状況です。

少し物足りないくらいの絵文字を使いこなすのが「可愛い」と女性に思わせるポイント!

全力で絵お文字を使っている姿は「キモい」と思われてしまいます。

ネットスラング

そして、twitter や Facebook、2ちゃんねるといったネットスラングもあまりに使わないのは、おじさん臭がプンプン状態。

わざわざ調べてまで使う必要もないですが、定番になりつつある言葉は自然に取り入れるのがベターです。

―― ~だと、だめぽ、いいね!、www

といった程度のレベルなら、40代男性が使っても全然OK!

20代30代の女性も、意外に友人同士のメールで使っているフレーズなので「わたしも、これくらいなら使っても平気そう」と、距離を縮めるのにも役立ちます。

とは言え、

―― アヘ顔、~だろうJK、こマ?、ニキーw

といった、かなり限られた場所で使われるスラングや、意味を知れば女性が不快に感じる言葉は、使用厳禁。

特に2ちゃんねるでの言葉は、SNSで使われている定番系用語と未だ特定のスレッドだけで使われる言葉に分かれているので、うっかり「キモい40代ねらー」だと思われないようにしましょう。

自虐ネタ

最後に、気をつけたいのがオジサン特有の自虐ネタ。

本人はいつものノリで、特に反応を求めていない発言だとしてもメールの場合は「返事をしないと」「スルーしたら肯定」と誤解されがち。

相手にとってリアクションに困るのが、突っ込みにくいボケです。

―― こんな可愛いこと付き合えるなんて! もうオジサンだもん、周りから嫉妬されそう(笑

このように相手の若さや美しさを引き立てる自虐ネタなら、「そんなことないですよ~(笑)」「またまたぁ」なんて、女性もノリよくツッコミを入れやすいですが…逆に、

―― どうせもうオジサンだから、遊んでくれないよね? じゃあ会ってくれる?Hしてくれる?

このような自虐ネタなら、相手もどうリアクションしていいか困るもの。

面倒に感じてスルーしているのに「ほら、やっぱりね」なんて追撃メールが来るようなら、ますます「キモい男だ」というレッテルを貼られてしまいます。

ぜひ「可愛いなぁ」と思わせるような自虐ネタに留めましょう。

意外に厳しい?!女にウケるボーダーライン

落ち着いた大人の雰囲気と、同じノリで楽しめる一面を併せ持つのが40代男性の魅力でもあります。

そのあいまいさが、時に「子供っぽくて可愛い」と女ウケを狙える反面「キモいおじさん…」とマイナスに取られてしまうこともあります。

さじ加減が難しいボーダーラインですが、メールのやり取りをする時にはぜひ、これらのテクニックの活用をおすすめします。

ちょっとした一言で、相手の心をくすぐることができる便利な方法ですよ!

若い女性と仲良くなるために、スマホゲームを活用しよう!

中高年男性が若い女性と付き合うことを考えた時に、もっとも恐れるのは「共通の話題がない」ことではないでしょうか?

好きな音楽や映画の話をしても時代がズレてしまっていて、どうしても盛り上がらない……。

職場などで若い女性と世間話をしていて、そう感じたことがある中高年男性は多いと思われます。若い部下たちとカラオケにいっても、昔の歌を歌えば盛り下げてしまうのではないか?なんて心配もしてしまいますよね。

ところが、今でしたらもっともお手軽に共通の話題を持つ方法があります。それは、同じスマホゲームをはじめてみることです。

それは会ってからでもいいですし、会う前にメールで聞き出しておいて、会う前から同じゲームで遊んで親交を深めておくのもいいでしょう。

最近のスマホゲームのほとんどはフレンド機能というものがあり、同じ敵を一緒に倒したり、お互いに協力して街を発展させたり、なんならゲーム内で結婚して子作りをしてしまう(!)なんてスマホゲームもあったりするのです。

同じゲームでともに遊んで協力していれば、自然と距離が縮まりますし共通の話題だって出来ますよね。

さらに、多くのスマホゲームでは課金すればするほど有利になる仕組みになっています。若い女性はゲームにお金をつかうくらいなら化粧品やスイーツにつかいますので、いわゆる「無課金勢」としてほそぼそと楽しんでいる人がほとんどです。

そこを大人の財力で課金して、強くなったデータで手助けしてあげると、羨望の眼差しで見てくれるかもしれません。実際、そうしたテクニックで若い女性と仲良くなる中高年男性がにわかに増えているようですよ。

冴えないオヤジがモテモテ!? 「スマホゲーム」最新事情に迫る!!

最近、通勤中にふと周囲を見渡すと、携帯に向かって何やら夢中になって作業をしている中高年の姿をよく見かける。一見、仕事のメールでもしているのかと思い覗いてみると、さにあらず。なんと彼らはスマホゲームに熱中しているのだ。

また、あるときはこんな光景を見た。居酒屋で部長ふうの中年が若い社員と一緒にスマホを見ながら楽しそうに会話をしている。セクシー動画でも見ているのか と思いきや、こちらもスマホゲーム。若い社員は、おそらく20歳以上も年が離れているであろう上司と本当に楽しそうに話している。いったい、今、中高年の 間に何が起こっているというのか?

その真相を解明すべく、日本人のスマホ事情に詳しいライターに取材を試みた。「確かに今、中高年層の 間でスマートフォンでダウンロードできるゲームアプリが大流行しています。主な理由は仕事のストレス解消ですが、中高年にとっては、それ以上に部下や飲食 店の女の子たちとのコミュニケーションツールになっているんですよ」

(中略)

「ウケ狙いが半分ですが、実はこのゲーム、若い奴らにオヤジ族の威厳を示すのに最適なんですよ。このゲームの中で最も腕っぷしが強い設定になっている漫画の主人公・沢田政寿は45歳。利用者と同年代の中高年が、次から次へとぶっ飛ばしていくストーリーなんです」

なるほど。40代、50代といえば職場では、ほとんどが中間管理職。肩書きだけの無能な上司や、言うことを聞かない若い部下も多いことだろう。そんな奴ら をイメージしながらゲームの中でぶっ飛ばす。世のオヤジ族からすれば、痛快極まりないに違いない。「でも、このゲームの魅力はそれだけじゃないんです。こ のゲームをしてると、面白いほどギャルにモテるんですよ」

え?? なんで? こんな物騒なゲームのどこにギャルにモテる要素があるの? 「女っていう生き物は総じて、ギャップに弱いんです。いつもはパッとしない中年オヤジでも、“こんな荒々しいゲームをしてるのか”と、急に意識するように なっちゃうんですよ。そもそも最近の若い男子は草食系といわれてイマドキ女子たちからすると物足りないわけです。オラオラ系のアーティストが女子にバカウ ケなのはご存じでしょう?」

https://news.nifty.com/article/item/neta/12205-23708/

ちなみに、この記事中で触れられているゲームはまったく人気がない、ただの凡作ゲームです。宣伝のためにこうした提灯記事を書いてもらっているだけですので、このゲームをやる必要性はまったくありません(笑)

しかし、現にスマホゲームをきっかけにして仲良くなることは非常に多いですし、若い女性との会話のとっかかりとしてはとても便利なものになっています。

どんなゲームをやっているかは相手の女性次第ですが、ほとんどの若い女性がやっている定番のゲームがあります。

あまりスマホゲームに詳しくない中高年でも知っているような、パズドラやモンストといったようなゲームはすでにブームが過ぎており、あまり若い女性には人気がありません。

いま、もっとも人気があるのは「ディズニーツムツム」というスマホゲームです。

ディズニーツムツムが出会い系に向いている理由

tsum

ディズニーツムツムはiPhoneでもAndroidでも遊べますし、動作もそこまで重くないので一昔前のスマホでも十分に遊べると思われます。

どんなゲームかといえば、ディズニーのキャラクターをつかったパズルゲームで、指でなぞって同じキャラクター同士をつなげて消すという、とても単純なルールです。

あまりテクニックや頭脳プレーが必要なく、なんとなく適当に操作していてもそこそこ遊べる上に、消した時の演出が爽快なのもあってゲームとしてよく出来ています。そして、若い女性ならほとんどが大好きなディズニーキャラクターを使っているのですから、流行らないわけがありません。

そして、なんといっても「出会い」という視点から見て、もっともうれしいポイントはLINEと連動していることです。

どういうことかといえば、LINEの友だち同士でハイスコアを競ったり、ゲームを遊ぶためのハート(スタミナや体力のような概念)をお互いに送り合って扶助したりと、ゲーム以外のつながりを助長するシステムがあるのです。

LINEのメッセージとして「ハートがプレゼントされました!」と送られるので、そこから会話を始めてみるといった、きっかけづくりにも利用できますね。

それだけでなく、この連動機能を利用すればLINEのIDを聞き出す手段としても使えるのです。

「◯◯ちゃんはツムツムやってる?」なんて聞き方をすれば、「LINEのIDおしえて?」と直接的に聞き出すよりも、よっぽど印象がよくなりますからね。

実際、わたしも最初はとある女性に招待されたのがきっかけ(招待が成立すると良いアイテムがもらえるので、アイテム目当てで招待する人も多い)でインストールしてみただけだったのですが、いざちょっと遊んでみたらゲームとしてとても楽しくて普通にハマってしまったクチです(笑)

ツムツムに限らず、こうした招待ボーナスを採用しているゲームは多いので「いまなにか遊んでるスマホゲームある?招待うけてあげるから片っ端から誘ってもいいよ!」と言えば、喜んでくれる女性は多いことでしょう。

そうすれば自然と相手が遊んでいるゲームもわかりますし、相手に好感をもってもらえるしで、まさに一石二鳥と言えます。

中高年オジサンが若い女の子を攻略する季節別テクニック

季節によって女の子の攻略方法は違ってきます。

今回は、中高年オジサンが若い女の子を攻略する季節別テクニックを紹介します。

出会いもあるが別れも多い季節

特に若い子が、入学・卒業・入社・退社と人間関係が切り替わりやすい季節。

新鮮な気持ちで出会いを求める女の子が増えるんです。

新しい生活に慣れていない子に、人生の先輩として人間関係の愚痴を聞いてあげたりアドバイスをしてあげることで、ぐっと距離が近くなるでしょう。

グイグイ攻めることはせず、頼りがいのあるところを見せつけるとイチコロかも!?

お酒デビューの子

春は忘年会シーズンに次いで、飲み会の回数が多い時期。

だいたい若い子は若い子同士、ノリノリでガブガブ飲みまくるものですね。

でも春になってお酒を飲み始めた子はついていけません。

そこで、おじさんの出番です。ゆっくり味わって飲む「大人の酒」を教えてあげることで、女の子の抵抗感もなくなります。

結果的にいつもより多く飲ませる事もできるかもしれません。

ほろ酔いになったところで口説いてみれば成功率も上がるかも!?

出会いといえば夏、開放的に

「若い女の子と出会いたい!!!」と思ってる男性方、出会いがないなんて諦めていませんか?

でも、女性だって男性と同じくらい「男の人と遊びたい!!!」と思ってます。

若い子は遊びたい盛り、しかも夏休み。チャンスはいくらでも転がっているんですよ。

お祭り、花火、野外イベントなど、どんどん誘ってみましょう。

夏休みで基本ヒマなので付いてきます。これでもかというぐらい遊ばせましょう。

ただし、若い子についていけるだけの体力をつけないといけませんね(笑)

若者のノリが苦手な子

夏は開放的になる女の子が多いですが、そうじゃない子もいます。

「暑い」「人が多い」「日焼けしたくない」「うるさい」なんて言って、あまり家から出ないそうです。

若者にありがちな、大人数で海で騒ぐなんて絶対NGですね。

こんな子には、涼しくて静かな屋内施設を徹底リサーチして誘ってみましょう。外を連れ歩くなら、陽の沈む夕方以降に。

こういう気配りの積み重ねが、女性を落とすのに必要ですよ!

おいしいお店などおじさんの知識をフル活用!

食欲はなくても、つい食べたくなってしまう季節。

普通の若い子が行くお店なんて、ファミレスかファストフードぐらいなもんですね。

ネットで調べて隠れ家的な店に行ってみたら人気店で行列してて萎えちゃった、なんて若い子にありがちな話です。

おじさんのお店の知識はネットなんかより豊富な方が多いので、感心してもらえること間違いなし。

「食欲の秋だし、おいしいお店……」のくだりを使えば誘いやすいかも!?

夏休み明けのお金のない子を狙う!

若い子が夏休みの為に貯めたお金なんて使い切っちゃいますよね。お財布が空っぽになって途方に暮れてアルバイトに励む……でも遊びたい。

じゃあ遊ばせてあげましょう!

若い男とは違う、金銭的余裕を見せつけるにはここがチャンス!

最強の出会い最適時期!クリスマス前!

もはや出会いのためにあると言ってもいいです。

「クリぼっち」という言葉が流行りましたね。それだけクリスマスに一人ぼっちなのは男女問わず寂しくて悲しいもの。

「クリスマスまでに彼氏が欲しい!!」と、どれだけの女性が思っているか?

クリスマスが近づくにつれ、目に見えて街にはカップルが増えてきます。

あせりもあるでしょう、男性も女性もお互いにストライクゾーンが広くなります。

真面目な出会いを求める方も、期間限定の遊び相手が欲しい方も、これ以上ない最適な時期です。

出会い系サイトでも勝率が高いです、どんどん勝負してみましょう!

季節ごとに違った攻め方で出会いを狙ってみよう

やはり連休はチャンス!出会いを求めて都会に出てくる子が多し

3連休4連休になると、近隣の県から大量の女の子がなだれこんで来る都会。

なぜ連休で来るのかというと、「遊んでお金を使い果たして、泊まりになっても大丈夫だから」です。

プチ家出とまではいかないけれど、説教したくなる気持ちを抑えて狙ってみましょう。こんな子達は、もはや家に帰れないとわかると、泊まれる場所を探し始めます。

ネット掲示板に書き込んだり、出会い系サイトを使ってみたり。若い女の子を落とせるなら関係ない!という方にはオススメです!

主婦は季節関係なし!年中無休

若い子ではないかもしれませんが、落としやすいのが主婦。年中無休で家事に育児に加えパートまでこなさなければなりません。しかし、逆に言えば年中無休で旦那のいないヒマな時間を使えるわけです。

金銭的に余裕はあるけど、出会いと刺激を求めるためにパートに出てるなんて方も多いです。

そんな主婦は一年中出会い系サイトの登録率も高い!

年中無休で発情期なわけです。これは狙うべきですね。

もちろん家庭があるので割りきった関係で良いという方、昼間に遊びたいという方向きです。

主婦になると忘れられがちな「女性」の部分、そこをたくさん褒めてあげてみてください。必ず喜んでもらえるはずです。そしてあなたを男性として見るでしょう。

主婦を口説く際には必須のテクニックですよ!

会話が苦手な人が、出会い系サイトで最初に女性に会う場合

普段、会話が苦手な人が、出会い系サイトで最初に女性に会う場合。緊張しますよね。

会話に詰まったらどうしようと思いますよね。

天気

とりあえず、天気の話題を用意しておきましょう。

「暑いですね。喫茶店で待ち合わせにしてよかったですね」「雨が降っちゃいましたね。予報ではもうすぐ止むみたいですけど」「明日は雪が降るみたいですよ」

それで、女性のほうが、それにたいしてリアクションをしてくれたら、それでよし。あとは、女性の会話を広げていきましょう。

会話が広がらない場合は、さらにそこから、次のセリフを用意しておきましょう。

たとえば、寒い日なら、「今日は4枚も着込んできたけど、それでも寒い。もっと寒くなったらもうこれ以上、着こむのは難しいんですよねぇ」とか。

天気の話題から、いくつかの話題を想定して、考えておきましょう。

カレンダー

カレンダーの話題も効果的ですよ。

「来週は3連休がありますね。何か予定はあるんですか?」
「もう3月ですよ。この間年が明けたとおもったのに、もう4分の1が終わっちゃったんですね」
「もう12月です。今年の冬は雪が降りますかね。去年の大雪の日は何していましたか?」

など、いろいろなバリエーションが考えられますね。

天気とカレンダーの話は、ありきたりだけど、陳腐だと思われない鉄板ネタです。しかも、繰り返し使えば使うほど、ネタが増えていくし、つかうのも上手くなっていきます。

良いフレーズを思いついたら、メモしておくくらいの心づもりでいてもいいかもしれませんね。

女性の話には脈絡がない

女性の話には脈絡がありません。

さっき、ネイルの話をしていたと思ったら、今度は映画の話、というように、四方八方に会話の内容が飛んでしまいます。

男性は、その内容を整理しながら論理で聞き取ろうとするから、疲れてしまいます。

そして、聞くのが面倒になり、いつか、おざなりな相づちを打つようになり嫌われてしまうのです。

きちんと話を聞いてあげることほど女性に好感を持たれる行為はありません。

もし、どうしても相手の会話を聞くのが苦痛なら、相手をしっかり見て、相手の方に体を向けて、会話を聞いてください。

内容をきちんと把握していなくても、それで女性は満足してくれるものです。

女性は、自分が話した内容をきちんと整理して聞いて欲しいと思っていません。

ただただ、自分が何かを話しているときに、そっと寄り添って欲しいのです。

競馬大好き「ウマじょ」を狙うことで若いセフレを作る

本日はわたしが出会い系以外で若いセフレを作ったときの話です。

ギャンブル大好きな女性をどう思われますか? わたし事ですが以前、車を運転しているときに、ヒッチハイクをしている女性に遭遇しました。興味があったので拾ってみたら、若いのに歯が一本もありませんでした。彼女の第一声が「フェラしてあげますから、パチンコ代めぐんでください?」でした。開いた口が塞がらず、性病を移されるのも怖かったので、すぐにゴーホームしてもらいましたが、いくらムラムラしていたとしても、こういった女性とは関わりになりたくないですよね?

でも今回ご紹介する競馬大好き女子は、こんなアバズレと正反対。実に純粋な馬のオッカケなのです。その昔、競馬ブームというのが到来しました。オグリキャップというアイドルホース、武豊、松中幹夫といったイケメンジョッキーなどが、その要因となったわけです。あの頃、競馬をやっていた女性はかなりのミーハーでした。女性は流行に極めて敏感な生き物ですから、たちまちのうちに「みんなやってる!楽しそう!わたしもやりたいよ~!!」となったわけです。しかし時は流れて今は平成のご時勢。競馬ブームは過ぎ去り、売り上げも横ばい状態。入場者数も全盛期と比較すれば、何分の一かに縮小。こういうときに競馬をやっている女性というのは、かなりの馬好きなのです。

馬好きという共通の趣味があれば、当然年齢の差なんて関係なくなります。オジサンが若いセフレを作るのにもぴったりな条件が揃っているのです。

ある意味でオタク的な資質を持っている馬好き女子。通称『ウマじょ』に目をつける男性はごく少数です。ライバルが少ないということは、つまりそれだけチャンスが多いということですね。

ウマじょは、競馬場に生息します。まあ当然すぎるくらい当然ですよね。しかし競馬場と行ってもかなり広く、その中で区分けがされているのです。競馬場へ行ったことのない人たちはイメージできないかもしれませんね。競走馬の走るには、とんでもなく広い土地が必要なのです。パドックと呼ばれる場所があります。下見所とも言われる所なのですが、ここにウマじょは集います。パドックでは、レース前の競走馬が観客へ今日の自分の状態を見せながら、ぐるぐると周回します。その最前列にウマじょが陣取っているのです。横断幕と呼ばれる、横長の馬名が書かれた幕なども作ってきて、みんなに見えるようにしているなど、その情熱は常軌を逸しています。彼女たちはカメラを持参して、パシャパシャ競走馬の写真を撮りまくっています。そのときの瞳は、まるで大好きなアイドルを見ているかのごとく、キラキラ輝いています。

ウマじょに声をかけるタイミングですが、撮影中は絶対に避けてください。最も興奮している至福のときに、何か言われると誰だって気分が悪いものです。パドックでは馬が周回する時間と、馬が一切歩いていない時間が交互に訪れます。声をかけるのは、ズバリ馬が歩いていないときです。競馬好きのおっちゃん連中は、馬がいなくなったらすぐに馬券を買いに走りますので、その時間帯はパドックが閑散とします。ウマじょは、馬券を買わないこともないのですが、どちらかと言うと馬そのものが好きなのです。ここが冒頭で紹介した歯抜けのパチンコ依存症女と決定的に違うのです。ありがたいことにウマじょは、競馬場へ一人で来ていることが非常に多い。ナンパするにはもってこいなのです。

ウマじょへの声の掛け方について説明していきます。まずその女性がどの馬の熱烈なファンかと言うのを知ってください。そんなに難しいことではありません。じっくり観察していると、すぐにわかるはずです。

彼女たちのかわいいところは、お目当ての馬が出てきたときは、如実にテンションが上がり、ソワソワし始めるところです。マニアックさを持つ、ウマじょは大きなレースよりも、その手前のまだそれほど大規模ではない、こじんまりしたレースを好みます。売れるバンドマンではなく、これから売れそうなバンドマンに着目して応援する女子心理に近いと言えます。

ウマじょがどの馬を応援しているかがわかったら、「突然お声がけしてすみません。もしかして○○○○を応援されているんですか?」と言ってください。

競馬場は粗野な中年男性や老人が多いこともあり、一人で来ている女性は、基本的にかなりの警戒心を持っています。それを発動させないためにも、最初に礼儀正しく真面目な印象を与えましょう。「僕もあの馬が妙に気になっていて、どうしても会いたくなったから今日、初めて競馬場へ来たんです」と続けてください。

この言い方をすることで、向こうは「まだそれほど知られていないあの馬を応援しているなんて、もしかして運命の人?」と、胸をときめかせます。このチャンスを逃さずに、「競馬場のことをよく知らないので、もしよかったら教えてもらえませんか?」とたたみかけましょう。二つ返事でオッケーしてくれるはず。彼女も一人ぼっちで心細かったから、信頼できそうな男性が現れることはむしろ大歓迎なのです。あなたがとるのはあくまで『競馬初心者』というスタンスです。

そこが彼女の母性をくすぐるのです。ウマじょは追っかけている競走馬を複数抱えていますから、まだ発走していないレースで「どの馬を応援しているか?」を教えてもらい、一緒に応援しましょう。その馬が勝っても負けても、同じ感情を共有できますから、一気に距離感が縮まることは間違いありません。もしいけそうならその日のうちにお持ち帰りしてください。やや貞操観念が高い傾向にあるウマじょですが、何しろあなたは初めて出会った運命の人。

もしも応援している馬が勝利を収めたりでもしたら、イケイケムードになってそのままベッドインというのも十分にありえる話。ここまでは基本的に競馬場へ行ってから、声をかけるという流れで説明してきました。しかしウマじょはSNSやブログをやっている人たちが多いのです。自分がパドックで撮影してきた写真を、ネット上で公開しているのをよく見かけます。先にネット上で交流して、そこから仲良くなる、というやり方もあるというわけです。自分にあった方法を選んでみてくださいね。どちらにせよ心がけてほしいのが、「競馬初心者なので教えてもらえませんか?」という姿勢です。これがウマじょと仲良くなる上で、かなり重要なポイントなのです。

以上、ウマじょの落とし方でした。馬並みのイチモツに自信を持っている人は、それをつっこんでベッドの上でウマ女をヒーヒー言わせてみてくださいね。きっとあなたの虜になることでしょう。「ウマじょは騎乗位がとても上手」という説もありますので、ベッドではあなたが馬となってウマじょに乗られてみるといいでしょう。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけること

気になる若い女の子とようやくこぎつけたデートの約束。

すごくドキドキしますよね。しかし、忘れないでください。デートの約束を取り付けたことはゴールではありません。スタート地点に立てたというだけです。

最大の目標は、いかにセックスをするかということ。そしてセフレにするかということ。

そのためには「もう一度会ってもらうこと」が大切です。さて、初めてのデートで「もう一度会いたい」と女の子に思ってもらうために、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけることをまとめました。

オジサンが若い女性とのとデートで気をつけること

すっぽかしに気をつける

出会い系でのヤリトリから実際に会うことになったら、まず気をつけるのはすっぽかしです。

すっぽかしの確率をさげるためには事前に電話をしてもらうことが大切です。

会うのが当日以外なら、当日に連絡をもらうようにしておけば問題ないでしょう。相手の番号まで聞き出せばかなり確率が高いですが、非通知でかけてもらえばいいと思います。

初めて会う相手に電話番号をいきなり教えることはあまりないと思いますし、無理に聞こうとすれば逆にすっぽかされてしまいますしね。

また、できれば時間を1時間ずつずらして、2人以上会う約束をしておいたほうがいいでしょう。すっぽかされるのは嫌だけど、すっぽかすのはたまにはいいんじゃない?って勝手に思ってます(笑)1人目がNGだったら、2人目に期待すればいいですしね。

服装はスーツがおすすめ

出会い系でアポに成功したら、気になるのが身だしなみ。

「髪の毛に髭に、眉毛に……ついでに洋服も買おうかな」なんて、思っている男性はちょっと待った!

実は、出会い系で見つけた女の子との初デートの服装はスーツがおすすめです。

「スーツなんて普通すぎる」
「いかにもセンスがないのがバレバレ」

なんてスーツ姿にネガティブな印象を抱いている人は多いかもしれません。

ですが、女子大生にしてみれば憧れのスーツ姿。

そして社会人でも、制服着用で働く職場の女性にしてみればウケ抜群のスタイリングでもあります。

さらに、スーツ姿に見慣れているOLであってもいかにも出会い系のデート感がなくなるため意外にも好印象。

実は、スーツ姿でのデートはあまりデメリットがないのです。

会う時間は平日・夕方からがベストですが

「ちょっと職場に呼ばれちゃって」
「今日は夜に、会社に行かないといけないんだ」

など、適当な言い訳をすれば時間問わず使えます。

また、スーツの魅力としては、相手のファッションチェックができるということ。

いくらトレンドを押さえた洋服を買ったとしても、相手の女の子のファッションテイストとずれていれば台無し。

それならあえて初回はスーツで通し、相手の雰囲気を掴んだうえで、洋服を選ぶ方が、確実に「おしゃれな人」と思わせることができるのです。

カジュアルからエレガンスなど、相手の女性の服装から受けそうな男性ファッションを掴むのにスーツ姿は余計な印象を与える心配がありません。

またスーツは、良くも悪くも「無難」なスタイル。

「何このファッションセンス……」と女性を幻滅させるリスクも回避しながら、相手の心を掴むファッションを見極めていきましょう。

それから、次に繋げるために、相手の好みにさり気なく合わせていくのも大切です。

全身トータルで買いそろえなくとも、ちょっとした小物アイテムでも充分良いアプローチになるので、意外にお金もかかりません。

ビジネスマンにとっては、当たり前のスーツ姿ですが女性ウケ抜群、かつ心をつかむツールにも役立つスタイリングはスーツ一択と言っても良いでしょう。

女性というのはまず足元…つまり靴のチェックから入ることが多いです。もうよれよれでボロボロの靴などを履いていたら、それだけでがっかりされてしまうかもしれません。なにも数万円するイタリア製の靴なんかは必要ありませんが、あまりくたびれているような靴を履いていくのは避けましょう。

安全アピール

まずは最低条件として、女性に警戒心を持たれないことから始まります。

言葉遣いが乱暴だったり下品だったり、服装が過剰に個性的だったりすると怖い印象を与えます。この人は安全な人なんだと思ってもらわなければいけません。犯罪が多い世の中、警戒心が強くなっている女性は多いと思います。

また、生理的に無理だと感じられたらどうしようもありません。清潔感が大事です。体臭も気をつけなければいけませんが、強い香料もタブーです。

実際のデートで重要なことは「楽しませること」

実際のデートで重要なことは「楽しませること」です。

それができれば苦労しないよと思っていませんか?

そういう人は「楽しませること」を「笑わせること」と勘違いしているんです。

あなたも一緒になって楽しむことが大切なんです。

そう。女性が楽しめるところにつれていくだけでいいんです。

女性は面白いことを求めているわけではなく 楽しい気分にさせてくれることを求めています。

女性が好きなことを想像してみてくださいね。

  • スイーツを食べに行ったり
  • ショッピングに行ったり
  • お祭りに行ったり
  • 素敵なホテルに行ったり

どれも楽しい場所であって、笑える場所ではないでしょ?

自分は面白いことも言えないし話術が下手だからモテないんだよなぁ……って思ってる人がいるかもしれませんが 無理に面白がらせる必要はありません。

楽しませるための工夫をしてみましょう。面白がらせるよりはるかに簡単です。

話を聞く

若い女の子の話には脈絡がありません。

さっき、こういう話をしていたと思ったら、今度はこんな話、というように、四方八方に会話の内容が飛んでしまいます。

オジサンは、その内容を整理しながら論理で聞き取ろうとするから、疲れてしまいます。

そして、聞くのが面倒になり、いつか、おざなりな相づちを打つようになり、嫌われてしまうのです。

きちんと話を聞いてあげることほど若い女の子に好感を持たれる行為はありません。

もし、どうしても相手の会話を聞くのが苦痛なら、相手をしっかり見て、相手の方に体を向けて、会話を聞いてください。

内容をきちんと把握していなくても、それで女の子はまんぞくしてくれるものです。

女の子は、自分が話した内容をきちんと整理して聞いて欲しいと思っていません。

ただただ、自分が何かを話しているときに、そっと寄り添って欲しいのです。

好意を伝える

小学生の頃、好きな女の子につい冷たい態度をしてしまったり、心にもないことを言ってしまったりしていませんでしたか?

大人の恋愛ではそれはNGです。好意を持っている相手にはしっかりとその気持ちを伝えるようにしましょう。人から好かれて嫌な気持ちをする人はいません。よほど嫌いな相手であれば別ですが、もし自分が相手にとって嫌いな対象であればそもそもデートに来るはずがありません。その点、最初のハードルはクリアしているので安心して好意を伝えるようにしましょう。

次の約束は積極的に

デートも終わりにさしかかった頃、「じゃあ、また連絡する」などと曖昧なまま別れてしまっては意味がありません。また勇気を振り絞ってデートへ誘うというプロセスが必要になってきてしまいます。今、会っているうちに、勢いのあるうちに言葉にしてしまった方が簡単です。

「◯◯って興味ある?」
「仕事の休みはいつ?」

など、次につながりそうなワードを会話に含めていきましょう。そして、別れる前までに、

「次は◯◯へ行こうよ」
「次の休みは空いてる?」

と、これまで得た情報を盛り込みながら、あなた自身がまた会いたいと思っていることをストレートに伝えることが大切です。うまくいけばその場で次の約束ができるかもしれません。

おすすめのデートスポット特集

おじさん向けのデートスポットは以下のとおり

ホテルでゆったりとアフターヌーンティーを

10代や20代のように人がたくさん集まる場所でのデートは精神的にも肉体的にも疲れてしまいますよね。ゆったりお茶を…と思ってちょっとおしゃれなカフェにいっても若者でいっぱい。そんなときにはホテルのラウンジでゆったりとティータイムを楽しみましょう。ワンランクもツーランクも上のコーヒーを飲みながら高級感のあるソファでくつろぐとリラックスできて会話も弾みます。女性はおしゃれな空間が好きなので、きっとよろこんでくれるでしょう。ちょっと贅沢したアフターヌーンティーセットを頼むと一緒に食事を満喫できます。

芸術鑑賞で大人のデートを

コンサートやライブ、映画館は若者カップルに任せて中高年のデートでは芸術鑑賞としゃれこんでみてはいかがでしょうか。芸術鑑賞といっても幅は広く、美術館や博物館からはじまり、クラシックコンサートや舞台演劇、歌舞伎なんていう伝統芸能も素敵ですね。お値段も1,000円程度のところから10,000円以上するものまでさまざまなので予算とふたりの趣味に合わせて選ぶようにしましょう。

中高年のデートでは、あまりデートというがっついた雰囲気を出さないことが大切。あくまで趣味や教養のひとつということで、出かけていきそこから共通の話題を見つけて仲を発展させていくといいでしょう。

夜景デートでロマンティックな雰囲気を

中高年のデートはどうしてもまったりしてしまいがちで、今一つロマンティックさに欠けるというデメリットがあります。また、いい歳して恋愛アプローチをかけるなんて…という気恥ずかしさもあることでしょう。

そこで定番ながらもおすすめしたいのが、夜景デート。高い展望台でもいいですし、山へドライブデートするというのもひとつの手ですね。美しい夜景をふたりで眺めていればふたりのムードも高まり、仲も深まります。隠れた穴場スポットがないのかどうか探してみましょう。

久しぶりにデートをすることになったけれど、どこにいけばいいのかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。最初はちょっと緊張することがあっても一緒に楽しい時間を過ごせばデートも盛り上がりますよ。早速気になる人を誘ってみましょう。