世の女性はつながりと安心を求めているからこそオジサンが優位に立つ

あるメディア学の先生によれば、日本人のSNSには、海外ではあまり見られない特異性があるそうです。とりわけ東日本大震災以降の日本ではそれが顕著に見られると言うことです。

その特異性とは、SNSによって人とつながろう、人とつながっていようとする傾向が、ことのほか強いことだそうです。

東日本大震災の発生からすでに4年以上の歳月が経ちますが、この震災が日本社会に与えたインパクトは今なお強烈なものがあります。

天地異変は人を不安に陥れ、不安心理は人とのつながりを求めさせます。

これから出会い系サイトの利用が出来るようになる新成人が震災を経験したのは、年齢的に15歳か16歳の時になりますから、多くの子はまだ処女だったかも知れませんね。

この年代の女の子たちのSNS利用には、確かにメディア学の先生が指摘するような、SNSを通してつながりを求めたい傾向が見てとれます。

女性は出会い系でもつながりを求めている

このつながりを求める傾向と言いますか性向は、実は出会い系サイト利用に際しても、根底にあっては同じなのです。

それに、会員数が数百万人に達しているような大手出会い系サイトは彼女たちにとって、SNSとさほど異なるところがありません。

男性会員には料金が発生しますが、女性の利用は原則無料だからです。

まず、出会い系サイトに登録している女の子たちが求めているものも、ひとつには人とのつながりであることを理解しましょう。

それが女の子によってはメールであったり、実際に会って手を握ることであったり、セックスすることであったりするだけで、根っこは同じなのです。

彼女たちは、不安心理を解消してくれる出会いを潜在的に求めているのだともいえます。

女性に安心感を与えられるかがポイント

そしてこのことは、震災当時処女であった新成人に限りません。大人の女性、とりわけ独身女性にあっても同じか、むしろもっと強かったりします。

この数年、若い女性の間でおじさんブームが起きていますが、天地異変を目の当たりにしたことによる、不安心理が働いているためではないかとも言われています。

だから、おじさんにとっては今が大きなチャンスなのです。

おじさんがもてはやされるのは、彼女たちにとっておじさん=安心の対象という構図が成り立っているからです。つまり安心の象徴なのです。

とかく出会い系サイトでは、安心の対象になり得る男性会員が、少ないように思われている節があります。

それだけにまず、わたしたちおじさんが、安心感を与えてあげるだけで、女受けは確実に違って来ます。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト