不倫の思い出「セフレを作るならまず予算決め」

わたしが不倫セフレ作りに目覚めたのはもう20年前です。

長男の出産に妻が実家へ戻ったのをいいことに、女遊びをしたいと思い立ちました。

もちろん中年オヤジとしては浮気→離婚→慰謝料などのリスクは負いたくないので、いわゆる「割り切り系の遊び」に走ります。

当時の出会いメディア筆頭は何と言っても「テレクラ」。

実際イイ思いをした同年代の友人の話も多々聞いており、直ぐに突撃した。新宿・渋谷といった大繁華街は避け、五○田、西国○寺、京浜東北線K 田や○崎などのお店を主に拠点としました。平日仕事終わり(7時ぐらいから)2~3時間程度。確か5000円(時間内の店への戻りOK)ぐらいだったと思うけど、それなりの成果はありました。(半年で5人ぐらいはホテルに持ち込めたと思う)。

但し、うまくGETできない場合夜11時ぐらいまでいることもあり、その時点でアポが取れても終電時間まで時間がなく、気づくと会えないまま1週間で2万~3万近く使っていたり。決して効率が良かったとは言いがたいですね。

もちろんヒヤヒヤしたことも次に使ったのが伝言ダイヤル。携帯電話のメニューにあった番組を試した。BOX型でメッセージを入れてヤリトリ。幾分 面倒くささはあったものの、複数の女性へのアプローチが可能だったので、結構ヤリトリができ、過去最高の女(N子)に出会えたのも事実。

但し、ある時携帯の請求書で音声通話料金が3万を越え、何に使っているのか妻に聞かれたことがありヒヤヒヤしたことがあります。(地方の仕事のお客様とやりとりしているで誤魔化した)。

予算を決めて、その範囲内で楽しむ不倫とはいえ金がかかるのは事実。そこである時期から、ある程度の出費枠を自分で設け、その範囲で楽しむことを 常としています。2万は、月々家に入れるお金を1万過少申告して浮いた分+賞与時の自分の取り分5%を貯蓄した中から出る月の活動費です。

ところが、最近は、出会い系サイトで、それほどお金がかからずバンバン出会えちゃう。ほんとうに夢のような時代が来たものですね。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト