若い女性が中高年男性に求める5つの理想の男性像

いまや若い男性よりも人気となりつつある中高年男性。その背景には、もともと男性は年を経るごとに魅力が増していく傾向にあることと、いまの若い男性たちがあまりにも頼りないため、相対的に中高年男性の魅力が増している、という二つの側面があると思います。

これは、女性が男性に求める理想の男性像を、今の若い男性が満たせなくなっているということでもありますね。なにも写真の男性のようにオシャレでスタイルもよくイケメンである必要はないのです。現実的に女性が求めている男性像……特に、中高年男性を対象にしたものとは一体どのようなものなのでしょうか?

その1.落ち着いたオトナの包容力

40歳のことを不惑というように、中高年男性はこれまで積んできた経験から物事をいろんな側面から判断できるようになります。この経験は若い人たちには絶対に積めない、大きなアドバンテージですからね。亀の甲より年の功というわけではありませんが、努力や才能では決して覆すことのできない絶対的なものだといえます。

若い男性にありがちな、とにかくセックスがしたくてガツガツしているという余裕のない男性はモテません。いくら出会い系とはいえ、むしろ出会い系だからこそ、紳士的な振る舞いをすることがモテるための秘訣です。

その2.自分の知らないことを教えてくれる知識力

これも年齢によるところがありますが、長く生きていればそれだけ多くの知識を得る機会に恵まれます。本から得た知識よりも、人生を生き抜くにあたって身に付けることになった知識のほうですね。

いまやいつでもどこでも手軽にインターネットで検索ができる時代。検索すればすぐにわかるような、本で得られる知識にあまり価値はなくなりましたが、文献になっていない生きるための経験に基づく知識は重宝されます。ここで気をつけたいのは説教臭くならないようにしたいということ。人生訓なんて語るのは退屈がられると思うかもしれませんが、実はいまそれが求められているんです。

その3.きちんと自分の話を聞いてくれるという安心

女性の話を聞いてあげるだけ。実はこれができない男性が非常に多いんです。多くの男性は、話を聞くだけではなく、つい自分の意見だったり一般論だったりを添えてしまうんです。ですが、女性にとってはこれは「自分を否定された。反論された」と感じるそうなんですね。女性が求めているのはアドバイスだったり解決だったりではないんです。ただ、話を聞いて欲しいだけなんです。

シンプルなことではありますが、これが出来る中高年男性は非常にモテます。話を聞くだけという簡単なことなのですが、実はこれが一番大事なポイントなのかもしれません。女性のほとんどは自分のことばかりを話したがりますし、聞いて欲しいものなんです。やることといえばひたすら相槌を打って「そうなんだ、大変だったね」と、その需要を満たしてあげるだけでいいんです。

その4.まるで父親のような父性

年上好きの若い女性は、多くの場合自分の父親と似た男性を好きになるそうなんです。基本的に小さな子供は自分とは異性である親に懐くものですからね。男の子であれば母親に、女の子であれば父親により懐きやすいものなのです。ちなみに、幼少期に父親から満足な愛情を注いでもらえなかった人ほど、年上好きになる傾向があるようなんですね。

そういった女性が求めているのは異性としての愛ではなく、家族としての人間愛だったりするものです。だから、こちらから「年下の女性が好きです」とアピールするのは逆効果だったりします。

「わたしのことを性的な対象としてみている、父親がわたしのことを性的な対象としてみている」と思ってしまい、引いてしまうんです。

最終的にはセックスすることになるとはいえ、最初の入口をむざむざ自分から潰してしまうのは損ですからね。雄弁は銀、沈黙は金ともいいますし、黙っておきましょう。

その5.それなりの清潔感

もし、仮に上記のすべてを満たしていたとしてもそこに清潔感がなければ女性は嫌悪感を示してしまうことでしょう。なにも肌がツヤツヤで、ムダ毛ひとつなく汗ひとつかかないような過剰な清潔感はまったく必要ありません。一緒にいて不快でない程度の清潔感があれば、それでいいのです。

「清潔感のある男性って、具体的にどういうことなの?」と思うかもしれません。なにを持って清潔とするかは人それぞれですし、どこからを清潔とみなすか?という程度も人それぞれになってしまいますからね。男性が男性を見て「お、あの人は清潔だな!」と思う場面も少ないですよね。でも、逆のケースは思い当たりませんか?

電車の中で頭をボリボリとかいてフケを撒き散らしていたり、ヨレヨレでシワだらけのスーツに汗ジミが出来ていたり……なにを持って清潔とするかは難しいですが、なにをもって不潔とするかは割と簡単ではないでしょうか。要は清潔であることを目指すよりも、不潔と思われないようにするための努力をすれば、それは自然に「清潔感をもつ男性」に繋がるのです。

出会い系サイトに中高年オジサンの時代が訪れています

出会い系サイトに中高年オジサンの時代が訪れています。

今や中高年が情報弱者だなんて時代ではありません。

むしろ経済的ゆとりのある中高年が、若い世代よりも最新の端末を手に入れやすいことは言うまでもありませんし、有償のネットコンテンツも利用しやすい環境にあるのは周知の事実です。

つまり現在の中高年ネットユーザーは、最新式のスマホやタブレットを片手に、旺盛な好奇心を満たすべく、ネット上からあらゆる楽しみを得られる、最強のユーザーなのです。

そうした恵まれた状況にある中高年の方がまず、ネットで利用したコンテンツは言うまでもなく、アダルトサイトでした。

これはどこの国でも起こる現象ですから、日本特有というわけではありません。新たなメディアが登場した際には、必ず一度は通るプロセスです。

アダルトサイトの利用を通して、ネット上にあるコンテンツの利用方法をまなんだ方も、決して少なくないのではないでしょうか。

しかし、アダルトサイト利用には、いつか飽きが来ます。回線の増強によって、画像が動画に進化を遂げても、もはや中高年ユーザーの興味を惹き付けるには限界に近づきつつあります。

ストリップが、最後の一枚を脱ぐと、もう脱ぐものも見せるものもなくなってしまうのと似ています。今のアダルトサイトはそんな状態です。

そこで、見て楽しむアダルトサイトから受ける刺激に反応しなくなりつつある中高年ユーザーを、新たに引き寄せているのが、出会い系サイトなのです。

そして、そうした動向に敏感に動くのもまた、出会い系サイトの凄いところです。新たに参入しつつある中高年ユーザーに合わせて、女性会員獲得も盛況なのです。

この機運を逃すことなく、アダルトサイトでは満足できなくなった今、出会い系サイトに関心の目を向けてはいかがでしょうか。

出会い系サイトに登録をすると、見ていただけでは得られない、刺激に満ちた体験が出来ますよ。

出会い系はアダルトサイトより利用も簡単

出会い系サイトは、フリメと免許があればすぐに登録を完了させられますので、登録が終わった瞬間利用を開始できます。

しかも、登録と同時にクレカから料金を引き落とされるアダルトサイトと異なり、大手の出会い系サイトはどこも、会員になると無料ポイントが付与されるようになっています。

最初は無料で遊ぶことができるわけです。いうなればこれはお試し期間ですから、まず実際に遊んで感触を試せばいいんです。それで合わないと思えば辞めても課金は発生しません。

見ようとするだけで料金が引き落とされてしまい、見始めて詰まらないなと思っても後の祭りになってしまうアダルトサイトとは、そこが大きく違う点です。

また、アダルトサイトから法外な料金請求を受けた苦情が消費者センターになど数多く寄せられていますが、大手出会い系サイトではそうした事例は今までありません。

つまり、大手の出会い系サイトを選べば、登録も簡単に出来、何より安心して遊ぶことが出来ます。

アダルトサイトでネットリテラシーを体得した中高年の方であれば、出会い系サイトに移行するに際して、ボーダーは何もありません。簡単に移行できると思います。

移行していい出会い系いけない出会い系

すでにアダルトサイトでコンテンツ利用の仕方を熟知されている方でも、出会い系は初めて利用するとなると、迷うことも出てくるのは当然ですね。

とりわけアダルトサイトを利用する際にも十分気を遣っていらしたと思われる、安全性について、出会い系サイトでも同じように真っ先に気になるのではないでしょうか。

実は、この安全性に関して言えば、出会い系サイトはアダルトサイト以上に、悪質業者に引っかかるリスクが非常に高いジャンルであることは言っておきます。

悪質業者の数で言えばむしろ、アダルトサイトの方が少ないくらいです。

この世界は、「出会えない系サイト」と呼ばれるサイトが、まことしやかに存在して会員集めをおおっぴらにしているくらい、魑魅魍魎としているのも事実なのです。

とりわけ無料の出会い系サイトは全て「出会えない系サイト」だと思ってください。アダルトサイトでは、無料でもそれなりに優良コンテンツを揃えたサイトがありますが、出会い系ではそれが全くありません。

それでは、有償の出会い系サイトであれば問題ないかといえば、それもまたいえないところが、この世界の難しさなんです。

堂々と料金請求をしながら、全く出会えないサイトも少なくありません。料金を払っても、何も見れないアダルトサイトなど探す方が難しかったと思いますが、出会い系ではそんなサイトがいくらでも存在するのです。

ここがアダルトサイトと出会い系サイトの全く異なる点です。

それはそうです。払ったお金で集めてくるのがサクラばかりで、肝心の女性会員を獲得しなければ出会えるわけもありません。

逆に言えば、出会い系サイトを規制する法律を守り、かつ同時に女性会員獲得に実績を残しているところであれば、安心して使うことが出来るわけです。

その要件を充たすのは現在のところ、大手出会い系サイトだけです。まずは大手出会い系サイトに登録をして、その使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

アダルトサイトでは決して味わうことの出来なかった、生身の女性との生きた交流が、その日のうちに始まるかもしれません。

登録を終えたばかりに人が、その日のうちにラブホテルにしけこんだなんて話、大手出会い系サイトでは掃いて捨てるほどあります。

小説に見る若い女性のオジサンに寄せる好奇心

幾度となく映画やドラマにもなったかつての新進女流作家原田康子による小説「挽歌」は、若い女性の中年男性に対する興味を伝えた作品として、発表から60年を経た現在も版を重ねています。

ヒロインの年齢設定は22歳ですから、若い女性のオジサンに寄せる思いを知るにはうってつけの作品といえます。

改めて作品を手にしてみますと、今起きているオジサンブームは、決して一過性のものではなく、永遠のテーマといってもいいほど、いつの時代にもある、女性の普遍的な心情を表したものと見た方が適切なのかもしれないとさえ思えてきます。

それほど若い女性は、オジサンに対してあこがれを抱きやすい傾向があり、オジサンにはオジサンで、若い女性に癒しをもとめたがる傾向があります。

こうした双方からの願望が一致して、恋愛感情にまで発展することから、出会い系サイトでも、若い女性と年の離れたオジサンのマッチングが増えています。これは自然なごく流れといえそうですね。

小説から読み解く若い女性の心理

小説の中で、作者の原田さんがヒロインに仮託して表現するオジサンに対する好奇心には、今でも多分に共感できる感情が多く、若い女性の心理を知る上でも役立ちそうです。

中でもヒロインが、中年男性に落ち着きとかすかな陰影を見出し、そこに好奇心を抱いて、いつしか惹かれていくプロセスは、原田さんご自身の経験から来たものなのかなと思わせるようなリアリティがあります。

よく、分かりすぎる男はつまらない、と女性が口にするのを聞くことがあります。この小説に登場する中年男性には、家庭を含めて分からないことが多く、そこがまた若い女性の心をくすぐるように出来ています。

あまりにあけすけ過ぎて分かりすぎる人物に、若い女性が興味を示しにくいのは、例えば現在のフェイスブックなどを見ていても、一目瞭然といえるのではないでしょうか。

恋愛でも擬似恋愛でも、相手の興味を駆り立てなくては何も起こりませんから、それを思うと、わたし生活丸出しのフェイスブックより、謎の多い出会い系サイトの方が、中高年が知り合う媒体としては有利であることも納得が行くというものです。

実際出会い系では、あまり自分を出し過ぎることなく、適度に陰影を残しておく方が出会いにつなげやすいことは経験の教えるところですが、それが若い女性に対しては、決定的に重要であるということですね。

出会い系でオジサンを求める女たちの世代別特徴

出会い系サイトでオジサンを探している女性たちもいろいろです。各世代の特徴をまとめてみました。

敵を知れば作戦も立てやすくなります。攻略にお役立てください。

年上に女と認めさせたいティーンエージャー

いつの時代にもおませな女の子というのはいるものです。初潮さえ済んでいないのに、男に媚びてくる子は珍しくありません。これはもう女に生まれついたときから自ずと備わった性(さが)みたいなものなのかもしれませんね。

そうした子が18歳を迎え、晴れて出会い系サイトに登録が出来るようになると、真っ先に検索をかけるのが、オジサン世代になることは想像に難くありません。

すでに男性経験は同じ年頃の男の子と済ませていても、相手に経験が乏しいだけに、満足を味わうところまでは行っていない場合がほとんどです。

それでいて男がどういうものであり、セックスがどういうものであるかはあらかた知っているので、今度は年上の男、彼女たちからすると本当の男に対して、自分が女としてどの程度通用するかを確かめたい、という気持ちが芽生えるようです。

このタイプの女の子達を喜ばせる台詞は、

「キミ、色っぽいね」
「すごく女らしいね」

です。

まだ無防備でもあり、写真を送りつけることにも抵抗がないので、容姿はすぐ確認できますから、それを手に入れたら具体的な部位を取り上げ、そこを誉めて上げると一段と喜ばれます。

ただ、いきなりバストの張り具合やヒップラインなどには着目せず、うなじが色っぽいねとか、指が綺麗だね位にしておきます。この世代の子でも、それで十分に伝わります。

肝は、子ども扱いせず、とにかく女として扱ってあげることにつきます。

ファザコン気味の20代

父親と早くから死別したであるとか、両親の離婚によって生別となり、以降母親に育てられたりした女性に比較的多いのが、ファザーコンプレックスです。

家庭に父親がいても、接する機会が少ないまま成人してしまったような女性にも、この傾向が見て取れます。

ファザコン女性の目には、おしなべて年上男性であるオジサンが、父親とダブルイメージで重なって見えたりするようです。

ファザコンとは、父親に甘えたいときに甘えられなかったことから来る、愛情飢餓感でもありますから、このタイプの女性には、徹底的に甘えさせてあげることです。

ただ、甘え方を知らなかったりしますから、まずは甘えやすいように仕向けていくことは必要になるかもしれません。

旦那の代用を求める30代

実際の夫婦でも、旦那と10歳くらい年が離れていることは珍しくありませんから、アラフォーだとちょうど旦那と同世代になるのが30代の人妻です。

夫婦も、この頃にはマンネリでセックスレス状態になっていることも珍しくありませんから、新鮮な相手を出会い系で探して、満たされない肉欲を解放させたいと考えている人妻は、思いの他たくさんいます。

その相手も年下より、普段接している旦那と同世代で求めてしまう傾向があるようです。不倫をするにもどこかで旦那を引きずるわけですね。爾来、女とはそういうものなのかもしれません。

不倫ではあっても、あくまで旦那の代用ですから、出会い系で知り合った相手と恋愛をしたいとか、面倒なことはほとんど考えていません。どこまでも肉欲です。

ですからやる方としては、10代、20代の子同様、後腐れなく済ますことが出来ます。出会い系サイトで玉数が豊富なのはこの世代の主婦ですから、下の世代が上手く釣れないときは、こちらとしても簡単に代用できる便利な世代です^^

LET ME TRY AGAINな40代

この世代の女性にとって年上の男は、出会い系では事実上アラフィフになります。自身閉経も近く、更年期障害が出てもおかしくない年頃です。

それだけにこの世代の不倫には、必死さがにわかに滲んでくるような気がします。

もはや肉欲に突き動かされての不倫というよりも、旦那との関係が修復できないほど冷え切っているだとか、旦那が何らかの理由で全く役立たず状態に陥っていたりして、やり直しを期していたりします。

そうなると、おいそれと手を出さないでおいた方がいいのではないかと、尻込みされるかもしれませんが、実際に離婚までする人はほとんどいませんから、その点は大丈夫です。

ただ、人妻の気持ちとしては、表向きであれ”LET ME TRY AGAIN”であることは、理解しておく必要があります。

ですから、あまりぞんざいに扱ってしまうと、40代の人妻といえども取り逃がしてしまうことになりますから、その点は注意が必要です。

あくまで、「あなたとやり直したい」といって来る女性の気持ちを優先して、「もっと早く会いたかった・・・・・・」くらいのリップサービスはしておきます。

この世代の女性は、それほど肉欲が強いわけではありませんから、心の渇きを満たすことが先決です。

それでいて肉は腐る寸前が美味しいとも言います。メールで心を癒して上げれば、美味しいお肉は自然と転がり込んできます。

出会い系サイトでステキな女性を見極める2つの方法

「仕事が忙しくて、なかなか女性と出会う機会に恵まれない」「仕事のペースを落とさないで、恋愛も自由に楽しみたい」というオジサンのみなさん。

男性にとって仕事は本当に大切なものですから、恋愛が二の次になってしまうのも分からなくはありません。しかしながら……恋愛がない生活は寂しすぎます!

そこで、オススメするのが気軽に女性と出会うことができる【出会い系サイト】です。でも、サイトに登録している女性を全て信頼してはいけません。

中にはアルバイトとして、出会い系サイトを利用する女性を演じている人もいるのです。ですから、そのような悪どい女性を見極めつつ、ステキな出会いを探していきましょう。

早速、サクラ女子を撲滅するべく【出会い系サイトでステキな女性を見極める2つの方法】をご紹介していきます。

出会い系サイトで苦労したくない男性は、要チェックです!

方法1、個人アドレスを直ぐに聞いてくる女性は…怪しい!

そもそも出会いサイトは個人プロフィールを登録して、そのサイトを通してお互いにコミュニケーションをとっていきます。これによって、たくさんの異性との出会いが生まれますし、何より直接自分のところへ連絡が来ないので出会い系サイトに関するさまざまなリスクを軽減することができるのです。

男性よりも女性の方が、出会い系サイトを利用するリスクが大きいと考える人が多いので、個人アドレスでやり取りしない出会い系サイトはとても便利だと言えるでしょう。

そのような状況の中で「個人アドレス教えて下さい」「サイトを通しては面倒なので、直接やり取りしませんか?」などと、知り合って直ぐに個人アドレスを聞いてくるような女性は、正直怪しいと思います!

何か裏があるのかもしれませんし、あなたの他にも個人アドレスでやり取りしている男性がたくさんいるかもしれません。

方法2、苦労話をさんざんしてくる女性は、アウト!

出会い系サイトを利用しはじめると「世の中には色んな人がいるなぁ~」としみじみ感じることが多くなると思います。出会い系サイトを通してステキな出会いをゲットしている男性もたくさんいますが、中には出会い系サイトで知り合った女性に騙された経験を持っている男性も少なくありません。

そのような痛い思いをした男性に実際に話を聞くと「身の上話に同情してしまった」「何とか助けてあげたいと思った」などと言う男性が多いのです。

お金がない・親が入院している・精神的にキツイなど、本当に苦労しているのかもしれませんが、出会ってすぐに苦労話をたくさんしてくる女性はアウト!何だか怪しいだけではなく、男性として苦労話を聞かされてもあまり楽しくありませんよね?

ですから、やり取りのほとんどが苦労話だったり、最初から暗い話題しか送ってこない女性は選ぶ必要はありません!

出会い系サイトを通してのやり取りはメールや電話が中心となりますから、明るく楽しい話題でコミュニケーションを図れるといいですね。

いかがでしたか? 今回は、悪どい女性に引っ掛からない見極めの方法を2つご紹介しました。
出会い系サイトを初めて利用する男性は、特に気をつけてください。最初のうちは、どの女性もステキに見えてしまいますから…。でも、その中からレベルが高く真剣にやり取りしていける女性を選ぶことが出来るかどうかは、あなた次第です。

ぜひ今回ご紹介した見極めのテクニックを身に付けて、サクラ女子なんかに引っ掛からないで、最高の女性と出会いましょう。

鳥越俊太郎のようなオジサンがいかにして若いセフレをものにするのか?【都知事選出馬】

先般行われた、東京都知事選挙に立候補したジャーナリストの鳥越俊太郎さんは、善戦実らず第3位に終わり、念願の東京都知事になることは出来ませんでしたが、選挙期間中に鳥越氏が残したいわゆる鳥越語録には、今年の流行語大賞になるのではないかといわれるほどインパクトがありました。

とりわけ選挙戦がスタートして間もない時期に週刊誌報道された、鳥越さんが過去に起こしたとされる女性スキャンダルにまつわる文言は、ネット上でも大きな話題となりました。

現在76歳の鳥越さんが、62歳のときに当時都内の有名わたし立大学に通う二十歳の女子大生とかわしたとされる文言は、42歳という年の差を越えて、実に生き生きとしており、年老いてなおモテ男たる鳥越さんの面目躍如たるものがあります。

新聞記者の時代から現場で51年間、ペン一本で世相を鋭く切ってきた鳥越さんは、42歳も年下の女性を口説くに際しても、やはりシャープな言葉遣いをしていたことをうかがわせます。

わたしたちオジサンが出会い系サイトで若い女性を口説いてセフレを作るに際しても、鳥越さんの発したインパクトある文言は必ず役に立ちます。特徴的な発言をご紹介しますので、メール等にお役立てください。

僕の事は東京の父と思いなさい

鳥越さんが教えに行っていた有名わたし立大学には複数のお気に入りの学生がいたそうですが、中でもお気に入りの女子学生は地方出身で、大学に入学するために単身上京をしていたことから、自分のことを東京の父親代わりに思いなさいといっていました。

親切といえば親切です。身寄りのない大都会で、このような言葉を掛けてくれる年長者がいたら、女子学生のみならず、男子学生でもどれほど心強く思えるか想像に難くありません。

女性はこうした親切心にことさら弱いようです。この言葉で、一人暮らしをしている二十歳の女子大生が、42歳年上の鳥越さんに公わたしとも全幅の信頼を寄せたであろうことは、疑う余地がありません。

こういう状況の人にはどういう言葉をかけたらもっとも効果的か、それを鳥越さんはよく知っていたわけです。女性の心をとらえる神様といっていいかもしれません。

これにならって、出会い系サイトで知り合った女性の置かれている状況をいち早く察し、それにミートした言葉を探すようにしたいものですね。

バージンだと病気だと思われるよ

女子大生の通っていた有名わたし立大学は、カトリック系の学校であることから、厳格な家庭で育った人も少なからずいたようです。

鳥越さんお気に入りの女子大生もそうした家庭で育ったのかもしれません。

それで女子大生は彼氏がいながら二十歳になってもまだ、バージンであり性に関する知識をほとんど持ち合わせていなかったそうです。

そんな女子大生に鳥越さんは、僕と済ませておけば、彼氏とやるときにも困らなくて済むよと優しく説諭したそうです。

このとき、大人になってもバージンだと変に思われたり、病気だと思われるよと教えたわけです。女子大生はそういうものなのかなと思ったそうですから、やはり鳥越さんの文言には説得力があります。

この文言からは、62歳の世故に長けた初老の男が処女を奪おうとするいやらしさや汚らしさは微塵も感じさせません。余裕綽々であるのは年齢的に当然かもしれませんが、それ以上にことに及んでもユーモアが感じられます。

こうしたユーモアのセンスは非常に大事だと思います。

ちなみにこれから先は想像の世界です。

記事ではキスまでで、それ以上は女子大生が頑なに拒んだため、何事もなく終わったことになっていますが、この件に関して鳥越さんと女子大生、そして女子大生の彼氏の3者で話し合いを持ったのは確かなようです。

話し合いの結果、示談が成立したそうですから、ネットではキスくらいで示談という話にはならないであろうから、結局鳥越さんと女子大生は行き着くところまで行ったのではないかとの憶測が飛び交っています……。

いずれにしましても、女子大生を全裸にさせたことは女子大生の証言として出ていますので、やはりモテ男鳥越さんの手腕は文言と共に冴え渡っていたことは間違いありません。

出会い系サイトで知り合った女性がバージンである可能性も当然あります。そんなときは、こうしてスマートにいただきたいものですね。素晴らしい台詞だと思います。

大人の恋愛を教えてあげるよ

鳥越さんに唇を奪われ、さらに性的な関係を迫られた女子大生が、頑なにそれ以上の進展を拒んだ(らしい)ことは先ほど書きました。

このとき鳥越さんが女子大生を諭すのに用いた台詞が、「まだ君が知らない大人の恋愛がどういうものかを教えてあげるよ」だったわけです。

これもまたスマートな言い回しだなと感心します。まだ何も知らない二十歳のバージンの女の子にとって、大人の恋愛は未知の世界そのものです。

誰かの愛が見知らぬ夜の扉を開くとは歌の世界ですが、二十歳の女子大生にとって大人そのものの鳥越さんのこの台詞は、未知の世界への誘いとして最適な文言ではないでしょうか。

ちなみに、こうした鳥越さんとの生々しいやり取りを掲載した記事は選挙戦の最中に出ましたが、取材自体は14年前に行われていたそうです。

ところが取材を受けた後、女子大生の方から記事にしないで欲しい旨の申し出があったために、当時出版はされなかったそうです。

察するにそうしたのは、女子大生とすれば、大人の男性からこのような誘われ方をして、決して悪い思いは抱いていなかったからではないかとも受け取れます。

歳の差があるのにこういう関係になれるのは素敵なことだと思わない?

鳥越さんは毎日のようにメールで、女子大生に「好きだ」と愛情告白をしていたそうです。

女子大生は当初、42歳も年の差があるため、鳥越さんの冗談だろうと受け流していたそうですが、鳥越さんが借りていたマンションに呼ばれて裸にされたり、別荘で言い寄られて鳥越さんの思いに気が付いたようです。

その際鳥越さんに言われたのが、「歳の差があるのに」の文言であったわけです。

とかくオジサンが若い女の子を口説く際、照れも入ってしまい、なかなか思うような言葉遣いが見つからないものですが、この鳥越さんの台詞は実に卓抜といえるのではないでしょうか。

出会い系サイトでは顔が見えないだけに、42歳くらいの歳の差も平気で存在しますから、そうしたシチュエーションにおいて、これは大変役に立つ文言であると思います。

善意の第三者を通しておく

これは鳥越さんの文言ではありません。女子大生と一夜を過ごした富士山麓の別荘からの帰途、鳥越さんは女子大生を改めてラブホテルに誘ったそうなのです。

ただし記事によりますと、女子大生はその誘いも断ったことになっています。

しかし、ここでラブホテルに誘ったことは、単にドライブ途中の休憩というだけでなく、もう一つ別の意味を持ってきます。

ラブホテルといえども、部屋に入る際には一度、フロントの前を通ることになります。つまり、従業員さんの前を通って部屋に入る格好を取るわけです。

ご存知のように、ホテルの部屋に男女が入ることは、組み合わせはどうであれ、男と女の関係が事実上成立していることを意味します。

そして大事なことは、部屋に入る際に従業員さんという善意の第三者の前を通ることで、法律的解釈としては両性が合意の上で部屋に入ったことになることです。

このプロセスを踏んでおくことで、後々女性から無理やり性交渉を強要されたといわれるリスクを、ヘッジすることが出来ます。

ラブホテルのフロントを経て善意の第三者を通しておくことのメリットは、出会い系サイトで知り合った女性とセックスをする際にもあてはまります。

ホテル代をケチって自室でセックスをしてしまい、万が一その後訴えられた場合、女性の証言が有利になる可能性が高いのが通例ですが、ホテルでしていればフィフティフィフティの関係に持ち込めるわけです。豆知識としてお役立てください。

イラッとくる若い女の一言を、しれっと切り返す大人の男フレーズ

やっとの思いでアポが取れた、若い女の子とのデート

にもかかわらず、初対面らしからぬ失礼な発言をしてくる若い女は少なくありません。

ですが、そこで怒り狂ったらせっかくのHも遠のくと思って、モヤモヤさせたまま我慢している男性が多いのではないでしょうか?

もう一歩踏み込んで、しれっと切り返せば「余裕のある男」という演出にも使えます。

わたしたちオジサンが、こういうところで余裕を見せればセフレ化にぐっと近づくというものです。

基本的には下手に出るのがベター

様々な場面でかけられる、若い女の子からの心ない言葉は共通してバカにしたり、たんなる女のワガママが当てはまる場合がほとんど。

同じレベルで論破しようものなら、より相手もアツくなってしまうので基本的には下手(したて)にでるのが良いでしょう。

「そうだね、だから君みたいな可愛い子と遊べて嬉しいよ」
「確かに、普通ならこんな美人ひっかけられないよ」
「みんなの視線が集まって……さすがだね」

相手を持ち上げて、こちらがいかにも下僕のような立ち位置で乗り越えるのが無難です。

ただし、いつまでも必要以上に持ち上げることは必要ありません。違う場面では、しっかり「モテる男アピール」をして、ワガママ女の心を刺激しましょう。

「彼女とか、いるんですか?(笑)」

いかにも「お前にはできないだろうな」という嫌味が込められた、笑顔の質問。意外に、会って早々このような牽制をぶっこんでくる女は多いです。

こんな場面では

『正解!ついこの前、別れちゃってねー』
『いるよー。付き合い長いからマンネリ気味だけどねぇ』
『意外にモテるんだけどなぁ』

と「いる」もしくは「いた」という切り返しが良いでしょう。間違っても『バカにしてんのかよ?』と怒るのはいけません。

そして、あくまでも軽く受け流すのがポイント。必要以上につっかかったり、力説すればするほど、モテない感が出てしまいます。

女性にとって真意は「女の扱いをちゃんとしてくれるのか?」を知りたいのが本音。最後は『でも、ここまでイイ女じゃないけどね~(笑)』と付け加えておけば完璧です。

「背が低いですよね」「えーっ!太ってる!」

見た目を突っ込む怒るくせに、なぜか男の見た目には平気でダメ出しをしてくる女たち。身長や体型、髪、肌質など、限りなく失礼に近い言葉をぶつくてくることもあります。

とは言え、結婚相手になるわけでもなく、オープンな関係でもない2人。だからこそ見た目にうるさい感じもしますが、だからこそ見た目はどうでも良いことも……。

セックスするのが嫌だと思うほど、不潔な男はNGですが実際、女性が口にするわりには、そこまで見た目を重要視していません。

『えー!ひどい!気にしてるのに!』
『そそそそそんなことないよ!』
『可愛い系を狙おうと思って(笑)』

落ち込んでみたり、明らかに動揺してみせてツッコミを待ったり。ここは笑いに変えて、冗談ぽく乗り越えるのが良いでしょう。

間違っても『君だって、胸ないじゃん』など、相手に指摘をしないよう気をつけてください。

「その洋服、どこで買いました?」

アンテナがビンビンでトレンドに振り回され……いえ、追い続けている女性にありがちな、ファッションに関する失礼発言。

洋服や小物アイテム、髪型など、厳しすぎる目でチェックしている女性も多いです。

もともと流行を敏感に掴む女性と、気に入った自分のスタイルを確立する男性とはファッションの根本的な考え方が違います。

もし、最新のアイテムでなかったり高価な洋服でないとしても、へこむ必要はありません。

『そう?自分はこれくらいが見合っているよ』
『洋服より、遊ぶ方にお金使いたいんだよね』
『流行りの服は、似合わないよ』

など、軽く受け流す程度で充分です。

女性がつっこむ洋服については、そのセンスよりも正直「服にお金をかけられないほど、貧乏なのか?」という考えが優先。

そのため、洋服以外にお金を使っている雰囲気を出せれば、なんの問題もないのです。

意外に、言葉通りトレンドをしっかりおさえた高級ブランドで身を固めてもたいしてウケが良くないのは「服にお金を使いすぎて、お金がなさそう」と、思われているせいかも。

世の中、結局…お金。厳しい世界です。

「もっと、おしゃれなラブホがいい!」

ここまで来て、まだ言うか!という心のツッコミは置いておき、女性から不満が噴出しやすいのが、ラブホのグレード。

さすがに連れ込み感たっぷりなボロいラブホは避けるとしても、出費を考えて選んだはずなのに「もっと、おしゃれな方が~」と言われてしまうと、薄くなった財布を握りしめ、怒りを感じてしまうことでしょう。

『そう?ここもいいと思うけどな』
『早く2人っきりになりたいし!』
『じゃ、次は豪華に行こうね』

とりあえず、一度は男性自身が納得して選んでいるというのを、アピールするのがおすすめ。

もし値段の安さで選んでいたとしても、けして顔や言葉に出してはいけません。「広そう」「綺麗そう」など、何かしら良い部分を見つけて、押し通します。

そして、いざ部屋に入ってから『思っていたのと違った!』『お風呂が小さいな~』など、いかにも「知らなかった」という感じでいくのがGOOD。

『いいのを選んだはずなのに、やっぱり君の言うとおりだった』という雰囲気を出しましょう。さすがに部屋に入ってから、別の部屋に変えたがる女はいません。これなら、お金がなくて安い部屋を選んだとしても、貧乏臭さが出ないのです。

もちろん『だったらお前が部屋代払うのか?』などの言葉は厳禁です。

思わずイラッ?でも、気がつけばもう別の話題……

煽りにも感じる女性からのイラッと発言は、思わず繰り返し聞き返したり、必死で論破したり、中には落ち込んでしまったり……。

グサリとする発言だからこそ、引きずってしまいがち。

ですが、女性のその発言もその場の思いつきが多く、しばらくたてば、もう別の話題に切り替わっているのがほとんどです。

いつまでも引きずらないのが一番の対処法なのかもしれませんね。

鳥越さんブームにあやかったセフレ作り

前東京都知事が、いわゆる政治と金の問題の責任を取って辞職したことを受け、2016年7月現在東京では新たな知事を選出すべく、選挙戦が繰り広げられています。

この選挙の目玉は、野党4党が統一候補として推薦した、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんです。

先の参院選で大敗を喫した野党、とりわけ民進党幹部が鳥越さんに注目をした理由は知名度の高さですが、同時に女性票の確保を計算してのことでもあったのではないでしょうか。

近年、若い女性の間でおじさんブームが起きていることは周知の通りですが、鳥越さんの76歳という年齢を考えますと、おじさんブームはともすればおじいさんブームにまで飛び火した感もあります。

ともあれこの鳥越さんブーム、出会い系サイトにいる女性たちの間でも例外ではありません。鳥越さんブームにあやかり、おじさんだけでなく、おじいさんたちも奮起すれば、若い女性を抱ける機運はにわかに高まっているともいえます。

高齢に達してもなお女性に人気の高い鳥越さんの魅力を分析して、出会い系サイト利用に結び付けて考えてみたいと思います。

ボケの魅力

突然の出馬表明、共同記者会見などで一貫して感じられるのは、ボケをかましているということです。

年齢相応に本当にボケているのではないかと危惧する見方もありますが、往年のジャーナリストとしてつちかわれた鋭さは健在であったところから、どうやらボケはポーズと見てよさそうです。

では、何でまた都民にメッセージを送る貴重な機会にボケるのかと考えますと、ボケて見せることで、有権者の誰にでも親近感を抱いてもらう効果を狙ったのではないかと推測されます。

いかに鳥越さんに知名度があるとはいっても、東京都内の隅々にまで風貌と名前が浸透しているとは限りません。出馬会見で初めて知った人も少なからずいたはずです。そうした人に親近感を覚えさせることは極めて大切なことです。

逆に言えば、間違っても相手を怖がらせないことです。相手を怖がらせるとは、切れ者過ぎる印象を与えないということでもあるといえます。

それでなくても鳥越さんは旧帝国大学の出身であり、家系は東証一部上場企業の創業者につながる名門家です。そうした庶民とかけ離れた印象を有権者に与えれば、親近感は抱いてもらいにくくなります。つまり得票につながらなくなる恐れがあります。

そうした履歴やジャーナリストという職能からくる鋭利さを、鳥越さんはボケで隠したとも言えるのではないでしょうか。ジャーナリストとして報道番組などに出演していたときとは異なる印象に、さすがだなと感じました。

同じことは出会い系サイトを使う際にも言えます。相手を怖がらせるような物言い、素晴らしすぎる経歴はひとまずおいて、とぼけて隠しておいた方が、親近感を抱かれやすい、つまりモテるということです。

飾らない自由なファッション

共同記者会見では、他の候補者がスーツにネクタイ、フォーマルなファッションでテーブルに並んだのに対し鳥越さんは、丸首のシャツにしわのよったジャケットといったラフないでたちでした。

ともすれば堅苦しい公の場でこの自由なスタイルをとることもまた、リベラルで親しみやすい印象を視聴者に与えることに成功したといえるのではないでしょうか。

参院選で失敗した野党が、起死回生の候補者として鳥越さんを起用したのは、リベラルな日本にだんだんと軍靴の足音が聞こえ出したことへの警戒でもありますが、鳥越さんはリベラルで自由にものが言える国の素晴らしさを、言葉ではなくスタイルで教えたかったのかもしれません。

安倍さんの進める戦争の出来る右寄りな国造りに対して、自由を謳歌できる国を守ろうとする鳥越さんのスタイルは、党派を超えて多くの有権者にシンパシーを与えているようです。

このことは出会い系サイトのプロフィール写真にも応用できそうです。自分のライフスタイルをうかがわせるような、親しみのある自由なファッションこそ、物言わぬ個性の表出になり、見る人をひきつけます。

本心を吐露する、嘘をつかない男はモテる

鳥越さんは、テレビ番組にコメンテーターとして出演することも多く、話す機会の多いジャーナリストですが、その語り口は決して滑舌がいいというわけではなく、むしろどちらかといえば朴訥な方です。

それでいて、立て板に水といった感じの他の出演者のコメントより、鳥越さんの話しっぷりに説得力を感じることも多々ありました。

しゃべり方が朴訥だからいいというわけではなく、そこに感じられる本心が視聴者の共感を得るのだと思います。女性ファンは主義の是非ではなく、鳥越さんの嘘のない話し方に、魅力を感じるているようです。これは非常に大事な部分であると思います。

出会い系サイトにおいても、何を言っているかではなく、言っていることが本心から出た言葉なのか、嘘を言っていないか、実は女性がもっとも注意深くチェックをしているのはこの部分です。

付き合うか否かのボーダーは、ここで分かれるといっても過言ではありません。滑舌はいいに越したことはありませんが、悪くても、本心が吐露された話し方であれば、必ず相手に響くものです。

おじいさんブームの到来!?

東京都知事選は実質、鳥越さんを含む3人の戦いであるといわれていますが当初、共同記者会見には4人の立候補者が並びました。

その中の最年長が76歳の鳥越さんでしたが、記者会見を見ていると、会見の直後に立候補を取り止めた、宇都宮健児さんがあたかも最長老であるかの印象を受けた方も、少なくなかったのではないでしょうか。

宇都宮さんは実は67歳で、鳥越さんより10歳近く若いにもかかわらず、そう見えたのは宇都宮さんの老成ぶりもあるかもしれませんが、それ以上に鳥越さんが若い印象を与えているからではないかと思います。

野党から女性票獲得を期待され、事実女性人気の高い鳥越さんの面目躍如ともいえる会見であったように思えます。

鳥越さんを見ていると、おじいさんブームが来てもおかしくないのではないか、という気さえします。

出会い系サイトでは今まで、あまり正面から取り上げられなかったおじいさんですが、新たな可能性が示唆されたようにも感じました。

何度も年を取り上げることは失礼かもしれませんが、76歳にして今なお女性からモテモテの鳥越さんから学ぶべき点は多いと思います。

分析したモテ男の原点を、出会い系サイト利用に当たって応用すれば、鳥越さんより生物学的に若いほとんどのユーザーは、間違いなくモテるのではないでしょうか。

若い娘に嫌われてしまうオジサンの勘違い行動6つ

若い女の子とオジサンカップル……ぶっちゃけ、出会い系サイトだから叶うこと。

職場では毛嫌いされるし、この年齢でナンパも情けない!

だからこそ、せっかく出会い系で若い娘をゲットしたら長くつなぎ止めないと!

オジサンがやりがちな勘違い行動を知り、若い娘に嫌われないように気をつけましょう。

好かれるための行動が…実は嫌われてしまう?!

一時は 年下男性と年上女性のブームもあったものの、やはり若ければ若い女性ほど、年上の男性との恋愛に憧れを抱くことが多い!

人生経験豊富で包容力があって、もちろんその経済力も年下にはない魅力として大きな武器になってくれます。

ただし…せっかくの、オジサンの魅力。それを打ち消して、オジサンのウザさを出すのは避けたいところ。

実は、若い娘を喜ばせたいと思っての行動が、相手から嫌われる原因になることがあります

本日は、若い娘に嫌われてしまうオジサンの勘違い行動6つを紹介します。

1.ファッションやトレンドに敏感

若い世代のファッションや流行には、なんとしてでも乗っかっておきたいところ。

  • 「えっ知らないの?ダサッ(笑)」
  • 「もうそれ、古いんだけど……」
  • 「これだけ流行ってるのに、知らないの?」

なんて言われたら、大ショック。

どうせなら、あまりの詳しさに驚く笑顔の表情を見たいと思う男性は多いです。

ですが、あまりにファッションやトレンドに敏感なのは、喜ぶどころかドン引き……。年下女性が唯一自慢できる「わたしが教えてあげる感」を奪ってしまうのは、嫌われる原因です。

「なにそれ知らない!教えてよ!」

と、相手の女性に質問するくらいの無知っぷりが好感触。オジサンはあくまでもオジサンらしくしていきましょう。

2.Hを頑張りすぎる

若い男に負けていられないのが、セックス。回数は勝てないにしても、出来る限り時間をかけてネットリ楽しみたいところ。

いずれにせよ、サプリやドリンクを飲んで、コンディションを整えている男性は少なくありません。

とは言え、若い娘にしてみれば、若い男性とオジサンとのセックスをまったく同じに見ていません。年上男性特有のゆとりのあるセックスができればそれでいいのです。

ガツガツしておらず、女性の快楽を優先してくれる年上男性のセックス。時に中折しても、逆切れや慌てること無く余裕の行動。

そんな淡い妄想を抱くのが女心なので、頑張りすぎるHは残念ながら喜ばれません。

3.旅行や豪華な食事をご馳走する

「これならどうだ!金ならあるぞ!」と鼻息荒く、若い娘に貢いでいる男性。デート代やホテル代を払うのは当たり前として、

客室露天風呂付き宿の旅館、最上階のスイートルーム、芸能人も御用達のレストラン……。

けして若い女の子では行けない、夢の様なイベントを提供して喜ぶ顔を見せたいと思っている男性。実は、残念ながらこれだけお金を注いでも意外にリアクションはイマイチ……。

それもそのはず、せっかくのイベントも所詮、出会い系で知り合った男性との思い出。友達に話したりSNSで自慢したり、周りに話すことができないので、まったくプラスにならないのです。

男女のギャップが一番大きく出てしまう、お金の使い方はぜひ覚えておきましょう。

4.モテないアピールをする

また、若い娘とのHはもちろんですが、キラキラと眩しく話す最近のエピソードは失ってしまったあの日の自分を見ているようで、悲しくもあり楽しくもあり…といった感じ。

つい、そのギャップから「俺はモテないからなー」「全然ダメだよ」なんて口にしていませんか?

謙遜や相手を立てるつもりのモテないアピールも、若い娘にしてみたらまったく喜べないどころか、つまらない男と思われることも?!

若い娘が抱く憧れのオジサンは、あくまでも格好良くてモテるオジサン。自ら「モテない」と言う男性は、変化球のアピールにならず見過ごされてしまいます。

5.「若さ」を褒める

同じく気をつけたいのが、簡単に喜ばせる方法として使いがちな「若さを褒める」やり方。

圧倒的な違いを魅せつけられる若さは、自分が失ったからこそ最大の武器とわかるもの。
つい若い娘を前に、本気で若さを褒めたくなる気持ちも理解できます。

ただし、若い娘にしてみれば、友達や同期の子など周りは同年代で同じく「若さ」を持っている人たちばかり。

いくらその素晴らしさを伝えても「わたしだからこその魅力はないの?」と感じてしまいます。喜ばせるつもりが、どんどん相手のテンションを下げてしまうNGフレーズ。

無意識に口にしている男性も多いかもしれませんが、気をつけるのが吉です。

6.仕事のアドバイスをする

そして、オジサンだからこそ培った豊富な人生経験。それを活かして若い娘を喜ばせてあげたいからと、仕事の相談を真摯に受け止めていませんか?

半分自慢も入ってくる仕事のまっとうなアドバイス。残念ですが、その正論は若い娘とのデートでは必要ありません。

喜ぶ顔が見れるどころか、睨まれたりする恐れも!

女性は男性と違い、答えでなく共感、共有がもっとも話の中で大切な部分。もちろん女性の考え方に年齢は関係なく、若い娘だって同様です。

語り始めた仕事の愚痴は、相談ではなくあくまでも愚痴。

適度にうなずいて「それは辛いね」「僕もそう思う」と、共感をしてあげましょう。
それが、若い娘にとって本当に喜ばれるリアクションです。

オジサンだからこその魅力を潰さないのが大事

意外に若い娘から人気を集めているオジサン。

やっぱりその魅力は大人の余裕や包容力、時折見せるギャップの幼さ。このような憧れにも似たイメージを抱いている女性は多いでしょう。

せっかくの魅力を潰さずに、本当の大人の魅力で喜ばせてあげるのが賢明です。

オジサンが若い娘をゲットする方法を真面目に考えてみた

見た目はそこそこ、オシャレにも気を使っている……とは言え、年齢的にはすっかりオジサンに当てはまる男性陣の皆さん!

やっぱり今でも、若い娘の間では年上の男性の人気は高く最近では更に、その年齢も上昇傾向。

今こそ、年の差カップルをリアルで体験できる絶好のチャンスなんです!

若い娘がオジサンを好む理由

若い娘がオジサンを好む理由は人それぞれですが、共通点はあります。

  • 包容力があって安心感がイイ
  • 若い男のうるさいノリが嫌だから
  • 自分自身も背伸びをしてイイ女になれそう
  • 経済力も知識力も経験も…色々頼れそう

正直ぶっちゃけてしまうと「年上なら誰でもいい」というのが当てはまってしまいそう。

ですが、だからこそ、誰にでもチャンスがあるのは嬉しいのでは?

若い娘との出会いを探すには?

ですが、実際に若い女性との接点を掴まなければ何も始まりません。職場には新人や部下がいるとしても、さすがに社内で食い散らかすのはご法度。

ナンパ

この年齢で声をかけても反応は悪く、周りの目もあればまず難しい。

コミュティサイト

相手が使っていそうなサイトは、同年代の仲間が多いのが難点。興味があっても、仲間を気にして良い反応を示してくれない。

テレクラ

「テレクラには自信がある!」なんて男性も多いかもしれませんが、今の若い子は…テレクラを知っている人すら少数派。

やはり、年の差カップルは目立つ存在のため、周りの目を気にして自分の気持ちを押し殺してしまいやすいのが弱点。

そこで、一対一でやり取りできる出会い系サイト。中でも、大手出会い系サイトを使ったハンティングがおすすめです。

大手出会い系サイトがオススメな訳

大手出会い系サイトは、女性雑誌やビル看板、有名サイトでも宣伝をしていていわゆる素人が多いのが魅力的。

特に、普段の生活では接点がない相手との恋愛を求めている女性が多いので年の差カップルを狙う男性にはおすすめです。

また、出会い系サイトなら二人きりでのやり取りができるから、「オジサンとデートしたい」という大胆な言葉も自然に出せる!

女性目線でブレーキをかけにくい環境と言えるでしょう。

もちろん男性にもメリットはあり、大手なら詐欺やトラブルの心配もなし。絶対に避けたい未成年とのやり取りを防げるのも、安心できるポイントと言えるでしょう。

最後に

いかがでしたか?「若い娘なんて、どうせ無理」と諦めている人はもったいない!

まだまだ年上男性のオジサマ魅力は健在です。

上手に使いこなしてガンガン遊びまくらないと、オジサンを通り越してそのうち体力がもたなくなっちゃいますよ?