毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

毎日がつまらないと感じる中高年男性の割合は7割を超えます。あなたは、今の生活が楽しいですか?

生きる意味とはなんなのか? そんな哲学的なテーマさえ見てきそうな、とあるアンケートの結果が話題となっています。40歳前後の中高年男性に対し、普段の生活をどう感じているか?と調査したもので、その結果がコチラ。

中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く

生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。
35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15281.html

中高年男性が10人いたら7人は毎日がつまらない、と感じているわけです。一度しかない、大切な自分の人生なのに「つまらない」と切り捨ててしまっているのは、あまりに悲しいことではないでしょうか。

とはいえ、その気持ちはとてもよくわかります。わたしも出会い系を始める前は、まさにそんな絶望とも言える毎日をさまよい歩いていたのですから。

中年男性にとって「仕事」という存在はとても大きいです。生活の基盤となる仕事はおろそかにすることはできませんし、どれだけイヤなことがあっても、仕事を投げ出してしまっては生きていくことが出来ません。

社会的に貢献できて、やりがいのある仕事であればモチベーションもわくことでしょう。しかし、世の中そんなきれいで楽しい仕事ばかりではありません。やりたくもない仕事を無理やりやらされ、下げたくもない頭を無理やり下げさせられ……。それでもなんとか「家族のためだから」と折り合いをつけて耐えている中高年男性も多いことでしょう。

そんな仕事をこなして家に帰ってきても、妻や子供からは「ウザい」存在として冷たくされ、煙たがられる始末。なぜ自分を毛嫌いしている人間を養うために、「家族のためだから」と、つらい仕事をイヤイヤこなさなければならないのか?「一体誰のおかげで食えてると思ってるんだ!?」……と、怒鳴り散らしたくなる気持ちもよくわかります。

自由になるお金も時間もない。家族のためと思って身を粉にして働いても、感謝されるどころかうっとうしがられる日々。これでは「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか。今の自分はまるで奴隷か、生ける屍じゃないか」と感じてしまうのも無理はありません。

いまは正社員として就職をし、結婚するだけでも大変な時代だと言われています。これまで「普通の人生」を歩んできた中年男性にとって、今からそのレールを大きく踏み外すことは大きなリスクを伴います。

仕事を辞める……。離婚をする……。どちらも衝動的にしたくなる時は何度もあれど、結局は実際に踏み切ることはとても難しく、非現実的な部分が多いですからね。

もはや自分一人だけの問題ではないのです。自分や相手側の家族に迷惑をかけることになりますし、もし子供がいるのならその子の人生を大きく変えてしまうことにもなりかねません。

でも、だからといってつまらないと感じる日々をずっとこなすのはまるで終わることのない拷問を日々受け続けるようなものです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、我々中高年男性はいったいなにに癒やしを求めればいいのでしょうか?

出会い系は、いまの生活を劇的に変えるカンフル剤

そこでわたしが選択したのが、出会い系でした。

単純にわたしは、さみしかったのです。心を許せる相手、おもいっきり甘えさせてくれる女性が欲しかったのです。

進むも地獄。戻るも地獄。それなら、立ち止まればいいのです。わたしは、ちょっと羽を休めることが出来る止まり木が欲しかったのです。

幸いにも、いまの出会い系はとても出会いやすくなっているようで、相手はすぐに見つかりました。わたしと同年代の人妻で、同じく毎日がつまらなく、寂しさを覚えていたようです。

同じ境遇で悩んでいる人がいる。そう実感出来るだけでも励みになりましたし、自分のことを「一人の男」として見てくれる女性とメールで毎日のようにおしゃべりする時間はとても楽しく、明日が楽しみになる気持ちを久しぶりに思い出させてくれました。

他愛もないメールをしていただけですが、特定の異性がいるだけで毎日はとても楽しくなるのです。あれだけつまらなく、無味乾燥に感じていた毎日がウソのように、急にみずみずしく色鮮やかな世界に見えるようになりました。

その後は男女の流れとして、自然にお会いすることになり、何度目かのデートでセックスをするに至りました。とても幸せでした。性欲を解消するためのセックスではなく、相手のことを心底求めて欲しくなる官能的なセックスは、何十年かぶりの興奮でした。

毎日がつまらないと感じていると答えた72%の男性たちは、きっと出会い系を利用していないことでしょう。なぜなら、出会い系を利用していればつまらないと感じることはまずあり得なくなるからです。

もしアナタがその72%のうちの一人であるなら、出会い系を始めてみることをオススメします。なにも難しいことではありません。ガラケーかスマートフォン、あるいはパソコンが1台あればそれだけですべて事足ります。

これからの人生、まだまだ折り返し地点あたりであるとわたしは思っています。まだまだ40年近くあるかもしれない人生を、ずっと「つまらない」と認識しながら、なにも行動を起こさずに過ごすのは、それこそ本当につまらないことです。

転職したり、離婚をしたりといったことは今すぐ自分の都合だけで出来るものではありません。しかし、出会い系を始めるくらいでしたら、そのどちらも気にする必要はなく、今すぐにでも始められます。

ツマラナイと嘆くよりも、自分で行動してオモシロイことを見つけましょう! 大事なのは、その一歩を自分の足で踏み出すことです。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト