神待ち少女を探す

オジサンが若いセフレを作る場合にオススメできるテクニックとして「神待ち少女を探す」というものがあります。

神待ちとは

神待ちをみなさんは知っていますか?

出会い系を使う人の多くがこの神待ちとセックスすることを目的にサイトをあさっているのです。

この神待ちとは、家で娘にとっては宿と食事を提供してくれる神のような存在です。神を掲示板で待つから神待ち、単純ですね。この神待ちはどこにいるのでしょうか。

そう、出会い系掲示板をよく見てみると、「パパ募集」、とか「ゴチ」とか、あるキーワードが目に付くことがわかります。つまり飯とか金をにおわせる言葉ですね。これを発している10代(とくに18)は田舎から家出している女のコです。

彼女たちは基本的にスマホ片手に繁華街をでかい荷物(スーツケース)を引きずりながら真昼間から放浪しています。いざおごってくれそうな男を見つけたら軽くジャブ打つわけです。

「とりあえずおなかすいたな」、「お茶したい」、など、実はお腹ぺこぺこなんですね。ここまで聞き出することができたらとりあえずおごりましょう。

食事が重要

セックスが目的なあなたは、どうしてもレストランなどに入るのが面倒くさいかもしれません。

ここが落とし穴、食事のプロセスをはずすとセックスまで持ち込める確率は極端に下がります。なぜなら女のコの欲求には順番があるからです。

まず食欲を満たします、するとわいてくるのは性欲です。性欲は常にご飯のあと、これは覚えておきましょう。すると、一見無意味に思えるファミレスなどが重要な複線だということに気がついてきます。

もうひとつ食事のメリットがあります、それは会話ですね。みなさん、何で彼女たちは家出したのでしょうか。

それは現状に不満があったからです。現状に満足しているのに家出するコなんでどこにもいないですね。満たされないから違う場所に行きたかった、単純です。ではどうすればいいか、そう、その不満を聞いてあげればいいわけです。

食事しながらだと話もしやすいですよね。もし冬なら繁華街を一人で数時間歩き回ったかもしれません。ファミレスにさえ入れば暖かい、しかもドリンクバーもあったりして、つい心が緩んでしまいます。あなたが完全に聞くモードであればベラベラと話し始めます。本当にくだらないことで悩んでいることが多いです。まあ大体は家庭の問題、親や姉妹とうまくいっていないというものですね。それから学校がつまんない。学校からあぶれたら、居場所がないのでどっかいきたい、てなるんです。

あなたにその現実を解決するすべもなければその必要もないのですが、とにかく耳を傾けましょう。男性と女性の違いがあって、女性はしゃべるだけで解決するんです。男性は議論が好きですね。

あれやこれや言い合うのがメインです。女性はただ自分の話を自分の頭で整理しながら勝手に自己解決するんです。

実際に脳科学などの研究においても、女性は男性から真剣に話を聞いてもらっているだけで、アルファ波(リラックスしてるときに出る脳波)が出まくるんですね。リラックスするとセックスしたくなります。そういうメカニズムなので、食事をしながら話を聞いてあげるというのはセックスに持ち込むための一番の近道となるんです。

どうやって神待ち少女とアポをとるか?

もちろん出会い系なので、数ある競合(ほかの男性)の中から返信を勝ち取らなければ実際に会うことはできませんよね。

どうやってアポイントを勝ち取れば(アポれば)いいか、メッセージにもコツがあります。つまり返信をもらいやすいメッセージ作りです。

そういうと難しそうですが、実は単純なんですね。「シンプルに」です。よく援交募集掲示板や下着売買掲示板などでも見られるのですが、女のコが「ダラメシカトします」て書いてます。ダラメ=ダラダラメール、です。ダラダラくどくどとメールしてくる人は女のコにとっては面倒くさいだけなんです。返事する気がうせてしまいます。にもかかわらず男性はとかくメールが長くなりがちなんですね。どうしてかというと、嫌われたくないからです。言い訳しまくるんです。だから
結果として長くなります。

たとえば合コンなどで意気投合したコをデートに誘うとき、「○○にいいレストランがあるんだけど、△△ちゃんならきっと気に入ってくれると思って、よかったら忙しくなければ一緒にいってもらっていいですか?」

ていうメールを書く人が多いんです。気持ち悪いですよね。これなんでこんなに長たらしくなっているかというと、断られたときの言い訳をしているからです。断られたら傷つくからなんですね。煙幕をたくさん張っておいたほうが後々ダメージも小さくてすむという女々しい発想です。

これではいけません。男らしくないのですぐに見破られてしまいます。ではいい例はどういうものでしょうか。上のメールを添削する形で見ていきましょう。まず、「きっと気に入ってくれると思って」、これはダメです。

だって行きたいのはあなたでしょ? 彼女と飯行きたいのもそのレストランに行きたいのもあなたなんです。なんで彼女の気持ちにこびているのですか? あなたが行きたいと正直な思いが伝わりにくいのでこういうメールは嫌われます。彼女に選択権をゆだねているように見えるからです。

もう一つ、「よかったら忙しくなければ」これも媚びですね。理由は似ていますが、あなたが行きたいのになんで彼女の都合に必要以上におびえているんでしょう。忙しければ断るのは当然です。忙しくないよ、て返事してほしいのでしょうか。

そんなナイーブな女のコなんていませんよね。なのでここは、「○○にいいイタリアンがあるんだけど、行く?」これです。シンプルですよね。でも行くか行かないかの連絡をするだけなのでこれで十分なのです。出会い系ももちろん要領は一緒ですよ。シンプルに言い切る、断定系。これがダラメにならない秘訣です。たとえば秋葉原で神待ち募集していたら、「○時に××でどう? ご飯いこう!」以上です。

わたしも昔はダラメの常習犯で、凝ったメールを書けば書くほど引っかかると勘違いしていました。でも長くなればなるほどまったく返事が着ません。偶然返事が来たとしても、次のメールでまた長いのでやり取りが続くことはないんです。こういうことですね。

シンプル作戦に気がついてから、返信率が5倍くらいに増えました。相手が返事をしやすいということなんですね。シンプルイズベスト。

最後に

いかがですか。神待ちするには出会い系、出会い系でアポるためにはメッセージにコツが必要、これを身に着けたあなたなら、もうこわいものはありません。デートもセックスも思う存分楽しんでくださいね。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト