「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました50代を過ぎてくると認知症やアルツハイマー病ともそろそろ真剣に向き合わなくてはならない時期が近づいてきます。老いからくる認知症は悲しいですよね。年齢的に、父や母が認知症になってしまい、息子の自分すらわからなくなってしまったことに深い悲しみを覚えた人も多いことでしょう。

しかし、今度は自分がそうなってしまうかもしれないかもしれないのです。

「50代で認知症?そんなバカな!あれはせいぜい70歳くらいからの病気だろう? まだまだ気にするには早すぎる」と、そう思うかもしれません。しかし、40代~50代でも発症してしまう、若年性認知症という病気が存在するのです。

若年性認知症という病気

若年制認知症の平均発症年齢は51歳

「若年性認知症」とは、その名前の通り、「若年」に起きる病気です。

「若年」とは64歳以下の人のことで、65歳以上の高齢者が患う「認知症」とは区別されます。

若年性認知症を患う平均年齢は、51歳だと言われ、10万人あたり48名(小数点以下四捨五入)がこの病気を患うとされています。

2000人に対して約1人の割合で起こるものですから、その頻度は決して高くはありません。

しかし、それゆえに、医療機関などにかかっても、発見されにくいという問題があります。

若年性認知症の症状は、記憶障害から始まることが一般的です。

51歳という年齢は、会社のなかでも管理職の地位についていることが多い年齢のため、大事な会議のスケジュールを忘れてしまっていたり、会議の存在自体を忘れてしまったりしてしまいます。

高齢者だけじゃない!40代50代に忍び寄る若年性認知症で知っておくべき8つの知識

pic-20140216223756このように、わずかながらも認知症になってしまう可能性は残されているのです。自分は大丈夫、と思っている人ほど危ないという傾向もありますからね。

一般的に40代50代の男性は仕事においても家庭においてもいろいろと落ち着いてくる時期です。会社の中での立場も安泰になり、家庭においても子供が思春期を終えて手がかからなくなってくる。ちょうどそんなタイミングが重なったりするものです。

そうなるとどうなるか? 良くも悪くも、毎日が単調になってしまいがちなのです。安定した仕事と家庭なんてのは今の時代にとってはとても貴重なものかもしれませんが、当の本人にとってはその価値はわかりにくく、ただただ同じような日々を無為に過ごすだけ……なんて中高年男性も多いのではないのでしょうか?

そんな「刺激のない」日々を送っている人ほど、この若年性認知症の危険性があるのです。単調で刺激のない毎日は脳を刺激することが少なくなり、記憶障害の引き金になってしまうことも。

これまではクロスワードパズルやニンテンドーDSの脳トレゲームなどといった遊戯的な認知症対策が人気となりましたが、あれはあくまでもゲームであり、興味がない人にとってはやる気が起こらず、長続きしないものでした。

しかし、今回はおどろくべき研究結果が発表されたのです。それは、セックスという行為がなによりの認知症対策であるということです。

女性とのセックスは脳も身体も活性化させる

「セックスは認知症の予防になる」ことが研究の結果わかりました

セックスという行為は身体にとって有益であることは誰しも疑わないことでしょう。しかし、それが認知症対策にまでなることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

健康的なセックスライフは、若さを保つ秘訣と考えられているが、最近の研究では、セックスが記憶力にもプラスの効果を持つ可能性が示唆された。

(中略)

研究を指揮したヘイリー・ライトとレベッカ A. ジェンクスは、様々なバッググラウンドを持つ50~89歳の6,800人を対象にした「英国の高齢者の縦断的な研究」の、データと認知力テスト結果を分析した。ライトは英紙ガーディアンに、「50歳以上の人々のセックス行動と認知機能テストのスコアには、はっきりした関連性がある」と述べた。

この結果は、認知症やアルツハイマーなど“脳の老化”が引き起こす疾病への関心が高まっている現代社会で、中高年にとって朗報となるかもしれない。一方で、多くの人は中年に入るとセックスから遠ざかるため、この恩恵を受けることが難しい現実もある。
セックスで中高年の記憶力は向上するという研究結果

まだまだ研究段階ではありますが、十分に納得できるものです。中高年になってまったくセックスをしない人と、定期的にセックスをしている人。どちらが健康的で魅力的かといえば、明らかに後者のほうですよね。

しかし、この研究結果の問題点としては本文中にも述べているように「中高年になればセックスする機会が減ってくる」という点です。これは性欲的な部分もありますし、すでに結婚相手のパートナーとはセックスレス状態になってしまっている事が多いからですね。

妻とはセックスをしない

セックスが認知症対策になるからといって、その場ですぐ始められるわけではないのです。セックスするには当たり前ですが、相手が必要になります。本来のパートナーとその役割を果たせれば一番いいのですが、そう上手くはいかない家庭のほうが多いでしょう。

実際、わたしも何度か妻を誘ってみることをしたのですが、そのすべてに失敗しました。4回か5回は誘ったと思います。しかし、それでダメならもう一生ダメな気がしています。おそらく、なにか妻側に心変わりがない限り、わたしたちは一生セックスすることはないのでしょう。なんだか、そんな気がしています。

同じような気持を抱える中高年男性は多いのではないでしょうか? いまさら妻とセックスだなんて、ちょっと考えられない、と。

性欲がなくなったという勘違い

「もう性欲というものも衰えてしまった」と感じている中高年男性も多いことと思われます。しかし、それは勘違いであり、その勘違いをずっと続けてしまうことはリスクであることが多いのです。

性欲がなくなったのではなく、妻とセックスできないことがわかっているから、必要以上に性欲を起こさないように、脳が調整しているだけなのです。少なくとも、わたしはそう思います。

出会い系を始めてみる前のわたしはまさに「枯れた男」でした。性欲もなくなり、オナニーだって週に1度するかしないか。それも「夢精して妻にバレたら恥ずかしいから」という、情けない理由で事務的なオナニーでした。

出会い系で人生が変わった

もう、自分は男として終わったものだと思っていたのです。しかし、それは勘違いでしかありませんでした。出会い系を通じて女性と出会うようになって、いまや性欲は勢いを完全に取り戻しています。

週に1度の悲しいオナニーは週に1度の楽しいセックスに変わりました。いまでは毎週、女性と会う日が楽しみで仕方ありません。

それまでは日付も曜日もあいまいだったものです。「今日は何日で、何曜日だっけ?」なんて思い出せなくなることもありました。いま思えば、そんな日々を今でも続けていたら若年性認知症になってしまっていたとしても、何らおかしくなかったと思います。

しかし、今ではまったく違います。女性との約束の日が毎日たのしみですから、指折り数えて待つ日々です。「今日は何日で何曜日だから、あと3日で彼女と会える。楽しみだなあ」なんて通勤電車の中でワクワクしながら、出勤している日々です。

ふと周りを見渡せば、死んだ目で興味もなさそうなスポーツ新聞の記事を読んでいる中高年男性をよく見かけます。わたしはといえば、スマートフォンで次のデートはどこにしようか、ラブホテルはどこを利用しようか、とウキウキしながら調べ物をしています。

負け組から勝ち組へ

はっきり言ってしまえば、これまでのわたしは「負け組」であり、今のわたしは「勝ち組」だと思います。人生を楽しんでいる、という自覚と自信がありますからね。

これもあの日に気まぐれで出会い系に登録したことから、ほんのささいなキッカケからわたしの人生は大きく変わったものだと思うと、本当に人生って不思議なものですね。

40代50代で「自分はもう終わった男」だなんて勘違いをしている人は、ぜひ出会い系に登録してみてください。わたしはこの歳になって出会い系を始めてみて、本当に良かったと思っています。

出会い系で人生が変わるなんて大げさな、と思うかもしれません。しかし、出会い系で女性と出会い、セックスをすることで認知症対策になり、将来において認知症にならずに済むのなら……これほど大きな人生の変化もないのではないでしょうか?

もちろん、わたしが認知症にならない保証はありません。しかし、これまでのように出会い系を利用せずにただ無為な毎日を送っていた頃よりは、明らかに認知症のリスクは減っていると思います。

認知症は自分だけではなく、家族に対しても負担をかけてしまう悲しい病気です。自分で自分がわからなくなってしまうという、なんとも恐ろしい病気でもあります。

女性とのセックスを楽しめて、認知症の予防にもなる。出会い系ひとつでここまでメリットがあるのですから、利用しない理由はないと思いますよ。

ただし、わかい女の子とのセックスは遊びだけにしてください。「若い女とは遊びでセックスするに限ります。決して本気にならないよう注意しましょう」にも書いてありますが、結婚なんてしてしまっては悲劇ですから。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト