歳相応、なんて言葉に縛られるのはもうやめましょう

中高年・熟年が出会いを求めだすと必ずと言っていいほど、外野からひやかしてくる人が現れます。「いい年こいてなにやってるんだ」や「年寄りの冷や水って言葉を知らないのか?」「いまさら恋愛だなんて恥ずかしくないのか」なんて風に。

わたしから言わせれば、そういって人を「妬んだり」「僻んだり」するほうがよっぽど恥ずかしいことだと思います。

ただ、事実としてわたし達に刷り込まれた昭和的な価値観として…中高年・熟年になったら歳相応に落ち着いた暮らしをすべきである、なんて思い込みがあったりするものです。そういう思い込みに縛られている人ほど、ああいう発言をしてしまうとも言えます。

でも、いまはもう時代が変わったのです。考えても見てください。我々が若かった頃と、今の時代では恋愛観だったり女性の考え方なんてのはまるっきり変わってしまいましたよね?今じゃお見合い結婚だなんて殆ど聞きませんし、結婚するまで純潔を守るべきである、なんてのはもはやいう人すら居ません。

そういう古い価値観からいち早く脱却できた人ほど、自分の気持ちや感情に素直になり、その結果として出会い系に集まり始めているんです。つまり、いま出会い系を利用している&興味を持っている中高年・熟年世代のかたというのは、いちはやく時代に適応した人たちとも言えるでしょう。

恋愛をするのは、素晴らしいこと

そもそも考えてみてください。あなたは今の生活に満足していますか?ここで満足している、と言い切れる人はごくわずかでしょう。人間何十年も生きていれば、なにかしらの悩みを抱えているものです。

それは仕事であったり家庭であったり…様々ではあると思いますが、誰もが抱える悩みとしては「同じような日々が続くだけの日常に飽き飽きしている」というのがあるのではないでしょうか。

朝起きて電車にのって会社につき、仕事を終えたら家に戻ってまた寝るだけ。そして昨日と同じ日々が今日も始まる。そんな単調な日々ばかりを過ごしていると、一気に老化が進行してしまうものなんです。

でも、そういった日常に恋愛感情がひとつ入るだけで、世界は激変します。事実、わたしがそうでした。出会い系でパートナーを見つけるまでは、家を出て駅まで行く道の景色というのはどんよりとした灰色につつまれていて、空気も重苦しく感じていました。

毎日パートナーとメールを交換し、たまにデートをするようになってからはその景色が一変しました。空はそれまでよりもずっと青く、高く感じるようになりましたし、道端に咲く花に目をやり、それを愛でる気持ちの余裕も生まれました。草木の匂いにもすぐ気づくようになりましたし、雨上がりの道などはとても澄んだ空気に包まれて浄化されるような気持ちさえ覚えます。

それもこれも、恋愛相手がいるからこそでしょう。それまではただ過ぎ去るだけの日々でしたが、いまはあと何日すぎたら彼女に会える。そういったモチベーションが自分を高めてくれるんです。

いま、若者世代よりも中高年・熟年層のほうが恋愛に積極的

いまの若者たちを見てください。ゆとり世代と言われた子たちが新入社員として入ってくるようになって数年が経ちましたが…どうでしょうか。情けなく感じませんか?多少の先入観や偏見はあるにしろ、わたしはそう思います。この子たちに日本の将来を任せるのか…そう思うと、落胆しか感じません。

それは同世代の女性から見ても同様なようでして、若い女性は同年代の若い男性に魅力を感じなくなっているそうです。ひいては、それが少子化や晩婚化につながっているのかもしれません。

若者世代がそんな環境な中、我々の世代はむしろ出会いが年々盛り上がる一方に感じますね。わたしが出会い系を利用するようになって3~4年程がたちますが、明らかにその頃よりも活発で人口も増えています。

昔からは信じられませんが、女性の方からアプローチをかけてくることも珍しくありません。むしろ、最近ではそちらのほうが多いくらいかもしれませんね。どうもこの年代の男というものは、変に頑固だったりプライドが高かったりする部分がありますが、出会い系ではそういったものは捨て去りましょう。障害にしかなりません。

出会い系という場所は、自分が一番素直になれる場所。そう捉えておくと、自ずと幸せな結果に繋がるものなのです。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト