鳥越さんブームにあやかったセフレ作り

前東京都知事が、いわゆる政治と金の問題の責任を取って辞職したことを受け、2016年7月現在東京では新たな知事を選出すべく、選挙戦が繰り広げられています。

この選挙の目玉は、野党4党が統一候補として推薦した、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんです。

先の参院選で大敗を喫した野党、とりわけ民進党幹部が鳥越さんに注目をした理由は知名度の高さですが、同時に女性票の確保を計算してのことでもあったのではないでしょうか。

近年、若い女性の間でおじさんブームが起きていることは周知の通りですが、鳥越さんの76歳という年齢を考えますと、おじさんブームはともすればおじいさんブームにまで飛び火した感もあります。

ともあれこの鳥越さんブーム、出会い系サイトにいる女性たちの間でも例外ではありません。鳥越さんブームにあやかり、おじさんだけでなく、おじいさんたちも奮起すれば、若い女性を抱ける機運はにわかに高まっているともいえます。

高齢に達してもなお女性に人気の高い鳥越さんの魅力を分析して、出会い系サイト利用に結び付けて考えてみたいと思います。

ボケの魅力

突然の出馬表明、共同記者会見などで一貫して感じられるのは、ボケをかましているということです。

年齢相応に本当にボケているのではないかと危惧する見方もありますが、往年のジャーナリストとしてつちかわれた鋭さは健在であったところから、どうやらボケはポーズと見てよさそうです。

では、何でまた都民にメッセージを送る貴重な機会にボケるのかと考えますと、ボケて見せることで、有権者の誰にでも親近感を抱いてもらう効果を狙ったのではないかと推測されます。

いかに鳥越さんに知名度があるとはいっても、東京都内の隅々にまで風貌と名前が浸透しているとは限りません。出馬会見で初めて知った人も少なからずいたはずです。そうした人に親近感を覚えさせることは極めて大切なことです。

逆に言えば、間違っても相手を怖がらせないことです。相手を怖がらせるとは、切れ者過ぎる印象を与えないということでもあるといえます。

それでなくても鳥越さんは旧帝国大学の出身であり、家系は東証一部上場企業の創業者につながる名門家です。そうした庶民とかけ離れた印象を有権者に与えれば、親近感は抱いてもらいにくくなります。つまり得票につながらなくなる恐れがあります。

そうした履歴やジャーナリストという職能からくる鋭利さを、鳥越さんはボケで隠したとも言えるのではないでしょうか。ジャーナリストとして報道番組などに出演していたときとは異なる印象に、さすがだなと感じました。

同じことは出会い系サイトを使う際にも言えます。相手を怖がらせるような物言い、素晴らしすぎる経歴はひとまずおいて、とぼけて隠しておいた方が、親近感を抱かれやすい、つまりモテるということです。

飾らない自由なファッション

共同記者会見では、他の候補者がスーツにネクタイ、フォーマルなファッションでテーブルに並んだのに対し鳥越さんは、丸首のシャツにしわのよったジャケットといったラフないでたちでした。

ともすれば堅苦しい公の場でこの自由なスタイルをとることもまた、リベラルで親しみやすい印象を視聴者に与えることに成功したといえるのではないでしょうか。

参院選で失敗した野党が、起死回生の候補者として鳥越さんを起用したのは、リベラルな日本にだんだんと軍靴の足音が聞こえ出したことへの警戒でもありますが、鳥越さんはリベラルで自由にものが言える国の素晴らしさを、言葉ではなくスタイルで教えたかったのかもしれません。

安倍さんの進める戦争の出来る右寄りな国造りに対して、自由を謳歌できる国を守ろうとする鳥越さんのスタイルは、党派を超えて多くの有権者にシンパシーを与えているようです。

このことは出会い系サイトのプロフィール写真にも応用できそうです。自分のライフスタイルをうかがわせるような、親しみのある自由なファッションこそ、物言わぬ個性の表出になり、見る人をひきつけます。

本心を吐露する、嘘をつかない男はモテる

鳥越さんは、テレビ番組にコメンテーターとして出演することも多く、話す機会の多いジャーナリストですが、その語り口は決して滑舌がいいというわけではなく、むしろどちらかといえば朴訥な方です。

それでいて、立て板に水といった感じの他の出演者のコメントより、鳥越さんの話しっぷりに説得力を感じることも多々ありました。

しゃべり方が朴訥だからいいというわけではなく、そこに感じられる本心が視聴者の共感を得るのだと思います。女性ファンは主義の是非ではなく、鳥越さんの嘘のない話し方に、魅力を感じるているようです。これは非常に大事な部分であると思います。

出会い系サイトにおいても、何を言っているかではなく、言っていることが本心から出た言葉なのか、嘘を言っていないか、実は女性がもっとも注意深くチェックをしているのはこの部分です。

付き合うか否かのボーダーは、ここで分かれるといっても過言ではありません。滑舌はいいに越したことはありませんが、悪くても、本心が吐露された話し方であれば、必ず相手に響くものです。

おじいさんブームの到来!?

東京都知事選は実質、鳥越さんを含む3人の戦いであるといわれていますが当初、共同記者会見には4人の立候補者が並びました。

その中の最年長が76歳の鳥越さんでしたが、記者会見を見ていると、会見の直後に立候補を取り止めた、宇都宮健児さんがあたかも最長老であるかの印象を受けた方も、少なくなかったのではないでしょうか。

宇都宮さんは実は67歳で、鳥越さんより10歳近く若いにもかかわらず、そう見えたのは宇都宮さんの老成ぶりもあるかもしれませんが、それ以上に鳥越さんが若い印象を与えているからではないかと思います。

野党から女性票獲得を期待され、事実女性人気の高い鳥越さんの面目躍如ともいえる会見であったように思えます。

鳥越さんを見ていると、おじいさんブームが来てもおかしくないのではないか、という気さえします。

出会い系サイトでは今まで、あまり正面から取り上げられなかったおじいさんですが、新たな可能性が示唆されたようにも感じました。

何度も年を取り上げることは失礼かもしれませんが、76歳にして今なお女性からモテモテの鳥越さんから学ぶべき点は多いと思います。

分析したモテ男の原点を、出会い系サイト利用に当たって応用すれば、鳥越さんより生物学的に若いほとんどのユーザーは、間違いなくモテるのではないでしょうか。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト