オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイトはじめまして。村上こうじといいます。メタボ・薄毛のぜっさんオジサン中の45歳です。

わたしは、ルックスに全く自信がありませんが、3人の若くて可愛いセフレを抱えています。3人のうちの1人くらいは少なくとも暇にしているので、わたしは「セックスしたいなぁ」と思ったら、いつでもタダで何度でもセックスをすることができるということになります。

わたしは、風俗にキャバクラにもガールズバーにも絶対に行きません。金を払ってセックスはしないし、女の子と話すだけでお金を払うなんて、信じられません。

わたしの出会い系にかけた労力

わたしは3人のセフレを作るまでに、数十万の費用と、100時間以上の労力を、出会い系サイトに費やしました。

しかし、まったく後悔していません。

なぜなら、風俗で同じ金額を払っても「イヤイヤながらセックスをする女と数十回のセックスをして終わり」だからです。

出会い系サイトでセフレを作ったら「わたしとセックスしたいと思っている若い女とただで何度でもセックスができる」のです。

この違いは本当に大きい。今やわたしは、風俗に行ってセックスなんて、微塵もしたいとは思いません。セフレを呼び出してセックスをすればいいだけだからです。

当ブログでは、わたしがこれまでに経験した出会い系での体験をもとに編み出したテクニックを紹介していこうと思います。

出会い系サイトを使えば可愛いセフレを簡単に作ることができる?

出会い系サイトを使えば可愛いセフレを簡単に作ることができます!

とは言いません。

出会い系サイトでセフレを作るのはそれほど簡単なことではありません。しかし、きちんとした戦略のもとに愚直な努力を繰り返せば、わたしのような冴えないオジサンでも、ぜったいに若くて可愛いセフレを作ることができるのです。当ブログには、そのためのノウハウを徹底的に詰めこんでいます。

出会い系サイトの選びかた

セフレを作りたいなら結局大手の出会い系サイトを利用するしかありません。しかも女の子の登録数が莫大な数でなければなりません。わたしたちは、数多くの女の子のなかから「恋愛対象がオジサンである女の子を探す」必要があります。

たとえば、会員の女の子のうち、オジサンを恋愛対象にしている女の子がたったの5パーセントだとしましょう。日本最大の出会い系サイトハッピーメールでは、若い女の子の会員は200万人以上はいるのです。

だとしたら、そのうち10万人が「恋愛対象がオジサンの女の子」なのです。そのうちあなたはたった3人のセフレを探せばいいんです。割合は関係ありません。数が大切なのです。

おすすめ出会い系サイト

こちらで紹介している出会いサイトはすべて『登録無料』です。初回登録時に無料ポイントをもらえるので、そこで出会えなければ、そのままやめても問題ありません。

男性はポイント制(メール1通50円)です。しかし、ポイントを購入しない限り料金はいっさい発生しないのでご安心ください。

また、大手サイトでは電話番号認証がありますが、こちらは、年齢確認・業者対策のための認証ですので安心してください。逆に、電話番号認証がない出会い系サイトを利用するのは避けるようにしてください。

 PCMAX

セフレを作りたいなら、いちばんのオススメ。レディコミなどにたくさん広告を出しているので女性会員が多いですね。

登録時50P+本人確認50Pで、合計100ポイント(1,000円分)がもらえます。

 ハッピーメール

累計登録数1300万以上の日本最大の出会い系サイトです。だれでも名前は聞いたことがあるでしょう。

登録時50P+本人確認50P+メルアド登録20Pで、合計120ポイント(1,200円分)がもらえます。メール送信50円。メール開封もプロフ閲覧も無料です。

1日1回全ての掲示版へ書き込みが無料でできます。つまり4つの掲示板に1日1回書きこみをしても無料ということです。

 ワクワクメール

お試しポイント120P(メール24通分)がもらえます。

 イククル

お試しポイント100P(メール20通分)がもらえます。

4サイト全てに登録すれば、お試しポイントだけで50通以上メールをすることができます。

まずはきちんとプロフィールを書いて、掲示板に書き込みましょう。女の子のほうからメールが届くのを待って返信していけば、無料で女の子と会える可能性さえあります。

レンタルおじさんの活況振りが教えるセフレ探しの極意

おじさんレンタルがにわかに活況を帯びてきています。

1時間1000円「おっさんレンタル」その正体とは?

今、密かに巷を賑わせている「おっさんレンタル」。1時間1000円で“おっさん”をレンタルすることができるという。海外でも注目されており、なんとあの『The Japan Times』にも取り上げられたというから凄い。

https://joshi-spa.jp/37746

毎日引きも切らないレンタル依頼、その顧客のほとんどが女性で、年齢的にも20代から50代と幅広いそうですから、出会い系サイトにいる女性とぴったりかぶりますね。

そもそもお金でおじさんをレンタルすることがビジネスとして成り立つのは、おじさんと会うことで何らかの困りごとが解消するか和らぐかするからです。

しかも、それでいながら決められた時間が来たら、関係を後腐れなくさっぱり切りたいという、女性側の要望に応えるシステムが出来上がっているから流行るんですね。

これだけを見ても、おじさんレンタルと出会い系サイトには、かなりの近似点があるなとお思いになるのではないでしょうか。

さっぱりと切りやすい関係を構築してみたい、あるいは必要なときだけの関係があったらどれだけいいだろうと考えるのは、まさに出会い系にいる不倫願望、浮気願望を持った女性の心理そのものともいえます。

それだけに、おじさんレンタルを利用する女性たちからの依頼内容、需要を知ることは、出会い系でセフレを作る際にも少なからず役に立ちます。

とりわけ職業として女性に利便を提供するレンタルおじさんに採用される基準を、出会い系サイトでの自らの振舞いの規範として取り入れれば、それだけ成功する確率も高まるといえるのではないでしょうか。

まずは出会い系を使い出す前に、レンタルおじさんにご自身が採用されるかどうかをチェックしてみましょう。採用になるレベルの方なら、出会い系でも簡単にセフレが見つかります。

不採用になりそうな方は、その理由を考え、良くない点を改めることで、セフレが作りやすくなるはずです。

レンタルされるおじさんの条件

依頼主の女性のもとにレンタルされるためには、まずはレンタルおじさんとして、採用されなくてはなりません。

採用試験は面接になります。

面接があるあたり、誰でも簡単に登録が出来る出会い系サイトとは異なりますが、面接を通りさえすれば、確実にレンタルされて顧客の女性とご対面できるわけですから、面接の合否がそのまま出会いの成否を分けているともいえます。

それでは、面接官はおじさんのどういうところを見るかといいますとまず、顔は関係ないそうです。

何より重視するのは、「汚くないこと」「助平じゃないこと」「説教をしないこと」だそうです。この3つの条件をクリアしさえすれば、レンタルおじさんになれる確率はにわかに高まります。

そして、この3つの条件は、出会い系を利用する上でも、セフレ探しの成否を分けているといって過言ではありません。

順を追ってご説明します。

汚くないこと

おじさんレンタルは基本的に客商売ですから、見込み客に汚い印象を与えるのは論外ですが、ただそうは言ってもおじさんのことですから、清潔さに完璧を求めることはないそうです。

とにかく見た目が汚い印象の人でさえなければ、多少野暮ったい感じのおじさんでも、レンタルされるうちに垢抜けて来るものなので、それは構わないということです。

これなんかは、女性と知り合えたことでそれまでの冴えない感じから一転、持てるタイプの男性に進化してしまう人も珍しくない、出会い系サイトと通じる部分がありそうですね。

助平じゃないこと

おじさんレンタルの場合、表向き性的なサービスをするわけではないので、あまりに助平な人、下心丸出しの人だと業務上困ることもあるようです。

顧客のほとんどが女性であることから、どうしてもエッチ目的の助平なおじさんの応募も多いようですが、あからさまに助平な人は雇わないようにしているんだそうです。

この部分は双方がエッチを目的とした出会い系とは本質的に異なる点ですが、ただ、最初期においては出会い系も助平ではない方が上手くいくことは同じですから、その点は参考にはなりますね。

ちなみにレンタルおじさんの場合、たとえ採用したとしても毎月加盟金を徴収し続けることで、助平な下心ある人をはじくシステムになっているそうです。

加盟金の月額は1万円です。お金を取ることが目的ではないわけですが、それでも1万にしてあるのは、3,000円程度では抑止力にならないからだそうです。

出会い系サイトでも、無料サイトでは全くといっていいほど出会えませんが、大手出会い系を利用しても、3,000円程度のポイントではなかなか出会えず、6,000円くらい投入すると、2,3人と出会えるようになって来るのと、似ていなくもないでしょうか。

お金に対する感覚は人にもよりますが、何をするにしても最低でも1万円くらい払わせないと、人間本気にならないということかもしれませんね。

説教をしない

おじさんをレンタルしようとする女性に一番多い需要は、悩み事を聞いて欲しいという依頼だそうです。

中でも恋愛に関する悩み事が多いようです。

まともには、そういう込み入った問題は、親しい人に相談するのが普通ですが、不倫や浮気となると逆に、見ず知らずの人間、それでいて依頼者にすればお金を払うことなので、親身に相談に乗ってくれる、レンタルおじさんは格好だということになるようです。

相談の内容によっては、自分にとって遠い存在の方がかえって好都合な場合がある、ということですね。これなんかも、顔を見たことのない相手に性癖を含めて打ち明けることの多い、出会い系と通じる部分です。

いずれにしましてもこうした問題に、レンタルおじさんが豊富な人生経験を生かして、女性の話を聞いてアドバイスしてあげるあたりがこのサービスの肝になるわけですが、その際に「でもね」といって相手の話を否定すること、つまり説教するタイプのおじさんは、絶対に採用しないそうです。

ここはきわめて重要なポイントです。出会い系でしてはいけないこととして全く同じことがいえるからです。

女性からすれば、話を聞いてもらえて素直に嬉しかったのに、「でもね」「だけど」と切り返された上にレンタルおじさんに持論を展開されたら、せっかく気持ちがほころんできたのに、その瞬間すべてが台無しというものです。

持論を展開するのは、自分に自信があることですから、それ自体は悪いことではありませんが、相手が何を望んでいるかを考えずに、それをしてしまうのは勘違いから来るものです。

つまり、ちょっとの勘違いならばともかく、完全に自分を勘違いしているおじさんは、レンタルでも出会い系でも上手く行かないということですね。

お金を払っておじさんをレンタルする現実

こうして見てきますと、出会い系サイトの利用法を検討する上で、おじさんレンタルの活況はきわめて示唆的です。

本来なら、出会い系サイトで見つけられそうな相手ですが、それをレンタルおじさんに依存するのは、お金を払えば確実に親身に話を聞いてもらえながら、それでいて取り決めた時間が来れば、そこであっさり別れられる利便性が受けているからです。

逆に言えば、出会い系サイトはそうじゃないと考える女性が増えてきたから、おじさんレンタルが繁盛しているとも言えるわけです。

おそらく、レンタルおじさんを依頼する女性は、一度ならず出会い系サイトを利用しているのではないかと考えられます。実際、出会い系で会う体験も済ませて来ている女性が多いように思います。

同じことを出会い系でしても、女性は出会い系利用が基本的に無料ですし、知り合った相手にもよりますが、初回のデート代は男性に負担してもらえることが多いのではないでしょうか。

それでありながらわざわざ、1時間1,000円の料金と交通費、飲食代を女性が払って、おじさんをレンタルしている現実があります。不倫や浮気の相談に乗ってもらったり、食事を共にしたり、飲みにいったりする現実があります。

おじさんレンタルの活況を出会い系にフィードバックする

こうしたおじさんレンタルの活況は、裏を返せば出会い系の不純物を洗い出す作業にも使えます。

出会い系は誰でも登録できるだけに、先に挙げたしてはいけない3つの条件をクリアしていない人も混ざっている可能性もあります。むしろ、ひとつくらいなら満たしていない人の方が、多いのかもしれません。

だから女性たちは安心確実なおじさんレンタルにお金を払って、ひと時の癒しを求めて、時にはデート気分を味わっているわけですね。

したがって、こうした現状を出会い系にフィードバックすれば、出会い系にいる女性の中から、セフレを見つけやすくなるであろうことは、論を待ちません。

今までのおさらい

それでは、今まであらかた見てきた、おじさんレンタルが女性たちに受けている部分を、出会い系に応用してみましょう。

まずは、外見が汚らしくないこと。清潔にしていることですが、これは人間として社会で生きている以上、基本中の基本ですから、おじさんレンタルや出会い系に関係なく当たり前の範疇ですね。

ついで、助平ではないこと。これは、女性が安心してメールに入って来やすいようにするための、これまた当たり前のマナーでしかありませんから、必ず守るようにします。

そして、説教くさくないこと。案外難しいのはここです。先に申しましたように、自分に自信のある人ほど、ここを抑えられずについ持説にこだわり、女性から嫌われてしまいがちなのです。

最後に、おじさんレンタルのシステムが持つ安心感の根幹の部分。すなわち、いつでも会えて、それでいて時間が来たら、確実に切れること。ここです。

付き合いが持続し出した後も、これだけはきっちり守る男だと思わせることが、セフレ探しでは何より重要になります。

逆に言えば、出会い系にはそう思わせる人が少ないがゆえに、会う時間をお金で買うおじさんレンタルなる無味乾燥な味気ないサービスが、救世主のように活況を呈してしまうのだともいえます。

不倫パートナー、浮気相手を探している人は、ここを今一度押さえて出会い系に取り組めば、自ずと成果を出しやすくなります。

繰り返します。出会い系でセフレを探すには、会いやすいだけでなく、切れやすい男だと思わせること、ここです。ここを押さえれば、セフレを探している女性が、おじさんレンタルに走ることはなくなります。

出会い系で注意すべき「男の若作り」

少しでも若く見られたいと思う気持ちは、男女共通です。

出会い系サイトで知り合う人も、実年齢は若くはなくても「若々しい人」がいいですよね。

男性の場合は、中年の魅力をアピールしつつ、若々しくいることが人気の秘訣です。

また、若々しくいるための出会い系でもあるのです。

しかし、ありがちな間違いを犯し、「若々しい」ではなく「若作り」になってしまう人も少なくありません。

「若々しい」が好感が持たれるのに対し、「若作り」は嫌悪と笑いの対象になってしまいます。

そうならないために、出会い系で注意すべき「男の若作り」をご紹介しましょう。

1.「若々しい」も「若作り」も、「若い」ではない!

若々しく見せようが、イタイ若作りになろうが、どちらも「本当の若さ」ではない点では同じです。

「若々しい」と「若作り」の違いを考える前に、本当に手に入れなければならないのは「若さ」ではなく「年齢相応の魅力」であることを忘れてはいけません。

「若々しく見える」よりも、「年齢相応の魅力がある」ほうが、好感度は高いのです。

しかし、世の中の「若さ信仰」は根強く、「年齢相応の魅力」とは何なのかよく分からない、という現実があります。

「とりあえず若くしておけばモテる!」という考えも理解できます。

であれば、正しく「若く」なるために、やってはいけない「若作り」を理解しておきましょう。

2.男性のこんな若作りはNG!

男性自身は「モテる」ために良かれと思ってしている「若作り」も、女性から見ると、失笑ものです。出会い系サイトでも、このような男の若作りはいただけませんよ。

メールの文面が軽い

出会い系サイトでは、プロフィールやメールなどの「文章」が「人となり」を表します。

文章は、話し言葉以上に精神年齢や教養が出てしまうことがあります。

絵文字はもちろんのこと、「て、ゆーか~」や「サンキュ~でーす!」「マジウケる~」といった、軽いノリ、「きのうゎ」のような女子高生風などは最悪です。誤字や誤変換、「て・に・を・は」の間違いも、単なる誤りではなく、本当にアホなのか?と思われてしまいます。

若者受けを狙って、こうした軽い文章を作ってしまう癖がある人は、今すぐやめて、新聞の「社説」を読み、文章を学びなおしましょう。

チャラ男系ファッション

EX○LE風の服、シルバーアクセサリー、ピアスも「年齢相応の魅力」からは程遠いものです。極道系ファッションも同じです。年齢相応の「組長クラス」をイメージしてもダメです。そういう問題ではありません。

白髪を隠しきれていない茶髪

白髪を目立たなくするために茶髪や金髪にしても、白髪はきれいには染まりません。髪色が気になるなら、茶髪や金髪にするのではなく「グレイヘアー」がお勧めです。

冬でも日焼けした肌

若々しく、健康的な印象を目指しても、日焼けした肌からは不思議と不健康さが伝わってきます。「俺は大丈夫!地黒だし」と思う人も、肝臓や腎臓に異常がないか、病院でチェックしてもらいましょう。

スポーツはしていないのに身体だけ鍛えている

これもなぜ?です。「趣味は身体を鍛えることです」と自信満々に言われても、意味が分かりません。「何のために?」と返されたときに、「ハテ?」とならないように、身体だけでなく脳もしっかり鍛えておきましょう。

リフトアップなどのプチ整形をしている

男性もたるみやシワは気になりますよね。その対策としてリフトアップやマッサージ、プチ整形にハマってしまう男性もいます。これらの施術により、一見、若くは見えますが、同時に「独特の若作り感」も出てしまい、かえって「この人、年齢を気にしているんだ……」と、憐れみを買ってしまうこともあります。

急に踊り出す

調子に乗ってくると、ミュージカルさながらに踊り出す男性がいます。

ゴルフを始めると、駅でスイングしたくなるように、ダンスを始めると、駅で踊りたくなるのでしょうか?

「フラッシュボブが始まるのかと思ったら、そのおじさん一人だった」という珍事も、

他人として見ている分には、かなりオモシロいのですが、付き合う女性の立場になるとオモシロがってもいられません。若者気取りで踊り出すのは、絶対にやめましょう。

サプライズ好き

誕生日や何かの記念日に驚かそうと「サプライズ」を仕掛ける男性がいます。しかしよく考えてみてください。女性はどこかで気が付いているはずです。

「○○ちゃんをビックリさせよう!絶対に喜んでくれるはずっ!」は、大人の発想ではありません。サプライズは、女性の本当の姿を知らないがゆえにできる、若者の特権です。

流行り言葉を連呼してすべり倒す

流行語や流行りのギャグは、恐ろしい速さで消費されていきます。

しかも、オジさん、いや「大人の男性」のもとに届くころは、もはや流行りの末期です。

そうとも知らずに、女性との会話の中で流行りのフレーズを連呼すると、必ずスベリます。スベリ倒します。大ケガに注意しましょう。

女性は自分のことは棚に上げて、男性の若作りにはかなりシビアです。

出会い系サイトでは、若さに固執することなく、年齢相応の魅力で素敵な出会いをつかみましょう。

若い愛人を作る

あなたがお金を持っているなら、若いセフレを作る前に若い愛人を作ることをオススメします。

一度もセフレを作ったことがないなら、練習相手として愛人を作ってみましょう。

出会い系サイトには普通に恋人が欲しいと考えている女性が多いですが、それ以外にも浮気願望がある女性や愛人関係を望んでいる女性も多いのです。

特に最近は、金銭が絡んだ愛人関係を望んでいる若年層が目立ちます。

金銭的に余裕がなく、誰かの支援を受けて生活したいと考えている女性がいるからです。

具体的に下記のような女性は、愛人関係を望んでいるケースが多いです。

  • 地方から出てきてまだ仕事がない
  • 学歴がなくて仕事に就けない
  • 一般の仕事より多いお金を得たい
  • 両親が離婚している
  • 大人の伝手を頼りにしたい

愛人というと、イメージとして30歳前後の女性を思い浮かべる人も多いですが、最近は低年齢化が進み、20代前後でそういった関係を望む女性が増えています。

ある程度の年齢にいくと自立している女性や働いている女性も多いので、むしろ愛人関係を望んでいる人の割合が減ります。

愛人関係を望むなら20歳前後の女性をターゲットとして狙ってみましょう。

どんな場で出会えばよい?

一番チャンスがあるのは出会い系サイト。

SNSではそういった関係を望んでいる女性に連絡を取るのは難しいですし、どんな人かわからないと返信しないという女性が多いです。

一方出会い系サイトは、プロフィールが載っていてどんな人か女性側も把握できます。「しっかりと働いていて、お金がありそう」と分かれば、女性も食いつきます。

ただ、別に年収や職業だけを目安に女性は判断しているわけではないです。「普段の食事や性行為の対価としてお金を払ってくれればそれで良い」と考えている女性も多いです。

ひょっとしたら愛人関係を望んでいるかもしれないと感じる女性を誘うには、最初はソフトに誘うのがおすすめ!

「ご飯でも食べに行きましょう!」
「良いレストランがあるのでご馳走するよ!」

などといった誘いがベストです。

「お金を出す」というニュアンスを混ぜれば、女性の反応も良くなります。

どんな女性を誘えば良い?

出会い系サイトに登録している女性全てが愛人関係を望んでいるわけではないので、そこはプロフィール内容や掲示板内容から判断する必要があります。

下記のような書き込みがあると、愛人になってくれる可能性ありです。

「経済的に豊かな人がいいな!」
「ご飯に連れて行ってくれる人募集!」
「ちょっと生活がピンチなので助けてくれる人募集!」
「パパ探してます!」

こういった金銭的な支援を望んでいるような書き込みがあれば、愛人になってくれる可能性大です。

むしろ普通の恋人は探していません。

「経済的に豊かな人と普通に付き合いたい」というより、「お金を工面してほしい」という要素が強いです。

プロフィールだけでなく、掲示板にも積極的に書き込みをしている場合は、今すぐにでも愛人関係を望んでいると考えられます。

ログイン履歴を確認して、その日にサイトを利用していれば、すぐに返信がもらえる可能性もありますよ。

どうやって誘えば良い?

出会い系サイトで、明らかに愛人関係を望んでいるなと感じたら、攻めの姿勢でメールしましょう。

「今日、食事してくれたら3万円払うよ!」

とこれぐらい言ってしまって大丈夫です。
ただ中には援助交際と取られ、サイト判断で退会させられてしまうところもあります。

そうならないように「大人の出会い掲示板」、「秘密の関係」などのコンテンツが用意されているところがお勧めです。
ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX、メールミントC!Jメール、メルパラなどにはそういった掲示板が用意されているのでお勧めです。

もし具体的な金銭のやり取りがNGワードになってしまうなら、何かのモノやサービスに置き換えて話を進めていきましょう。

「もし今日デートに付き合ってくれたらタクシー代以上のお礼はするよ!」
「何不自由なく生活できるくらいのサポートはするよ!」

数字での表現でなくても、「ある程度の金額がもらえるな」と女性が感じ取ってくれるような文面なら十分効果的です。

愛人関係希望ならいきなりホテルへ連れて行くことも!

愛人関係を望んでいるなら、通常の恋人とは違っていきなりホテルに連れて行っても抵抗しない女性が多いです。
そもそもそういった関係があると想定して女性も誘いに乗っているわけですから、何回目のデートでホテルなどと、段階を踏む必要はないでしょう。

ただ見返り(お金)があるかどうかが、女性は心配しています。「ホテルから出る時にちゃんと払うからね!」などと言うより、最初に手つけ金のような感じで払ったほうが良いです。

ご飯を食べたときに5000円程度払えば、「この人はちゃんと払ってくれるんだな」と、女性が安心感を持ちます。

逆に最初に全額払うのは危険! 駅や街中など人ごみに紛れて、姿をくらませようと考えている女性もいます。

またホテルでもシャワーを浴びている時に、金銭だけ受け取って逃げてしまう女性がいるので注意しましょう。
ホテルではお金を部屋に置きっぱなしにするのではなく、女性が見ていない隙にバレないような場所に隠し持つことが大切です。

狙うなら、とくにオススメは神待ち家出少女ですね。彼女たちは非常に貧困なので、かなり安い金額で援助交際に持ちこむことができます。神待ち家出少女を狙えば簡単にセックスできるのです。

 

アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイント

世間では年上やオジサンブームが流行し、若い女の子がアラフォー世代を恋愛やセフレ対象にすることは珍しくありません。

ですが、若い女の子と付き合いたいけど、接し方が分からず困ってしまう……というオジサンも少なくありません。

そこで、アラフォーでも安心! アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイントを紹介していきます。

40代という年齢は武器になる

40代は人間として熟成している年代です。

仕事やプライベート、恋愛などで沢山の経験をしているため、若者にはない魅力があります。

また、年上の人というのは『頼りになるし、一緒に居ると安心できる存在』というイメージもあるため、そういった印象は恋愛にも活用しやすいのです。

40代だからといって、同年代の女性と付き合あう必要はありません。

10代や20代の若い女性を狙うのだってOK。最近では、若い女の子がアラフォー世代を付き合うのは珍しくありませし、アラフォーの魅力を活かせば狙いやすい存在なのです。

ですが、若い女の子には特有の“ツボ”があり、そこをしっかり抑えないと攻略はできません。若い女の子について知り、それに合った方法で接するのが大切なのです。

やり取りでは聞き手に徹する

女性はお喋りが大好きで、若い女の子だとなおさら。

そのため、若い女の子とメールや会話をする場合は、聞き手に徹するのが良いです。

相手の話しをしっかり聞き共感する

これが1番大切です。

女性は話しを聞き、共感してくれる人を好むもの。

しかも、若い女の子には特に効果があります。

女性は話したいことを終えた時点で、目的の9割は達成されています。残りの1割は相手が聞いているかの確認。

そのため、女性が話した内容にレスポンスを返すのはほぼ無意味。

例えば、女性が悩みを相談してきた場合、話し相手に解決するための意見は求めておらず、自分が悩んでいるということを話せればOKなのです。

そのため、悩みに対するレスポンスは「解決するためには○○しよう」ではなく「そんなに悩んでるんだ、辛かったね」が正解です。女性との会話は熱心に解決策を探るよりも、聞いて共感するだけで良いのです。

ですが、聞き手に徹し過ぎるのも少し問題。全然話しをしてくれないつまらない男、と思われてしまう恐れがあります。

なので、話題の5個中1個は反論すると良いでしょう。

返答もちょっと理屈っぽく女性が考えにくい内容にするのが良く、しっかり考えているアピールに繋がります。

聞き役に回るだけでなく、たまには喋り役に回りつつ自分の話しや意見をしていくのも大切なのです。

スマホやSNSを使いこなす

スマホやPCの進化は目まぐるしく、操作方法や仕組みもどんどん複雑になっています。

アナログなアラフォー世代には辛いかもしれませんが、スマホやPCはある程度使いこなせるようにしておきましょう。

若い女の子にはスマホは必須で、TwitterやFacebook、LINEなどのSNS系ツールは大好物。話題作りや話しについていくためにも、スマホやSNSの情報は最低限必要なのです。

出会い系コンテンツでやり取りをするなら不要では?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

出会い系コンテンツでは、メールの送受信などにお金がかかります。

出会いを求めているうちは仕方ありませんが、知り合って仲良くなった場合は外部でのやり取りに切り替えるのが理想。

外部であればやり取りにお金はほぼかかりませんし、相手が使い慣れているツールでするというのも大きなポイントです。

そのため、SNS系ツールについては事前に調べてインストールしておき、ある程度の使い慣れておきましょう。

デートでは身だしなみやリードすることが重要

若い女の子とのデートの際も、しっかり40代の魅力を出す必要があります。

会ったときの印象やリードの仕方は、今後の展開に大きく影響するので重要なポイントです。

そのため、相手の印象を損ねないためにも、デートの準備は入念にしておきましょう。

最初に大切なのが身だしなみ。イケメンか不細工など顔やスタイルの問題ではなく、『きちんとした身だしなみ』ができているかがポイントです。

髪や身体、爪は清潔に保たれているか?服はシワだらけになっていないか?など、女性はそういった部分も細かくチェックしているので、外見から中身を見抜かれてしまう恐れがあります。

そのため、デートは清潔感のある普通な格好をするのが良いでしょう。ファッションは時代錯誤していなければOKで、ファッション誌を参考にするのが無難です。

次に大切なのが、デートをリードすること。相手は年下の女の子なので、こちらを頼って任せきりにしているパターンが多いです。

そのため、豊富な人生経験を武器にデートプランはこちらで立て、デート中は率先してリードしていきましょう。

プランニングに自信がない場合はネットを参考に決めるのがオススメ。

デートコースに1度も行ったことがない場所があるときは、事前に1人で行って確認すると良いでしょう。

これをするのとしないのとでは大きな違いがあるので、確認作業はするべきです。

アラフォー世代のオジサンが若い女の子と円滑なやり取りをするために大切なポイントまとめ

最近では、年上やオジサンブームが流行っており、40代でも若い女の子は狙いやすくなっています。

それは街中だけでなく、出会い系でも同じ。そのため、40代という年齢は恋愛や出会いにおいて“恥ずかしいもの”ではまったくないのです。

仕事やプライベートで出会いがないからと、恋愛を諦めていませんか?

ブームに便乗した恋人やセフレ探しには今がチャンス!若い女の子も沢山利用している出会い系コンテンツで今一度、恋という名の花を咲かせましょう。

40代50代のオジサンが出会い系で女性から返事をもらう方法

40代50代のオヤジというだけで「キモイ」、「ヤリ目っぽい」、「マジない」など敬遠されることがあります。

確かに20歳前後の女性からしてみれば、お父さんぐらいの年齢になるわけでそれだけでナシと考えるのはいたしかたないことでしょう。

しかし、年齢が20代後半から30代の女性に40代50代男性のイメージを聞くと、ネガティブな印象は急激に減ります。

むしろ「大人っぽくてかっこいい」「落ち着いた男性」「経済的に豊かな男性」など良い印象を持つ人が増えてきます。

つまり、きちんとした出会い系サイト攻略テクニックを使えば、若いセフレを作ることは問題ないのです。

40代50代のオジサンが出会い系で女性から返事をもらう方法

プロフィール

34a670a482bd4c451ed72bb0f1e0c1e9出会い系サイトは声や顔はわかりません。プロフィールの内容がすべてです。だから、全身全霊を注いで、メールをもらいやすいプロフィールを書いてください。

メールをもらいやすいプロフィールなんてわからない?

その場合は、たくさんのユーザとして入会していろいろなプロフィールを書いてみるんです。

そのうち、メールがくるプロフィールがどんなものかがだんだんわかってきます。

ほんのちょっとした違いで、女性からメールが来るプロフィールとそうでないプロフィールは分かれてくるのです。

基本的には、紳士的な内容をこころがけましょう。いきなり下心丸出しの内容を書かないようにしましょう。また、自分がどんな人間なのかをてっとりばやく伝える方法は「自分がどうしてその出会い系サイトに登録したのか」を書くことです。

  • 普段の生活が寂しくて……
  • 嫁との仲が悪くて……
  • 気軽にお酒を飲めるような友達を探していて……

いずれにしても、登録したきっかけというのは、その人となりを表すことにつながります。

また、女性に、等身大の自分を知ってもらえるから安心感をもたせられるというメリットもあります。

大人の誘い方とメリットをアピール!

40代50代の男性が女性を誘う場合、「自分と会うことでこんなメリットがありますよ!」ということを文中に盛り込むことが大切です。

例えば、

  • 「もしよければ美味しいレストランに連れて行きますよ!」
  • 「ドライブが好きなので、希望するところがあったら連れて行きますよ!」
  • 「おいしいパスタ屋さんがあるのでご馳走します!」
  • 「映画のチケットがあるので一緒に見に行きませんか?」

などと誘うことで、女性はメリットを感じ、返信したくなります。

特にお金を負担してくれるのは、女性にとって嬉しいこと。

単純に経済的負担が軽減した喜びよりも、

  • お金を出してくれる気前の良さ
  • ケチくさくない
  • 楽しいデートができそう

といった印象を与えることができます。

車を持っていたり、行きつけの飲み屋やバーがあるという男性にステータスを感じる女性は多いです。

自慢げに話すのではなく、「もしよかったら」という感じで、気さくに話すのがポイントです。

どんな女性にメールを送ればいい?

プロフィールを見て、「この女性は年上好きそうだな」と感じる内容があります。

まず1つ目が好みのタイプ。

40代50代や50代の芸能人の挙げている場合は、かなりチャンスがあります。例えば、西島秀俊、竹野内豊、佐藤浩市、大沢たかお、渡部篤郎など。

ただし、あまりかっこよすぎるイケメンを挙げている場合は、面食いの可能性があるので注意が必要。自分の顔の系統に似ている人だったら、チャンスがあるでしょう。

また、ちょっと個性派的な人を挙げていると面食いではないので、チャンスあり!

例えば、加瀬亮や阿部サダヲ、星野源と言っている人はそんなに顔重視ではないということがわかりますね。

2つ目は好みの性格。

年上好きでありがちな、求める性格というのがあります。

  • 甘えられる男性
  • 優しい男性
  • 落ち着いた男性
  • チャラチャラしていない男性
  • 引っ張ってくれる男性
  • 話を聞いてくれる男性

などのコメントが書いてあればチャンスあり!

年上好きの心理として「頼りたい」という本能が働くため、それが文章ににじみ出ている女性は狙い目と言えます。

3つ目は趣味。

40代50代の男性でも理解できるような趣味だと、話が合いやすく返信をもらえる可能性が高まります。

具体的には下記のようなものです。

  • スポーツ観戦
  • 旅行
  • 温泉
  • アウトドア
  • 読書

こういったものは幅広い層に支持される趣味なので、40代50代男性でもチャンスがあります。

逆に、下記のようなものは注意が必要!

  • プリクラ
  • ネイル
  • デコアート
  • SNS

流行を追う性格なので、話を合わせるのに苦労する可能性があります。

40代50代男性が女性とやり取りを続けるコツ

20代や30代の女性が、40代50代男性に惹かれる要因として「気持ちの余裕」が挙げられます。

どんな時も慌てない、落ち着いているということが大事。

例えば、女性からの返信が遅かったり、ネガティブな発言をしたとします。

そんな時に怒ったり、イラついているようではダメです。

  • 「全然問題ないよ」
  • 「疲れてない?」
  • 「心配ないよ。◯◯ちゃんなら大丈夫だよ」
  • 「しっかり休んで、ゆっくりしてね」

こういった言葉を投げかけて安らぎを与えることが大切です。

常におおらかな気持ちを持ってメールのやり取りをすれば、相手もだんだんと心を開いてくれます。

気持ちの余裕がない男性はすぐ会おうとしたり、「なんでいけないの?」、「なんでダメなの?」と子供のような反論した文章を送りがち。

自分よがりの考えではなく、相手の立場に立った話し方だと、最終的には男性と会ってくれる可能性も高まります。

仮にサイト上でポイントが少なくなってきても、「ポイントが少ないから連絡先交換しようよ!」などと言うと、セコイ感じがしてしまいますね。

気持ちも金銭的にも余裕がありますよ、というアピールをしていきましょう。

出会い系サイトではファザコンの若い女性を狙え!

自分の年齢がどうであれ、若い女性と知り合うことができるのが出会い系サイトです。

「もうオジサンになったから」といって若いセフレを諦める必要はありません!

今までは、年を取ってから愛人やセフレを見つけるのはとても難しいことでした。結局は愛人を囲う金銭的な余裕がなければ、妻以外にセックスをさせてくれる女性になんて出会えませんでしたよね。けれど出会い系サイトに登録すれば、20歳そこそこの女性のプロフィールを見ることだってできます。その女性にメッセージを送るかどうか、迷うことができる点だけでも昔よりもチャンスが広がっていると言えるのではないでしょうか。

若い女性と知り合えば、気持ちも若返ります。妻と別れる気はないけどこのまま人生を終わらせたくない!と切実に思っている40~50代の男性は多いですよね。そんな希望を叶えてくれる出会い系サイトで、若い女性にモテるにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、年上の魅力を全面に出して若い女性をくどくテクニックをお伝えします。

ファザコンの女性は意外と多い

わたし達が若かった頃は、女の子は年頃になると父親に暴言を吐いたり「お父さんのパンツを一緒に洗濯しないで」と言い出したり、父親につらく当たりがちでした。

けれど今は日本全体の環境が変わって、昔ながらの「頑固親父」は少なくなっています。たいていの父親が家族に優しく家庭を大事にしていて(少なくとも表面上は)、娘から好かれている父親が増えています。そういう父親を持つ女性がどういうふうに育つかというと、父親のことが嫌いではなくむしろファザコン、という女性になります。そういう女性が、今の若い人にとても多いことを知っていましたか?

ファザコンの娘は、父親に似た男性を好むと言われています。つまり10~20歳以上も歳が離れていても、「お父さんみたい」と思ってもらえれば嫌われることはありません。若い女性とメッセージをやり取りするようになったら、まずは彼女がファザコンかどうかをさりげなく確かめてみてください。「お父さんとは仲がいい」と言うような女性なら、年上男性との付き合いに抵抗を感じていません。ただ、「今も一緒に住んでいる」という女性は父親に対する飢えを感じていないので、付き合うときは同世代の男性を選びがちです。今の環境もしっかりと聞いておきましょう。

ファザコンの女性をくどくには

メッセージをやり取りしている女性がファザコンぎみだと判断できたら、できるだけその子の父親のようなコメントを挟んでみましょう。「出会い系サイトに登録しているなんて、俺が親だったら心配だな」とか「帰りが遅くなったみたいだけど大丈夫?夜道に気をつけて」とか、自然な感じでコメントを返すようにしてください。

ファザコンの女性は年上男性から庇護されることがとても好きです。心配してもらっていると感じれば、自尊心が満たされると共にあなたのことを親しく感じるようになるでしょう。そういうコメントへの反応がいいようであれば、どんどん増やしていけば、彼女にとって「あなたに心配されること」が欠かせない状態になります。

父親みたいだけど、父親よりは若いということをアピール

父親のようなコメントをして親しみを持ってもらったところで、彼女の好みの男性に自分を寄せていきましょう。大抵の女性は、ファザコンといっても父親より年上だと躊躇してしまうようです。少しなら歳を誤魔化してもバレないので、細かい年齢を聞かれたときは父親より5歳くらいは若く答えておくことが無難です。

実際に会う約束を取り付けるには

メッセージをたくさんやり取りしていれば、女性からの信頼は日々増していきます。そのタイミングで、こちらから会うことを打診しましょう。この時は、ガッツイていると思われないことが重要です。あくまで軽く、「一度会ってみない?」というような誘い方が相手から警戒されません。逃げ道を与えておくことも、大人の余裕を感じさせる手段です。けれどここで会う話をあなたから出すことで、今まで父親のように親しんでいた相手を改めて異性として意識させることができます。

実際に会う時には

会う約束を取り付けることができたら、当日に必要なのは「若々しさ」と「大人の余裕」です。彼女にとって負担がない待ち合わせにして、気配りを忘れないようにしましょう。「疲れさせたらいけないから車で迎えに行こうと思うけど、最初に車に乗るのは怖いかな?」など、相手を安心させるための事前相談は欠かさないようにしてください。そして、女性から要望が出た場合は必ずOKすること。これが一番大事です。

そして当日は、できるだけ若々しい格好をしていきましょう。無理して若造りをする必要はありませんが、清潔な身なりをするだけではなく服の色合いを明るくする、美容院に行って若く見える髪型に変えておくなどは必要です。

実際に会って「思っていたより若い!」と思ってもらえれば、メッセージの時点で安心していた分だけ異性として意識させることができます。それから「メッセージのやり取りでは娘みたいに思っていたけど、会ってみたら好きになった」というふうに口説き始めれば、ファザコンぎみの女性ならほとんどが落ちます!

若い女の子に「同世代よりステキ!」と思ってもらえればセックスできます

40代50代のオジサンになって、妻とはすっかりセックスレスという男性は多いと思います。

でもたまにセックスしたいと思っても、いつもと同じ古女房か……とゲンナリしてしまうのも事実。できれば新しい女性と、それも若い女性とセックスができたらいいと思いませんか?

こういうことを言っても、そんなのただのオジサンの願望だろう、無理して違法になるとヤバいだろう、むしろこちらが騙されてしまうかもしれない、そう考えて何も行動を起こさない人ばかりだと思います。でもそれが、特に危ないことなく楽しめるとするとあなたはどうしますか?

出会い系サイトを使えば若い女の子とセックスできる

新しく知り合った若い女性とセックスをするには、出会い系サイトを使うのがてっとりばやいです!

そもそも出会い系サイトを利用している女性は、特定の彼氏がいなくて寂しい思いをしている女性ばかり。普通の生活で出会う女性よりも口説きやすいのはもちろんのこと、サイトを利用しているうちに年上男性に免疫ができていることも多いです。思いきって声をかけてみると、「こないだ60代のオジサンからメッセージをもらっちゃった(笑)」なんて話が聞けることもあります。

出会い系サイトはもはや、若い人だけのツールではないのです。使っている人は年令を気にせずに使い始めています。つまり女の子に、あの時のオジサンに比べたら今回のオジサンはまだ若い、と思ってもらえたらしめたものです。

積極的にメッセージを送ってみましょう!

女性の方も割り切りの関係や、安全なセフレを探していることが多いです。その時に女性が重要視することは何かというと、まずは何よりも身の安全。信頼できる相手かどうか、アブノーマルなセックスを求めずこちらの嫌なことはしない男性化どうかを厳しくチェックします。これは昨今出会い系サイトで出会った男女のトラブルが刑事事件に発展したケースが多いため、自衛のために当たり前のことです。

逆に言うと、その最低条件さえ満たしていれば年の差は気にしない!という女性だっているということです。

また若い女の子が口を揃えて言うのは、「同世代の男の子はつまらない」ということです。これがどういうことかというと、最近の若い人は車離れが進んでいるからデートは全部電車とか、女性をエスコートすることに馴れていない男の子とデートすると疲れる、という彼女たちの切実な悩みでもあります。若い人同士でデートをすると、電車の駅で待ち合わせ、目的地まで歩かされたあげくに帰りも送ってもらえなかった、なんてことがザラにあるようです。バブルの頃を知っている男性から見ると、信じられませんよね。

それに草食系男子とデートをしても全然リードをしてもらえない、口説いてもこない、と内心で不満に思っている若い女性も多いんです。そういった子は、普段出会えないタイプの男性を求めて出会い系サイトを始めています。そういう子になら、「デートさえ楽しければ年は気にしない」と思ってもらえます。

デートを重ねて信頼してもらえれば、セックスに持ち込むことだって自然にできるというものです。

その時に重要なのが、女性を楽しませるのはもちろん、オジサンらしさを出しすぎて気持ち悪がられないことだと言えます。若い女性が一番嫌がるのは、「キモイ」こと。それが「同世代の男の子はつまらない」を上回らないように注意してください。

そのためにはどうすればいいかですが、まずはガッツイてすぐセックスに持ち込もうとするのはやめましょう。最初のデートではセックスは諦めるくらいの、大人の余裕を見せることが大事です。そして大人の余裕と言えば、お金の点もとても重要です。ワリカンに慣れている若い女性が多いので、ぜひ食事や遊び代はおごってあげましょう。そもそも、そんなに高くつくデートを望む女の子はまれです。ファーストフードやチェーンのコーヒーショップでも、若い女の子は充分に楽しんでくれます。それにちょっといい食事をつけてあげて、遊ぶお金を全部気前よく出してあげれば、同世代の男の子といるより年上の男性との方が楽しいかも?と思ってもらうには十分です。

それから、メッセージのやりとりは活発にするようにしましょう。最近ではLINEを使っている女の子が多く、彼女たちは「既読スルー」をとても嫌います。何気ない会話をやり取りして、絶対にこちらでメッセージを終わらせないマメさは必要です。ちょっと辛いかもしれませんが、やり取りそのものを女の子は楽しんでいるので、付き合ってあげましょう。

最初のデートのあとにメッセージを毎日やり取りしていれば、次に会った時の女の子のテンションが高くなることは、一度試してみれば分かります。全然話を聞いてくれず相手をしてくれない身近な若い男より、まめにメッセージをくれる男性の方に女の子は優しさを感じるようです。優しい男がモテるのは、昔から変わりません。

メッセージのやり取りで身近に感じてもらって、デートで楽しんでもらえれば、二度目のデートで口説き始めても気持ち悪がられることはありません。そうすれば、セックスに持ち込むのだって無理なくできます。もう若くないと思っているからこそ、普段の生活ではなく出会い系サイトという流行り物でしか出会えない女の子がいるということです。
年令を気にして諦めることなく、楽しいセックスライフを楽しんでください!

出会った相手が人妻だった!?危険回避の方法とトラブル防止のポイント

オジサンになると、仕事が忙しい、プライベートで女性と知り合う機会がないなど、出会いにとって厳しい状況になります。

そう考えているのであれば、インターネットを使った出会い系サイトは異性との良い出会いの場になります。

特別な入会金は必要ありませんし、登録されている会員数が多いので、条件に合う相手さえ見つけられてお互いに意気投合すればれれば、親密な関係に一気にGO!
そんな手軽さがあるのが出会い系サイトの良いトコロなのですが、そんな浮き立つ男性諸氏に注意をひとつしておきましょう。

あなたは、出会い系サイトなどには自分の結婚生活に不満を持つ「人妻」が相当数混じっているってことを理解していますか?

人妻は「人妻専門」というサイトがあるくらい女性側の需要が高いのですが、「イヤ、俺は人妻と付き合う気なんかないから」と普通の出会い系サイトに登録したつもりでも、「普通の恋愛がしたいの」なんて軽く考えている人妻が身分を偽って登録しているケースがあるんです。若い女の子狙いでも、この危険はつきまといます。20代前半の不倫希望の若妻ってたくさんいますからね。

出会った相手が人妻であっても、割り切ったお付き合いができるならそれも良しなのでしょうが、それにしても人妻との出会いは男性にとって大きな危険を招きかねないことであることに変わりはありません!

今回は出会った相手が人妻であった場合の危険性や、トラブル防止のポイントなどについてご紹介していきます。

人妻との出会いはこんなに危険!

そもそも、なぜ人妻との出会いが危険なのでしょうか?

言わずもがなですね。それは「不倫」になってしまうからです。

一言に出会い系サイトといっても、真面目な婚活を目的とするものから、アダルトな関係を求めるものとさまざまなのですが、どれも異性を求める男女が出会うきっかけを作り、それ以上の関係に発展させることを目的としています。

いくら、「イヤ、俺は出会いが欲しいだけで、恋愛をしたいんじゃないから」なんていっても、異性を求める男女が出会ってお互いを気に入れば何らかの感情が生まれてしまうものですし、ましてや体の関係をもってしまえば、不倫であることの言い逃れはできません。

これは、相手がはっきり自分が人妻であるということを言っていなかった場合でも同じです。

「俺、人妻だなんて知らなかったんだよ!」といっても、責任は回避できません。

人妻であるということは、結婚をしている相手がいるということなので、人妻と出会って何らかの関係を持てば、当然「家庭を壊された」ということで、あなたにも損害賠償などの責任がのしかかります。

なかには、「今までバレなかったから、大丈夫」とか、「何とかごまかせるさ」なんて軽く考えて人妻との出会いを楽しむ男性もいますが、これは大きな間違いです。

最近は自分の妻の行動を怪しんで、探偵事務所などのプロに浮気調査を依頼する男性が増えていて、プロにかかれば人妻との付き合いが暴露されるのはアッという間です。しかもプロはホテルに入るところの写真など、確実な証拠をつかんできます。

まあ、浮気調査を依頼する探偵を探すくらいなら、自分の妻を満足させてやれよ!という思いがなきにしもあらずですが、人妻との出会いはそれが現実です。

膨大な損害賠償金のリスクだけでなく、社会的制裁を受けるリスクなどもありますので、出会い系サイトを利用する場合には、相手が人妻ではないかどうか、しっかりチェックをしておきましょう。

人妻との出会いとトラブル防止のポイント

人妻との危険な出会いによるリスクを避けるためには、まず人妻とは出会わないことを心掛けることが大事です。

「人妻専門」サイトなんてものは言語同断ですので、自ら危険を味わいたいマニアックな趣味がないかぎり、登録やはめましょう。

一般的な出会いのサイトに紛れ込んでいる人妻の特徴としては、次のようなものがあげられます。

  • 平日の昼間しか会おうとしない
  • こちらからの電話に出ないことが多い
  • 仕事はしていないのに羽振りが良い
  • 体の関係をすぐに求めてくる
  • 外デートを嫌がる
  • いうことがコロコロと変わる

出会い系サイトで条件に合った女性を見つけてコンタクトを始めた場合には、決してすぐに体の関係を持ってはいけません。一度でも人妻と関係をもってしまえば、危険を回避することは100%できなくなります。

出会い系の女性と意気投合した場合には、まずは数回様子見でお互いを知る機会を設けて、その女性が人妻である可能性があるかどうか、しっかりチェックをしましょう。
それでも人妻と出会ってしまった場合には、早めに、キレイに別れることが大事です。

自分が人妻であることを隠して出会い系で遊んでいる女性は、「今の結婚生活が壊れてもいい」とは思っていても、「今の結婚生活を壊したい」とは望んでいません。

だからこそ、出会い系で遊んでいたことがバレてしまったときに、責任を相手の男性に押し付けてきたり、「相手に関係を強要された」とレイプまがいの責任を押し付けてくる可能性が高いのです。

なかには別れ話を持ちかけた途端に、「旦那にバラしちゃおうかな」なんてわが身を顧みない人妻もいます。

男性の中には、「人妻は包容力があって、男性に優しい」なんて夢を描く人もいますが、そもそも生計を共にする男性を袖にしている女性に優しいも何もありませんし、出会いで遊ぶ人妻にまともなモラルを期待することはできません。

出会い系では人妻に出会わないように注意することと、出会ってしまった人妻は怒らせずに速やかに関係を解消することを、しっかり肝に銘じておきましょう。

若い女の子と出会えていますか?

40代・50代・60代の熟年のみなさま。若い女の子と出会えていますか? わたしは50代ですが、インターネットの出会い系サイトを利用して、若い女の子と出会っています。もちろん、お金を払ったりすることなくセックスを堪能しています。

年をとると、若い女の子は相手をしてくれないんじゃないかなんて思っていませんか?

そんな心配はまったくありません。熟年男性でも若い女性と出会うことは十分に可能です。

わたしは、5年前から出会い系サイトを始めて、生活が一変しました。最初の1年は試行錯誤を繰り返すばかりで結果がなにも出なかったんですが、すこしずつ上手く行くようになって素人の女性とたくさん出会っています。

また、出会い系サイトを利用して知り合った女の子と、いままでの人生で経験したことのないようなアブノーマルな経験をし、快楽の絶頂を味わえたのも出会い系サイトのおかげです。

さて、では、 どうすればそれが実現できるか?出会いのために何が必要か?

自己紹介を簡略に書く。楽しいメールにする・・・ etc

「出会い指南サイト」にはだいたい上記のようなポイントが書かれています。 それだけでは足りません。そこにはなぜかのポイントが一部書かれていません。ここであなたにご紹介するのは、わたしがいままで培ってきた、出会いを見つけるための秘訣の集大成です。「本当のあなた」を伝えることのできる「出会いの理論」です。

あなたの出会いを見つけるヒントが必ずあります。

今のあなたが変わるきっかけを掴むことができます。

ただ、過ぎるだけの日々にさよならを

朝起きて長い時間をかけて会社に通勤し、会社では仕事に追われ残業に迫られ、やっと家に帰れたと思ったらもう深夜…。また、明日の仕事に備えてそのまま眠る。そんななんとも味気ない日々を過ごしている男性というのは、我々のようなオジサン世代には特に多いことと思われます。

それはそれで充実しているとも言えますし、不満には思わない人もいるかもしれません。ですが、やはり単調な日々ばかりを過ごしていると、いつの間にか脳への刺激もなくなり、一気に老けこんでしまうのも我々の世代の特徴です。

せっかく人間として生まれ、こうして日本という恵まれた国に生まれ、男として生まれたのに、このままただ単調に人生を終えてもいいのだろうか? そう自問自答するときもあったりしますよね。そういったときに、ぜひ選択肢に加えて欲しいのが異性との出会いです。

いま特定のパートナーがまだいない人にとっては信じがたいかもしれませんが、メールのやり取りをするだけでも、びっくりするくらいウキウキしてしまうんです。もう50歳も間近というこのわたしが、メールの着信音がなるのが楽しみで仕方なく、鳴った時は飛び上がるほど嬉しい思いをしたりするのです。

ああ、人間ってこういう気持ちになれるんだ……。と、しみじみ思ったものです。ぜひ、皆さんにもその気持ちを味わってほしいものですね。