出会い系でアポするときのテクニック(具体例)

出会い系でアポをするときは、できるだけ具体的に誘うことが大切です。

たとえば、

今度会おうよ!

なんていっても、本当に誘ってくれているのかな? とも思っちゃいますし、会った時の具体的な行動が思い浮かばないと誘いには乗ってくれないものです。

実際にアポをするときは、

○○で○○をしましょう

具体的に誘うことが大切です。

それで、アポの確率は格段に上がります。

別に会うのはどうでもいいなって思っている男性でも、行きたい場所を提示されると行ってもいいかな? って思ってしまうこともあるものなのです。

また、女性の側は「簡単に相手の誘いに乗りたくない」という心理的な障壁があります。

その障壁をとってしまうことを考えましょう!

アポを取る時の心構え

出会い系に不慣れな人というのは、なんだか一世一代の覚悟でアポをとるような気持ちでいるかたもおられるのですが、アポなんてのは気軽にさっくりとるものだ、と思っていてください。

参考までに、わたしがアポを取るときというのは完全に流れが決まっています。毎回同じことを繰り返しています。そうすることで、いちいち考えたりする時間や労力を省けますからね。

今週の土曜夜に新宿あたりでイタリアンでも食べに行きませんか?もしその日がダメなら都合のいい日をいくつか教えてくれたら合わせますので!

というのを基本に、そのつど場所や日時などを変えて使っています。まずこちらでひとまず日にちを指定してしまうことが大事です。この場合で指定する日時というのは「断られる前提」くらいの気持ちでいてください。こちらの都合がいい日に、あちらも都合がいいとは限りませんからね。

そして、「ダメだった時はそちらの都合のいい日をいくつか教えて下さい」というのがポイントです。ありがちな流れとして

出会い系でアポするときのテクニック(具体例)
◯日にどこどこへ行きませんか?

出会い系でアポするときのテクニック(具体例)
その日は都合が悪くて…ごめんなさい

出会い系でアポするときのテクニック(具体例)
では◯日はどうでしょう?

出会い系でアポするときのテクニック(具体例)
その日も予定が既に入っちゃってて…ごめんなさい

なんて、なんとも中身の無い無駄なやりとりをしてしまったことってありませんか?こういう展開になってしまうとお互いに気持ちが萎えてしまいますよね。しかもこの場合、本当に予定が埋まっているのか、それともていよく断られているだけなのかがわかりませんよね。前者ならまだ可能性としては残されているわけですし。

なので「ダメだった時はそちらの都合のいい日をいくつか教えて下さい」という言葉が生きてくるわけです。相手に本当に会う気があるなら候補日をいくつか教えてくれるはずですし、まだ予定がはっきりしないところがあって…なんて言ってそれすら教えてくれないのであれば会える目処はほぼゼロです。

これは会う日取りをスムーズに決められるだけではなく、相手が会う気があるかどうかを同時に見極められるわけですね。なにしろ出会い系なんですから、会わないと意味がありません。

ただ、相手の空く都合が2~3週間先というのであれば、よっぽどその人に惹かれているのでなければその人はやめておいたほうがいいかもしれません。経験として、その間の2~3週間というのはほぼ間違いなく別の男との予定が埋まりきっています。

とりあえずアポを取るだけ取っておくというのもアリですが、その場合は最低でも1日1通はメールをしないと確実に自然消滅してしまいますので、ちょっと面倒でもあります。とはいえ、出会い系に不慣れな人でしたら、まずは会って場数を踏むのが大事でもありますからね。会うだけで満足してしまう段階を越えてからが本番ですよ。

出会い系でアポを取るときのテクニックまとめ

・誘うときは場所と日時を具体的に提案する
・アポを取るときは気軽に。断られても気にしない
・こちらが提案すると同時に相手の都合のいい日を聞く
・会う日取りが先すぎる場合は考えもの

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト



オジサンが若いセフレを見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくにオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

オジサンが若いセフレを作る方法とおすすめの出会い系サイト