若い愛人を作る

あなたがお金を持っているなら、若いセフレを作る前に若い愛人を作ることをオススメします。

一度もセフレを作ったことがないなら、練習相手として愛人を作ってみましょう。

出会い系サイトには普通に恋人が欲しいと考えている女性が多いですが、それ以外にも浮気願望がある女性や愛人関係を望んでいる女性も多いのです。

特に最近は、金銭が絡んだ愛人関係を望んでいる若年層が目立ちます。

金銭的に余裕がなく、誰かの支援を受けて生活したいと考えている女性がいるからです。

具体的に下記のような女性は、愛人関係を望んでいるケースが多いです。

  • 地方から出てきてまだ仕事がない
  • 学歴がなくて仕事に就けない
  • 一般の仕事より多いお金を得たい
  • 両親が離婚している
  • 大人の伝手を頼りにしたい

愛人というと、イメージとして30歳前後の女性を思い浮かべる人も多いですが、最近は低年齢化が進み、20代前後でそういった関係を望む女性が増えています。

ある程度の年齢にいくと自立している女性や働いている女性も多いので、むしろ愛人関係を望んでいる人の割合が減ります。

愛人関係を望むなら20歳前後の女性をターゲットとして狙ってみましょう。

どんな場で出会えばよい?

一番チャンスがあるのは出会い系サイト。

SNSではそういった関係を望んでいる女性に連絡を取るのは難しいですし、どんな人かわからないと返信しないという女性が多いです。

一方出会い系サイトは、プロフィールが載っていてどんな人か女性側も把握できます。「しっかりと働いていて、お金がありそう」と分かれば、女性も食いつきます。

ただ、別に年収や職業だけを目安に女性は判断しているわけではないです。「普段の食事や性行為の対価としてお金を払ってくれればそれで良い」と考えている女性も多いです。

ひょっとしたら愛人関係を望んでいるかもしれないと感じる女性を誘うには、最初はソフトに誘うのがおすすめ!

「ご飯でも食べに行きましょう!」
「良いレストランがあるのでご馳走するよ!」

などといった誘いがベストです。

「お金を出す」というニュアンスを混ぜれば、女性の反応も良くなります。

どんな女性を誘えば良い?

出会い系サイトに登録している女性全てが愛人関係を望んでいるわけではないので、そこはプロフィール内容や掲示板内容から判断する必要があります。

下記のような書き込みがあると、愛人になってくれる可能性ありです。

「経済的に豊かな人がいいな!」
「ご飯に連れて行ってくれる人募集!」
「ちょっと生活がピンチなので助けてくれる人募集!」
「パパ探してます!」

こういった金銭的な支援を望んでいるような書き込みがあれば、愛人になってくれる可能性大です。

むしろ普通の恋人は探していません。

「経済的に豊かな人と普通に付き合いたい」というより、「お金を工面してほしい」という要素が強いです。

プロフィールだけでなく、掲示板にも積極的に書き込みをしている場合は、今すぐにでも愛人関係を望んでいると考えられます。

ログイン履歴を確認して、その日にサイトを利用していれば、すぐに返信がもらえる可能性もありますよ。

どうやって誘えば良い?

出会い系サイトで、明らかに愛人関係を望んでいるなと感じたら、攻めの姿勢でメールしましょう。

「今日、食事してくれたら3万円払うよ!」

とこれぐらい言ってしまって大丈夫です。
ただ中には援助交際と取られ、サイト判断で退会させられてしまうところもあります。

そうならないように「大人の出会い掲示板」、「秘密の関係」などのコンテンツが用意されているところがお勧めです。
ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX、メールミントC!Jメール、メルパラなどにはそういった掲示板が用意されているのでお勧めです。

もし具体的な金銭のやり取りがNGワードになってしまうなら、何かのモノやサービスに置き換えて話を進めていきましょう。

「もし今日デートに付き合ってくれたらタクシー代以上のお礼はするよ!」
「何不自由なく生活できるくらいのサポートはするよ!」

数字での表現でなくても、「ある程度の金額がもらえるな」と女性が感じ取ってくれるような文面なら十分効果的です。

愛人関係希望ならいきなりホテルへ連れて行くことも!

愛人関係を望んでいるなら、通常の恋人とは違っていきなりホテルに連れて行っても抵抗しない女性が多いです。
そもそもそういった関係があると想定して女性も誘いに乗っているわけですから、何回目のデートでホテルなどと、段階を踏む必要はないでしょう。

ただ見返り(お金)があるかどうかが、女性は心配しています。「ホテルから出る時にちゃんと払うからね!」などと言うより、最初に手つけ金のような感じで払ったほうが良いです。

ご飯を食べたときに5000円程度払えば、「この人はちゃんと払ってくれるんだな」と、女性が安心感を持ちます。

逆に最初に全額払うのは危険! 駅や街中など人ごみに紛れて、姿をくらませようと考えている女性もいます。

またホテルでもシャワーを浴びている時に、金銭だけ受け取って逃げてしまう女性がいるので注意しましょう。
ホテルではお金を部屋に置きっぱなしにするのではなく、女性が見ていない隙にバレないような場所に隠し持つことが大切です。

狙うなら、とくにオススメは神待ち家出少女ですね。彼女たちは非常に貧困なので、かなり安い金額で援助交際に持ちこむことができます。神待ち家出少女を狙えば簡単にセックスできるのです。

 

恋愛をすると、劇的に老化を抑えられます

青春とはいつまでなのか

それは……人が決めることではありません。自分で決めることです。

自分がもう終わったと思っているのであればそこまでですが、まだまだという気持ちがあればそれは青春時代なのです。

この歳になって恋愛したいなんて……と恥ずかしがる必要は全くありません。

むしろ誇るべきことなのです。いくつになっても恋愛感情を忘れないというのは素敵なことです。

そういった感情を忘れてしまったら、色味のない人生を今後歩むことになるのですから。

年甲斐もなく、色恋を求めるなんて恥ずかしい…なんて思っていませんか?

人として生まれてきた以上、いくつになっても恋をしたいという気持ちを持つことはとても素敵なことです。

ぜひ、大事にしてください。

また、そう考えているのは女性も一緒。

熟年だからといっておしとやかに落ち着いた関係を皆が求めているとは限りません。若い動物のような、激しいセックスを求めている人達だっているのですから。

今年になってますます我々中高年代の活動が活発になってきているのを感じます。これにはアベノミクスに対する期待感というか、全体的な上向き感を感じますね。

出会いの最大のコツはなんといっても諦めない心です。会えるまではやはり何かと大変なものですが、その見返りは十分にあるのですから。

熟年出会いの現在は、はっきりいって、日に日に活発になってきています。

アラフィフ男の恋愛やセックスを薦めたい理由

わたしが何よりもアラフィフ男の恋愛やセックスを薦めたい理由は、何と言っても、日々の充実感と彩りです。

恋愛パートナーが見つかるまでは、それは無味乾燥した日々だったと…言い切ってしまって構わないでしょう。ただ毎日の仕事をこなし、家に帰れば特にすることもなくただ寝るまでの時間を潰して、朝起きてまた昨日と同じ日々が始まる…。そういった思いを抱えている方は多いのではないでしょうか。

でも、恋愛をしてからというものは、周りの景色が輝いて見えるのです。

これは比喩や大げさな話ではなく、本当に輝いて見えるのです。今までも目に入っていたはずの草花や青い空と雲。そういった日常の景色にすら感動してしまうのです。

もし、この気持ちを知らないまま過ごしていて、そのうち老人になり乾燥した世界のまま死んでしまっていたらと思うと……本当にぞっとします。ですが、今では信頼できる恋愛パートナーと知り合えたことで、毎日が幸せです。胸を張って「いま、自分は幸せです」と言い切れるのは少ないのではないでしょうか?

わたしはそういった意味でも、とても恵まれていたと思います。今のパートナーと知り合うことができた出会い系サイトには、感謝の念に絶えません。

恋愛をすると、劇的に老化を抑えられます

これはわたし自身の実感からもそうですし、わたしの身の回りでも、恋愛を現在進行形でしている人と、恋愛をしていない人とでは明確な差がでています。

まずは見た目からして、大きく違いますね。やはり、恋愛をしている人というのは表情がいきいきしていますし、しゃべり方や動作なども1つ1つがしっかりしている印象です。

どうして恋愛をすると老化を抑えられるのか?

なぜそうかといえば、恋愛感情が脳を大きく刺激しているからなんです。人の脳や身体というものは、変化がないと衰退していく一方です。

とくに我々のような還暦を過ぎた高齢者というものは、日々の変化というものがどうしても乏しくなってしまいます。これは皆がそうなのです。

でも、そんな中でも元気いっぱいで若々しい同年代の人というのが必ずいますよね。そういった人というのは、たいてい恋をしています。それは奥さんであったり、友人のなかの一人であったり、もしくは人妻相手に恋をしてしまっていたり……人それぞれではありますが、恋をしているという気持ち自体に違いはありません。

わたしも、こういった出会い系で交流を探すまでは、なんともつまらない毎日を送っていたものです。今が何曜日かもよくわからない、やっているテレビ番組でかろうじて曜日感覚を保っているだけの生活…。このまま長生きして、なんの楽しみがあるんだろうか? 10年20年と生きることが出来たとしても、それは意味があるのか……? なんて自問自答したりもしました。

ですが、いまはそういったことに思い悩むことはありません。なぜなら、毎日が楽しくてそんなことで悩むひまがないからです。

これを書いている今も、明日に遊ぶ約束をしている女性と、どんなことを話そうか、どこへ行こうかと、あれこれ考えるだけでもすでに楽しい時間を過ごせているのですから。実際に会える明日はきっともっと楽しいことでしょう。

そういった刺激的な時間を、ぜひみなさんも体験してほしいものです。「いままでの生活はなんだったんだ……」と、きっといい意味での驚きと後悔を感じられることでしょう。

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

生きる意味とはなんなのか? そんな哲学的なテーマさえ見てきそうな、とあるアンケートの結果が話題となっています。40歳前後の中高年男性に対し、普段の生活をどう感じているか?と調査したもので、その結果がコチラ。

中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く

生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。
35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15281.html

中高年男性が10人いたら7人は毎日がつまらない、と感じているわけです。一度しかない、大切な自分の人生なのに「つまらない」と切り捨ててしまっているのは、あまりに悲しいことではないでしょうか。

とはいえ、その気持ちはとてもよくわかります。わたしも出会い系を始める前は、まさにそんな絶望とも言える毎日をさまよい歩いていたのですから。

中年男性にとって「仕事」という存在はとても大きいです。生活の基盤となる仕事はおろそかにすることはできませんし、どれだけイヤなことがあっても、仕事を投げ出してしまっては生きていくことが出来ません。

社会的に貢献できて、やりがいのある仕事であればモチベーションもわくことでしょう。しかし、世の中そんなきれいで楽しい仕事ばかりではありません。やりたくもない仕事を無理やりやらされ、下げたくもない頭を無理やり下げさせられ……。それでもなんとか「家族のためだから」と折り合いをつけて耐えている中高年男性も多いことでしょう。

そんな仕事をこなして家に帰ってきても、妻や子供からは「ウザい」存在として冷たくされ、煙たがられる始末。なぜ自分を毛嫌いしている人間を養うために、「家族のためだから」と、つらい仕事をイヤイヤこなさなければならないのか?「一体誰のおかげで食えてると思ってるんだ!?」……と、怒鳴り散らしたくなる気持ちもよくわかります。

自由になるお金も時間もない。家族のためと思って身を粉にして働いても、感謝されるどころかうっとうしがられる日々。これでは「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか。今の自分はまるで奴隷か、生ける屍じゃないか」と感じてしまうのも無理はありません。

いまは正社員として就職をし、結婚するだけでも大変な時代だと言われています。これまで「普通の人生」を歩んできた中年男性にとって、今からそのレールを大きく踏み外すことは大きなリスクを伴います。

仕事を辞める……。離婚をする……。どちらも衝動的にしたくなる時は何度もあれど、結局は実際に踏み切ることはとても難しく、非現実的な部分が多いですからね。

もはや自分一人だけの問題ではないのです。自分や相手側の家族に迷惑をかけることになりますし、もし子供がいるのならその子の人生を大きく変えてしまうことにもなりかねません。

でも、だからといってつまらないと感じる日々をずっとこなすのはまるで終わることのない拷問を日々受け続けるようなものです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、我々中高年男性はいったいなにに癒やしを求めればいいのでしょうか?

出会い系は、いまの生活を劇的に変えるカンフル剤

そこでわたしが選択したのが、出会い系でした。

単純にわたしは、さみしかったのです。心を許せる相手、おもいっきり甘えさせてくれる女性が欲しかったのです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、立ち止まればいいのです。わたしは、ちょっと羽を休めることが出来る止まり木が欲しかったのです。

幸いにも、いまの出会い系はとても出会いやすくなっているようで、相手はすぐに見つかりました。わたしと同年代の人妻で、同じく毎日がつまらなく、寂しさを覚えていたようです。

同じ境遇で悩んでいる人がいる。そう実感出来るだけでも励みになりましたし、自分のことを「一人の男」として見てくれる女性とメールで毎日のようにおしゃべりする時間はとても楽しく、明日が楽しみになる気持ちを久しぶりに思い出させてくれました。

他愛もないメールをしていただけですが、特定の異性がいるだけで毎日はとても楽しくなるのです。あれだけつまらなく、無味乾燥に感じていた毎日がウソのように、急にみずみずしく色鮮やかな世界に見えるようになりました。

その後は男女の流れとして、自然にお会いすることになり、何度目かのデートでセックスをするに至りました。とても幸せでした。性欲を解消するためのセックスではなく、相手のことを心底求めて欲しくなる官能的なセックスは、何十年かぶりの興奮でした。

毎日がつまらないと感じていると答えた72%の男性たちは、きっと出会い系を利用していないことでしょう。なぜなら、出会い系を利用していればつまらないと感じることはまずあり得なくなるからです。

もしアナタがその72%のうちの一人であるなら、出会い系を始めてみることをオススメします。なにも難しいことではありません。ガラケーかスマートフォン、あるいはパソコンが1台あればそれだけですべて事足ります。

これからの人生、まだまだ折り返し地点あたりであるとわたしは思っています。まだまだ40年近くあるかもしれない人生を、ずっと「つまらない」と認識しながら、なにも行動を起こさずに過ごすのは、それこそ本当につまらないことです。

転職したり、離婚をしたりといったことは今すぐ自分の都合だけで出来るものではありません。しかし、出会い系を始めるくらいでしたら、そのどちらも気にする必要はなく、今すぐにでも始められます。

ツマラナイと嘆くよりも、自分で行動してオモシロイことを見つけましょう! 大事なのは、その一歩を自分の足で踏み出すことです。

若い女の子と出会えていますか?

40代・50代・60代の熟年のみなさま。若い女の子と出会えていますか? わたしは50代ですが、インターネットの出会い系サイトを利用して、若い女の子と出会っています。もちろん、お金を払ったりすることなくセックスを堪能しています。

年をとると、若い女の子は相手をしてくれないんじゃないかなんて思っていませんか?

そんな心配はまったくありません。熟年男性でも若い女性と出会うことは十分に可能です。

わたしは、5年前から出会い系サイトを始めて、生活が一変しました。最初の1年は試行錯誤を繰り返すばかりで結果がなにも出なかったんですが、すこしずつ上手く行くようになって素人の女性とたくさん出会っています。

また、出会い系サイトを利用して知り合った女の子と、いままでの人生で経験したことのないようなアブノーマルな経験をし、快楽の絶頂を味わえたのも出会い系サイトのおかげです。

さて、では、 どうすればそれが実現できるか?出会いのために何が必要か?

自己紹介を簡略に書く。楽しいメールにする・・・ etc

「出会い指南サイト」にはだいたい上記のようなポイントが書かれています。 それだけでは足りません。そこにはなぜかのポイントが一部書かれていません。ここであなたにご紹介するのは、わたしがいままで培ってきた、出会いを見つけるための秘訣の集大成です。「本当のあなた」を伝えることのできる「出会いの理論」です。

あなたの出会いを見つけるヒントが必ずあります。

今のあなたが変わるきっかけを掴むことができます。

ただ、過ぎるだけの日々にさよならを

朝起きて長い時間をかけて会社に通勤し、会社では仕事に追われ残業に迫られ、やっと家に帰れたと思ったらもう深夜…。また、明日の仕事に備えてそのまま眠る。そんななんとも味気ない日々を過ごしている男性というのは、我々のようなオジサン世代には特に多いことと思われます。

それはそれで充実しているとも言えますし、不満には思わない人もいるかもしれません。ですが、やはり単調な日々ばかりを過ごしていると、いつの間にか脳への刺激もなくなり、一気に老けこんでしまうのも我々の世代の特徴です。

せっかく人間として生まれ、こうして日本という恵まれた国に生まれ、男として生まれたのに、このままただ単調に人生を終えてもいいのだろうか? そう自問自答するときもあったりしますよね。そういったときに、ぜひ選択肢に加えて欲しいのが異性との出会いです。

いま特定のパートナーがまだいない人にとっては信じがたいかもしれませんが、メールのやり取りをするだけでも、びっくりするくらいウキウキしてしまうんです。もう50歳も間近というこのわたしが、メールの着信音がなるのが楽しみで仕方なく、鳴った時は飛び上がるほど嬉しい思いをしたりするのです。

ああ、人間ってこういう気持ちになれるんだ……。と、しみじみ思ったものです。ぜひ、皆さんにもその気持ちを味わってほしいものですね。

アラフィフ男は出会い系でアバンチュールを楽しもう

少年老いやすく学なりがたしのことわざどおり、人間、年を取るのはあっという間ですね。年を取れば髪は薄くなり、加齢臭に悩まされたりするのはいずこも同じです。

鏡に写る自分を見て、もはや異性との出会いなど起るはずもないと、あきらめにも似た気持ちになるのも分からなくはありません。

しかし、人間である限り、異性に対する関心や憧れといった感情が無くなることがないのも、また事実ではないでしょうか。

むしろ、中高年に至ったればこそ、幾多の経験を重ねた結果、改めて異性との関係に癒しを受けてみたり、可能性を感じたりすることが出来るようになったりします。

とは言っても現実には、女性と知り合うどころか口をきく機会さえないのに、どうやって出会いなど起こすのか? もはやあり得ないと諦め気味の方にこそ、騙されたと思って出会い系サイトに登録することをお勧めします。

出会い系なら鏡に映る自分を気にせずアピールできる

通常、男女間の出会いでは、どうしても容姿が前面に出てしまいがちです。それで勢いよほどのイケメンは別にして、ほとんどのアラフィフ男は出会いの前段階で不利になりがちなわけですが、出会い系サイトではその心配は要りません。

薄毛も加齢臭も気にせず、気に入った女性にどんどんアプローチできるわけです。男は攻めて何ぼですから、積極姿勢に転じられさえすれば、それだけで出会いの可能性は大きく高まります。

本当を言えば、出会いを成就させる上で一番大事なものは、この積極姿勢です。

出会い系サイトは中高年に、そのきっかけを作ってくれるまたとないツールでもあるのです。

出会い系は今も魔法のツール

ネットが一般社会で普及を見せた出会い系サイトの草創期には、出会い系を通じて知り合った相手が、実物よりも2割りも3割もよく映る現象が普通に見られました。

卑近な例として、リアルで知り合ったのであれば、お茶すら飲む気にならないようなレベルの相手とでも、ネットを通じて知り合ったというだけで、喫茶店どころかいきなりホテルまで行ってしまったりしました。

とにかく出会い系を通すと相手がよく見える現象は逆に、相手からしてもこちらがよく見えることを意味します。事実、このことは多くの女性も認めています。

そして、この摩訶不思議な出会い系マジックとも言える効力は、出会い系サイトが成熟期に達した今でも少しも衰えていません。

この出会い系サイトが持つ特性が、中高年にとって大きな味方になります。

若い女性との恋愛にはアンチエイジング効果がある

生理学的に、アンチエイジングが技術として確立されかけています。アンチエイジング技術では、単に寿命を延ばすのではなく、いかに若さを保ちつつ年を取るようにすることが出来るかがカギとなっています。

一方で、人が若さを保ち得るためには、身体的なアンチエイジングの技術と同じくらい、精神面での若さが大事であることは論を待ちません。

ゲーテは80歳になっても恋愛感情を抱いていたことで有名ですが、精神面の若さを保つことと恋愛は、切っても切れない関係にあると言えるのではないでしょうか。

現在、出会い系サイトには、オジサンに憧憬をもつ若い世代の女性が、たくさん登録しています。

そうした若い女性と、熟年世代に突入したオジサンをマッチングさせる出会い系サイトの基本的アイテムは、精神面のアンチエイジング技術と言っても差し支えありません。

目下、官民が一体となって進めているアンチエイジングの研究体制に、出会い系サイトが食い込むことはこれから先もないかもしれませんが、ビタミンがアンチエイジングに有効であるという研究成果以上に、恋愛がアンチエイジングに効果的だと喧伝しても、あながち間違いではないといえるのではないでしょうか。

若さを保ちながら年をとることは人間誰しもの願いです。オジサンにとって、その特効薬が若い女性との恋愛であるとすれば、出会い系サイトはまさに最良の処方箋となるはずです。

若い女性との恋愛効果は生活の質を高める

オジサンが一念発起して始めた、若い女性との文字による出会い系サイトでの交流が功を奏せば、やがてご対面の日を迎えます。

実際に目の前に、すでにメールで十分意思疎通を終えた若い女性が現れれば、さしもの経験豊富なオジサンでも、心臓がパクパク音を立てて興奮を覚えるかもしれません。

恋愛には、年齢やそれまでの経験とは関係なく働く、そうした純粋な作用があります。

ある種の浄化作用ですが、これがアンチエイジングに効果的であるばかりか、さらには副産物ももたらしてくれます。

街の中で若い女性と落ち合うためには、それなりの服装や身だしなみが必要になります。仮に最初は野暮ったく見えても、若い女性からのアドバイスが加えられることで、オジサンが見違えたようにおしゃれに変身したりします。

結果として、周囲からの見られ方も変わり、さらに新しいチャンスに恵まれるようになると、もはや人生そのものが一変することになります。

出会い系サイトに登録することは、中高年の生活を刷新して、生活の質を高める契機となります。

勝ち組の中高年は草食系男子だった

216142男女ともに恋愛や結婚に対する積極性が薄れ、生涯未婚率も上昇の一途といわれる現在です。

草食系男子」と呼ばれる積極的に女性にアプローチしない淡白な男性が増えてきました。

この草食系男子は「恋愛生態系」の中では数こそ多かれ、実力において「肉食系男子」に及ぶところはないはずです。

しかし、実は肉食系男子よりもはるかに優位に恋愛人生を歩んでいるという事実をご存知でしょうか?

草食系男子は全世代に増殖している

草食系男子とは、もはや若者だけのものではありません。

10代後半からの草食系男子と呼ばれた「純正草食系男」子は、もうすぐ30代を迎えます。

当時20代や30歳前後で「肉食化」できなかった人や、いち早く「草食系」の繁栄を見極めた「変性草食系男子」も増え、現在の40代、50代においても草食系男子(おじさん)が多く存在しています。

そして70代、80代になると、若者以上に「草食」と「肉食」は2極化し、高齢者施設で「愛され老人」になるのは、きまって「草食系」です。

肉食系を生んだバブル世代の今

ここで、草食系の正反対に位置する肉食系男子の今、について解説しておきましょう。

1980年代後半、空前の売り手市場のなかで社会人となった若者は、肩パッドの入ったダブルのスーツを着て、ワンレンボディコン女子と一緒にスタイリッシュなアフターファイブを楽しんでいました。

この時代にも「モテる人」「モテない人」の差はありましたが、「一億総浮足立ち社会」の中で、男性たちは今よりもはるかに恋愛に対してアグレッシブに生きていました。

つまりバブル世代にとっては、肉食系こそ輝かしい時代の象徴でもあるのです。

40代後半~50代半ばとなったバブル世代の大人たちは、若かりし頃の「肉食臭」に「オヤジ臭」を加え、怪しいフェロモンをプンプンさせながら、いまだに恋愛生態系のトップにいる……気でいるのです。

肉食系「ギラツキ」で勝負できるのか?

肉食系オヤジたちの魅力は、「草食系男子にはないグイっとくる押しの強さ」と「金(マネー)の匂い」です。自分から積極的にアプローチしない草食系男子に、物足りなさを感じているいまどきの女子にとっては、こうした押しの強さと金の匂いは新鮮でたまりません。

そしてこの「ギラツキ」は約30年間熟成されたものであり、チャラチャラ踊り狂うだけのエセ肉食系の若者とはモノが違います。

「そう!そうだろ」と納得したあなた!残念ながらそうではありません。「ギラツキ」は世界はおろか、あなたひとりすら救うことはできません!

いつまでもお盛んな肉食系男性の老後とは

肉食系の「ギラツキ」の正体はテストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンは男性機能の成長に関与し、筋肉の増大や体毛を濃くするといった見た目の変化のほかにも、行動力や判断力を維持増進する働きを持っています。

中年期以降、このテストステロンが減少することで、男性機能が弱くなり、それ以外の機能や意欲も低下し、いわゆる「男の更年期」の問題が生じる人も少なくありません。

こうした問題を回避するためにも、テストステロンが低下しないように運動をしたり、適度に刺激のある生活を送ることが推奨されています。

しかし、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

過剰な男性ホルモンの分泌は、攻撃性を高め、そのことによって些細なことに腹を立てたり、自分の思い通りにいかないことに憤りを覚えたりし、周りの人への「暴言」や「暴力」に及んでしまうこともあります。ただでさえ、歳をとることで身体の機能や思考の柔軟性は失われていきます。そのなかで、「肉食系」へのこだわりが強すぎると、思い通りにならない気持ちばかりが増大し、結果「暴言」や「暴力」という女性がもっとも嫌がることしてしまいやすくなるのです。

歳をとってからの「肉食系」へのこだわりは、自身の心身のバランスを崩しやすくし、周囲とのコミュニケーションのトラブルや、さらにはストレスに起因するほかの病気の誘因にもなりかねません。

自身の健康のためにも、若かりし頃からギラツイてきた人ほど、中年期以降は「男アピール」を控えるようにしましょう。

時代はやはり草食系を求めている

草食系主流の今も、ときとして「肉食系」が脚光を浴びるときがあります。

スポーツで鍛え上げられた身体や、勝負ごとで勝ちにこだわる姿勢は、草食系礼賛者にとっても魅力的に映ることがあります。

しかし、世の中の草食化の流れがやむことはありません。

草食系は自身の考えを押し付けたり、主張したりしないばかりか、周りの行き過ぎるムードにも優しくブレーキをかける存在として、世の中に欠かせないものになっています。

恋愛においても同じです。

かつて過ちを繰り返してきたり、ラストチャンスを願う妙齢の女性にとっては、草食系こそが恋愛の対象になるのです。

中高年で出会いを求めている人の対象は、「肉食的ギラツキ」ではなく「草食的安心」です。

勝ち組の中高年は、やはり「草食系男子」なのです。

出会い老後破産を避けるには40代がラストチャンス

高齢化社会になると、今までの常識的な考えかたで老後設計をしておいても、何かのきっかけでかんたんに老後破産してしまいます。

破産の危険は、家計や健康面だけにとどまりません。それと同じか、それ以上に深刻な問題が、老後の異性交遊です。

生きるということは年齢と関係なく、性、つまり異性に関心を持ち続けることでもあります。

年老いて働けなくなれば、貯蓄や年金が支出を賄うように、若い頃からの付き合いが、老後の異性交遊のベースになります。

老後になってからでは出会い系サイトも使えません。

わたしは、相手を見つけられなくなってから、付き合う相手がいなくなることを異性交遊老後破産と呼んでいます。

異性交遊老後破産をまねかないように、若い頃から出会い系サイトを使って、しっかり気の合う異性をキープしておきたいものです。

多くの方にとって40代は、異性交遊老後破産を回避するための、ラストチャンスです。

幸いなことに世の中は空前のおじさんブームが続いています。出会い系サイトでも、若い女の子達がおじさんを絶賛求めています。

この絶好の機会を逃すことなく、老後の異性交遊に備えましょう!

異性交遊は年をとってからでは遅い

上海のショッピングセンターでは、ほとんど買い物もせずに、家具売り場のソファなどに長時間居座る老人達が、そこを出会いの場にしていることに苦慮して、ついにたむろする老人達を追いやったことが話題になりました。

追い立てられた多くは身寄りのない孤独な老人達で、同じように伴侶に先立たれたりした老女と気軽に出会える場所として、室内環境の整ったショッピングセンターは、格好の場であったようです。

こういうところにも中国人の逞しさを感じるのですが同時に、出会い系サイト大国である中国をもってしても、老人の出会いまではなかなか手が回らない実情も感じさせられます。

このことは日本の出会い系サイトでも変りません。高齢者の登録はまだ数において圧倒的に少数派です。大手出会い系サイトでもその状態ですから、60代以降に出会い系に登録しても、可能性は限りなく低くなります。

しかし、年をとっても異性の友達が欲しい、出来ればセフレが欲しいという気持ちは、中国でも日本でも、おそらく世界中で変らない願望ではないかと思います。

まして日本では、70歳で平均寿命を迎える中国とは異なり、65歳まで現役で働くことが当たり前の社会になりつつあります。仕事をしていればわずかであっても収入が得られますから、それだけ日本の60代は恋愛もしやすい環境に入ります。

にもかかわらず、その環境は整っていないのです。

40代も後半になれば、50代、60代に突入するのはあっという間の出来事です。年をとってからではセフレはおろか、異性の茶飲み友達一人見つけるだけでも大変なことになります。

余裕のある40代のうちから相手を見つけておけば、それだけ年をとってからも楽しいハッピーライフ、セックスライフが送れるというものです。

出会いの老後破産を回避する

超高齢化社会を迎えつつある現在、大手新聞などでも老後破産を回避するノウハウを扱った記事が目立つようになりました。

家計コンサルタントのような人が、余力のある40代から老後に備えるようアドバイスを送っています。

同じことは異性交遊における老後破産を回避するノウハウにも通じます。今の40代は、出会い系サイトでもいくらでも相手を探せる年代です。

同世代や上の世代の熟女から下の世代の若い女の子達まで、上からも下からもモテまくりの世代ですから、セフレでも趣味の友達でも、簡単に見つけることが出来ます。

仮に20代の子をセフレにキープしておけば、自分が60代になっても相手はまだ40代ですから、いくらでも楽しむことが出来ます。

40代のうちに時間を掛けてじっくりと出会い系サイトで気の合う相手をしておき、異性交遊のまるで持てない寂しい老後を回避することは、老後資産を貯えておくのと同じか、それ以上に重要な時代になってきています。

若い子のおじさんブームは本物

若い女の子はもはやおじさんにお金や社会的地位を求めてはいません。金銭や人脈を目当てにおじさんに興味を抱いているわけではないのです。

もっと内面的な部分でおじさんに惹かれています。

それどころか、おじさんの老後まで考えて付き合おうとしているのです。惚れ込んだ相手とは、ヨボヨボになっても一緒にいたい、尽くしたいといいます。

そうまでしておじさんと付き合いたい若い女の子たちが特殊かといえば、出会い系サイトにすらそうした若い女の子がいる現状を見ると、もはやおじさんが当たり前の選択肢に入ってきていることを感じさせられます。

金銭の関係では、所詮長続きしませんから、老後の異性交遊につながらない危険性が高くなります。

40代の今、本物のおじさんブームにあやかって、老後の異性交遊破産に備えるときです。

老後はあっという間にやってきます。後悔をしないためにも、どちらかの大手出会い系サイトに登録を済ませておきましょう。

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました50代を過ぎてくると認知症やアルツハイマー病ともそろそろ真剣に向き合わなくてはならない時期が近づいてきます。老いからくる認知症は悲しいですよね。年齢的に、父や母が認知症になってしまい、息子の自分すらわからなくなってしまったことに深い悲しみを覚えた人も多いことでしょう。

しかし、今度は自分がそうなってしまうかもしれないかもしれないのです。

「50代で認知症?そんなバカな!あれはせいぜい70歳くらいからの病気だろう? まだまだ気にするには早すぎる」と、そう思うかもしれません。しかし、40代~50代でも発症してしまう、若年性認知症という病気が存在するのです。

若年性認知症という病気

若年制認知症の平均発症年齢は51歳

「若年性認知症」とは、その名前の通り、「若年」に起きる病気です。

「若年」とは64歳以下の人のことで、65歳以上の高齢者が患う「認知症」とは区別されます。

若年性認知症を患う平均年齢は、51歳だと言われ、10万人あたり48名(小数点以下四捨五入)がこの病気を患うとされています。

2000人に対して約1人の割合で起こるものですから、その頻度は決して高くはありません。

しかし、それゆえに、医療機関などにかかっても、発見されにくいという問題があります。

若年性認知症の症状は、記憶障害から始まることが一般的です。

51歳という年齢は、会社のなかでも管理職の地位についていることが多い年齢のため、大事な会議のスケジュールを忘れてしまっていたり、会議の存在自体を忘れてしまったりしてしまいます。

高齢者だけじゃない!40代50代に忍び寄る若年性認知症で知っておくべき8つの知識

pic-20140216223756このように、わずかながらも認知症になってしまう可能性は残されているのです。自分は大丈夫、と思っている人ほど危ないという傾向もありますからね。

一般的に40代50代の男性は仕事においても家庭においてもいろいろと落ち着いてくる時期です。会社の中での立場も安泰になり、家庭においても子供が思春期を終えて手がかからなくなってくる。ちょうどそんなタイミングが重なったりするものです。

そうなるとどうなるか? 良くも悪くも、毎日が単調になってしまいがちなのです。安定した仕事と家庭なんてのは今の時代にとってはとても貴重なものかもしれませんが、当の本人にとってはその価値はわかりにくく、ただただ同じような日々を無為に過ごすだけ……なんて中高年男性も多いのではないのでしょうか?

そんな「刺激のない」日々を送っている人ほど、この若年性認知症の危険性があるのです。単調で刺激のない毎日は脳を刺激することが少なくなり、記憶障害の引き金になってしまうことも。

これまではクロスワードパズルやニンテンドーDSの脳トレゲームなどといった遊戯的な認知症対策が人気となりましたが、あれはあくまでもゲームであり、興味がない人にとってはやる気が起こらず、長続きしないものでした。

しかし、今回はおどろくべき研究結果が発表されたのです。それは、セックスという行為がなによりの認知症対策であるということです。

女性とのセックスは脳も身体も活性化させる

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

セックスという行為は身体にとって有益であることは誰しも疑わないことでしょう。しかし、それが認知症対策にまでなることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

健康的なセックスライフは、若さを保つ秘訣と考えられているが、最近の研究では、セックスが記憶力にもプラスの効果を持つ可能性が示唆された。

(中略)

研究を指揮したヘイリー・ライトとレベッカ A. ジェンクスは、様々なバッググラウンドを持つ50~89歳の6,800人を対象にした「英国の高齢者の縦断的な研究」の、データと認知力テスト結果を分析した。ライトは英紙ガーディアンに、「50歳以上の人々のセックス行動と認知機能テストのスコアには、はっきりした関連性がある」と述べた。

この結果は、認知症やアルツハイマーなど“脳の老化”が引き起こす疾病への関心が高まっている現代社会で、中高年にとって朗報となるかもしれない。一方で、多くの人は中年に入るとセックスから遠ざかるため、この恩恵を受けることが難しい現実もある。
セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

まだまだ研究段階ではありますが、十分に納得できるものです。中高年になってまったくセックスをしない人と、定期的にセックスをしている人。どちらが健康的で魅力的かといえば、明らかに後者のほうですよね。

しかし、この研究結果の問題点としては本文中にも述べているように「中高年になればセックスする機会が減ってくる」という点です。これは性欲的な部分もありますし、すでに結婚相手のパートナーとはセックスレス状態になってしまっている事が多いからですね。

妻とはセックスをしない

セックスが認知症対策になるからといって、その場ですぐ始められるわけではないのです。セックスするには当たり前ですが、相手が必要になります。本来のパートナーとその役割を果たせれば一番いいのですが、そう上手くはいかない家庭のほうが多いでしょう。

実際、わたしも何度か妻を誘ってみることをしたのですが、そのすべてに失敗しました。4回か5回は誘ったと思います。しかし、それでダメならもう一生ダメな気がしています。おそらく、なにか妻側に心変わりがない限り、わたしたちは一生セックスすることはないのでしょう。なんだか、そんな気がしています。

同じような気持を抱える中高年男性は多いのではないでしょうか? いまさら妻とセックスだなんて、ちょっと考えられない、と。

性欲がなくなったという勘違い

「もう性欲というものも衰えてしまった」と感じている中高年男性も多いことと思われます。しかし、それは勘違いであり、その勘違いをずっと続けてしまうことはリスクであることが多いのです。

性欲がなくなったのではなく、妻とセックスできないことがわかっているから、必要以上に性欲を起こさないように、脳が調整しているだけなのです。少なくとも、わたしはそう思います。

出会い系を始めてみる前のわたしはまさに「枯れた男」でした。性欲もなくなり、オナニーだって週に1度するかしないか。それも「夢精して妻にバレたら恥ずかしいから」という、情けない理由で事務的なオナニーでした。

出会い系で人生が変わった

もう、自分は男として終わったものだと思っていたのです。しかし、それは勘違いでしかありませんでした。出会い系を通じて女性と出会うようになって、いまや性欲は勢いを完全に取り戻しています。

週に1度の悲しいオナニーは週に1度の楽しいセックスに変わりました。いまでは毎週、女性と会う日が楽しみで仕方ありません。

それまでは日付も曜日もあいまいだったものです。「今日は何日で、何曜日だっけ?」なんて思い出せなくなることもありました。いま思えば、そんな日々を今でも続けていたら若年性認知症になってしまっていたとしても、何らおかしくなかったと思います。

しかし、今ではまったく違います。女性との約束の日が毎日たのしみですから、指折り数えて待つ日々です。「今日は何日で何曜日だから、あと3日で彼女と会える。楽しみだなあ」なんて通勤電車の中でワクワクしながら、出勤している日々です。

ふと周りを見渡せば、死んだ目で興味もなさそうなスポーツ新聞の記事を読んでいる中高年男性をよく見かけます。わたしはといえば、スマートフォンで次のデートはどこにしようか、ラブホテルはどこを利用しようか、とウキウキしながら調べ物をしています。

負け組から勝ち組へ

はっきり言ってしまえば、これまでのわたしは「負け組」であり、今のわたしは「勝ち組」だと思います。人生を楽しんでいる、という自覚と自信がありますからね。

これもあの日に気まぐれで出会い系に登録したことから、ほんのささいなキッカケからわたしの人生は大きく変わったものだと思うと、本当に人生って不思議なものですね。

40代50代で「自分はもう終わった男」だなんて勘違いをしている人は、ぜひ出会い系に登録してみてください。わたしはこの歳になって出会い系を始めてみて、本当に良かったと思っています。

出会い系で人生が変わるなんて大げさな、と思うかもしれません。しかし、出会い系で女性と出会い、セックスをすることで認知症対策になり、将来において認知症にならずに済むのなら……これほど大きな人生の変化もないのではないでしょうか?

もちろん、わたしが認知症にならない保証はありません。しかし、これまでのように出会い系を利用せずにただ無為な毎日を送っていた頃よりは、明らかに認知症のリスクは減っていると思います。

認知症は自分だけではなく、家族に対しても負担をかけてしまう悲しい病気です。自分で自分がわからなくなってしまうという、なんとも恐ろしい病気でもあります。

女性とのセックスを楽しめて、認知症の予防にもなる。出会い系ひとつでここまでメリットがあるのですから、利用しない理由はないと思いますよ。

ただし、わかい女の子とのセックスは遊びだけにしてください。「若い女とは遊びでセックスするに限ります。決して本気にならないよう注意しましょう」にも書いてありますが、結婚なんてしてしまっては悲劇ですから。

出会い系はオジサン好きの若い女の子たちでいっぱいです!

熟女ブームだなんていわれて久しい今日この頃ですが、みなさんはどのくらいの年齢が好みでしょうか?一般的には年をとるに連れて、許容範囲が広がっていきますよね。

わたしがまだ10代だったころには30代の女性なんてのはオバサンとしか思えませんでしたが、そんなわたしも今や立派な中高年世代。もはや30代の女性なんてのは若いほうに分類されるくらいです。

20歳の男性が45歳の女性が好き!といえばそれは立派な熟女好きといえるでしょうが、我々のような40歳や50歳をすぎた男が45歳の女性が好き!といってもそれは別に熟女好きでもなんでもなく、ただの同年代が好きというごく当たり前の感情なのです。

むしろ、そのほうが気楽ですからね。世代が同じであれば共通する話題も多いですし、価値観というものもそこまでかけ離れた人というのはあまりいません。

でも、そんな常識がまったく通用しないのが、いまの若い女の子です。

正直なところ、いまの若い女の子を見て「付き合いたい!」と思うよりも「なんだか怖い!」と感じる人のほうが多いのではないでしょうか?二人っきりになったとき、なにを話せばいいの?と思ってしまいますよね。

そういう不安な部分はあるけど、エッチをする相手としての若い女の子は捨てがたい……そんな悩みを抱える中高年男性も多いのではないでしょうか?そんな思いがあるからこそ、若い女性からメールが来たとしてもあれこれと深く考えてしまって結局返事を出せなかった、なんて経験もあるかと思います。

でも、そんな心配は無用なのです。なぜなら、その若い女性はあなたの年齢を知った上でメールをしているのですから、世代や価値観が違うのは承知のうえで会ってみたいというアタックを仕掛けてくれているのです。それなら、何を踏みとどまる必要があるのですか?相手はすでに、自分を受け入れてくれているようなものなのです。

出会い系に登録している若い女性の多くは年上好き

そもそもの話になってしまうのですが、若くてかわいい女性に出会い系は必要ありません。同じ学校であったり、同じ職場であったり、もしくは友達同士の横のつながりであったり、同年代の男性と知り合うきっかけになる場というのは豊富にあるのですから。

それでもなお出会い系を選ぶというのであれば、同年代の男性からはあまり相手にされない容姿や体型であったりするのかもしれません。そういった女の子とはあまり積極的には会いたくないですよね。

ですが、もう一つの可能性があります。それはその若くてかわいい女性が同年代の男に興味がなかった場合です。こういうケースが最近特に増えてきているように感じます。何度かこのブログでもお伝えしておりますが、いまの若い男性というのはいまひとつ魅力にかける人が多いのです。それを一番ダイレクトに感じているのは、同年代の若い女性なわけですね。

そんな魅力の無い男性に見切りをつけて、年上の男性と知り合いたい。でも普段の生活ではなかなか年上の男性と知り合う機会がないので、出会い系を利用している……という女性は事実として大勢います。しかも、その多くは容姿にも恵まれたかわいい女性であることが多いのですから、ありがたい話ですよね。

そういった女の子というのは、イケメンやたくましい肉体を求めているわけではないのです。もし会った時に話題に困ってしどろもどろになったり、ついつい古臭い昔話をしてしまったときなども、彼女たちにとってはそれ自体が楽しい出来事だったりするのです。むしろ、変に女性に対してこなれていて余裕のある態度をとられるとがっかりしてしまう子もいるかもしれません。

若い女性が温水洋一さんや酒井敏也さんを見て「かわいい~~~」と言ったりしますが、そういう感性を持つ女性が出会い系には多く存在しているのです。

男からすると馬鹿にされているように感じるかもしれませんが、彼女たちに悪意はまったくありません。本当にそう思っているのですから。そう思われるのはしゃくかもしれませんが、それで若い女の子とエッチが出来るなら安いものともいえます。

もし女性のプロフィールに年上好きとかいていたり、好みの芸能人にジャニーズや若い俳優ではなく、40歳すぎの俳優などをあげている女性がいたらその子は狙い目である確率が高いです。

若い女の子に対して怖いという感情をもつ中高年男性というのは多いのです。興味はあるけど、手を出すには気が引けてしまう。そのため、若い女の子狙いというのはライバルが少ない穴場……という意外な一面もあるのです。

やっぱり、若い女性との出会いは楽しい!

わたしも最初はすごく不安でしたし、「本当にいいのだろうか?騙されているんじゃないか?」というようないまいち信じきれない部分もありました。思えば最初の出会いは、美人局を警戒してすぐそばに交番がある喫茶店を待ち合わせ場所に指定したものです(笑)

これまで十数人の若い女性との出会いを楽しんできましたが、トラブルに巻き込まれたことは一度もありません。すべてが楽しく、思い出に残るいい出会いでした。

もちろんセックスも非常にいいのですが、後半のほうはむしろデートのほうが楽しく感じて、セックスよりもデートの時間を増やしたいと思ってしまったほどでした。

これはセックスに飽きたわけではなく、きっとわたしが若い女性とのデートに慣れてきて、純粋に楽しむことが出来るようになったからだと思います。最初の頃のデートというのは、相手の顔色をうかがったり「これはするべきか?いや、今ならむしろしないほうが正解……?」なんて具合に、自分の一挙手一投足に対してものすごい気をつかってしまい、疲れてしまっていた部分があると思います。

でも、若い女性たちはすごく優しいんです。コチラが失敗してもそれを責めるようなことは決してなく、笑顔で受け入れてくれます。これまで出会い系で出会ってきた同世代の女性とは大きな違いでした……。

それはきっと、若くてかわいい女性は「余裕がある」からなのでしょう。女としての自分に自信を持っていますし、その価値についても十分に理解していて、これまでの人生で挫折や痛い目にあったことが一度もないんだろうな、というような「勝ち組」のメンタリティがそうさせるのでしょう。

それに対して、同世代の中年女性というのは気持ちに「余裕がない」事が多いです。すでに夫からは女性として見られることはなく、普段の生活においても人との関わりも薄く、褒めてくれるような人もいない。そんな生活を続けていたら自分を「負け組」だと思い込み、うっぷんが溜まって滅入ってしまうのも無理はありません。

容姿も性格も悪いのに、ささいな失敗も許容することが出来ず、食事はおごってもらえて当たり前。女性としての人生をこじらせた中年女性も、何人かいたのが印象に残っています。

もちろん、そんな「ハズレ」の女性は少数派ですけどね。多くの同世代の女性からは癒やしと安らぎをもらいましたし、セックスだって熟女ならではの老練なテクニックや包容感を味わえることが出来ました。

ただ……それでもやはり、若い女性と同世代の女性。どちらかだけと出会えるのであれば、わたしは間違いなく若い女性を選ぶことでしょう。最初こそ、すこしハードルが高く、戸惑うこともあるかもしれませんが、場数をこなして慣れてしまえばすべてにおいて若い女性のほうが上回っています。

これはわたしの個人的な感想に過ぎませんけどね。でも、若い女性をこわがって「食わず嫌い」をしてしまっている人は、わたしのように価値観が180度変わる可能性を秘めていることをお忘れなく。

思い切って、若い女性とのデートやセックスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

中高年男性がモテモテになってる現実とその理由について

ウソでも誇張でもなんでもなく、いま中高年はモテるんです。というよりは、いまの若い世代がモテていない、と言えるかもしれません。

40歳を過ぎた方々ならよくわかると思いますが、とにかく今の若い世代には元気がない!元気がなければ人間としての魅力も生まれてきません。

逆に、元気があるのが中高年世代なのです。40歳のことを不惑(どんな物事にも動じず、行動に迷いが無くなること)というように、男は年を経るごとに魅力を増していくものです。

わたし達の世代は「欲」があり、それを原動力としてきました。出世欲であったり、金欲や物欲であったり、より良い女を抱きたい性欲でもあります。

しかし、いまの若い世代には欲がなにもないのです。

  • 出世なんかしたくない。責任や面倒が増えるだけじゃないか
  • 別にモノなんていらない。パソコンやスマホだけあればいい
  • 女なんかどうでもいい。AVを見てオナニーすれば性欲は満たせる

……という価値観がはびこっているのが今の若い世代なんです。もちろん、全員が全員こうではありませんが、わたし達の世代からしたら信じられないほどこういった考えの若い人が多いのも事実です。

しかし、女性と恋愛をするのが面倒くさいというのは、本音のところでは「怖い」のかもしれません。告白をしてフラれることは自分を否定されることでもあります。そんな傷つき方をしたくない。ゲームやアニメに出てくる女の子から自分を全肯定してくれるのだから、現実の女なんかイラナイ!

当然ながら、このような男性たちにいまの女性は魅力を感じません。そうなると自然に、上の世代へと目が向くわけですね。

エネルギッシュで生きている「熱」を感じさせてくれる、そんな我々の世代に女性は魅力を感じているのです。

事実として、最近は年上男性と結婚する女性が増加の一途をたどっています。そして、こうして結婚したカップルはうまくいくことが多いそうです。歳の差があることによって、なにかと丸く収まることが増えるのだとか。

例えば些細な事で喧嘩をしたとしても、男性の方が年上であれば「ここは俺が折れることで丸く収めるか。しょうがないな、あいつもまだまだ子供なんだし」という大人の包容力を自然と見せることが出来ますし、女性側も素直に甘えることで大きな喧嘩に発展しないですみます。

歳が近い同士のカップルですと、ついつい意地を張って衝突してしまうことがありますからね。でも、年上と年下がはっきりと分かれていれば、甘える側と甘えられる側が明確になりますので、自然とその「役割」をこなそうとする意識が働きます。こうした自覚によって何かとスムーズにいくわけですね。

いまの若い男性にはお金がありません

もう一つの要因としては、ズバリお金です。皆さんは「若者の◯◯離れ」という言葉を聞いたことがありませんか?◯◯に入るものはクルマだったり、旅行だったり、腕時計だったりと様々です。

どれも昔に比べて若者が興味を示していないモノということなのですが、興味をなくしたというよりは「先立つモノがない」のではないかという意見が多く聞かれます。

事実、どれもお金がかかりますからね。なにしろ今の20代前半くらいの男性は、生まれた時から不景気のままで好景気を知りません。ずっと景気が停滞している閉塞感のなかで育ったのですから、消費は悪という考え方が根付いてしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

もちろん、我々の世代だって今は景気が悪く、けっして裕福なわけではありませんが、それでも今の若い世代よりは収入がありますからね。だからといって、無理して若い女の子を高級レストランにつれていく必要はないですよ。

連れて行くのは普通の居酒屋だっていいんです。ただ、こちらから気持よくおごってあげるくらいでいいんです。実際問題として、若い女の子とサシで飲みに行って割り勘なんてのはなんとも情けないですからね。

気持ちや金銭的な余裕を見せることで、自分をより良く、大きく見せることにつながります。若い女性が中高年の男に求めるのは安心感であったり、包容力であったりしますからね。その需要を満たしてあげればいいのです。