女性の気を引くメールテクニック「メッセージ内容を時間帯によって変えると効果的」

女性の気を引くメールテクニック「メッセージ内容を時間帯によって変えると効果的」女性の気を引くメールテクニックとして、メッセージ内容を時間帯によって変えると効果的なんです。

多くの人が朝からこってり揚げ物を、晩御飯にトーストと目玉焼きを好まないのと同じで、メールは一日の時間帯によって求められるテンションが違うのです。

そんな効果的なメールの打ち分け方を、時間帯別に詳しく説明していきましょう。

朝は意外と過激メールが好まれる?

仕事をしている人はとくに、なかなか忙しい朝にプライベートのメールをチェックしないですよね。でも主婦やシフト制で働くフリーター、家事手伝いの女の子にとっては、朝って意外と暇なんです。主婦は家族をあわただしく仕事や学校に送り出して、一息ついたところ。夜の仕事をしている子にとっては、まだ寝ているか、ベットでまったりしている時間帯です。

朝に時間の余裕がある女性にメールを送るなら、非日常的なくらい過激なメッセージにした方がグッと刺さる場合が多いです。まずはロマンティック路線で「気になって朝からメールしちゃいました」とか「君が夢に出てきたよ」なんて恋人同士のようなメールを。もうある程度エッチトークもしている相手には、「朝から抱きたいよ」「今日の下着は何色だい?」と刺激的なメッセージで翻弄しましょう。

相手が朝から忙しく仕事に向かうOLの彼女であっても、インパクトのあるメールを送る方が意外に効果的だったりします。今日すべきことをいろいろ考えなくてはならない憂鬱な朝に、軽率でエッチなメールが届いたら、ふと笑みがこぼれてしまうものです。「なんか気になるな」「面白いひとだな」と特別な印象を植え付けることができます。

昼はねぎらいメールでご機嫌取り

日中は仕事や家事、遊びと、ほとんどの人が活動している時間帯です。朝以上に時間がないですし、それほどメールに意識も向かないでしょう。でも休憩時間などにふとメールをチェックしたとき、異性から「お疲れ」「今日もがんばろう」などのねぎらいメールが来ていると嬉しいですよね。できるだけ短い文面でサラっと爽やかなメールを心がけましょう。

もし少し内容も入れたいということであれば、「今〇〇してるよ」という報告程度ならOK。キレイな場所にいったり珍しいものを見つけたりして写メを送るのは、女性的なコミュニケーションなので比較的受け入れられやすいです。ただし忙しい日中に急ぎの返事を求めるのは無粋ですから、ツイッターのつぶやきのように、語尾は返信を求めない形式にしましょう。

夜こそ紳士的メールで!

昼間働いている人にとって、一日の仕事終えた夜は緊張が解けて、一番リラックスできるとき。時間的にも余裕があるので、寝る前にちょっと女性にメールを…という人は多いでしょう。しかしその気のゆるみだったり、お酒を飲んで酔っ払ったりで開放的になりすぎ、つい過度なスケベ心が出てしまいがちなので注意が必要です。

夜だからとエッチなメールを送り付けるよりも、あえて紳士的なメールを送った方が女性からは好感を持たれます。「今日も一日お疲れ様!女性は脚がむくみやすいから大変だよね」と優しいメールをもらうと、女性はホロっと気を許しやすくなるものです。そこからいい雰囲気になれば、イチャイチャしたメールへと進めていくこともできます。チャットのように即レスが来るようなら、「声が聴きたいから電話しない?」とさらに関係を深めていくことができるでしょう。

夜に仕事をしている女性に対しても、自分だけがリラックスモードになってエッチなメールを送ると、印象が悪いです。相手が仕事で疲れのピークなときに、無神経にメールを送っていはいけません。でも紳士的な控えめメールにしておけば、仕事が終わって一息ついた彼女に、良い印象を与えられるはずです。彼女がほっこりした気分になり、いい感じの返信が期待できます。

押さえておきたいメールの基本

朝は刺激的で昼はサラッと、そして夜こそ紳士的なメッセージと、時間帯によってメールのテンションに変化をつけるテクニックをご紹介しました。最後にメールコミュニケーションの基本として、どのシチュエーションであっても守ってほしいルールが2つあります。一応確認しておきましょう。

1.長文にしすぎない

相手への思いが強くなると、あれもこれもとついメールが長文になってしまうことがあります。しかしこれは、単なる気持ちの押し付けです。ズルズルと続く長文のメッセージをもらって嬉しいと感じる女性はいません。まずそれに見合うだけの返信をするのが面倒ですし、内容まで濃厚だとただの気持ち悪い奴で終わってしまいます。募る気持ちはあるでしょうが、メールでは自分が伝えたいことを半分、いや3分の1程度に短縮して、一度にたくさんのメッセージを送り込まないよう注意しましょう。

2.絵文字・顔文字は基本ナシで

丁寧な印象を与えたいから、よかれと思って文面に絵文字や顔文字を起用しているという人も多いでしょう。しかし意外なことに、実際は女性は男性からのメールに可愛さを期待していないのです。男の絵文字や顔文字って女性の中では賛否両論があり、「絵文字がないと嫌」派よりも「キモイから嫌」派の方が圧倒的多数であることから、潔く装飾ゼロでのメールをお勧めします。だからといって、句読点もないメッセージはさすがに失礼。メッセージに表情をつけるには、基本は「!」「?」、たまに「(笑)」を使う程度がベストバランスです。

脱!オジサン文章 出会い系では女子受けする文章を

「オジサンの文章は、長ったらしくて、読みにくい」

こうした世間の風潮を由々しく思っていても、しかたがありません。

掲示板、プロフィール、メールのやり取りなど、コミュニケーションの多くが文章で行われる「出会い系サイト」でも、若者に伝わる文章でなければなりません。

「ちゃんと正しい日本語で書いている!理解できないほうが悪い!」では、出会いにはつながらないでしょう。

オジサンがやりがちな文章の問題点とその改善方法をおさえて、出会い系サイトを攻略しましょう!

1.オジサンの文章の特徴

やたらと長い

オジサンは人生経験が豊富です。

その豊かな人生経験を文字にたくそうと思うあまり、文章が長くなってしまう傾向があります。

まずは文章全体の量を、その場の標準量に合わせましょう。

掲示板であれば、ほかの人の書き込みと同等の長さに。

メールであれば、送り手の文章量と同等の長さに。

こうすることで、「オッサン、長っ!」という拒絶反応を封じることができます。

次に、1文の長さを短くします。

「わたしは、これこれこういう考えに基づいて、ナニナニをしたわけですが、残念ながら相手の方にはそのように伝わらず、非常に残念でしかたがなく、でもなんとかこちらの気持ちだけは分かっていただきたく、もう一度お会いできはしないかと考えながら-」

終わりません。オジサンの文章は1行では終わりません。

なぜなら、オジサンは話し言葉も長いからです。次から次に言いたいことがあるからでしょうが、文章では、1行で切りましょう。それでもちゃんと伝わりますから。

むずかしい

オジサンは若者に比べて語彙が豊富です。

語彙?こうした言葉も若者には「むずかしい」と思われてしまうかもしれません。

ボキャブラリーのことですね。

「マジヤバい」という若者言葉も、「本当に危ない」「本当に危ないくらいに魅力的」「信じられないくらいに惹かれてしまう」「圧倒的求心力!」など、いろいろな言葉で表現できてしまうのです。

また、オジサンは「カタカナ」や「ひらがな」よりも、漢字を使用することが多く、パソコンが親切に変換してくれる、むずかしい漢字であっても違和感なく使用します。

「宜しくお願い致します」「有難うございます」などです。

オジサンのメールは漢字が多いため、字面が重く、黒い印象があります。

そこにどんなにポップな話題が書かれていようとも、重くて黒い印象になってしまうのです。

これだけでも女子受けしません。

むずかしい漢字や表現は極力ひかえ、見た目にも明るい文章になるように心がけましょう。

また、ことわざや故事の引用なども嫌われます。「ハ、ナニそれ?」で終了となってしまいます。

威圧的

オジサンの文章は語尾がしっかりしています。

「~です。」「~します。」と、しっかり断言しています。

ビジネスの場では最適な語尾ですが、出会い系サイトの掲示板やメール、プロフでは、ちょっと威圧的に感じてしまいます。

語尾はボカすか、問いかけ系に変えてみましょう。

それだけでもやわらかい印象に変わりますよ。

2.オジサンの文章を添削してみました

わたしは2000年代前半は、仕事三昧の毎日を過ごしてきました。『一意専心』の思いで仕事に打ち込み、会社の業績にも僅少でありますが貢献できたのではないかと思って居ります。少し時間に余裕ができ、自分を振り返ったときに、そこはかとない虚無感に襲われました。この歳になって、もう『時すでに遅し』かもしれませんが、素敵な女性と出会い、あらたな自分を発見したい所存です。

オジサン的要素をもりこみ、オジサン度高めの文章を作ってみました。

これを、若者に伝わる文章に添削してみましょう。

今まで仕事ばっかりしてきました。一生懸命働いて、少しは会社の力にもなれた……かな?

そんなときに、ふと「自分には何があるんだろう?」という気持ちになってきました。

みなさんはそう思うことってありませんか?

「もう遅いかも」なんて思わずに、思い切って新たな出会いを探そうと思っています!」

大人の男としての重厚感はなくなりますが、出会い系に「重厚感」は必要ありません。

オジサンの気持ちであっても、女性にも「なんとなく分かる。自分もそうだもん」と共感する部分があるはずです。

若者にも分かりやすい文章とは、そういう気持ちを思い起こさせる文章なのかもしれません。

3.若者言葉はほどほどに

しかし、若者に迎合し、行き過ぎた若者言葉を使うと、重厚感はおろか「品格」が失われてしまいます。

「仕事自分乙!って感じでーす。

今さらですが、「自分探し」始めました。ヨロシクでーす。」

これでは、「アンタ、いくつんなんだよ!」と思われてしまいますね。

しかし、オジサンの長ったらしい文章も、要約すれば、この2行なんですね。

出会い系サイトでは、文章のやり取りの機会がたくさんあります。

オジサン度をユルめて、女子受けする文章のコツをつかんで、素敵な出会いをゲットしましょう。

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得「出会い系サイト」というと、不倫相手やセフレを希望する人達が利用するものと思いがちですが、すべてがそうではありません。

仕事を退職したり、離婚や死別によって配偶者を亡くしたり、孤独になりがちな高齢者が、社会とつながりを持つ場所でもあるのです。

しかし、そこでだまされてしまう高齢者も少なくありません。

高齢者がだまされることなく、安全に「出会い系サイト」を利用するための注意点をご紹介します。

1.高齢者が出会い系サイトを利用するメリット

出会い系サイトは、若者や中年男女のものだけではありません。

60代70代の高齢者にとっても、出会いのチャンスがある場所です。

社会的に孤独になりがちな高齢者にとって「出会い系サイト」は、次のようなメリットがあります。

新しい異性の友達ができる

仕事やご近所、親類関係などの人づき合いではなく、まったく新しい異性の友達を作ることができます。

出会い系サイトでは、名前や年齢のほか、趣味や休日の過ごし方など、さまざまな情報を記載したプロフィールを作成します。

自分と近い年齢の相手や、趣味や話が合う人を見つけ、メールでやり取りしたり、実際に会うこともでき、孤独になりがちな生活に変化をもたらします。

恋心で若返る

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得いくつになっても、男性は女性に、女性は男性に恋心を抱きます。

昔好きだった女性に面影が似ている人や、初恋の人と同じ名前の人など、はじめはそんなことかもしれませんが、話をしたり、一緒に過ごす時間の中で、久しぶりに恋心が芽生えるかもしれません。

男性も女性も「好きな人」がいることが、生活に張り合いをもたらします。

高齢者であっても、心は一気に20代に若返ることでしょう。

性欲が満たされる

高齢者にも性欲はあります。特に男性の性欲は生涯衰えることはないと言います。

女性も夫との子作り前提としたものではないSEXに、新鮮な喜びを感じる人もいます。

欧米にも高齢者の「出会い系サイト」があり、そこで出会った男女がSEXライフを楽しんでいます。

SEXで性欲が満たされると、自律神経のバランスが整い、健康増進の効果も期待できます。

2.高齢者がなぜだまされてしまうのか

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者が出会い系サイトを利用することにはメリットがある一方、大きなデメリットもあります。

それは、「だまされてしまうかも」ということです。

出会い系サイトだけでなく、高齢者が詐欺の被害にあってしまう話はよく耳にします。

なぜ高齢者はだまされてしまうのでしょうか?

だまされていることに気がつかない

若者に比べて高齢者は、情報を集めたり、その情報を分析し真偽を見極める力が衰えています。特にネットにはそれらしい情報があふれており、自分の考えだけで判断しきれなくなります。

そこで、知り合いや専門家らしき人がおすすめする情報を疑うことなく信じ、「○○さんがすすめてくれたから」と、本当はだまされていることにすら気づかないで過ごしてしまいます。

だまされていることを認めることができない

また、うっすらと「アレ?おかしいな、もしかして……」と思っても、「いや、そんなことはない」と自らの心を否定してしまいます。

この傾向は、現役時代に大きな判断を下してきた人に特に多くみられ、「まさか、このわたしがだまされるはずがない」と思ってしまいます。

さらに高齢者は、人に対して義理を感じやすく、よく知らない人であっても「自分にいい情報を与えてくれた」ということだけで、義理を感じてしまいます。

やがて「この人のために何かしてあげたい」と思うようになり、勧められるがままにお金を支払ってしまうことも珍しくありません。

「出会い系でだまされた」とは、相談しにくい

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得高齢者の詐欺被害は多く報道されていますが、その多くは「高齢者の善意」や「律義さ」に付け込んだものです。

子供や孫のためにしたことが、実は「オレオレ詐欺」であったり、役所への届け出のつもりが「還付金詐欺」であったりします。

こうした詐欺被害は、高齢者が「しまった!だまされた!」と気づいた時点で、誰かに相談しやすいものですが、出会い系サイトの場合はどうでしょう。

「出会い系サイト」で知り合った女性にお金をだまし取られたことや、特別な情報目当てに法外な料金を請求されてしまったことなどを相談したくても、「えっ!? 出会い系? その歳でナニやってんの!?」と言われてしまうことを恐れ、誰にも相談できないのではないでしょうか。

だます側は、こうした高齢者の特性をよく理解していると知っておきましょう。

高齢者が「出会い系サイト」でだまされないための心得まとめ

高齢者は「だまされるかもしれない」という心構えを持っておくことが必要です。

しかし、あまりも疑い過ぎてはせっかくのチャンスを不意にしてしまうかもしれません。

高齢者が安全に楽しく出会い系サイトを利用するためには、公開されている情報量の多い、大手の出会系サイトを活用することをおすすめします。

また、いかがわしいサイトでなければ、周囲の人に相談することをためらう必要もありません。

高齢者のみなさんも、出会い系サイトを賢く利用し、いつまでも若々しく過ごしましょう。

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

生きる意味とはなんなのか? そんな哲学的なテーマさえ見てきそうな、とあるアンケートの結果が話題となっています。40歳前後の中高年男性に対し、普段の生活をどう感じているか?と調査したもので、その結果がコチラ。

中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く

生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。
35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15281.html

中高年男性が10人いたら7人は毎日がつまらない、と感じているわけです。一度しかない、大切な自分の人生なのに「つまらない」と切り捨ててしまっているのは、あまりに悲しいことではないでしょうか。

とはいえ、その気持ちはとてもよくわかります。わたしも出会い系を始める前は、まさにそんな絶望とも言える毎日をさまよい歩いていたのですから。

中年男性にとって「仕事」という存在はとても大きいです。生活の基盤となる仕事はおろそかにすることはできませんし、どれだけイヤなことがあっても、仕事を投げ出してしまっては生きていくことが出来ません。

社会的に貢献できて、やりがいのある仕事であればモチベーションもわくことでしょう。しかし、世の中そんなきれいで楽しい仕事ばかりではありません。やりたくもない仕事を無理やりやらされ、下げたくもない頭を無理やり下げさせられ……。それでもなんとか「家族のためだから」と折り合いをつけて耐えている中高年男性も多いことでしょう。

そんな仕事をこなして家に帰ってきても、妻や子供からは「ウザい」存在として冷たくされ、煙たがられる始末。なぜ自分を毛嫌いしている人間を養うために、「家族のためだから」と、つらい仕事をイヤイヤこなさなければならないのか?「一体誰のおかげで食えてると思ってるんだ!?」……と、怒鳴り散らしたくなる気持ちもよくわかります。

自由になるお金も時間もない。家族のためと思って身を粉にして働いても、感謝されるどころかうっとうしがられる日々。これでは「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか。今の自分はまるで奴隷か、生ける屍じゃないか」と感じてしまうのも無理はありません。

いまは正社員として就職をし、結婚するだけでも大変な時代だと言われています。これまで「普通の人生」を歩んできた中年男性にとって、今からそのレールを大きく踏み外すことは大きなリスクを伴います。

仕事を辞める……。離婚をする……。どちらも衝動的にしたくなる時は何度もあれど、結局は実際に踏み切ることはとても難しく、非現実的な部分が多いですからね。

もはや自分一人だけの問題ではないのです。自分や相手側の家族に迷惑をかけることになりますし、もし子供がいるのならその子の人生を大きく変えてしまうことにもなりかねません。

でも、だからといってつまらないと感じる日々をずっとこなすのはまるで終わることのない拷問を日々受け続けるようなものです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、我々中高年男性はいったいなにに癒やしを求めればいいのでしょうか?

出会い系は、いまの生活を劇的に変えるカンフル剤

そこでわたしが選択したのが、出会い系でした。

単純にわたしは、さみしかったのです。心を許せる相手、おもいっきり甘えさせてくれる女性が欲しかったのです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、立ち止まればいいのです。わたしは、ちょっと羽を休めることが出来る止まり木が欲しかったのです。

幸いにも、いまの出会い系はとても出会いやすくなっているようで、相手はすぐに見つかりました。わたしと同年代の人妻で、同じく毎日がつまらなく、寂しさを覚えていたようです。

同じ境遇で悩んでいる人がいる。そう実感出来るだけでも励みになりましたし、自分のことを「一人の男」として見てくれる女性とメールで毎日のようにおしゃべりする時間はとても楽しく、明日が楽しみになる気持ちを久しぶりに思い出させてくれました。

他愛もないメールをしていただけですが、特定の異性がいるだけで毎日はとても楽しくなるのです。あれだけつまらなく、無味乾燥に感じていた毎日がウソのように、急にみずみずしく色鮮やかな世界に見えるようになりました。

その後は男女の流れとして、自然にお会いすることになり、何度目かのデートでセックスをするに至りました。とても幸せでした。性欲を解消するためのセックスではなく、相手のことを心底求めて欲しくなる官能的なセックスは、何十年かぶりの興奮でした。

毎日がつまらないと感じていると答えた72%の男性たちは、きっと出会い系を利用していないことでしょう。なぜなら、出会い系を利用していればつまらないと感じることはまずあり得なくなるからです。

もしアナタがその72%のうちの一人であるなら、出会い系を始めてみることをオススメします。なにも難しいことではありません。ガラケーかスマートフォン、あるいはパソコンが1台あればそれだけですべて事足ります。

これからの人生、まだまだ折り返し地点あたりであるとわたしは思っています。まだまだ40年近くあるかもしれない人生を、ずっと「つまらない」と認識しながら、なにも行動を起こさずに過ごすのは、それこそ本当につまらないことです。

転職したり、離婚をしたりといったことは今すぐ自分の都合だけで出来るものではありません。しかし、出会い系を始めるくらいでしたら、そのどちらも気にする必要はなく、今すぐにでも始められます。

ツマラナイと嘆くよりも、自分で行動してオモシロイことを見つけましょう! 大事なのは、その一歩を自分の足で踏み出すことです。

40代からは5歳サバをよんで夜に会う

40代からは5歳サバをよんで夜に会う中高年の出会い系利用では、ちょっとした裏技を知っておくと、成功率がぐっと高くなります。

中高年出会い系利用必殺のテクニックを、かいつまんでご紹介いたします。

写真は必須だが顔はごまかせる

中高年になってから出会い系を利用する場合はどうしても、プロフィールに写真を載せるかどうか、迷う方も多いと思います。

自分では若いつもりでも、若い頃のような容色は望むべくもありませんから、鏡に映る自分の顔と相談をして、写真掲載を控えてしまう中高年ユーザーも少なくありません。

しかし、出会い系で成功率を高めたければ、写真は必須だと考えてください。顔は二の次と言っているような女性でも実際は、写真を載せていないプロフィールだと、チェックさえしないでスルーする可能性が高いからです。

そこで、写真を載せることをためらわれている方にお勧めしたい裏技は、画像系アプリを用いて、ご自身の写真を適度に加工して、プロフィールに載せる方法です。

加工に用いるソフトは、フォトショップのように高価で高機能なアプリである必要はありません。

スマホアプリで十分なのです。

40代からは5歳サバをよんで夜に会う

以下は、写真修正アプリ紹介サイトへのリンクです。

写真を修正する おすすめアプリランキング | iPhoneアプリ -Appliv

加工の目的は、写真を生で出す恥ずかしさを抑えることと、スルーされるリスクを減ずることですが、過度には行いません。

原形が分からなくなるほど加工すれば、むしろ似顔絵にした方がいいくらいですから、相手の顔を知りたいと言うニーズを満たしならやりすぎには注意しつつ見映えをよくすることを心がけて作業を行ってください。

年が気になるならサバをよむ 5歳くらい若くしても問題はない

普段顔を合わせている近所の人でも、聞かなければ正確な年齢は分からないものです。実際に顔を合わせている人でさえそうなのですから、ネットで知り合った人の年齢はさらに分からないものです。

ですから、5歳程度サバをよんでも全く問題ありません。

中高年の方は年齢コンプレックスの裏返しとして、「自分はもう○○歳のオッサンです」といった自己紹介をされたりしますが、多くの女性はこれに奇異を感じています。

年齢に奇異を感じるのではなく、自らをオッサンだと卑下する気持ちが理解できないようです。つまりこれをすると女性に持てません。

卑下をするならサバをよんで若返る方がネットでは持てます。実年齢が49歳でも、ネット上では44歳で通しても許容範囲です。

ただこの際、気をつけなくてはならないのは、嘘はつまらないところでバレますから、実際が昭和42年生まれであれば、徹底して昭和47年生まれになり切る必要があることです。

これが出来るとネットでは、5歳くらい簡単に若返れます。すると実生活でも気持ちが若くなります。だから出会い系サイトで知り合った女性と実際に会った時も問題なく付き合えるわけです。

出会い系では、年齢コンプレックスなど持つことなく、サバをよんで攻めた方が勝ちです。

不惑のイメージを壊さない

孔子先生曰く、四十にして惑わず。40代といえば不惑の年代ですね。自分の気持ちとしてはともかく、少なくとも世間一般ではこの年代の男性に、不惑のイメージを期待しているわけです。

不惑のイメージといっても漠然としますが、出会い系サイト的な不惑のイメージとは、余りガツガツしていないことでしょうか。とはいえEDなどの難しい病気を別にすれば、40代でも朝立ちしてビンビンという方も少なくないと思います。

それだけに女と見れば射幸心が疼き出すのが男の性というものですが、ひとまずこれを抑えて、表面上であれがっついてはいない風を装う必要があります。

具体的にはメールを始めて3週間程度は我慢して、エロトークはしないようにする自制を持った方があとあとうまく行きます。

出会い系サイトに登録してまで自制するのは大変なことですが、ここは世間一般の不惑のイメージにひとまず自分を同化させて、落ち着きのある中高年を演じましょう。

夜の闇は顔をぼかす

40代でも若々しい色艶のある肌をされた方もお見受けしますが、少しずつ肌の張りが落ち出すのがこの年代です。張りが失われると老けた印象を相手に与えがちです。

プロフィールで5歳サバを読み、アプリで写真をぼかしても、現実の出会いでくすんだ印象を与えては、連れ込めるものも連れ込めずに終わるリスクが大きくなります。

そこで一計をめぐらせて、面接時間は夜を選びます。夜の闇は顔をぼかしてくれます。相手の顔も見えにくくしてしまう弊害はあるものの、夜は中高年に優しい時間です。

相手が主婦や人妻の場合、なかなか夜会うことは難しいかもしれませんが、相手が年下の若い女性であれば年齢差が大きくなるだけに、この夜作戦はうまく行く可能性が高いです。

そのまま夜の町に消えて行けるメリットもあります。ただしその前に、ラブホの場所だけは前もって確認しておいて下さい。

女性の年代別「理想の40代男性」から自分を作り上げよう

女性の年代別「理想の40代男性」から自分を作り上げよう出会い系で女性を探す時、20代30代男性に負けたくない思いから、頑張って「かっこいい男」を演出していませんか?

ただ、その「かっこいい」も女性の年代によって大きく違います。

より確実にセックスまでもっていきたいなら、女性の年代ごとに「理想の40代男性」を作り上げるのが重要!

10代から20代、30代、40代と、年代別に女性の特徴と思い描く理想をご紹介します。

ぜひ、ポイントを掴んで出会い系サイトでご活用ください。

10代の女性を攻略

眩しすぎる若さを放つ10代の女性。

「おじさんなんてどうせ…」と思いがちですが、意外に需要は高く40代でも簡単に落とせることも。

10代女性の特徴

出会い系サイトに登録している10代女性は大学生や短大生が圧倒的で、すでに社会人として働く18才以上の人口は少なめ。

夢のような「リッチなおじさま」との出会いを求める女性や今までとは違う恋愛に興味をもつ”背伸びをした姿”が特徴的と言えるでしょう。

学生、社会人を問わず18才,19才の女性なんてまだまだ子供。

現実を知らず夢見る子猫ちゃんな状態ですが、だからこそちょっとした演出で落としやすいのも魅力的です。

彼女たちが求める「40代男性」

何といっても10代女性がイメージする「理想の40代男性」は余裕があってどんな時でもドンッと構えた、器の大きな男です。

トレンドについていけない男ですら「大人だもんね!」とプラス評価されるくらい。

実際、すでにバブル崩壊が始まっていた40代前半でも、バブル世代と勘違いしている10代女性は多く、リッチで派手な印象を抱いています。

女性にとっては、ジェネレーションギャップですら楽しいポイント。

そのため少し”やりすぎ”なくらいの勢いのある大人の男が理想と言えるでしょう。

攻略のポイント

あえて演出するなら「ダサいおじさん」くらいのノリがおすすめ。

なんとか若さをアピールしようと、流行ネタを必死で追いかけようとするのは逆にウケが悪くなってしまいます。

今でこそ、ファッションや情報も簡単に手に入る時代ですが「えー?!そんなことも知らないの?!」とおじさんを困らせたい女心を汲み取ってあげるのが、攻略のポイントです。

最もハードルが高そうな10代女性ですが、実は意外に簡単に落とせます。

ラブホに入る前にコンビニでドリンクをおごってあげたり、LINEのスタンプをプレゼントするために、1000円ほど課金してあげたりちょっと奢るだけでOKな手軽さも、10代だからこそ効果的と言えるでしょう。

20代の女性を攻略

幼さと大人の狭間で揺れ動く20代女性。

心を掴むなら、あえて同年代のような対等感を演出するのが攻略のポイントとなってきます。

20代女性の特徴

大学生からフリーター、社会人、さらには人妻など。

色々な生活環境の違いが楽しめる20代女性は、まだ10代のような幼さがある反面、25才から呼ばれるアラサーという大人との狭間で心が不安定になりがち。

時に、背伸びをしている大人っぽさを見せようとしながらも、子供らしい若さも感じ取ってほしい敏感な年代です。

手ごわい相手ではありますが一度、心を掴めばセフレになりやすい美味しい年代とも言えます。

彼女たちが求める「40代男性」

20代女性がイメージする「理想の40代男性」は手が届きそうで届かない、憧れの存在。

対等に話ができ、ノリ良く会話のキャッチボールができるのに「やっぱり大人にはかなわない」とも思える大人の男性。

そんな男性を前にして、女性自身が求めている”幼さ”が実感できるのです。

そのため、目線を合わせすぎてもずらしすぎてもNG。

適度に話を合わしながらも、たまには大人の一面をアピールして「しっかりしているけど、まだ子供っぽいなぁ」と笑ってあげられるような男性がウケ抜群と言えるでしょう。

10代とは違い終始、大人の余裕を見せつけているだけでは自分の幼さから自己嫌悪に陥ってしまい、つまらない想いをさせるので注意が必要です。

攻略のポイント

特に、会話ではリードされながらもセックスではたっぷり時間をかけて可愛がってあげるのが攻略のポイント。

普段の2人とベッドの上でのギャップから、お互いの子供っぽさと大人っぽさを堪能していくのが重要です。

上手く活用して時に対等な女性として、時に可愛い妹のような扱いをしていけば、意外と簡単にセフレまでもっていけます。

正直、彼女が望む理想の自分が楽しめる空間が重要。

40代の男性としては、その演出作りの手伝いをしてあげれば細く長くセフレとして相手してもらえます。

30代の女性を攻略

経験豊かなセックスが楽しめる30代女性。あえて周りと比較しながら攻略をしていくのがベターです。

30代女性の特徴

本当はそんなことないのに「バリキャリ」と扱われたり「〇〇ちゃんのママ」「〇〇さんの奥様」なんて呼ばれたり自分の中で、ギャップに苦しみがちなのが30代女性の特徴。

これらのギャップで生じた心の隙間を埋めるために、出会い系を活用する女性は少なくありません。

一見、その年齢から若さを褒めれば良いと思われがち。ですが、ギャップに苦しむ特徴を知れば、30代女性の本当の攻略方法が見えてくるでしょう。

彼女たちが求める「40代男性」

30代女性がイメージする「理想の40代男性」の姿は、ありのままを受け入れてくれる男性です。

10代や20代とは違い、若々しさや大人っぽさは必要ありません。過小評価や過大評価をせず、正しい目線で扱ってくれる男性を求めています。

まだまだ若さを感じる30代男性や、落ち着きすぎる50代男性とは違い、適度なバランス力のある40代男性には並々ならぬ期待を抱いています。

20代女性と同様、落とすまでが難しく継続的なセフレ関係を楽しむのもハードルが高いですが、それでも攻略したくなるセックスのテクニックは30代女性だからこその魅力かもしれません。

攻略のポイント

落としにかかる攻めの攻略方法としては、あえて同年代や年下、年上の女性と比較して褒め称えるのがおすすめ。

比較されることを恐れながらも、比較されることで安心感を抱きやすい30代女性なら、徹底して褒めちぎるのがベターです。

特に、セックスでは処女性も求められない年代。だからこそ、過去の経験と比べて気持ちよさや、テクニカルな部分を褒めていくと、相手も満足感が得られるでしょう。

自分を認めてくれる男性と伝われば、自然とそばにいたがります。ただし見え透いた褒め方は、30代女性には通用しないので、説得性のある褒め方をしていくのが大切です。

40代の女性を攻略

一緒にいて、もっとも自然体になれる同年代の40代女性。とは言え、あまりにリラックスしすぎるのは禁物。適度な緊張感を保つのが、攻略のポイントとなってきます。

40代女性の特徴

子供がいる女性はもちろん、独身であっても周りにはママが多くすっかり自らも「おばさん」を受けて入れているのが40代女性の特徴。30代女性とは違い、どんなギャップですら受け入れているのが成長している証とも言えるでしょう。

出会い系サイトもストレートに「セックスを楽しみたい」とさえ口にできる強さを持っているのも、40代女性だからこそ。落としやすい反面、セフレとして続けるには取り扱いは難しくもあります。

彼女たちが求める「40代男性」

同年代でもある40代男性に抱くのは、良い意味での裏切り。経験も豊富で知識もあり、同年代だからこそ、余計なヨイショや上っ面なやり取りは求めていません。

あくまでもテンポよく、会話のやり取りを楽しみたいのが本音。そんな吹っ切れた様子の40代女性ですが、どこかで「若い女の子と同じように扱ってほしい」という裏切りを求めています。

その裏切りを上手に見せてくれる40代男性こそ、心地よい存在と感じてくれるでしょう。

攻略のポイント

攻略方法としては、こちらもストレートにまるで20代の独身女性のように扱うのが賢いやり方。

知識も経験も豊富な40代女性とは、会話も盛り上がりやすくセックスもスムーズに行えます。とは言え、それに甘えておざなりに扱うのはNG行為。

あくまでも1人の女性として丁寧に扱うのが重要です。

居心地の良さに見落としてしまいがちですが、この攻略方法を活用するだけで、忘れかけていた「男から大切に扱われる」という裏切りを実感し、細く長いセフレ関係にもっていくことができるでしょう。

女性の年代ごとで「理想の40代男性」も変化?

男がそうであるように、女だって「好きなタイプ」は千差万別。さらに「理想の40代男性」も、女性の年代によって理想像も違ってきます。

「男なんてカッコよければイイんだろう?」と思っていたら大間違い!

ストレートなカッコよさだけでなく、時には子供のような幼さ、ゆとりのある大人の男、色々な表情を求める女性にあわせて変化させないと「イメージと違ってガッカリ」なんて女性に思われてしまいます。

ぜひ、年代別で変化する女性の特徴や「理想の40代男性」を掴んでおきましょう。

「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

「同窓会に参加する人の9割は不倫を期待している!?」驚きの中高年の本音とは

早いもので今年も年末年始の時期がやってまいりました。この時期は、なにかと同窓会が開催されるシーズンでもありますよね。毎年というわけでもないですが、わたしも定期的に参加をしておりますし、次回の開催を今か今かと楽しみにしております。

我々のような中高年世代にとって、数少ない楽しみなイベントのひとつが同窓会である人は多いと思われます。古くは小学校の同級生からはじまり、中学校・高校、そして大学のゼミやサークルなどの若かりし青春の時代をともに過ごした友人と一堂に会するイベントは、出会いそのものが少なくなってくる中高年にとって貴重なイベントであることは間違いありません。

学生時代をともに遊んだ男友達とバカ話をして盛り上がるのもまた楽しいのですが、その頃に片思いをしていた女性や、あるいはクラスのマドンナ的存在だった女性と再会出来ることを楽しみに参加する人も多いのではないでしょうか?

それは男性側だけではなく、女性も同じこと。むしろ女性のほうがその目的は強いといえるかもしれません。なにしろ、中高年の男性は仕事ざかりの時期で、仕事を通じていろんな人と関わる機会がありますが、女性となるとそうもいきません。

専業主婦であれば家にこもりきりになってしまいがちですし、外とのつながりはパートの時間だけ……という人妻だって珍しくありませんからね。

そんな人妻たちが「女」として見てもらえる晴れの舞台が「同窓会」なのです。同窓会をテーマにした不倫ドラマがいくつも制作されるほど、同窓会と不倫は切っても切れない関係なのです。

同窓会をきっかけに不倫に走る女性はとても多い

◯◯くんのお母さんであったり、パートのおばちゃんだったりと、「女」として見られる機会の少なくなった人妻が、自分のことを「女」として見てくれる男性に出会った場合、それが久々であればあるほど急激に恋心が芽生えてしまうそうなんですね。

20代や30代の頃の同窓会であれば、まだまだ日常的に女として見られることが多い時期ですから、未婚ならともかく既婚であれば男女の関係を期待して同窓会に参加する人は少ないことでしょう。

しかし、40代以降となれば話はまた別です。中高年となった男女が再び集まる同窓会には、不倫の匂いがプンプンとただよっているのです。

同窓会で出会った男女の不倫をテーマにしたマンガの原作者であり、ドラマの脚本も手掛けた「柴門ふみ」さんという同窓会のスペシャリストがこう断言しているのです。同窓会の参加者の9割は不倫目当てだ、と。

9割が不倫目当てって本当!? 柴門ふみさんが断言した、同窓会に出席する理由とは。

このドラマは、同窓会で再会した者同士が、不倫関係になっていくというもの。
実際に柴門さんが30代の頃に出席した同窓会での経験が、ドラマに反映されているそうです。

番組中、「同窓会ってそういう(不倫)目的で行ってる人がいるってことなのですか?」という問いかけに、柴門さんは9割以上がそうである、と断言され、このことが話題になったのです。

(中略)

柴門さんが「特に専業主婦の方は、日頃イベントが少ない分、気合いが入っちゃって、ドラマも起きやすい」と言われていたように、出会いが少ないと言われる専業主婦の方が不倫に発展する可能性が少なくないのかもしれません。

かつての同級生に若く美しく見られたい、と思うのは女性として当然の気持ち。
さらに元カレや、かつて憧れていた人が出席するとわかっていたら・・・
新しい服を買い、美容院にも行き、メイクもしっかり整える女ごころも理解できます。

http://select.mamastar.jp/19098

これは、とてもよくある話です。本当によくある話なんです。何を隠そう、このわたしも同窓会をキッカケに不倫関係になった女性がいました。それもひとりではありません……。3人もいるんです。

わたしの初めての不倫も、同窓会からでした

わたしがした初めての不倫は同級生とでした。もう十年前のことです。当時はまだ妻との関係も今よりは良好で、自分も仕事が楽しくて仕事のことばかりを考えていた時期です。不倫をしたいなんて気持ちはまったくなかったですし、そうなる可能性があることも考えたことすらありませんでした。

仕事でそれなりの成功を収めて気分が良い時期だったこともあり、意気揚々と同窓会に出席をしました。きっとその時のわたしは自信に満ち溢れていて、魅力的にうつったのでしょう。

舞台は中学校時代の同窓会で、どんな仕事をしているだの、結婚しただのしないだの、そんなありきたりの話で盛り上がっていた頃です。学生時代に親しくしていたわけではありませんが、好意を寄せていた同級生の女性から、やたらとボディタッチをされていることに気づきました。

他のクラスメイトたちは自分のグラスを持ちながらあっちへこっちへと移動をして昔話に花を咲かせているのに、彼女はわたしの横から動こうとしないのです。聞けば彼女もとっくに結婚をしており、もう中学生の子供がいるとのこと。

しかし子供の話もそこそこに、彼女は立て板に水のような勢いで夫の愚痴を話し始めたのです。やれ家に帰ってこないだの、家事も育児もまったくしないだの、絶対に浮気をしているだの……。お酒が入っていることもあり、すっかり彼女の独擅場になっていました。

正直、その時のわたしはとても面倒に感じていたと思います。「あの頃はあんなにかわいかったあの子が、今じゃこんな風にやさぐれちゃって……。あーあ、こんなとこ見たくなかったなあ」と、話を聞き流しながらそう思っていました。

それでも彼女の愚痴は止まらずに、ついにはセックスレスであるとか、夫のセックスのここが気に食わなかっただとか、かなりプライベートなことまで話し始めたのです。興奮のあまり時々大声になることもあり、クラスメイトが何度か振り返る場面も。

これはまずいと思い、彼女の腕を掴んでちょっと席を離れたのです。少し夜風に当たらせれば酔いも冷めて落ち着くだろうと。この時は、まったくもって善意からくる行動でした。

しかし、彼女からすればそうは思わなかったのかもしれません。突然、わたしの胸ぐらを掴んだかと思うといきなりキスをされたのです。青天の霹靂とはこのことでしょうか。この状況を理解するのに長い時間がかかりました。

実際は2~3秒ほどだったのでしょうが、わたしには10秒以上のとても長いキスに感じたのです。やっと「これはいけないことだ」と頭が理解し、彼女の肩をつかんで引き剥がしますが、彼女は満面の笑みでこういうのです。

「ふふ、これでわたしも浮気してやった!」

と。素晴らしくかわいらしい笑顔でした。きっと、もう何ヶ月も心から笑ったことがなかったのかもしれません。キスは浮気をしている旦那への当てつけであり、復讐だったのでしょう。勝手に八つ当たり相手にされるわたしにとってはたまったもんじゃありませんが(笑)

過去に好意を寄せていた女性であったからよかったものの、何の興味もないブスに同じことをされていたらぶん殴っていたかもしれません(笑)

「ずっとこの場に二人きりでいたらまずい」と、本能的に感じてその後はすぐ会場に戻ったのですが、その後は誰となにを話したのかまったく覚えていません。先ほどの彼女とのキスのことばかり考えていたのです。

彼女はすっかり酔いつぶれてしまい、女友達から介抱されている始末。人の心をかき乱しておいてのん気なものだなあと、少しイラついたのをよく覚えています。

その日はそのままなにもなく解散となりました。帰宅後に妻から「どう?楽しかった?」と聞かれたときには心臓がバクバクと高鳴ってしまい「……まあ、普通だったよ」と後ろめたさからか、そっけない態度をとってしまったものです。

そしてその翌日。彼女から電話がかかってきました。酔いつぶれる前に携帯電話の番号を交換していたのです。

「本当にごめんなさい!!」

と、彼女はひたすら謝り倒してきました。どうも、昨夜の記憶はきちんとあるようでした。わたしはものすごく気にしていたのですが、思わず「気にしないでいいよ」と、本心とは裏腹にオトナの態度をとってしまったのです。

しかし、気にしているのは彼女のほうが強いようで、どうしてもまた会って謝りたいと。わたしも、もう一度会いたい気持ちはありましたので、そこまでいうのなら、と。

「会ってどうするんだろう?謝って終わり?それとも口止めをしたいだけ?まさか、昨夜の続きになったり……?」

と、いろいろな考えがめぐったものです。それまでは仕事のことしか考えていなかった毎日が、彼女のことばかり考えるようになってしまったのです。

そして、1週間後くらいにまた会うわけですが……。さすがに、長々と語りすぎてしまいましたね(笑)老人の昔話は長くなってしまい、申し訳ないです。

結論からいえば、もう一度会ったその日にホテルへ行き、セックスをしました。それも、何度も、何度もです。なんとなく、わたしも感じていたんですよね。

「次に会ったら……きっと彼女とセックスをするんだろうなあ」

と、漠然と思っていました。まるでそれが確定事項のように、会うことが決まった日から一度もオナニーをしなかったものです。それは大正解でしたね。

残念ながら彼女とはあまり長続きはしませんでした。やはり地元同士の不倫関係はリスクが大きく、わたしが不倫初心者だったこともあり、いろいろと危なくなってしまったからです。

しかし、同窓会からの不倫セックスはわたしの今後の人生を大きく変えました。不倫セックスという蜜の味を知ってしまったのです。それ以降、不倫セックスの魅力から抜けだせず……今に至るというわけですね。

同窓会は不倫のトリガーである

このように、同窓会をきっかけに不倫をはじめる人は非常に多いと思われます。

不倫関係にまで至らなくても、ひさびさに再開したクラスメイトを見て「男」や「女」を感じ取り、思わずムラムラっとくるくらいが正常な中高年世代とも言えるでしょう。

わたしのように当時の同級生同士で不倫関係に陥るケースも多いのですが、同窓会に出たことをきっかけにして出会い系に登録する人妻もとても多いのです。

そんな人妻は出会いに対して非常に高いモチベーションを持っていることは間違いありません。今すぐにでも「あの若かった頃のトキメキと、女としての自信を取り戻したい」と思っているのですから。

これは男性がアダルトビデオコーナーでどの作品を借りようかor購入しようかと、迷っている時の心境に似ているでしょう。

アダルトビデオ作品を選んでいる時ってワクワクしますよね。そして「早く帰ってオナニーをしたい!」と思いますよね。出会い系に登録したばかりの人妻は、それと似たような心境をもっているといえます。「早く男を見つけてセックスをしたい!」と考えているのです。

男に飢えた人妻をピンポイントで見つけることが出来れば、実にスピーディで即エッチな出会いが成立しやすくなるのですから、これをむざむざ見過ごす手はありません。

自分も最近、同窓会に行ってきたとアピールする

女性は共感を大切にする生き物です。同じ考えを持っていたり、同じ境遇に置かれている人に対しては強い親近感を覚えます。

それを利用して「自分も最近同窓会に出て、昔のトキメキを思い出したくなって……」といった具合に、ストーリーをでっち上げればいいのです。本当に同窓会に行ったかどうかは関係ありません。

「あっ、この人も同窓会に出たんだ!そっか、きっとわたしと同じ思いをしたのね。この人ならわたしをわかってくれる……」

と、勝手に期待をしてくれるのです。同窓会をきっかけにして登録した人妻であれば、ほぼ間違いなく食いついてくれることでしょう。そうでなくても、中高年世代であれば、参加した同窓会で多かれ少なかれ青春時代のようなトキメキを感じたことがあるはずです。

そして、同窓会ネタで食いついてくれた人妻であれば、ほぼ間違いなく即セックスが可能なのも特徴のひとつです。

1週間オナニーを我慢していて、アダルトビデオというオカズを目の前にしたらシコらずにはいられません。人妻だって何年もセックスを我慢していて、出会い系というツールを手にしたら男をあさらずにはいられません。表向きの顔こそ、淑女ぶったりするものですが、その実はドロドロでチンポを欲しがる顔をしているのです。

こうなっている時の人妻とのセックスはそりゃもうすごいですよ。飢えた人妻のむさぼるようなセックスを存分に体験することが出来ます。

実際の同窓会でも出会いを探してみる

こうして同窓会絡みのネタで出会いを繰り返していると、自分にも本当の同窓会が開催されるのがとても楽しみになってくるものです。

なにせ、何人も人妻との出会いを繰り返していれば自分に自信がつきますし、ちょっとでも不倫に興味のある人妻や、家庭環境に不満のある人妻であれば、実際に落とすことが簡単にできるのですから。

わたしが最初の不倫セックスをどうしても忘れられずに、出会い系を始めたのが8年ほど前です。それから3度ほど同窓会に出席する機会があったのですが、その3度とも当時の同級生だった女性とセックスまで持ち込んでいます。もちろん、それぞれ別の女性です。

もし、これが出会い系での出会いをまったく経験していない状態であれば、そんな勇気はとてもじゃないけど出なかったことでしょう。長々と語ってしまった最初の同窓会での不倫なんて事故のようなものでしたからね。自ら積極的に探していくことが大事です。

しかし、実際にいろんな人妻と出会い系を介してセックスをしていくうちに、本当に世の中の女性はセックスレスで悩む人が多く、自分を女として見てほしい願望を強く抱えていることがわかりました。

実体験からくる裏付けがあると自信がつきますし、勇気を持って行動することができるようになるんですよね。そして、女性の多くは自信を持つ男性に惹かれるものです。最初の同窓会では仕事の成功もあって、自分に自信がある状態でしたからね。それもプラスに働いたのでしょう。

自分で言うのもなんですが、出会い系を始める前の自分と、出会い系で遊べるようになった今の自分では、圧倒的に今の自分のほうが男として魅力的だと思います。

本気で大好きだったけど高嶺の花過ぎて話すことはおろか、目を合わせることすら恥ずかしかった。そんなクラスのマドンナな的存在の女の子ともセックスすることが出来ました。その頃の自分に教えてやりたいですね。

「今から30年後に、その子とセックスするんだよ」

と、片思いでマドンナを見つめることしか出来なかった自分に耳打ちをしてあげたいです。

これを読んでいるあなたにも、学生の頃に憧れて片思いをしていた女性がいることでしょう。その頃にさかのぼってセックスすることは出来ませんが、今からセックスする可能性は大いにあるのです。

きたるべき次の同窓会に備えて、いまから出会い系で人妻とセックスをする練習をしておきましょう。そして、憧れだった存在の女性と実際にセックスするのは決して夢物語ではありません。

勝ち組の中高年は草食系男子だった

216142男女ともに恋愛や結婚に対する積極性が薄れ、生涯未婚率も上昇の一途といわれる現在です。

草食系男子」と呼ばれる積極的に女性にアプローチしない淡白な男性が増えてきました。

この草食系男子は「恋愛生態系」の中では数こそ多かれ、実力において「肉食系男子」に及ぶところはないはずです。

しかし、実は肉食系男子よりもはるかに優位に恋愛人生を歩んでいるという事実をご存知でしょうか?

草食系男子は全世代に増殖している

草食系男子とは、もはや若者だけのものではありません。

10代後半からの草食系男子と呼ばれた「純正草食系男」子は、もうすぐ30代を迎えます。

当時20代や30歳前後で「肉食化」できなかった人や、いち早く「草食系」の繁栄を見極めた「変性草食系男子」も増え、現在の40代、50代においても草食系男子(おじさん)が多く存在しています。

そして70代、80代になると、若者以上に「草食」と「肉食」は2極化し、高齢者施設で「愛され老人」になるのは、きまって「草食系」です。

肉食系を生んだバブル世代の今

ここで、草食系の正反対に位置する肉食系男子の今、について解説しておきましょう。

1980年代後半、空前の売り手市場のなかで社会人となった若者は、肩パッドの入ったダブルのスーツを着て、ワンレンボディコン女子と一緒にスタイリッシュなアフターファイブを楽しんでいました。

この時代にも「モテる人」「モテない人」の差はありましたが、「一億総浮足立ち社会」の中で、男性たちは今よりもはるかに恋愛に対してアグレッシブに生きていました。

つまりバブル世代にとっては、肉食系こそ輝かしい時代の象徴でもあるのです。

40代後半~50代半ばとなったバブル世代の大人たちは、若かりし頃の「肉食臭」に「オヤジ臭」を加え、怪しいフェロモンをプンプンさせながら、いまだに恋愛生態系のトップにいる……気でいるのです。

肉食系「ギラツキ」で勝負できるのか?

肉食系オヤジたちの魅力は、「草食系男子にはないグイっとくる押しの強さ」と「金(マネー)の匂い」です。自分から積極的にアプローチしない草食系男子に、物足りなさを感じているいまどきの女子にとっては、こうした押しの強さと金の匂いは新鮮でたまりません。

そしてこの「ギラツキ」は約30年間熟成されたものであり、チャラチャラ踊り狂うだけのエセ肉食系の若者とはモノが違います。

「そう!そうだろ」と納得したあなた!残念ながらそうではありません。「ギラツキ」は世界はおろか、あなたひとりすら救うことはできません!

いつまでもお盛んな肉食系男性の老後とは

肉食系の「ギラツキ」の正体はテストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンは男性機能の成長に関与し、筋肉の増大や体毛を濃くするといった見た目の変化のほかにも、行動力や判断力を維持増進する働きを持っています。

中年期以降、このテストステロンが減少することで、男性機能が弱くなり、それ以外の機能や意欲も低下し、いわゆる「男の更年期」の問題が生じる人も少なくありません。

こうした問題を回避するためにも、テストステロンが低下しないように運動をしたり、適度に刺激のある生活を送ることが推奨されています。

しかし、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

過剰な男性ホルモンの分泌は、攻撃性を高め、そのことによって些細なことに腹を立てたり、自分の思い通りにいかないことに憤りを覚えたりし、周りの人への「暴言」や「暴力」に及んでしまうこともあります。ただでさえ、歳をとることで身体の機能や思考の柔軟性は失われていきます。そのなかで、「肉食系」へのこだわりが強すぎると、思い通りにならない気持ちばかりが増大し、結果「暴言」や「暴力」という女性がもっとも嫌がることしてしまいやすくなるのです。

歳をとってからの「肉食系」へのこだわりは、自身の心身のバランスを崩しやすくし、周囲とのコミュニケーションのトラブルや、さらにはストレスに起因するほかの病気の誘因にもなりかねません。

自身の健康のためにも、若かりし頃からギラツイてきた人ほど、中年期以降は「男アピール」を控えるようにしましょう。

時代はやはり草食系を求めている

草食系主流の今も、ときとして「肉食系」が脚光を浴びるときがあります。

スポーツで鍛え上げられた身体や、勝負ごとで勝ちにこだわる姿勢は、草食系礼賛者にとっても魅力的に映ることがあります。

しかし、世の中の草食化の流れがやむことはありません。

草食系は自身の考えを押し付けたり、主張したりしないばかりか、周りの行き過ぎるムードにも優しくブレーキをかける存在として、世の中に欠かせないものになっています。

恋愛においても同じです。

かつて過ちを繰り返してきたり、ラストチャンスを願う妙齢の女性にとっては、草食系こそが恋愛の対象になるのです。

中高年で出会いを求めている人の対象は、「肉食的ギラツキ」ではなく「草食的安心」です。

勝ち組の中高年は、やはり「草食系男子」なのです。

出会い老後破産を避けるには40代がラストチャンス

高齢化社会になると、今までの常識的な考えかたで老後設計をしておいても、何かのきっかけでかんたんに老後破産してしまいます。

破産の危険は、家計や健康面だけにとどまりません。それと同じか、それ以上に深刻な問題が、老後の異性交遊です。

生きるということは年齢と関係なく、性、つまり異性に関心を持ち続けることでもあります。

年老いて働けなくなれば、貯蓄や年金が支出を賄うように、若い頃からの付き合いが、老後の異性交遊のベースになります。

老後になってからでは出会い系サイトも使えません。

わたしは、相手を見つけられなくなってから、付き合う相手がいなくなることを異性交遊老後破産と呼んでいます。

異性交遊老後破産をまねかないように、若い頃から出会い系サイトを使って、しっかり気の合う異性をキープしておきたいものです。

多くの方にとって40代は、異性交遊老後破産を回避するための、ラストチャンスです。

幸いなことに世の中は空前のおじさんブームが続いています。出会い系サイトでも、若い女の子達がおじさんを絶賛求めています。

この絶好の機会を逃すことなく、老後の異性交遊に備えましょう!

異性交遊は年をとってからでは遅い

上海のショッピングセンターでは、ほとんど買い物もせずに、家具売り場のソファなどに長時間居座る老人達が、そこを出会いの場にしていることに苦慮して、ついにたむろする老人達を追いやったことが話題になりました。

追い立てられた多くは身寄りのない孤独な老人達で、同じように伴侶に先立たれたりした老女と気軽に出会える場所として、室内環境の整ったショッピングセンターは、格好の場であったようです。

こういうところにも中国人の逞しさを感じるのですが同時に、出会い系サイト大国である中国をもってしても、老人の出会いまではなかなか手が回らない実情も感じさせられます。

このことは日本の出会い系サイトでも変りません。高齢者の登録はまだ数において圧倒的に少数派です。大手出会い系サイトでもその状態ですから、60代以降に出会い系に登録しても、可能性は限りなく低くなります。

しかし、年をとっても異性の友達が欲しい、出来ればセフレが欲しいという気持ちは、中国でも日本でも、おそらく世界中で変らない願望ではないかと思います。

まして日本では、70歳で平均寿命を迎える中国とは異なり、65歳まで現役で働くことが当たり前の社会になりつつあります。仕事をしていればわずかであっても収入が得られますから、それだけ日本の60代は恋愛もしやすい環境に入ります。

にもかかわらず、その環境は整っていないのです。

40代も後半になれば、50代、60代に突入するのはあっという間の出来事です。年をとってからではセフレはおろか、異性の茶飲み友達一人見つけるだけでも大変なことになります。

余裕のある40代のうちから相手を見つけておけば、それだけ年をとってからも楽しいハッピーライフ、セックスライフが送れるというものです。

出会いの老後破産を回避する

超高齢化社会を迎えつつある現在、大手新聞などでも老後破産を回避するノウハウを扱った記事が目立つようになりました。

家計コンサルタントのような人が、余力のある40代から老後に備えるようアドバイスを送っています。

同じことは異性交遊における老後破産を回避するノウハウにも通じます。今の40代は、出会い系サイトでもいくらでも相手を探せる年代です。

同世代や上の世代の熟女から下の世代の若い女の子達まで、上からも下からもモテまくりの世代ですから、セフレでも趣味の友達でも、簡単に見つけることが出来ます。

仮に20代の子をセフレにキープしておけば、自分が60代になっても相手はまだ40代ですから、いくらでも楽しむことが出来ます。

40代のうちに時間を掛けてじっくりと出会い系サイトで気の合う相手をしておき、異性交遊のまるで持てない寂しい老後を回避することは、老後資産を貯えておくのと同じか、それ以上に重要な時代になってきています。

若い子のおじさんブームは本物

若い女の子はもはやおじさんにお金や社会的地位を求めてはいません。金銭や人脈を目当てにおじさんに興味を抱いているわけではないのです。

もっと内面的な部分でおじさんに惹かれています。

それどころか、おじさんの老後まで考えて付き合おうとしているのです。惚れ込んだ相手とは、ヨボヨボになっても一緒にいたい、尽くしたいといいます。

そうまでしておじさんと付き合いたい若い女の子たちが特殊かといえば、出会い系サイトにすらそうした若い女の子がいる現状を見ると、もはやおじさんが当たり前の選択肢に入ってきていることを感じさせられます。

金銭の関係では、所詮長続きしませんから、老後の異性交遊につながらない危険性が高くなります。

40代の今、本物のおじさんブームにあやかって、老後の異性交遊破産に備えるときです。

老後はあっという間にやってきます。後悔をしないためにも、どちらかの大手出会い系サイトに登録を済ませておきましょう。

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました50代を過ぎてくると認知症やアルツハイマー病ともそろそろ真剣に向き合わなくてはならない時期が近づいてきます。老いからくる認知症は悲しいですよね。年齢的に、父や母が認知症になってしまい、息子の自分すらわからなくなってしまったことに深い悲しみを覚えた人も多いことでしょう。

しかし、今度は自分がそうなってしまうかもしれないかもしれないのです。

「50代で認知症?そんなバカな!あれはせいぜい70歳くらいからの病気だろう? まだまだ気にするには早すぎる」と、そう思うかもしれません。しかし、40代~50代でも発症してしまう、若年性認知症という病気が存在するのです。

若年性認知症という病気

若年制認知症の平均発症年齢は51歳

「若年性認知症」とは、その名前の通り、「若年」に起きる病気です。

「若年」とは64歳以下の人のことで、65歳以上の高齢者が患う「認知症」とは区別されます。

若年性認知症を患う平均年齢は、51歳だと言われ、10万人あたり48名(小数点以下四捨五入)がこの病気を患うとされています。

2000人に対して約1人の割合で起こるものですから、その頻度は決して高くはありません。

しかし、それゆえに、医療機関などにかかっても、発見されにくいという問題があります。

若年性認知症の症状は、記憶障害から始まることが一般的です。

51歳という年齢は、会社のなかでも管理職の地位についていることが多い年齢のため、大事な会議のスケジュールを忘れてしまっていたり、会議の存在自体を忘れてしまったりしてしまいます。

高齢者だけじゃない!40代50代に忍び寄る若年性認知症で知っておくべき8つの知識

pic-20140216223756このように、わずかながらも認知症になってしまう可能性は残されているのです。自分は大丈夫、と思っている人ほど危ないという傾向もありますからね。

一般的に40代50代の男性は仕事においても家庭においてもいろいろと落ち着いてくる時期です。会社の中での立場も安泰になり、家庭においても子供が思春期を終えて手がかからなくなってくる。ちょうどそんなタイミングが重なったりするものです。

そうなるとどうなるか? 良くも悪くも、毎日が単調になってしまいがちなのです。安定した仕事と家庭なんてのは今の時代にとってはとても貴重なものかもしれませんが、当の本人にとってはその価値はわかりにくく、ただただ同じような日々を無為に過ごすだけ……なんて中高年男性も多いのではないのでしょうか?

そんな「刺激のない」日々を送っている人ほど、この若年性認知症の危険性があるのです。単調で刺激のない毎日は脳を刺激することが少なくなり、記憶障害の引き金になってしまうことも。

これまではクロスワードパズルやニンテンドーDSの脳トレゲームなどといった遊戯的な認知症対策が人気となりましたが、あれはあくまでもゲームであり、興味がない人にとってはやる気が起こらず、長続きしないものでした。

しかし、今回はおどろくべき研究結果が発表されたのです。それは、セックスという行為がなによりの認知症対策であるということです。

女性とのセックスは脳も身体も活性化させる

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

セックスという行為は身体にとって有益であることは誰しも疑わないことでしょう。しかし、それが認知症対策にまでなることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

健康的なセックスライフは、若さを保つ秘訣と考えられているが、最近の研究では、セックスが記憶力にもプラスの効果を持つ可能性が示唆された。

(中略)

研究を指揮したヘイリー・ライトとレベッカ A. ジェンクスは、様々なバッググラウンドを持つ50~89歳の6,800人を対象にした「英国の高齢者の縦断的な研究」の、データと認知力テスト結果を分析した。ライトは英紙ガーディアンに、「50歳以上の人々のセックス行動と認知機能テストのスコアには、はっきりした関連性がある」と述べた。

この結果は、認知症やアルツハイマーなど“脳の老化”が引き起こす疾病への関心が高まっている現代社会で、中高年にとって朗報となるかもしれない。一方で、多くの人は中年に入るとセックスから遠ざかるため、この恩恵を受けることが難しい現実もある。
セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

まだまだ研究段階ではありますが、十分に納得できるものです。中高年になってまったくセックスをしない人と、定期的にセックスをしている人。どちらが健康的で魅力的かといえば、明らかに後者のほうですよね。

しかし、この研究結果の問題点としては本文中にも述べているように「中高年になればセックスする機会が減ってくる」という点です。これは性欲的な部分もありますし、すでに結婚相手のパートナーとはセックスレス状態になってしまっている事が多いからですね。

妻とはセックスをしない

セックスが認知症対策になるからといって、その場ですぐ始められるわけではないのです。セックスするには当たり前ですが、相手が必要になります。本来のパートナーとその役割を果たせれば一番いいのですが、そう上手くはいかない家庭のほうが多いでしょう。

実際、わたしも何度か妻を誘ってみることをしたのですが、そのすべてに失敗しました。4回か5回は誘ったと思います。しかし、それでダメならもう一生ダメな気がしています。おそらく、なにか妻側に心変わりがない限り、わたしたちは一生セックスすることはないのでしょう。なんだか、そんな気がしています。

同じような気持を抱える中高年男性は多いのではないでしょうか? いまさら妻とセックスだなんて、ちょっと考えられない、と。

性欲がなくなったという勘違い

「もう性欲というものも衰えてしまった」と感じている中高年男性も多いことと思われます。しかし、それは勘違いであり、その勘違いをずっと続けてしまうことはリスクであることが多いのです。

性欲がなくなったのではなく、妻とセックスできないことがわかっているから、必要以上に性欲を起こさないように、脳が調整しているだけなのです。少なくとも、わたしはそう思います。

出会い系を始めてみる前のわたしはまさに「枯れた男」でした。性欲もなくなり、オナニーだって週に1度するかしないか。それも「夢精して妻にバレたら恥ずかしいから」という、情けない理由で事務的なオナニーでした。

出会い系で人生が変わった

もう、自分は男として終わったものだと思っていたのです。しかし、それは勘違いでしかありませんでした。出会い系を通じて女性と出会うようになって、いまや性欲は勢いを完全に取り戻しています。

週に1度の悲しいオナニーは週に1度の楽しいセックスに変わりました。いまでは毎週、女性と会う日が楽しみで仕方ありません。

それまでは日付も曜日もあいまいだったものです。「今日は何日で、何曜日だっけ?」なんて思い出せなくなることもありました。いま思えば、そんな日々を今でも続けていたら若年性認知症になってしまっていたとしても、何らおかしくなかったと思います。

しかし、今ではまったく違います。女性との約束の日が毎日たのしみですから、指折り数えて待つ日々です。「今日は何日で何曜日だから、あと3日で彼女と会える。楽しみだなあ」なんて通勤電車の中でワクワクしながら、出勤している日々です。

ふと周りを見渡せば、死んだ目で興味もなさそうなスポーツ新聞の記事を読んでいる中高年男性をよく見かけます。わたしはといえば、スマートフォンで次のデートはどこにしようか、ラブホテルはどこを利用しようか、とウキウキしながら調べ物をしています。

負け組から勝ち組へ

はっきり言ってしまえば、これまでのわたしは「負け組」であり、今のわたしは「勝ち組」だと思います。人生を楽しんでいる、という自覚と自信がありますからね。

これもあの日に気まぐれで出会い系に登録したことから、ほんのささいなキッカケからわたしの人生は大きく変わったものだと思うと、本当に人生って不思議なものですね。

40代50代で「自分はもう終わった男」だなんて勘違いをしている人は、ぜひ出会い系に登録してみてください。わたしはこの歳になって出会い系を始めてみて、本当に良かったと思っています。

出会い系で人生が変わるなんて大げさな、と思うかもしれません。しかし、出会い系で女性と出会い、セックスをすることで認知症対策になり、将来において認知症にならずに済むのなら……これほど大きな人生の変化もないのではないでしょうか?

もちろん、わたしが認知症にならない保証はありません。しかし、これまでのように出会い系を利用せずにただ無為な毎日を送っていた頃よりは、明らかに認知症のリスクは減っていると思います。

認知症は自分だけではなく、家族に対しても負担をかけてしまう悲しい病気です。自分で自分がわからなくなってしまうという、なんとも恐ろしい病気でもあります。

女性とのセックスを楽しめて、認知症の予防にもなる。出会い系ひとつでここまでメリットがあるのですから、利用しない理由はないと思いますよ。

ただし、わかい女の子とのセックスは遊びだけにしてください。「若い女とは遊びでセックスするに限ります。決して本気にならないよう注意しましょう」にも書いてありますが、結婚なんてしてしまっては悲劇ですから。