セカンド童貞を卒業しよう【実践編】

今回は女の子とのデート当日の身のこなしについてレクチャーしていきます。

エッチ誘導の心構え

待ちに待ったデートの日。当日エッチまでいけるかどうかは運にも大きく左右されますが、目標を下げると成功率も下がります。「その日に決めるぞ!」という強い覚悟で臨みましょう。

まず頭に入れておきたいのは、エッチのチャンスは、ただ待っていても永遠にやってこないということです。普通の女性は、道を歩きながら自分の胸を押し付けてきません。食事中、テーブルの下で、あなたの股間を触ってきません。エッチをしたいなら、あなたがエッチ方向へと相手の意識を動かしていかなくてはいけないのです。

最初は軽いエッチ話から始め、反応がよければボディタッチへ、次第にエロい触り方にシフトしていきましょう。出会ってからホテルの入り口まで到達するには、いかにスムーズに誘導できるか時間との戦いです。

エッチトークは質問形式で

エッチな話は男が一方的にしてしまうと、つい暴走して失敗しやすいものです。なぜならエッチの趣向は人それぞれなので、彼女がそこに共感していない場合、空回り状態になってしまうからです。

女性は一瞬でも「なんか違う」と思った相手には、心もカラダも開きません。

そんな事態を避けるには、質問形式で相手に聞いてしまうのがお勧めです。

まずは「SかMかでいえばどっち?」と聞いて、彼女の基本スタイルをリサーチしましょう。Mと答えられたら、ラッキーだと思ってください。受け身の女性は押しに弱く、比較的エッチな方へ誘導しやすいのです。うまくあなたのペースに乗せて、そのまま一気畳み掛けましょう。

対してSと答える女性は、けっこうエッチ好き。ただし男の好みもはっきりしているタイプですから、うまくエッチまでこぎつけるかどうかは、相性と運次第ですね。こちらからできるアプローチは限られますが、積極的なSの女性にひとたびスイッチが入ると、驚くほどスピーティーにベッドインできるでしょう。

こんな質問もお勧めです。

「カラダの一番弱い部分どこ?」

それほどエッチ度は高くないものの、相手の反応次第では急激にエロ度を深めていける良問です。女の子が恥かしそうに「ん~」と考えているようなら、「首?」「背中?」から様子を見て、「脚?」「太もも?」と徐々にハードルを上げます。それでも嫌がった素振りを見せなければ、「オッパイ?」「あ、アソコか!」と盛り上げていきましょう。これくらいの会話が成立すれば、もう勝負は勝ったも同然です。

ボディタッチは手から攻める

エッチトークが順調に進めば、あとはゴールに向けてラストスパートです。巧みなボディタッチを繰り出して、肉体の方へ意識を向けていきましょう。

久しく生身の女性に接していないと、どこからどうやって触っていいのか忘れてしまいますよね。そんなセカンド童貞な人がやってしまいがちな失敗がコレ。「初タッチで腰を触る」です。

欧米では女性をエスコートする男が、当たり前のように相手の腰に手を当てますよね。画的にはジェントルマン風で問題ないのですが、ここはレディファーストの国、アメリカではなく日本ですからね。日本人女性からすると、腰はけっこう抵抗があるのだとか。腰とはいえ、ちょっと下に手が当たれば、もうおしりですからね。いきなりは警戒されます。念のため、初タッチで腰はやめておきましょう。

ではどこがお勧めかというと、意外にも手です。いきなり恋人同士みたいに、手をつなぐんじゃありませんよ。最初は事故を装い接触し、そこからボディタッチに結びつけるのです。それが唯一自然にできるのが、手です。

並んで歩いているとき、ちょっとよろけて近づけば、偶然を装って手と手を接触させられます。食事中なら器を取ろうとする手を、さりげなく被せてしまいましょう。「たまたま」の接触なら、女性はまず警戒しません。そこを利用するのです。

偶然の事故からエッチな接触へと発展させていくポイントは、ふと手と手がぶつかった瞬間、躊躇せずパッと手を握ること。偶然あなたと手が触れて、女性が「あっ」と身体に意識を集中する、その瞬間が勝負です。不意に手を握られた女性はドキっとします。一秒でもタイミングが遅れると間が抜けた感じになるので、スピーディーに行うことが重要。まるで中高生の恋愛テクニックのようですが、女心を手懐けるのに大切なのは、こういうロマンティックさなんですよね。

エッチの心構え

しばらく女の子とのエッチをしていないあなたは、エッチの流れを忘れてしまっているかもしれませんね。間違っても、いつも見ているエロDVDやアダルト動画のマネをしてはいけませんよ。あれはAVの世界でのみ通用する、完全なるフィクションです。

AV女優でもない限り、女性はレイプまがいに襲われて、アンアン感じたりよがったりしません。実際の素人女性は、もっとエッチに対して慎重です。だから最初は優しく、奉仕の精神を忘れずに。指南書を参考にするなら、「セックスを楽しもう」「セックスでキレイになる」的な女性向けノウハウ本がお勧めです。

初日はとりあえず、女の子を満足させることを優先しましょう。一回目のエッチがよければ、彼女はきっとあなたのリピーターになるはずです。それからあなた好みのスケベ痴女にゆっくり育てていきましょう!

セカンド童貞を卒業したら、もうこれまでのあなたとは違います。オスのにおいがプンプンするあなたのオーラに、自然と女が近寄ってくることでしょう!

会社では「ハゲ」と呼ばれている52歳の俺が、30歳の美人若妻とセフレになるまでのプロセスを公開する

こんにちは。わたしの名前は「ハゲ」です。

ちゃんと名前はあるんだけど、残念ながら会社では「ハゲ」って呼ばれている平社員です。会社の女の子にも「いい人」とは思われているけど、「男としては絶対にムリ」と言われるレベルの魅力のなさ。

可哀想ですか?

でもわたしは実は、42歳の今恋してるですよ。とはいっても、セフレがいるだけなんだけど。

その子は人妻なんだけど、わたしよりも一回り年下ですごく可愛いんですよ。見た目は、わたしはよく知らないけどなんとかとかいうアイドルに似ているらしいです。

ちょっとぽっちゃりしてるけど、その肉感的なところも魅力的でマショマロ女子ってやつらしい。

あとハゲなわたしだけど、唯一この年になってもすごいところがあって……それは性欲。これは20代の若者にも負けないと思っている。

けど、この子に会うまでその性欲を持て余していたのは事実。風俗はなんか仕事感がただよっていて嫌だし、何よりお金がかかる。こんなことなら……と嫁さんとしたいのは山々なんだけど、わたしと嫁さんは、もう10年間末っ子ができてからしてなくて、ひたすら自家発電。

このままだとわたし、性欲に負けて痴漢でもするんじゃないかと、心配になってきたときに出会い系サイトってものを知ったんです。

登録してもなかなかメールはこないし、来てもいわゆる「業者」ってやつばっかで、一回会いにいったら、写真と全然違うサバ読み女が立っていて…怖くなって逃げました。

そんな中身もチキンなわたしですが、メールをひたすら研究して何通も送り、ちゃんと素人の女の子と何度かやり取りできるように。

そこでもまだ壁があって、なかなか会うまでには至らなくて何人か逃しました。

でも、神様はわたしを見捨てなかったんですよ。

あるとき、一部だけうつっている写メの女子とやり取りしていて、漫画の話になって盛り上がったんですよ。それで、その子が「漫画喫茶」に行ったことがないって言っていて、じゃあ一緒にという話になりました。

でも漫画喫茶って行ったことがある人は、いきなり二人で個室ってイメージできますけど、知らない人は絶対選ばないですよね。

だからわたし、その子が嫌われたくなかったから「漫画喫茶の個室はあんまりお話しもできないし、結構狭いから…わたし変な気おこしちゃうかもしれないよ」って先に言ったんです。

そしたら「実は知ってますよ。ネットでみました。でもそう言ってくれるなんて大切にされてるみたいで…うれしいです。」
と返事がきました。

もう恋するモード全開ですよ。久々に味わいましたこの感覚。

それでも漫画喫茶に行って、小さい声でボソボソと話していたら、彼女の旦那さんとはセックスレスだとか、いろいろ事情をきいていたんですけれど、あんまり聞こえないから近寄るわけですよ。

密室で女の子の体がピッタリくっついて…もうわたし下半身制御不能になりました。

そしたら、なんと彼女が「苦しくないですか?」って。正直に「…苦しいし、恥ずかしいからちょっとトイレ行かせて」って言いました。

そしたら彼女「わたしすごくエッチなんです。だからこのままお口でしてもいいですか?」って…

絶句ですよ。でも天使にしかみえませんでしたね。

なんかこのあと怖いことあるんじゃないかと思ったけど、こんなシチュエーション漫画みたいで、もうどうでもいいと思いました。

「いいの?」ってわたしが顔を見ていったら、恥ずかしそうにうつむいてコクンってやるんですよ。それだけでもう、我慢汁がでました。

それでギンギンになったわたしのものを彼女が咥えて、フェラチオを12年ぶりに味わいました。しかも可愛い年下の女の子で、フェラされているあいだ彼女のブラが見えたので、手を入れて乳首を指で挟んで擦ると彼女興奮してきたのか声が出てきて…またそれに興奮しちゃってすぐイキました。

さすがに精液はティッシュに出しましたけど、夢のような時間でしたね。

まあこんなラッキーは二度とこないと思ったけど、お礼に帰りにケーキを買って渡したら、喜んでくれて「今度デートしたいです」って言われました。

でも、人妻なんで外はなかなか出れないから結局ホテルに次、行ったんですけど…顔は清楚なのに、むちゃくちゃ淫乱で滞在時間5時間しかなかったのに、3回もいかされました。ホテルにいたときはずっと入れてなくても、お互い舐めたり、キスしたりいちゃいちゃしまくりでした。

今思うと男にも優しさにも飢えてたんじゃないかなっと思います。彼女とはなるべく週に1回会うようにしています。セフレ?といえばいいのか彼女といえばいいのかちょっと曖昧だけど、会ってるときはずっとエッチしてるからセフレかな。

で、わたしが伝えたいのは…セフレといえども相手の求めるもの「やさしさ」とか「濃厚エッチ」とかを知って、一生懸命喜ばしてあげるといいのかなって上から目線ですが思っています。

今も彼女とは続いていてもう1年、満足した生活ができています。ほんとわたしでいいのかなー?って思う時もあるけど、かわいい彼女に「ハゲちゃん、大好き」って言われるとどうでもよくなるんですよね。

タバコ臭い男は嫌われる!セフレ作りのために「タバコ」はやめよう!

昔はタバコをくゆらす男性は、渋くてカッコよくてモテました。

アラフィフのみなさまは、若い世代に比べたらタバコを吸っている方も多いでしょう。

しかし、「くゆらす」という言葉ですら死語ですから、もはや、タバコを吸う男性に活路はありません。

セフレを作りたければ、今すぐタバコをやめましょう!

アラフィフ男が若いセフレを作ろうと思ったらタバコは厳禁なのです!

1.タバコは今や嫌われる原因!

タバコはなぜいけないのか。こんなことは、耳にタコができて、反対側の耳の穴からタコの足がにゅるーっと出てくるほど、聞き飽きたかと思います。

なので、今さら健康がどうのこうのとは言いません。

タバコがなぜいけないのか?

それは、臭くて女性に嫌われるからです。

タバコを吸う人は気づいていないかもしれませんが、喫煙者は、タバコを吸っていないときでも、独特の悪臭を放っています。悪臭は、口元からだけではありません。髪の毛、洋服、指先、あなたのあらゆるところから放たれています。

幸いメールや電話では、臭いは伝わりませんが、メールや電話ではイイ感じだったのに、会ったとたんにイヤな顔をされたのは、それは、あなたのタバコによる悪臭が原因だったのかもしれません。むしろ、タバコの煙の臭いのほうがマシかもしれません。

タバコの臭いではなく、タバコを吸っている人の臭い。これが嫌悪の対象なのです。

どんなにイケメンで、やさしくてお金持ちでも、そこにいるだけで臭う喫煙者は嫌われます。

いや、その場にいなくても、その場を通過しただけでも嫌われます。しかし、みんな子供ではありません。「いやぁ~くっさーい。バーリア!」と、無邪気な子供のような真似はできないので、必死に耐えているのです。

むろん、喫煙本数が多いほど、喫煙期間が長いほど、臭いも強烈です。1日2日禁煙したところで、臭いが減ることはありません。それで「よし!彼女に会いに行こう!」と思うのは、大間違いです! さらに、香水やコロンなどで臭いをごまかそうとするのも最悪です。消えてませんから!

2.それでもタバコを吸いたいあなたは、タバコを吸う女性を狙うべし

さて、女性にモテたいならタバコはいかん!ということを、思いっきり主張しましたが、そんなことには耳を貸さず、タバコを吸い続ける人がほとんどでしょう。それでもタバコを吸いたい!でも女性にはモテたい!そんな贅沢を言うあなたは、そうです、タバコを吸う女性を狙うべきです。

タバコの害は、男女平等です。喫煙女性は、これまた同じような悪臭を放っています。息、髪の毛、指先、洋服、持ち物のすべてから、独特の臭いを放っています。この臭いを頼りに、パートナーを選べばいいのですが、ネット上でやり取りしているだけでは、臭いは分かりません。しかし、喫煙女性の中には、あえて喫煙男性を求める人も多く、プロフに「喫煙者OK」や「当方喫煙者です」というものもあります。そこは、間違いなくねらい目です。

ちなみに、女性の喫煙人口は近年ほぼ横ばいで10%前後ですが、なぜか50代の女性はジワっと増えています。どうしてもタバコがやめられず、タバコを吸う女性をお探しなら若いセフレはあきらめて、「50代女性」を候補に入れてはいかがでしょうか。

3.不倫密会では絶対にタバコを吸ってはいけない!

不倫相手との一戦交えた後、喫煙者は必ず一服したくなりますよね。でもこれ、本当に注意していただきたいでのす。不倫相手の女性がタバコを嫌がらなくても、一緒にいるときのタバコは控えるべきです。

なぜなら、ここでも臭いです。

喫煙者であるあなたの臭いが女性に移り、その臭いを女性は家に持って帰ります。女性の夫が喫煙者であれば、分からないかもしれませんが、タバコを吸わない人であれば、必ず「ん?臭いとこ行った?」となります。

喫煙者でも、まれに「自分のタバコの臭いとは違うな……」と思うこともあるのです。それがもとで不倫がバレ、ドロ沼化してしまうこともあります。そうなったら、おちおちタバコなんか吸ってられませんよ。

4.出会い系サイトでもタバコNGの女性は多い

出会い系サイトに登録している女性も、半数以上はタバコを吸う男性をNGとしています。これは、出会う前の段階でNGとしているものですが、実際に会ってみて、「思った以上に臭かった」「うっかり臭いが移ってしまった」、という評価を含めると、もっと多くの女性が、タバコはNGなのです。

どうですか? それでもタバコを吸いますか!?

では最後に極めつけの情報です。タバコを吸う男性は、勃起しにくくなります。

せっかくイイ感じの女性に出会えて、ホテルに行ったのに、「起たない……」となってもいいのですか? 「いや、今問題なく起ってるし・・・」というあなたも、タバコをやめてみたら、もっと見事にそそり起つのかもしれませんよ。

タバコは今や女性と交際する上では、大きなハンディキャップです。今すぐやめましょう。「健康のために……」と思うといい気はしないかもしれませんが、「女性にモテるため」ですから! 堂々と、明日から禁煙しましょう!

アラフィフでも癒しを与えられれば若い子にも簡単に会える

リアルではありえないような出会いが、いともたやすく生まれるのが、ネット出会いの素晴らしさです。

そもそもアラフィフともなるとリアルでは、若い女の子と知り合おうにもその機会さえほとんどないのが、あらかたのオジサンの実情ではないでしょうか。

ところがその同じアラフィフのオジサンが、わけなく20代の女の子と知り合えてしまうのが、出会い系サイトなのです。

何故こんなことが可能になるのか? 出会い系サイトでは、はじめにメールありきだからです。メールのやり取りがアラフィフのオジサンに奇跡を起こします。

今年お亡くなりになった永六輔さんが作詞したCM曲の歌詞に、「初めての酒場でいつもの酒♪飲み方ひとつで馴染みの客♪」というフレーズがありました。

初めて使う出会い系サイトでも同じです。メールの書き方ひとつで、すぐにも若い女の子と仲良くなれます。それが出会い系サイトです。

最初は若い子の悩みを聞いてあげるだけでOK

自分の若い頃のことを、少しばかり思い起こしていただければお分かりのことと思いますが、若い時代というのは悩み多き時代でもありましたね。

いつの時代も若さと悩みは同義語です。今の若い子達もさまざまな悩みを抱えています。

自分の若い頃、もし家族に悩みを相談出来る相手がいなければ、親戚のおじさんにでも相談してみようかなどと、考えたりしませんでしたか。

いっぽうで、今の若い子達にとっては、友達や親戚を越えて、ネットが相談相手であることも珍しくありません。

出会い系サイトにいる若い子達も同様です。しかも、出会い系にいる若い子達は、悩みの宝庫といえるほど、バラエティに富んだ悩みをなにかしら抱え込んでいます。

それに答えてあげることもまた、オジサンの役回りですね。こればかりは、若い男の子にはなかなか出来ない芸当ですから、オジサンの存在感がひときわ光る局面でもあります。

若い女の子は、心配事や不安に思っていることを、メールで聞いてもらえるだけでも安心して、信頼を寄せてきます。

ですから、若い女の子を口説くにはまず、オジサンが何でも聞いてあげるよ、というスタンスで接しましょう。まずは悩みを聞いて上げるだけでも充分なくらい効き目があります。

悩みを聞いたら甘えさせてあげる

悩みを聞いていると、相手の若い女の子が何かにコンプレックスを抱いていることが、だんだんと見えてくるものです。

例えば学生なら、自分が専攻しているジャンルに適性がないのではないかと言った悩みから、社会人OLなら仕事に向かないといった悩みからは、才能や職能に対するコンプレックスが見えて来たりしますね。

もとより教授でも上司でもないこちらにそれを相談されても根本解決は出来ないわけですが、出会い系に登録して悩みを打ち明けるということは、現実から逃げてきている面が強いといえます。

彼女たちにしても最初から、出会い系で才能に対するコンプレックスが解決するなどとは、夢にも考えていません。したがって、悩みに答えるのに専攻に対する知識も業界に関する情報もいりません。難しく考える必要はありません。

要するに彼女達は、出会い系で悩みを聞いてもらい、自分が持っているコンプレックスに対して、フォローしてくれる相手が欲しいんですね。ですから出会い系では間違っても説教や批判だけはしては駄目なんです。

それは教授や上司がしますから、出会い系のオジサンはひたすら甘やかすことです。みんな一時でも甘える相手と癒しが欲しいんです。それをしてくれる相手が出会い系にいると思うから登録しているわけです。ここを押さえることです。

オジサンは癒しを与えて出会いにこぎつける

世に言うオジサンブームにしても、その根底にあるものは、女性たちの癒しに対する渇望です。

オジサンらしい包容力も、人生経験から来るおうような接し方も、すべては女性たちに癒しとして受け止められます。

とりわけ悩みやコンプレックスを抱えている若い女の子たちが、自分よりはるかに人生経験が豊富で、どちらかといえば父親に近い年齢層の男性に期待するものは、一番に癒しです。

したがって、メールではいかに女の子に癒しを与えられるかが、会えるか会えないかの分かれ道です。

でも、癒しと漠然と言われてもとらえにくいし、確かに年だけは取って来たけど、果たして自分にそんなものがあるのかないのか、若い女性と付き合ったこともないから分からない、というオジサンもたくさんいるでしょうね。

実は出会い系にいる女の子が感じる癒しって、メールでのやり取りでちょっとだけ人生に前向きになれたとか、ポジティブに物を考えられるようになったとか、本当にちょっとしたところに見出されるものなんです。

それには、一元的に物を見がちな同世代の若い男の子からもらうメールより、人生経験に応じた幅広い物の見方の出来るオジサンからのメールに、こういう考え方もあったのかと納得できたりするものです。

癒しは大上段に構えて与えるようなものではないんですね。だからオジサンは年齢相応の自然体で十分です。それこそがオジサンの持ち味だからです。

そして、癒された女の子達は自然と会いたがります。かなりの確率で股も開いてくれます。オジサンに本当の癒しを求めてきます。

アラフィフ男は出会い系でアバンチュールを楽しもう

少年老いやすく学なりがたしのことわざどおり、人間、年を取るのはあっという間ですね。年を取れば髪は薄くなり、加齢臭に悩まされたりするのはいずこも同じです。

鏡に写る自分を見て、もはや異性との出会いなど起るはずもないと、あきらめにも似た気持ちになるのも分からなくはありません。

しかし、人間である限り、異性に対する関心や憧れといった感情が無くなることがないのも、また事実ではないでしょうか。

むしろ、中高年に至ったればこそ、幾多の経験を重ねた結果、改めて異性との関係に癒しを受けてみたり、可能性を感じたりすることが出来るようになったりします。

とは言っても現実には、女性と知り合うどころか口をきく機会さえないのに、どうやって出会いなど起こすのか? もはやあり得ないと諦め気味の方にこそ、騙されたと思って出会い系サイトに登録することをお勧めします。

出会い系なら鏡に映る自分を気にせずアピールできる

通常、男女間の出会いでは、どうしても容姿が前面に出てしまいがちです。それで勢いよほどのイケメンは別にして、ほとんどのアラフィフ男は出会いの前段階で不利になりがちなわけですが、出会い系サイトではその心配は要りません。

薄毛も加齢臭も気にせず、気に入った女性にどんどんアプローチできるわけです。男は攻めて何ぼですから、積極姿勢に転じられさえすれば、それだけで出会いの可能性は大きく高まります。

本当を言えば、出会いを成就させる上で一番大事なものは、この積極姿勢です。

出会い系サイトは中高年に、そのきっかけを作ってくれるまたとないツールでもあるのです。

出会い系は今も魔法のツール

ネットが一般社会で普及を見せた出会い系サイトの草創期には、出会い系を通じて知り合った相手が、実物よりも2割りも3割もよく映る現象が普通に見られました。

卑近な例として、リアルで知り合ったのであれば、お茶すら飲む気にならないようなレベルの相手とでも、ネットを通じて知り合ったというだけで、喫茶店どころかいきなりホテルまで行ってしまったりしました。

とにかく出会い系を通すと相手がよく見える現象は逆に、相手からしてもこちらがよく見えることを意味します。事実、このことは多くの女性も認めています。

そして、この摩訶不思議な出会い系マジックとも言える効力は、出会い系サイトが成熟期に達した今でも少しも衰えていません。

この出会い系サイトが持つ特性が、中高年にとって大きな味方になります。

若い女性との恋愛にはアンチエイジング効果がある

生理学的に、アンチエイジングが技術として確立されかけています。アンチエイジング技術では、単に寿命を延ばすのではなく、いかに若さを保ちつつ年を取るようにすることが出来るかがカギとなっています。

一方で、人が若さを保ち得るためには、身体的なアンチエイジングの技術と同じくらい、精神面での若さが大事であることは論を待ちません。

ゲーテは80歳になっても恋愛感情を抱いていたことで有名ですが、精神面の若さを保つことと恋愛は、切っても切れない関係にあると言えるのではないでしょうか。

現在、出会い系サイトには、オジサンに憧憬をもつ若い世代の女性が、たくさん登録しています。

そうした若い女性と、熟年世代に突入したオジサンをマッチングさせる出会い系サイトの基本的アイテムは、精神面のアンチエイジング技術と言っても差し支えありません。

目下、官民が一体となって進めているアンチエイジングの研究体制に、出会い系サイトが食い込むことはこれから先もないかもしれませんが、ビタミンがアンチエイジングに有効であるという研究成果以上に、恋愛がアンチエイジングに効果的だと喧伝しても、あながち間違いではないといえるのではないでしょうか。

若さを保ちながら年をとることは人間誰しもの願いです。オジサンにとって、その特効薬が若い女性との恋愛であるとすれば、出会い系サイトはまさに最良の処方箋となるはずです。

若い女性との恋愛効果は生活の質を高める

オジサンが一念発起して始めた、若い女性との文字による出会い系サイトでの交流が功を奏せば、やがてご対面の日を迎えます。

実際に目の前に、すでにメールで十分意思疎通を終えた若い女性が現れれば、さしもの経験豊富なオジサンでも、心臓がパクパク音を立てて興奮を覚えるかもしれません。

恋愛には、年齢やそれまでの経験とは関係なく働く、そうした純粋な作用があります。

ある種の浄化作用ですが、これがアンチエイジングに効果的であるばかりか、さらには副産物ももたらしてくれます。

街の中で若い女性と落ち合うためには、それなりの服装や身だしなみが必要になります。仮に最初は野暮ったく見えても、若い女性からのアドバイスが加えられることで、オジサンが見違えたようにおしゃれに変身したりします。

結果として、周囲からの見られ方も変わり、さらに新しいチャンスに恵まれるようになると、もはや人生そのものが一変することになります。

出会い系サイトに登録することは、中高年の生活を刷新して、生活の質を高める契機となります。

出会い系なら50代のオヤジでも女の子と出来る

いくら出会い系がなんでもありの世界だからといって、不惑の年代に達したオヤジが、親子ほど年の離れた若い子を口説いて、ホテルに連れ込むなんてことが本当に出来るのか?と思われるかもしれませんね。

確かに50代ともなると、寄る年波には勝てませんから、ストリートナンパをしかけて、すぐホテルにしけこむことが簡単でないことは分かりきっています。ならば出会い系を使っても上手く行くものではないだろうと思うのも、無理からぬものはあります。

しかし出会い系サイトを通すだけで、50代のオヤジでも若い子といくらでもやれるようになるんです。

二人仲良くホテルに入った50代のオヤジも若い子も、リアルと何も違いません。違うのは出会い系を通すか通さないか、それだけです。不惑のナンパは、それだけの違いが天と地ほどの差を生み出します。

SNSを使って若い子の生態を知る

自分ではまだ若いつもりでいても、さすがに親子ほど年が離れてくると、若い子たちとの間にジェネレーションギャップが存在してくるのは事実です。このことは認識した方がいいですね。

流行には敏感なつもりでいても、若い世代では当たり前のことが、初耳であったりすることも少なくないと思います。年の差を痛感するのは、そうしたときかもしれません。

それで、フェイスブック(FB)でもツイッターでも構いませんので、日常生活を身辺雑記的にさらすことが常態化しているこのようなSNSを使ってまず、若い子達の生態を知ることから始めます。

FBもツイッターも見るだけなら登録する必要もありませんから、通常のサイト同様お気に入りに入れておけば事足ります。

すでに登録を済ませているのであればそのまま使えますね。未だの方でも登録は簡単ですし、料金もかかりませんから、この際登録しておいてもいいかもしれません。

ただし、SNSを使う目的はあくまで若い子たちの生態を知ることで、SNSを使って出会うことではありません。

あるツイート

そんな感じでお気に入りに入れてあるツイッターで最近、面白い書き込みを見ました。

地方出身で、都内の有名わたし立大学に通う女子学生が友達と六本木へ遊びに行った際、身なりのいいオジサンから声をかけられ、ステーキをご馳走になったそうです。

オジサンに頼まれたのは、一人では店に入りにくいので、一緒に食事をしてくれないかということで、ちょうどお腹も空いていたので付いて行くと、芸能人もいるような高級店に案内されたそうです。

そうしたことも逐一ツイートされます。するとその子をフォローしている知り合いがすかさず、さすがにお前それは危ないぞとコメントしました。

地方から出て来た女子学生は言われるまでもなく、あまりに出来すぎた話に警戒して、店の洗面室で刃物の代わりになりそうな鋭利な物を探して、食事の間中ポケットに忍ばせていたといいますから、することが可愛いですね。

しかし、オジサンはさらに飲み屋への同伴を誘ったものの、女子学生に断られるとあっさり引き下がり、結局は食事を共にしただけで、別れ際には終電が終わっていない時間帯でありながら、車代といって3万ほどを渡たして夜の街に消えたそうです。

その子のツイッターには、お前やるじゃないかという賛嘆から、東京にまで出て来て一体何をしているんだといった書き込みまで、賛否で埋め尽くされました。

えてして出会い系サイトの中にある日記より、ツイッターなどのSNSの方に若い子達の本音が読み取れますので、出会い系を始める前の事前準備として一読をお勧めします。

中年になるとストリートナンパは難しい

それにしても10万に及ぶ出費をしてまで若い女の子と一時の食事を共にしたオジサンの心情は察して余りあります。

しかも、それをしたところで六本木のオジサンは金払いがよくてカッコウがいいと言われつつ、ポケットには鋭利な物を忍ばされておしまいです。

中年オヤジが若い子をナンパする事が如何に難しいかを感じさせられます。

こうしたツイートを読んで感じるものはさまざまですが、出会い系で若い子と接した経験を持った人なら、この六本木のオジサンのしたことは、あまりにもったいないと思えてならないはずです。

街で見かけた見ず知らずの女子学生とわずか1時間程度の食事をするために10万も使うなら、出会い系にその1/30かせいぜい1/10の費用をかけるだけで、食事はおろかホテルにまで行く関係が簡単に作れてしまうからです。

知らないと言うのは本当に恐ろしいことですね。

事前にメールをしておくだけで鋭利なものは隠しません

このツイッターで偶然見かけた女子学生がもし、出会い系サイトにいたとしたら、話は全然違ってきます。

仮に六本木で待ち合わせをするとすれば、六本木に行く目的がはっきりしてきます。何か面白いことがあるかもしれないといった、漠然とした気持ちでぶらつきに行くのとはまるで違います。

六本木で初めて顔を合わせるのは同じでも、出会い系サイトを通じて事前にメールを交わしておくだけで、女子学生が50代のオヤジを見る目は違って来るのです。

出会い系で知り合ってさえ、氏素性がはっきりしないのは、ストリートナンパとたいして変りません。しかし、出会い系で知り合った相手に会いに行く際、鋭利な物を持参する人はいません。そんなことをするくらいなら、そもそも会わないからです。

女子学生が鋭利な物を隠し持たずに会いに来てさえくれれば、その後の話の展開はかなり違うものになるはずです。そこから先はまさに年の功。人生50年の経験の見せ所です。

50代のオヤジを、見せ場に立たせてくれるだけでも、出会い系サイトはたいしたものなのです。この力を借りずに、その場に立てる50代のオヤジはいくらもいません。このことに早く気付いて、お金と時間を無駄にしないで欲しいものですね。

今なぜ、出会い系サイトはオジサンブームなのか!?

今、出会い系サイトで起きている、若い女性がオジサンを求める現象は、出会い系特有というよりもどちらかと言えば、世情を出会い系が反映させている、と見た方が正しい気がします。

例えば非正規雇用ですとか、若い世代ほど不安定な身分で働きに出ざるを得ない世知辛さを味わっています。さらに各地で繰り返される自然災害などは、いつ何時自分が襲われるかもしれないという、潜在的脅威として不安感を駆り立てています。

女が強くなったとは言っても、それは時代が安定しているときの副産物のようなものです。やはり女と子供は弱い生き物です。だから、世情や天地の揺らぎを真っ先に感知するのも、自分が弱い立場にいることを自覚している女なんです。

こうした時代に自覚的であるからこそ、女は本能的に男らしい頼りになる男を求めてきます。しかし、若い男では相変わらず頼りにならない・・・・・・。

そうした状況が出会い系に作用してくることもまた、自然の摂理であり、自然現象です。時代は、頼りになるオジサンを求めています。女達の股は、オジサンに向かって開かれているのです。

女達のオジサンを見る目が変わって来ている

ひところのオジサンの一般的なイメージは、若い女と見ればいやらしい目つきで体の線を舐めまわしても、実際にはデジカメや携帯付属のカメラで盗撮をして満足するしかない、可哀相な人たちといった見られ方ではなかったでしょうか。

しかし、スマフォと出会い系アプリの出現は、それまで若い子を見て楽しむしかなかったオジサンに、一気に知り合ってセックスをする機会をも提供するようになりました。

オジサン世代にとって、これはコペルニクス的な転換でさえあったであろうことは想像に難くありません。

出会い系サイトのおかげで今や、誰もが異性と簡単に知り合える恩恵に浴しているわけですが、中でもとりわけオジサンと専業主婦は、その最大の受益権者ではないかと思います。

逆に言えばこれまで、オジサンが若い女の子と知り合う機会は、事実上ないも同然でした。

機会さえなければ、気持ちに張りも生まれませんし、期待感さえ持つことが出来ません。それが絶望的な盗撮、果ては満員電車での痴漢行為などに、いい年をしたオジサンを走らせて来たといえるのかもしれません。

出会い系サイトという、またとない道具を手に入れたオジサンたちはもはや、かつての夢も希望もない冴えないオッサンではありません。出会い系をする時間さえあれば、いくらでも若い女が釣れるのですから、もはや余裕さえ感じられます。

結果として、女達のオジサンを見る目も変ってきました。若い男に飽きた若い女が、オジサン目がけてモーションをかけてくるほどの変りようなのです。

アゲインストの追い風が吹いて来た

そこに先に取り上げたような、出会い系サイトとは直接関係のない、世情や自然気象からもたらされたオジサンブームです。

出会い系サイトがもたらした革命に近い男女交際の解放性とブームとがアソートミックスして、オジサンにはかつてない若い女の買い手市場が到来しつつあるわけです。

オジサンが選り好みさえしなければ、出会い系サイトにいる若い女をいくらでも食べられます。熟女が好みであれば、さらに簡単に食べることが出来ます。

オジサンには、願ってもないアゲインストの追い風が吹いてきました。これを利用しない手はありません。

利用は簡単です。大手の出会い系サイトに登録をするだけでいいのですから。

FBの失敗は繰り返さない

長く競争社会の中を生き抜いてきたオジサンには、自ずから身に付いてしまった粘りやしぶとさのようなものがあります。

だからこそ、家庭を築き上げ、社会の中で一定の地位を持ち得たそうした特性ですが、こと出会い系でこの特性を発揮しすぎますと、ややもすると若い女は逃げていきます。

つまり、しつこく付きまとうような行為は、如何にオジサンブームに沸く出会い系サイトであっても、ご法度ということになります。

他にも何点か気をつけた方がよいことはあるのですが、そこはすでに社会で経験を積まれたご年輩のことですから、くどくどとした説明は要らないと思いますので、一点だけしてはいけない重要なポイントを書いておきます。

それは、あまりに自分のこと、わたし生活を語らないということです。

現在、SNSの代表格と目され中高年の出会い系とも呼ばれているフェイスブック(FB)では、深刻な若年層離れが指摘されています。

理由は、中高年のユーザーが発信する内容があまりにも身辺雑記的で、わたし生活自慢になっていることに、若年層が辟易しているためと分析されています。

ですから、出会い系ではこの徹を踏んではいけません。逆に、中高年は若年層の話の聞き役に回ることです。

「○○さんだと、何でも話せちゃう」と言わしめれば、会うのは簡単です。話を聞いてもらえて、すでに心を許しているわけですから、身体を許すのは時間の問題です。

これだけのことで、出会い系サイトでは若い女の身体を自在に手に入れることが出来るのです。あとは腰の抜けない程度に、頑張ってください^^

出会い系で起きているオジサンブームを見逃さない

芸能界では数年前、ドリフの加藤茶が68歳で45歳も年下になる、23歳の女性と結婚して話題になりました。

古いところでは、俳優の高倉健さんが65歳のとき30歳代の元女優と一緒に暮らすようになり、お亡くなりになった一昨年まで身の回りの世話をしてもらっていたことは有名です。

しかし、こうしたことは芸能人だから出来ることで、一般のオジサンにはそんな夢のような出会いもなければ、まして出会いが成就するなど有り得ない事であるかのように語られていたのも事実です。

一般社会では、年輩の上司に惹かれる若いOLという構図は、比較的前からありましたが、それは企業なり役所の中における上下関係と密接な関係があり、いわば肩書きなり地位にものを言わせた独自の関係です。

逆に言えば、芸能人としての知名度や、組織の中の役職に頼らずにオジサンが若い女の子と出会う機会は限られていました。

それが現在では、街で親子ほど年の離れたカップルを見かけることも、決して珍しいことではなくなりました。

こうした組み合わせにおける、出会い系サイトの果たしている役割は、とても大きいものがあるといえます。

今の出会い系サイトには、態度いかんによって、オジサンだからこそ有利に立てる状況があります。それを知れば、若い女の子をゲットするのは、それほど難しいことではないことが分かります。

年齢を卑下する必要は全くない

よく自分はオッサンだからとか、年だからと卑下する人がいます。

「いい年をして何してるの」と言われる前に、予防線を張っておこうという心理かもしれませんが、こと出会い系サイトを利用するに当たっては、全く不必要な態度です。

それどころか自己卑下は、せっかくの出会いのチャンスを潰しかねませんから、断じて女性の前でとってはいけない態度です。

おそらく、こうした態度を取るのは、出会い系サイトにいる女性が、オジサンに求めているものがなんなのかが、イマイチ分からないからかもしれませんね。

女性、とりわけ若い女性がオジサンに求めているものの一つに、安心感があります。

これはすべからく物心付いた女性全般に言えることかもしれませんが、女性には自信のある男のそばにいるときが、もっとも安心できる習性があります。

自惚れでなく、何かに自信を持った男が、恋愛を成就させやすいのは、女性の側にある自信に満ちた男に頼りたい心理の裏返しです。

自己卑下は、自信とちょうど真逆の印象を与えてしまいます。そうなると恋愛以前です。メールを返す対象からすら外されては、どうすることも出来ませんから、自己卑下だけはしてはならないのです。

文字に年齢はない

恋愛に年齢は関係ないといいますが、文字にも年齢は関係ありません。

年齢を感じさせない文章を書くことは、それほど難しいことではありません。

メールに限らず、不特定多数が書き込む掲示板などでも、文章そのものから書き込んだ人の年代を特定するのは、容易ではないことからも理解できるのではないでしょうか。

無理に絵文字などを多用しなくても、自然な口語体の文章から年齢を感じ取るのはそのくらい難しいということです。

このことは、少なくとも年齢のギャップによって生まれる食わず嫌いから、オジサンを自由にしてくれます。

出会い系サイトでは、まず初めに交わすのはメールですから、先行するメールによって、相手が受けるイメージの大半が左右されます。

この段階で、年齢によるハンディは何も生じません。

オジサンが、出会い系サイトを通して知り合った若い女の子と分け隔てなく付き合えるようになるきっかけが、ここにあります。

男は40代、50代というだけで個性となる

出会い系サイトに登録して他の会員を検索してみると分かると思いますが、大手の出会い系サイトであればどこも、地域による偏在は多少あるにしても、年代は幅広く分布しています。

ただ仔細に見ますと、40代、50代の男性会員が、その下の世代に比べてかなり少ないことも分かると思います。

それでいて、若い女性はオジサンの安心感を求めているのです。

男にとって、女は女であるというだけですでに個性であるように、若い女性からすれば、男は40代、50代であるというだけで、すでに個性になっているのです。

しかも、その数は出会い系サイトにあってはまだまだ玉不足です。女性との数がアンバランスな組み合わせといえます。

通常の出会い系サイトにあっては、男性会員と女性会員の数が男に偏重してアンバランス化しているわけですが、オジサンと若い女性に関しては、女性に偏重してアンバランス化しているのです。

年齢は遡れませんが、若い男はどうあがいても年配者になれません。

出会い系サイトには、オジサンにしか興味のない若い女性がたくさんいます。彼女たちは、オジサンを彼と呼んではばからないのです。

見てきたように、今の出会い系サイトはオジサンに有利です。久方ぶりに、若い女性から”彼”と呼ばれる生活に戻るのに、時間はかかりません。登録をするだけです。

出会い系だからこそ、メッセージでは優しさをアピールすることが大切!

「出会い系サイトで相手を見つけられるのは、どうせ若いイケメンだけだろう」なんて思っていませんか?

確かにリアルでも出会い系サイトでも、若いイケメンがモテている状況は多いのですが、出会い系サイトでは決して外見だけで男性がモテるわけではないのです。

逆に実際に会って言葉を交わすリアルの世界よりも、出会い系サイトの方が内面を見てもらえるチャンスは多いとも言えます。

わたしたちアラフィフ男が若い女の子を手に入れることだってぜったいにできるのです。

会っていないからこそ、内面に注目される

女性はイケメンの男性と一緒にいるだけで、幸せを感じるホルモンが分泌されると言われています。このことを考えると、一緒にいるならイケメンがいいと思ってしまう心理も理解もできそうですね。

けれど出会い系サイトでは、実際に会うまでに時間があります。その間何をするかというと、メッセージのやり取りです。この時はあなたがイケメンかどうかは関係なく、話の運び方やレスポンスのよさで人柄をアピールすることができます。だから最初から顔が見えてしまうリアルの出会いよりも、内面を見てもらえる可能性は高いと言えます。

優しさ、誠実さがにじみ出るメッセージを送ろう

自分のことを知ってもらいたい、少しでも素敵に思ってもらいたい一心で自分の話ばかりをする男性がいます。

けれどそういう男性は、いくら高い年収や楽しいエピソードを披露しても「自分の話ばかりする」という一点で女性からは引かれてしまいます。メッセージのやり取りでは、双方向型のコミュニケーションを心がけましょう。女性が振ってきた話題に乗って、相手に質問を重ねてみる。

女性は自分の話をしたがるので、聞き上手な男性は好意を持たれやすいです。女性が気持よく話を聞いてもらっていると、会う約束をする時に「実際に会っても楽しいだろう」と無意識のうちに予測をしてしまうため、会う約束を取り付けやすくなります。反対に「実際に会ってもつまらないだろう」と思われるのが、自分の話ばかりする男性だということを覚えておきましょう。

それから「40代男のメール「キモい」「可愛い」のボーダーライン」も読んでおいてください。

相手のことを思いやろう

コミュニケーションの基本ですが誰もが以外にできていないのが、相手への気配りです。遅い時間にメッセージを送る時は「遅くにごめん」、仕事が始まる時間なら「頑張ってね」、終わる時間なら「お疲れさま」、こういった言葉をかけられて喜ばない女性はいません。

自分勝手な男ではないことがアピールできて、相手を気持よくさせることもできる。これは簡単な上に一石二鳥のテクニックです。女性とメッセージをやり取りする時は、枕詞や締めの言葉に気配りの単語を散りばめるようにすれば、優しい男性だと思ってもらえます。

出会い系サイトの掲示板を利用する際の心得!

出会い系サイトの大人の出会い掲示板は、その名の通り大人のお付き合いを求める男女の集まりです。

そんな大人の出会い掲示板には既婚者なども多く含まれており、昼間に会うことが可能な専業主婦、昼に時間の取りやすい自営業の方、彼氏彼女がいる方など幅広い層の方がいらっしゃいます。そんな大人の出会い掲示板には出会える可能性がいっぱいです。その分、注意しなくてはいけないこともあります。

一風変わった趣味を持つ集まり

変わった趣味を持つ方、そしてその仲間を探している方も多くいらっしゃいます。そういう方は、趣味の共有をしたいと思い書き込みをされています。ある意味真面目なんですね。興味本位でメールをするのもいいですが、冷やかしなどをしないで自分には関係がないと思えばスルーをしてしまえばいいでしょう。もしかしたら、新しい趣味が開花するチャンスかもしれませんね。

大人の付き合いだからこそモラルを忘れない

例えば、既婚者同士の出会いであれば、お互いの秘密を守ることが大前提になるでしょう。そういった義務は暗黙のルールなのです。相手への連絡の時間、昼間がOKなのか夜がOKなのか、「点で繋がる」ということを心がけることが大切です。

何より最低限の相手の情報のみを知ることがとても大切です。家はなんとなく教え合う、待ち合わせは一駅遠くにする、こんな簡単なことをと思われるかもしれませんが、意外にこれが守れない人が多いんですね。トラブル回避の為にも最低限のモラルを守りましょう。

既婚×未婚は厄介なケースもある

アラフィフ既婚男性ならば、ここに一番注意が必要ですね。

一番大人の付き合いでもめ事になりやすいケースがこのパターンです。既婚者と未婚者ですね。大人のお付き合いには適度な距離感が欠かせません。しかし、配慮できない男女が多いんですね。既婚者でも同じです。未婚の異性を弄ぶようなことはマナー違反ですね。

気持ちが高ぶってしまうことは仕方ありませんが、両者とも遊びとわきまえるポイントを見失ってはいけません。気持ちを暴走させないようにコントロールするのも、大人の付き合いのルールです。

当たり前のことですが、家庭のある異性に本気になってしまった時点で、一息入れましょう。出会い系は出会いを楽しむところであり、修羅場と科す場所ではありません。

スリルやバーチャルを楽しむところとして、アダルト掲示板を利用するのはとてもいいことですが、一線を超えてしまうと自分を縛ってしまいます。本気の恋愛にはそれ相応の掲示板があります。出会い系を利用する心得として知っておきましょう。