中高年・熟年の出会い系サイト利用率はどんどん高まり出会いは簡単になっていくという未来予測

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪を引く」なんて言われた時代があったそうです。

風邪も流行みたいなものですが、かくも日本はアメリカの影響を受けやすい、受けざるを得ない国だと言うことですね。それは今も変わっていないのではないでしょうか。

アメリカの中高年・熟年のあいだで出会い系サイトがブームに

Newsweek日本語版によると現在、アメリカで出会い系サイトがブームになっているそうです。

とりわけ中高年・熟年において、利用者がものすごいスピードで増えていて、中でも主役はベビーブーマーなのだと言います。アメリカのベビーブーマー世代というと、年齢的に50代前半から60代後半、70歳くらいまでです。

その世代に限って見ると、実に10人に1人の割で、出会い系サイトを使っていて、皆さんお相手探しに余念がないそうです。

この世代に、これだけ出会い系サイトが受け入れられている背景には、未婚、離婚、死別などで、独身率(3人に1人の割合)の高いことが上げられていますが、それは日本でも同じですね。

それと見逃せないのが、若い世代に比べれば多少出遅れ感を伴いながらも、SNS利用率が5割を越える高水準にあることも要因のようです。ちなみに、日本の50代のSNS利用率も45%ですから、環境は似ています。

また、この世代の若い頃にはまだ、インターネットはおろか PC も普及していませんが、ロックミュージックに夢中になったり、危険ドラッグに関心を持ってみたり、何よりセックスを楽しんでいた世代になるそうです。何事につけ好奇心が旺盛な世代だったわけですね。

出会い系サイトを始めるにはまず、インターネット接続環境がなくてはなりませんが、それだけが整っていても、好奇心がなければこの世界に足を踏み入れることはないでしょう。年齢の高低よりも、好奇心こそが決め手になります。

中高年もデートをしたいから出会い系サイトを使う

それに、この年代に達していようと、異性とデートをしたい気持ちは、若い人と何も変わらないようです。とはいっても、若い頃のように、酒場で簡単に異性を誘える年ではないのも事実です。

そこで、ゆっくりとしたペースで、しかもこっそり異性を探せる出会い系サイトに、魅力を感じるかたが多いのだろうと分析されています。

異性との出会い以前に、異性を探せる出会い系サイトという存在それ自体に可能性を見出し、大きな魅力を感じているようなのです。このあたりの感覚は、出会い系サイトで異性と出会えた喜びに、洋の東西も、年代の違いもないのだろうなと思えますね。

もちろん、シビアに現実を見るアメリカ人。その上、それなりの人生経験を踏んで来ている世代であるだけに、出会い系サイトを利用することのデメリットもまた、しっかりとらえているようです。

例えば、他の出会い方に比べ危険性が高いだとか、選択肢が多い分1人の相手に落ち着きにくくなる、出会い系サイトを使っている人は必死な感じがする、といった見方に同意を示すそうです。

出会い系はシルバーセックス問題解決の切り札にもなる

日本はすでに高齢化社会を迎えていますが、高齢化を迎えつつあった時期、シルバーセックスが社会問題化したことがありました。

結局、この問題は解決を見ないまま、議論をされただけで終わってしまい、現実に高齢化社会に突入しているわけですから、当の高齢者にとっては切実な問題として今も満たされない状況にあるのは目に見えています。

要するに年をとっても人間はデートもしたければ、セックスもしたいわけですね。実際に出来るかどうかは別にしても、したい気持ちは消えないということだと思います。

しかし、アダルトビデオのネタとしてならともかく、介護保険の範疇で派遣される介護士さんが、この欲求にダイレクトに応えてくれるとは思えませんし、デイサービスで出向いた施設で高齢者同士出会いがあるにしても、限界もあるような気がします。

もしも日本の高齢者がアメリカの中高年のように、デート相手を探し出すために出会い系サイトを使い出せば、出会い系の出会いには基本的にセックスが伴うわけですから、シルバーセックス問題は一気に解決を見るのではないでしょうか。

いずれにしても日本でも、早晩中高年が出会い系サイトに大挙して押し寄せて来るのは時間の問題であるような気がします。さらに、シルバー世代さえも、デバイス操作の問題さえ解消すれば、かなりの利用者が見込まれるのではないでしょうか。

熟女好きにも婆専にもムフフな状況に?

そうなると当然、出会い系サイトは今とは違う様相を呈してくることも考えられます。今も続く熟女ブームですが、出会い系サイトといえども若年世代に比べれば登録者数にタマ不足感があることは否めません。

アメリカのように、日本の中高年が出会い系サイトに流れ込むようになれば、中高年・熟年世代のわれわれにとっては出会いはいっそう簡単になっていきますね。

また、熟女好きにとっては願ってもない状況が生まれます。婆専の方にとってもやれる機会は確実に増えていきますね。

ネットの動きは早いですから、大いに期待をして(準備をして)待っていてもよいのではないでしょうか。

Newsweekが出会い系サイトを正面から取り上げ出した状況は、変化の兆しがそこまで来ていることを感じさせます。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト