ファーストメールのテクニック

ファーストメールのテクニックわたしたちアラフィフ男は、出会い系ではとにかくファーストメールが重要です。わたしたちアラフィフ男は、出会い系ではとにかくファーストメールが重要です。

若い男のように、勢いで出会いまで持ち込むのは得策ではありません。

ファーストメールで、大人の落ち着きを見せて安心させて会うところまでもっていくことが重要です。

可愛い女性の写メには人気が集中するため、女性のメールBOXには男性からのメールが殺到します。最初から失敗しないためには、あらかじめある程度のメールマナーを踏まえ、記憶に残るようなメール文章を書く必要があります。

マナー

まずはマナー。

ファーストメールは丁寧で正直に書くことが大切です。

  • 自己紹介ではハンドルネームより本名を使った方が好印象
  • 仲良くなるまでは敬語を使う
  • プロフィールに嘘は書かない
  • 住んでいる場所を正確に伝える
  • 相手の質問にちゃんと受け応えする
  • 最初のうちから顔文字や絵文字を多用しない
  • 相手が読みやすいように改行に気を付ける
  • アピールポイント

女性が会いたくなるようなセルフイメージを作る事も必要です。

  • 自分の顔や体で自信がある部分をさりげなくアピール
  • 趣味や特技を分かり易くアピール
  • お互いの地元のスポットなど知識や共通点を見つけてアピール

それから、「40代男のメール「キモい」「可愛い」のボーダーライン」も読んでおいてください。おかしなメールを書いている中高年男性はとても多いのです。

フリーメール

出会い系サイトを利用するならフリーメールを利用しましょう。

インターネットプロバイダのメールアドレスを利用するのは、なにかトラブルに巻き込まれた時に面倒なことになります。

たとえば、悪徳業者のリストに載ってしまって、架空請求・不正請求などのメールが延々と送り続けられて、メールサーバがパンクしてしまうなんていう状態のことさえあるのです。

その点、フリーメールアドレスなら、めんどうになったらアドレスごと捨ててしまうだけですから、何の心配もいりませんね。

フリーメールアドレスを利用するなら、下記のサービスがオススメです。

YAHOOメール(Yahooジャパン)

また、当サイトでおすすめしている出会い系サイトは、そのすべてでフリーメールが利用可能です。

メールの内容

最初のメールはコピペでいいんです。ゼロから一通一通書いていく必要はありません。多少、返信率が落ちたとしても、その分おおくのメールを送れば済む話ですからね。

ですが、すべてコピペっていうのはマズイ。相手のプロフィールを見たということを少しはアピールする必要があります。

たとえば、映画好きとプロフィールに書いてあれば、すこしだけ映画のことも書いてみる。なんていう風に工夫してください。また、相手のプロフィールに対応したことを書くのであれば、メールの最初のほうに書かなければなりません。メールを最後まで読んでもらえるとは限りませんから。

また、相手の名前はきちんとどこかに書く必要があります。コピペでもその部分だけは変更するようにしてください。名前を書く場所は一箇所だけにしておくと、変更がかんたんです。

たとえば、下記のような書き出しにしてはどうでしょう。

◯◯さん、はじめまして。

◯◯が好きって書いてあったので親近感を感じてメールしています。

返信の時は、相手のメールの内容をよーく見て、自分も同じだというアピールをすることが大切です。わたしはあなたと同じ種類の人間ですよということから、

話が合うかも

とか

あんしんできるかも

という印象を与えることができます。

「はじめまして。ぼくも旅行が好きです。次はどんなところに行きたいですか?」

みたいなメールがいいですね。

また、疑問系で終わらせて相手が返信しなくちゃって状況を作ることが大切です。

脱!オジサン文章 出会い系では女子受けする文章を」もあわせてごらんください。

よく聞く

ファーストメールのテクニック女性とメールを続けるコツは、実際に会って続けるコツと同じです。

大切なのは、よく聞くこと、なんです。

自分のことばかり喋ってはいけません。女性は自分の話・愚痴を聞いて欲しいんです。

これって、恋愛に限らず実際の人間関係にもいえること。

とにかく喋るよりガマンガマンです。

そして、「わたしはアナタの話を聞きたいんだ」ということを少々大げさにアピールしてください。

アナタの話を聞いて楽しい。嬉しい。面白い。ということを相手に伝えるんです。

女性は、こちらとちがって、男性といくらでも出会うことができるんです。多くの男性の中で自分を選んでもらうのが、ただただ「聴く我慢」だと思ったら、簡単だと思いませんか?

メールの内容は相手にすこしだけ合わせる

メールの内容は相手にすこしだけ合わせることが重要です。

たとえば、相手がすごくたくさん顔文字を使う女性なら、こちらも多少は使います。

ただし、女性が顔文字を使うのはいいけど、男が使うのはキモいなんて思っている女性も多いので注意が必要。だから「多少」なのです。

女性の文体がフランクならフランクに。敬語なら敬語でこたえてください。

そうやって内容を同調させていくと、女性はメールを心地いいと感じてくれます。

考えてもみてください。こちらがフランクで軽い内容のメールを送っているのに、向こうから堅い内容のメールが送られてきたらどう思いますか?

実際に会った時も合わせる

もちろん、これは実際に会った時にも使えるテクニックですね。

相手の会話の間のとり方・語彙・話し方をすこしだけマネてみてください。

これは、心理学の用語でミラーリングと呼ばれていますね。ご存じの方も多いでしょう。

ペーシング・チューニングなんて呼ばれることもあります。

会話以外にもこんなミラーリングがあります。

  • 女性が足を組んだら自分も組む。
  • 女性が腕を組んだら自分も組む。
  • 食事に口をつけたらこちらも食べる。
  • 飲み物を飲んだら、こちらも飲む。
  • コップの持ち方を真似る。
  • 仕草をまねる。

こういうことをしていくと、どんどんお互いに親近感がわいてくるものです。

なお、あまりにやりすぎると、たんなるモノマネになってしまい不自然ですので気をつけてください。

メール返信のタイミングも重要

気になる女性からメール着信が来るのは嬉しいものですよね。仕事中であっても着信に気づいてしまったら思わず見てしまうでしょうし、なんならその場ですぐ返信したくなってしまうかもしれません。

しかし、そこはぐっとガマンするのがメールでモテるコツです。

例えば女性がメールを送って3分後に返信が来た場合、どう思うでしょうか?「まあ、すぐに返信をくれるだなんて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが「えっ、もう返信が来ちゃったの!?」と困惑してしまう人のほうが多いのが現実です。

すぐに返信が来ちゃったら、コチラもすぐに返さなくちゃいけないのかなぁ……。なんて風に、ちょっとした「負担」や「義務」に感じられてしまうこともあるのです。

少しでもそういったネガティブなことを感じてしまうと、その人に対する印象もネガティブになってしまうもの。

それに、女性は追っかけられるよりも追っかけるほうが好きな人が多いですからね。すぐに返信して「この人はわたしにゾッコンみたいだから、しばらくほっといてもいいかな」なんて風にナメられてしまう可能性もあります。

そのため、着信から1~2時間くらいの間を空けて返信をするのがベストタイミングでしょう。

もちろん、必ず毎回そうしなければいけないわけではありません。たまには即返信してみたり、あえて丸1日放置してみたりといった緩急をつけることで「あの人、今はなにしてるのかなぁ?」と気にさせるテクニックもありますからね。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト